• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

工場-長のブログ一覧

2017年12月12日 イイね!

ガレージ探訪

ガレージ探訪みん友であるスプリンター仲間の御池さんの新居(今年春に建立)のガレージに先日、お邪魔してきました。自宅前にはRAV4が2台とミラが停められ、ガレージ内にはAE92が置かれています。今までは青空整備だったので、まさに夢の空間。仕事上がり(21時過ぎ)にお邪魔してクルマ談義に花が咲き、夜中1時頃まで滞在させていただきました(^^♪


ガレージの広さとしては整備空間は充分確保できた上で、憩いの場と若干のパーツを置いても余裕がアある理想の空間となっています↓


配光のための窓もあり、昼間なら照明は不要だそうです。奥の扉の向こうには部品庫があり、オイルやスペアパーツが設置した棚に並べられ、角地の立地ならではの余白部分を、余すことなく有効に利用しているのがステキです↓


間口は十分で、高さもエンジンクレーンが問題なく使用できる空間を確保。天井の照明はLED灯を5本並べて抜群の明るさです。御池さんもプライベーターなので、このあたりにはコダワリがあるようです↓


↓床のコンクリートは塗料を混ぜ込んだ、整備工場と同じ仕様。これならオイルをこぼしてもすぐに浸み込まず、掃除がラクです。しまった、自分もこの仕様にすべきだった…(^^;


実はお邪魔したのはただ遊びに伺っただけでなく、14インチのFFサイズのロンシャンをお譲りすることもあり、ついでにガレージを拝見させていただきました。


自分のスプリンターには、これまたみん友であるBLACK JACKさんに輸入していただいたCKレーシング(ロンシャン激似ホイール 7J-15インチ)がシックリ馴染んでおり、本物のロンシャン(14インチ)も入手してレストアまで施しておりましたが、7年間ガレージに眠らせていただけで、このままでは錆びて朽ちてしまうだけなので、御池さんに履いてもらうことにしました。

ロンシャン履きのAE92セダン…また1台、昭和の香り漂うFFスプリンターが増えることになりそうです(^^)
Posted at 2017/12/12 20:22:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月30日 イイね!

外したLSDのO/H

外したLSDのO/HセリカのLSDを新調(クスコ製)して、それまで使用していたLSD(TRD製)は廃棄するつもりでいましたが、貧乏性のクセがどうしても出てしまい、「もしもの為」にO/Hすることにしました(^^)



LSDのO/Hキットといってもパーツはこれだけ↓ 800番くらいの耐水サンドペーパーのような表面のディスクプレート(2種類)が複数枚の構成。

交互にセットするだけです↓


LSDケースはスクリュー4個外すだけで分解できます↓

中身はクラッチディスクがミルフィーユ状に重ねてあるだけ↓ただ順番通りに入れ替えるだけです。

新品ディスク(右側)と使用済ディスク(左側)の比較↓使用済ディスクの表面はザラザラが全く無くなっていて、ピカピカになっています。


セレクティブLSDの特徴、ピニオン中央部(矢印)の17㎜の六角部を回すことにより、イニシャルトルクを3段階に調整できる構造です↓


ファイナル違い(現在TA64の4.1)のキャリアASSY(高速用に3.9)を入手して、コイツを組み付けようと、新品のキャリアASSYを調べたら、10年前に10万強だったのが、なんと…20万超え!!
7,5インチデフも長らく小型トラック等に使用されていましたが、それらも生産が終了してしまったため、メーカーも在庫したくないんでしょう。にしても20万超えって…スペアで購入するにはチト高価ですねぇ~…ファイナルセット(リングギア&ピニオンのセット)でガマンしときます(^^;

話は変わって先日、お店に立ち寄られた旧車好きのお客様(みん友さん)が、ラウンジに展示してあるミニチュアを眺めていて「何でKP47が2台もあんの?」と言われて、はじめて気が付きました。あっ確かに…↓

よく見れば歴史的に「パブリカ」が必要なので、早速ネットでエブロのUP10を調達↓

ついでにTE27トレノもTOSAコレクション製のワタナベ履いたものに変更してみました♪↓


↓MX41チェイサーも赤のSGSにしたり、AE86の隣にTE71も追加したいなぁ~っと企んでおります♪


車高落としたGX61チェイサーとか並べるのはマズいだろ~なぁ~…(^^; このへんでやめときます!
Posted at 2017/10/30 20:24:30 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月10日 イイね!

