• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しんじ☆のブログ一覧

2016年05月17日 イイね!

ユーロカップ2016第3戦、BMW−MINIチャンピオンレースの総括

ユーロカップ2016第3戦、BMW−MINIチャンピオンレースの総括第2戦のレポート書いていないのですが、ひとまず第3戦の分だけアップしておきます。

天候に恵まれた第3戦。ここまで一応2連勝・・・なので、今回勝てばチャンピオンシップで大幅に有利となりますので、気合い入ってます。

ウェイトハンデは70kg。タイヤを4本とも新品投入して挑んだ予選。バラストは全体に均一に分散。ダンパーは前戦決勝と同じまま。気温を加味しての予想タイムは1分33秒台後半。しかし、ブレーキングからターンインに入る所で変に強いアンダーが出て気持ち良く曲がれません。我慢の走りで34秒台後半しか出ず、ライバルo-zinさん112号車からコンマ3秒遅れのクラス2位、総合で6位となりました。

112号車は4位、つまりグリッドでは目の前。左前には101号車ロータスエリーゼ。先頭から爆速のゴルフ5,F80M3,お仲間KさんのAUDIーS3。上位3台はタイムがちとかけ離れているので、4〜6位3台を中心にセカンドグループの先頭争いになりそうです。

決勝に備え、仮眠しながら考える・・・入り口アンダーをなんとかしないと、競り合いになった時に簡単にinを獲られそう・・・バラストを極端に前よりに積んで、もっと後ろを動くようにしてみるか・・・しかし、なんか毎回こんな事考えてるけど、それだけじゃなんか足り無い気がする・・・

悩んだ挙げ句社長に相談。ならフロントをもっと思い切って柔らかくして、荷重を載せやすく残しやすくしてみてはどうかと・・・で、フロントの減衰を4段緩めてみて、決勝に挑みます。

向かえての決勝。ホイールの締め付けチェックを忘れて慌てるも、グリッドで社長がチェックして下さって・・・有り難うございます!

緊張の1分前から順調に進行・・・いつもなら早めに2速に上げてホイールスピンを抑える所だけど、今回は思い切って1速で引っ張ってみよう・・・

レッド点灯からブラックアウトでスタート!

タイヤが滑る分をクラッチだけで調整!回転を高く維持して加速!上手くスピード乗った!
ここ何年かで一番のスタートが決まり、112号車を一気にパス!後方から一気に駆け上がってきたのは106号車ポルシェ996ターボ、凄い加速!

101号車に併走して1コーナーへ、106号車の後ろにつけて101号車をパス!そのまま106号車にぴったり追走!・・・したいけど加速で離される!

4コーナー飛び込みで106号車に食いつき、奥のS字区間でinをついて前に出て4位浮上!フロントの減衰変更が上手くはまった感じで、車が気持ち良く曲がってくれます!

目の前には青いM3のテールが見えるが・・・ついていくのがやっとか・・・

2周目バックストレートエンドで106号車に追いつかれるも、ブレーキングで先行。そのまま差を広げてポジション確保。前は。。。遠い、でも諦めないで行けばもしかしたら・・・

3周目4周目と順調に周回。しかし前は離れ、後ろも少し離れ、一人旅になり始めてます。テンション維持しながら5周目の1コーナー飛び込み・・・で、あれ?エンジン吹けない!?!?

動いては居るけど2000回転ぐらいしか上がらず、殆ど惰性でコーナー曲がっていきます。メーター見るとバッテリー警告の表示・・・あ、ベルト切れたな・・・万事休す。(ビデオの後方映像に、飛んで行くベルトが映ってました。)

2コーナー外側は走行ラインに近いのでちょっと危険。コース左端をそのまま惰性で3コーナー外側へ。この辺なら止めてもレースの邪魔にはならないはず。バックストレート入り口脇に退避口が有ったので、そこに止めて車外退避、ちっくしょ〜!!!

で、リタイヤとなりました。がっくし。



レース終了後、回収。サーキットスタッフさん、手間をお掛けしました。有り難うございました。

ピットで状況チェック、やはりベルトが無い(汗
まぁ予備は持ってるので、なんとかして取り付ければまた走れるでしょう(;_;)

コース近くのドッグファイトさんに救援要請。これまでも何度かお世話になってます(^^;
で、診てもらう・・・ベルトの破片がSCプーリーの軸奥まで深く噛み込んでいます。エンジンはかかるけど、そことは違う場所からキュルキュルとした酷い異音も。もしかしたら、ベルトが切れたから止まった、では無く、何かトラブルが発生した結果としてベルトが切れた・・・のかも?

破片取り除いてベルトかけ直すだけじゃ直らなさそう。最低でもプーリーやダンパーを外して細かくチェックしない限り、走らない方が良いだろうとの診断結果・・・が〜んです。

結果、そのままドッグファイトさんに預かってもらい、TKさんに連絡、後日引き上げて頂く事になりました。

久々に水色号置いてバスと電車で帰る事になり・・・ほんと、がっくしでした。

今にして思えばですが、グリッドでエンジン始動の際、ほんの一瞬だけいつもとちょっと違うキュルっとした音が混じってたような気がします。気のせいかもしれませんが。。。もしかしたらそれが予兆だったのかも?

次は7月の岡山。取りあえずTKさんの診断を待ち、きちんと直して次戦に備えます。

関わったみなさん、お疲れ様でした。色々有り難うございました。
Posted at 2016/05/17 23:59:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | セントラルサーキット | 日記
2015年12月14日 イイね!

ユーロカップ2015最終戦 3時間耐久レースレポート

ユーロカップ2015最終戦 3時間耐久レースレポート
ラジエーター修理やらなにやらで結構ぎりぎりまで迷いましたが、4連覇のかかった大事なレース。頑張って走って来ました。

今回もパートナーhide'sさん、イーグルスポーツBIGBAMBOOさんと仲間達に沢山フォローして貰い、最高の布陣で挑みました。

エントラントリストを見ると、以前岡山で一緒に走ったボルボV40のレースカー19号車とか、常連のis達とか、僚友のGROWS LUPO9号車とか手強い相手が沢山居ます。何時ものライバルIIJIMANNチーム11号車は今回何故か別クラス、MINIじゃ無い??と、今回は以前S耐を走って居たE46M3をリファインしてエントリーだそうで・・・恐ろしいマシンが居ます(^^;

セントラルサーキットが新路面になって初のSタイヤ&ノーウェイトレース。予選のタイムアタックが楽しみでした。鈴鹿と同レベルのアスファルトを使用してるとの事でダンパーの減衰に悩みましたが、ひとまず以前と同じくF10R10戻して行ってみます。

朝一のテストラン、いつもの通りhide'sさんに走って貰って感触チェック。問題無いとの事で、空気圧だけ合わせて先頭で予選コースイン。1周目からガンガン行きますが、直ぐ後ろに居る18号車BMW318isが凄い勢いで追いかけて来ます、速い!!

なかなか引き離せないままアタックラップ。あっさり1分31秒644が出て自己ベスト更新。18号車にラインを譲って悩む・・・後ろから見ててもやはり速い。普段ならここで辞めておく所だけど、少し間を取ってもう1回アタック。少しアンダー感じて何カ所か軽くミスした物の、1周まとめて1分31秒324が出て終了。ピットに戻るとみんなが拍手で迎えてくれました。やった!ポール!・・・と、リザルト出ると2位でした(^^;

計時システムのミスで11号車だけ表示されていなかったそうで、0.136秒差で2位となりました。3位はやはり速かった18号車が1分31秒833。いくらどれだけチューンしてもいいとは言え、isでこのタイム・・・凄すぎ。4位が19号車。オープンデフで走ってると思ってましたがLSDが入ったそうで、以前より大幅にポテンシャルアップしてます。僚友9号車は6番手。毎回色々トラブルに泣いていますが、車格からは想像出来ない走りで油断出来無い相手です。

毎回何度もSCが入るレースですので、今回も最初から7スティント作戦で行きます。特に予選上位のタイムが拮抗しているので、最初のスティントはスプリント並の競り合いになると予想。競り合い過ぎると燃費にもタイヤにも負担大きくなるので、敢えて早めにピットインして混戦から離れてペースを確保する作戦です。さらに、最後まで競り合いが続くと思われるので、タイムが出せる僕がフィニッシュドライバーを担当。必然的にスタートも担当する事に。

順調に進行して行きローリングスタート。11号車の隙を突いて1コーナーで前に出たかったのですが、そんな楽させてくれる相手ではありませんね。

加速競争で引き離されて、少し距離を置いたまま必死で追尾。コーナー区間では差を詰める事も出来るので、勝負は出来ます。合わせて後方からは19号車が上がって来てて、猛プッシュ、厳しくプレッシャー。11号車を追いかけながら、でも抜かれ無いように必死で防御。そのすぐ後ろには18号車、さらに少し後ろに9号車。33〜32秒台のハイスピードバトルが続きます。11号車に何度か仕掛けるも、ストレートで離されて抜くまでには至らず。周回遅れが絡み出して19号車と少し距離が出来、概ねポジションが落ち着きました。