LSDには鉱物油を・・・(^^)

LSDには鉱物油を・・・(^^)話は前後しますが、先月末の朝練の数日前に、末期を迎えたLSD(TRD製)を新調(CUSCO製)いたしました。付いてたTRDのLSD(アルテッツァ用セレクティブLSD)もリペアキットが入手出来るのでO/Hすれば充分使用できる状態でしたが、以前TE27に乗ってた時に使っていたCUSCOのLSDのフィーリングが良かった記憶があったのと、今後の部品供給のことも考慮して新品ASSYを購入し交換することにしました。

デフの交換はとくに難しくはありません。調整する部分といえばサイドベアリングのプレロードとギヤのバックラッシュしかないので、あとはただボルトの脱着だけです。

夏場であればリングギヤはヒートガンで「素手で触れる限界」程度に熱すればスッとデフと組み合わせられます(リングギヤが組み込んである方がCUSCOの新品LSD、奥側が外したTRDのLSD)↓

サイドベアリングは再使用できますが、取外し時に傷付けやすいので面倒なので新品を用意。リングギヤボルトも念のため新品で組みます。

バラしたついでにピニオン&キャリアも状態確認。デフASSYは10年程前に新品(TA64セリカのファイナル4.1の物)にしてるので、いたって状態は良好です↓


部品点数的には非常に少ない構成なので、部品に問題がなければすぐに完成↓

カムの状態から見てわかるように今回は「1.5WAY」で組み付けます(前の物は1.0WAY)↓


車両への取り付けも7.5インチデフは重たいのでジャッキでサポートしながら組み付けるのが手間ではありますが、構成はいたって単純。ホーシングに取り付けペラシャフトとドライブシャフト2本を装着して完成↓

キャリアASSYを載せる前にせっかく手が入る状態なのでホーシング内部をシッカリ洗浄しときましょう↓

接合部には紙ガスケットだけでなく、自分はシールパッキンも塗布して組み付けしています↓


シール塗布して紙ガスケットも装着。これでオイル漏れしたことは1度もありません(^^)↓


自分以外に触ることはないですが、一応コーションシールを貼っときます(運転席ドア内側)↓

ホーシングにもトヨタ純正ステッカーを貼ってみます、何となく気分的に…(^^)↓

※昔は横書きシールでしたが、現在は縦書きでかなり小さくなりました(品番41991-22010)

今回、慣らしに使ったデフオイルは、会社での取引があるワコーズからこのオイルを購入↓

全化学合成なので連続高負荷における熱ダレが少なく、物理的な粘度は柔らかいのでフリクションロスも少ないのが乗ってて分かります。が、しかしLSDのクラッチフェーシングとの相性はあまりよろしくはないようで、500㎞ほど慣らししても作動時の独特のチャタリング音がひどく、特に駆動を抜いた直後に「バキンッ‼」という音とともに大きな振動が伝わります。よく言われる「バキバキ」音だけでなく緩やかな旋回で「グリグリ」音も発生し、思わす「組み方が悪かったか…?」と思ってしまう程の異音が出まくります(音が出るだけならいいですが、音とともに衝撃振動も発生するのでギヤやスプラインにも変な負担が掛かります)