当初予想より少しペースが速い・・・33秒台前半で周回してるので、燃料どんどん減って行きます。

20分ほどして少し早めにピットイン。hide'sさんと交代。コースコンディション伝えつつ順調に送り出し。34〜35秒台、時折33秒台で周回。誰かがピットインする都度順位が入れ替わるめまぐるしい展開で、1位に上がっても全く安心出来ません。

序盤〜中盤にかけて11号号車がトラブルによりリタイヤ、19号車が少し落ち、9号車が上がって来ました。18号車から12秒ほど開けて水色号、そこから15秒ほどして9号車というポジションが中盤から後半にかけて続きます。しかし、みるみる減って行く燃料。相変わらずレースラップが速く、節約したくてもなかなかペースを落とせません。タイヤへの負担も心配になって来ます。

僕の3スティント目、交代の際に燃料を補給してはいても、残量1/4強でコースインする形に・・・厳しい!
レブMAXを800回転ほど落とし、タイヤも労りながら、でも極力タイムは落とさず頑張って。。。18号車の背中が見えた所で燃料計の針がEnptyより下に!

僕の判断で予定より少しだけ早く緊急ピットイン。2周前からアピールしてたのを分かってくれて居て、ピットでは準備ばっちり!

しかし給油量が多いため、通常より1分強余分に停止時間・・・これが勝負を決める結果に。

ギリギリで周回遅れになってしまい、9号車にも先行を許してしまいました。交代後はhide'sさんも猛プッシュ!慣れない車で32秒台を連発!9号車の後ろに迫っていきます。

最後のスティント、僕の担当。交代時に再度多めの給油。1分ほど余分に止まる結果になりましたがやむを得ず。しかしこれで燃料は最後までもつ!タイヤはギリギリまだ行ける!

最後のハンドルを受け取ってコースイン!スプリントのつもり、予選のつもりで猛プッシュかけて31秒台で周回!

しかしタイヤに嫌な感触が。剥離が起きたような音と振動が伝わってきます。大きなタイヤカスかも知れ無いけど・・・剥離なら次のブレーキでバーストするかも???そうしたらそこでリタイヤです。

見なかった事にして行くか、ペース落として完走キープにするか・・・33秒台でしばし周回。音も振動も小さく成ってきた!タイヤカスだったのかな?このまま行けそうだ!!

再度ペースアップ!と、遠くに18号車が見えた!
抜いても順位は上がらないけど・・・意地でも抜く!絶対抜く!と気合い一発!猛プッシュ!31秒台で追いかけます。

じわじわ差を詰めてあと少し、手が届く・・・と、コントロールタワーで何かが振られてる・・・あ、チェッカーか・・・終わっちゃった・・・

こんな感じでレース終了。クラス別では優勝ですが、総合では3位に終わりました。



総合優勝は18号車。安定して速く、燃費も良く、マネージメントもばっちりな相手でしたね。凄かったです。

総合2位は僚友9号車。軽量を活かして軽快に走り、追突されるトラブルを超えて最後まで走り切り、とうとう負けてしまいました。壊れ無ければ速い!と言うか、強い!を証明してくれました。

今回のレースは、SC導入0、エントラントのペナルティ0と言う、ユーロ耐久史上希に見るクリーンレースでした。いつもなら100周程、少ないと90周超位で終わる所が109周もの周回。新路面は明らかにタイムに好影響ですが、言い換えればタイムが出てしまう分燃料も減ってしまいます。基本的に燃費の悪く、SCランによる燃料節約や給油時間の余裕をあてにしている水色号には特に厳しい展開でした。

しかしよくよく考えてみれば、SCが有る事を前提とした戦略を組まないと優勝出来無い・・・と言うのは、誰かのトラブルをあてにした戦略とも言える訳で・・・根本的な間違いなのかも知れません。大きく反省です。

この反省を踏まえてこの先どうするか・・・
燃調を見直す・・・薄くすれば消費量は減るしパワーも上がるかも・・・でもブローの可能性高くなるよね・・・大丈夫かな?
軽量化する・・・ノーマルよりそれなりに軽量化してあるので、これ以上となると大手術が必要になる・・・キツイなぁ。
搭載燃料増やす・・・安全タンク搭載する?或いは小型の増槽タンクを追加?そんな事可能なのかな?
悩ましい選択肢しか思い浮かびませんが、出来る事して来年再度優勝目指して再挑戦したいです。

hide'sさん、いつも一緒に走ってくれて有り難う御座います!
BIGBAMBOOさん、監督有り難う御座います!後ろから見ていて下さってるので、いつも安心して走れます!カレーうどんも旨かった〜!!
サポート、応援して下さった皆さん、本当に有り難う御座いました!凄く心強かったです!

関わった皆さん、競り合った皆さん、お疲れ様でした。また来年のレースでもよろしくお願いします!

Posted at 2015/12/15 03:14:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | セントラルサーキット | 日記
2015年06月04日 イイね!

ユーロカップ2015第3戦の、BMW−MINIチャンピオンレース決勝インカービデオです。


今回は混戦のバトルが楽しめました。

ウェイトハンデ170kg・・・フルノーマルより重い車体が如何に加速しないかが判って貰えると思います(^^;

Posted at 2015/06/04 19:21:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | セントラルサーキット | 日記
2015年06月04日 イイね!

ユーロカップ2015第3戦、スプリント第2戦レースレポート。

ユーロカップ2015第3戦、スプリント第2戦レースレポート。

3月の初戦を無事に優勝で飾り、ポイントランキング1位で向かえた第2戦ですが、昨年のチャンピオンハンデ100kg+初戦優勝ハンデ70kgの合計170kgハンデで出走となりました。これだけ沢山のバラストを載せたのはユーロカップ史上最高記録だそうです(^^;



事前予報では雨でしたが、天気予報はずれて曇りから晴れの良好コンディションとなった予選。いつもよりもダンパーを少し固め(F17R12)にして真っ先にコースイン。タイヤはフロント新品リア中古で挑みます。



コースインすぐから強めにプッシュ、しっかりタイヤを潰して最短時間で熱を入れます。
しかし、やはりと言うか・・・Z2☆86ってタイヤ、特に最初の3周はほんとSタイヤと変わらない感触ですね。2周目で既に良い感じに食いつき、3周目からアタック開始。伝わって来る感触に力強いものを感じつつ、バラストで重くなってる車体をなんとか振り回してタイムを削ります・・・が、とにかくもうなんじゃこりゃ!?って位車が加速しません。4コーナーではシフトミスしたか??って位昇らないし、最終コーナーでは重さで外に飛び出しそうな感触。そして立ち上がれば遅々として加速せず・・・

タイヤが一番美味しい3周目で1分36秒29。その後はずるずるとタイムが落ち、為す術無いまま他の車に追いついてしまってアタック終了。ライバル達は後半でタイムを上げて来たとの事で、結局クラス3位、総合6位という不本意な結果となりました。

イーグルスポーツさんが用意して下さった親子丼で腹ごしらえしつつ、決勝に向けて悩む・・・・

取りあえず重さは実感出来た。とてつもなく重く、車が加速しないのが辛い。コーナーも踏ん張りが効かずアプローチが難しいけど、ブレーキングに関しては心配した程酷くは無い感触。勿論空荷よりは止まらないが、気をつけていれば多少強引に行っても大丈夫そう。

コーナー入り口でGを掛けた瞬間にフルボトムする感触が有るので、前を2段、後ろを1段だけ固くしてみよう。そうすればもう少し振り回し易くなるかな・・・と期待です。



そして決勝・・・
前レースにてホームストレート後半でのエンジンブロー車両が有って、左側9番グリッド付近から100m看板辺りまでライン上が石灰処理されています。幸い6番グリッドは右側なので石灰の上からスタートしなくても良いものの、処理したてのコースですので視界や呼吸がちと心配。

目の前4番グリッドには、O-ZINさん駆る70号車、クラスポール。左前にはIIJIMANさん駆る73号車、左後ろには昨年BクラスチャンプEさん駆る72号車、いつもスタート凄いんですよね。真後ろにてんてんさん69号車、その後ろにがく君71号車。BMW−MINIはほぼ一塊になっています。特にクラス1〜4位までがコンマ7秒程で並んで居るので、激しいバトルになりそうです。

順調なスタート進行。スタートで前に出られれば後は必死に押さえて・・・気持ちを集中していきます。
何時もの通りレッドシグナル点灯から・・・消灯でスタート!

MINIの集団は概ね問題無く発進!重くて加速しない水色号を必死に前に進めます!どの車も均等に並ぶ中、しかしやはり72号車だけが飛び抜けて上手く、一気に先行されて4位に転落!

石灰の激しい白煙で視界が悪い中、1コーナーに雪崩れ込むMINI集団。置いて行かれまいと必死に食らいつき、なんとか4位のままで周回。目の前でライバル達が繰り広げるバトルに食らいつき、隙を伺います。

1周して最終コーナーを立ち上がる・・・加速しない!!立ち上がりからどんどん引き離されていき、重さの厳しさを痛感!しかし諦めすコーナーセクションで差を詰めて、ヘアピンでまた真後ろについて!

抜群のスタートを決めた72号車がじわじわ順位を上げ、2周目後半でとうとう1位に浮上。しかし差は僅か。MINI4台で連なる中、70号車が少しずつ後退、手が届きそうな距離まで詰めてチャンスをうかがう!

3周目ヘアピンで73号車が70号車のインに飛び込む!僕もピッタリくっついてインに飛び込み!3位に浮上!

そのまま73号車に食らいついて行くも、ちょっとずつ差が広がる・・・70号車は真後ろに居て引き離せない、苦しい!

72号車に73号車が追いついてバトルが始まる。微妙にペースが落ちる、食らいつくチャンス!

最終コーナーまでで差を縮め、ホームストレートで引き離されて、また詰めて・・・そして8周目1コーナー飛び込み、目の前で砂埃が立ち上がり、2台が絡んでコースアウト!その横を駆け抜けて1位に浮上!!

バックミラーでちらりと確認!白煙が見える?72号車はコースに戻った様だけど・・・73号車は!?

真後ろには相変わらず70号車。気を抜かず、そのままプッシュ!あと2周!

しかし、その最終コーナー立ち上がった所で赤旗提示により、レース終了。ゆっくり周回して1コーナーに戻ると、コース上に止まってる73号車。左前が当たったみたいだったので、タイヤか足か・・・走行不能の様子。本人は無事な様でひと安心。

結果、7周目のポジションで順位が確定。クラス優勝は72号車。赤旗の原因となった73号車はリザルト抹消となったので僕が2位、70号車が3位。ここまでが表彰台という結果になりました。



さすがに今回の重さの影響はいかんともし難く、タイム的には不本意な結果でしたが、タナボタとは言え2位に入る事が出来たのは上出来だったと思います。

しかしこれで次戦はさらに50kgのウェイトハンデ加算・・・合計220kg・・・ポイントランキングではなんとかまだ1位をキープしてますが、先行きさらに大変そうです(^^;

レース後は何時もの通りえびす屋さんでYRT宴会♪
上手い焼き肉食って、みんなでわいわいやって、休み休み帰路につきました。



今回も色々サポートして下さったイーグルスポーツの社長さん&仲間のみんな、有り難う御座いました。

また次戦もわいわい行きましょう!
Posted at 2015/06/04 19:13:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | セントラルサーキット | 日記
2015年06月04日 イイね!

ユーロカップ2015第2戦、3時間耐久レース。レポート。

ユーロカップ2015第2戦、3時間耐久レース。レポート。
過去2戦続けて総合優勝を勝ち取っていて、今回もhide'sさんと組んで3連覇を狙い、挑戦して来ました。

朝7時にゲートオープン。真っ先に入場して大急ぎタイヤ交換等走行準備。30分後にはテストラン開始です。

まずはhide'sさんドライブで車とコースの状態確認。ダンパーはF12,R11戻し。



今回はフロント2本が新品タイヤ、リア2本は昨年使ったタイヤ。MINIはリアがほんと減らないので、この組合わせで充分行けます。
皮むきも兼ねてのテストは全く問題無し。

同時開催の各レースの予選や走行会が進み、3時間耐久の予選がスタート。担当は僕。レッドブル飲んで気合い入れます!



予選も真っ先にコースイン。最初から飛ばして行って一気にタイヤを暖め、タイヤの食いつきを探りつつ3周目からアタック開始。リアが程よく動いてくれて良いタイム出そうな感触でしたが、意外に早く他の車と絡んでしまい何カ所かロス、全部でコンマ7秒くらいかな・・・1分33秒299とちょっと不本意なタイム。しかし幸いポールポジションは獲得出来ました。幸先良いスタートです。

2位には318ISの19号車、3位に僚友Grows LUPO13号車、4位にはいつものライバルSRS大阪IIJIMANパープル号11号車。この辺りが上位を争う面子となりそうです。





予選から決勝までは少し間が開くので、ラジアルレースに出る友人達を応援しつつ、イーグルスポーツさんが用意して下さったご飯をモリモリ食べつつ、決勝に向けての打ち合わせをしつつ、しばし休憩です。



向かえての決勝スタート進行。担当はhide'sさん。SCに続き、全車を従えての順調なスタート。出足の速い水色号ですが、後続が逃がしてくれる気配は無し!予選上位4台がほぼ同一間隔のまま一直線に並んでドッグファイト!スプリントレースの様相です。

ドライバー1人につき一度に30分までしか運転してはいけないルール、レースタイムは2時間55分。きちんとつめて交代すれば5ピット6スティントで完走となります・・・が、これまで5度の完走経験中一度しか上手く行っていません。何度もSC導入となったりすると、思う様に時間コントロール出来無くて結局もう1回入らなきゃいけなくなる場合が殆どなんですよね。だから今回は最初から6ピットを前提として、ピットロードが混まないタイミングで少し早めに動く事に。

レーススタートから20分で最初のドライバー交代。今度は僕がハンドル握ってコースイン。もちろんこれで順位を落とす事になりますが、もう5,6分すればライバル達がピットインするので、そこで挽回出来るハズ。

しかし、頑張ってマージン築くも予想外に差が開かずギリギリの展開となり、ピットインの都度ころころ順位が変わり、秒単位の闘いが続きます。

途中11号車と13号車が後退して、19号車との一騎打ちの状態に。秒単位での攻防の中、19号車は何度か入ったSCを上手くいなして6スティント作戦を成立させつつあります。僅差の中、1ピット多い僕らは不利・・・残り1時間が迫る所でSCが入ったのを機に決断。このタイミングで可能な限り給油した上で、この先は燃費走行を諦めて猛プッシュ!残りのピットインタイミングを19号車と揃えた上で、前でコース復帰して逃げ切る作戦です。

これが上手く行って、最終スティント(hide'sさん担当)に入った段階で20秒近い差をつけて1位を確保!このまま逃げ切れば!!

と、残り10分の所でまさかまさかの再度SC導入!折角稼いだマージンが無くなってしまいました。

SCの真後ろにつく水色号と19号車の間には4台程の周回遅れが挟まった状態。残り3分でSC解除となった瞬間からhide'sさん猛プッシュ!間4台分のタイムラグを利用して一気に差を広げ、そのまま逃げ切って先頭でゴール!

2位の19号車とわずか11秒差ながら、無事に3連覇を達成しました!



今回もイーグルスポーツやYRTの仲間達に沢山フォローして貰い、最後まで走る事に専念出来たのが嬉しかったですね。みなさん本当に有り難う御座いました。

次の耐久は12月。その間にスプリントが何戦も有り、水色号は現時点でもかなり疲弊している状態。果たして年末までもつかどうか心配ですが、できる限りのメンテをしつつ、4連覇目指して次も挑戦したいと思います。

Posted at 2015/06/04 16:24:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | セントラルサーキット | 日記

プロフィール

「走りたい・・・」
何シテル?   10/21 12:58
子供の頃から一人で映画館に行く位筋金入りの映画 好き。でも最近は仕事が忙しくてビデオもなかなか 見れません・・・ 学生の頃はバイクに染まっていました。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

TK−square 
カテゴリ:ショップ関連(国内)
2010/03/26 23:44:10
 
NEWEST 
カテゴリ:ショップ関連(国内)
2010/02/18 23:20:13
 
real direction 
カテゴリ:ショップ関連(国内)
2009/05/19 00:56:26
 

お友達

サーキット繋がりや乗ってる車繋がり、オフ繋がりは大歓迎です!
そうでない場合はお断りする事が有ります。
238 人のお友達がいます
BIGBAMBOO・・のりまっさんBIGBAMBOO・・のりまっさん * 三十爺三十爺 *
田中 ミノル田中 ミノル *みんカラ公認 hide&#39;sⅡhide'sⅡ *
kyupi5kyupi5 * tetsunosuketetsunosuke *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI 水色号 (ミニ MINI)
スポコンファッションまっしぐらから一転、トコトンサーキット仕様に変身を遂げたMINI。 ...
BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
クラブマンとさよならして、暫くは水色号&嫁さん号だけで過ごすつもりだったんですが・・・ ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
K4GP参戦用戦闘機として仲間で共同購入。 ヤフオクで安く購入。 これをベースに、如何 ...
ミニ MINI ミニ MINI
TVから色んな雑誌まで沢山のメディアに紹介して頂いた初代のMy MINI。 JCWキッ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.