注意事項にも「チャタリング音がでる」と書かれてます↓


CUSCO製LSDなのでここはやはりCUSCOのオイルを使うべきなのか…とりあえずCUSCO純正オイルを入れてみます↓

すると…今までやかましかったデフの異音は、オイル交換後4~5㎞でピタッと治まりました♪

ちなみにCUSCOのオイルは鉱物油ベース。エステルが配合されてるので、早めのオイル交換が必要になります(エステルは酸化が早いので)↓


高いオイルは高性能…とは言い切れないようです(^^;
以前CB750に乗っている友人が「CBはミッション&クラッチとエンジンオイルが兼用だから、モービル1入れるとクラッチ(湿式クラッチ)がおかしくなる」と言ってたのを思い出しました。
モービル1オイルは全化学合成油。それを湿式クラッチに使用すると相性が悪いということで、クルマのLSDもオイルに浸かっているいわば湿式クラッチなので同じことだと思われます。

全化学合成油は鉱物油を全てにおいて凌駕している…というワケではないんですね、勉強になりました(^^;
Posted at 2017/10/11 02:30:56 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月05日 イイね!

朝練と奇跡的に休みが合致したので…

朝練と奇跡的に休みが合致したので…管理職になってしまい、日曜に休むことはほぼ絶望的になりましたが、先月末の日曜日、所要で休みをもらいました。そうしたらその1週間前、台風接近で朝練が延期になった日とまるで参加せよと言わんばかりの偶然に合致しましたので、今後いつ参加できるかわからないので、ここぞとばかりに朝練に顔出してきました♪





RA25仕様のRA28(白ボディ)と吸バン付きRA28(赤ボディ)が追い越していきます。いい眺め(^^♪

長~いトンネルを気持ちよく走ったあとに小さいSAで一旦集合↓

その後ツーリング形態にて東名「上郷SA」に向かい、そこで朝食&歓談↓

この日の18R-G率は100%でした(6台のLB全てが2000GTだったので)

今回はセリカdayで見た極上RA28が参加されてました。とにかく超~美しい‼↓


あまりにボディの反射がすごいので、画像がピンクっぽくハレーションを起こしてしまいます(^^;

この年式でもラジオアンテナの位置は選べたんでしょうか?このRA28はリヤクォーターに設置されてます↓

あとフロントフェンダーのこの出っ張りって、モール取り付けのためのリブでしょうか? 輸出用のフェンダー? 国内仕様はこんなカタチしてましたっけ??↓


内装はいい意味で派手な仕上がり↓ローズウッド調のパネルプリントは鮮やかなボディカラーとのマッチングはいいと思います(^^)


コッペさんのLB、以前より雰囲気がまた少し変わったような…(前側のLB)↓

あっグリルがボクのLBと同じダルマGTのグリルだっ!しかもエンブレムもボクのと一緒の筆記体の
「CELICA」になってる(^^) サイドマーカーもオレンジだし↓

ボクのLB↓ ますます間違われそうです(飛~さんはセリカdayの時にコッペさんのセリカがボクのクルマだと思ってたくらいですから…(^^;


車検後、以前よりもほんの少~し車高は「下げ気味」にセットしました↓タイヤの収まり具合goodです


さて、今度朝練に参加できるのは何年後でしょうかねぇ~…(定年するまでおあずけ…かも!?)
Posted at 2017/10/05 00:51:15 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月28日 イイね!

メンテいろいろ。

メンテいろいろ。無事車検も終了し、そろそろ夜も涼しくなり始めてきたので、セリカを走らせるためのメンテをぼちぼち開始します。まずはここ1~2ヶ月でいよいよ寿命を迎えたデフ(LSD)の新調と、20年は交換してないリヤブレーキホースを用意します。



現在組み込まれているLSDはTRDのセレクティブ・タイプ。デフを降ろさずに、ドライブシャフトを外すだけで外部からイニシャルトルクを3段階に調整できるという一見、便利な機能付き。2010年にそれまで使用してきた同じくTRDの4ピニタイプ(2ウェイ)に代わり使い始めましたが、都合7年でO/Hが必要となりました。
これにはちょっと幻滅。普通の4ピニLSDの方がもう少しロングライフでしたから。しかも末期にクラッチから大きな異音(ギュルギュル音)を発生する等、不具合も普通の機械式より不満があります。
どうりで販売期間が短かかった(確か3年くらい)のもうなずけます。

なのでそれまでの4ピニタイプをTRDで入手しようとしましたが、こちらもすでに生産中止。
とすれば社外品で安定したメーカーといえばやはりクスコ。以前、TE27乗ってた時にクスコのLSD使ってまして、非常にコントロールし易かったし、なんせ入手も容易なのがエンドユーザーには有難い存在です。

送料込みで9万ちょっと。お値段も手頃ですしネ(^^)

クスコのケースはオープン部分が多く、オイルの流れがスムーズなのがいいです↓

サイドのホールも多いです↓

サーキット走行仕様なら2WAYにしてアクセルOFF時でリヤコントロールした方が走りやすいですが、最近はストリート・メインなので1.5WAYで組み込みます。

現在付いているTRDのデフは捨てるつもりでいましたが、リペアキットがまだ供給されているので、外したらO/Hしてストック(予備)することにしました、貧乏性なもので…(^^; ↓


さてRA25のリヤブレーキホースも純正品は補給打切ですが、口金の形状と長さが合えばよいので、トヨタ他車種用をいくつか取り寄せして現物と比較します。

よく見るとホースのかしめ部分が2段のものと1段のものがあります↓



RA25のリヤホースはこの形状(2段かしめ)↓

見ると長さは3本用意したうちの一番短い物がピッタリな感じ。ちなみに3本のホースはそれぞれ表記の車両のホース(マジックで書いた車種)です↓


話は変わりまして取引の業者さんから「是非使ってみて」と奨められたワックス↓

確かに塗り込み時の伸びは素晴らしいです。艶も確かに良いですが、カルナバ蝋の量が多いと水垢は付着しやすいんでしょうか?
雨に当たることの少ないクルマ(ガレージ保管の趣味車)向けで洗車好きなオーナー向けかな(^^)

こちらも同時にもらったシュアラスターのスプレータイプのワックス「ゼロ・プレミアム」(画像左)↓

スプレーして塗り込むと、白く乾いてそれを拭き取る感じ。艶感は…ん~、あるっちゃあアリます。
でも艶感とスベスベ度合いは、画像右側のQMIボディーコーティングのメンテナンスリキッド(コンディショナー)の方に軍配が上がります(お値段もシュアラスターのそれと同程度で少々高めですが)。

艶感は濃色車で違いがハッキリしますが、ホワイトやシルバーだとそこまで差がわからない??ですかネェ~(^^; ↓

足グルマの場合、艶感よりも「水垢が付着し難い&汚れが落ち易い」ことを重視してメンテしてま~す(^^♪
Posted at 2017/08/28 23:27:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ホイールが喜んでます♪」
何シテル?   12/13 23:01
「ソレックスキャブ」の吸気音が大好きです!あと「シャコタン」も…♪50代になってもこの2つはなかなかやめられません…。 昔は「イジる>走る>眺める」でしたが、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

カタログ比較の…まだやるよ!80スープラ編  その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/02 21:56:55
行ってきました/東北セリカデー(秋の陣) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/07 00:56:59
ミニチュアでシミュレーション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/07 06:13:35

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
友人から譲ってもらってから20年以上所有しているセリカLB2000GT(昭和48年7月登 ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
H25年3月に、ご年配のお客様より「免許証返納したんでクルマを処分して」との依頼があり、 ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
昭和62年~平成6年まで乗ってたKP61(S57/7登録)。足廻りとLSD入れて主に峠で ...
トヨタ クラウンハードトップ トヨタ クラウンハードトップ
昭和59年~平成5年まで所有していたクラウン(MS105)。通称「ベンツマスク」の4ドア ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる