• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Noritama2のブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

念願のジクサー(まとめ編)

念願のジクサー(まとめ編)前回の投稿から少し時間が空いてしまいましたが引き続きジクサーの話を続けようと思います。前回はジクサーが「高速走行も普通にこなせる」という話を書きました。
今回は下道&ワインディングで感じたことを書いてまとめとしようと思います。

小排気量ゆえの車体の軽快感にラフさを許容するエンジンとミッションで、
気軽で楽しい操作ができるバイク


【車体】 軽量&高剛性⇒コーナリングの楽しさ

130kg強の車体は250ccのオフ車に乗っているような軽さで、街中の使いやすさはもちろんの事、ワインディングでもクイクイと向きを変えてくれ、自分でバイクを扱えている(バイクに乗せられていない)と感じられてとても楽しいです。 車体は軽いものの剛性は高くリアタイヤも太い為か、軽さゆえの怖さ(不安定さ)を感じさせないところがこのバイクの素晴らしい部分です。

【エンジン&ミッション】 どこからでも加速するトルクフル名コンビ


空冷SOHC2バルブ単気筒(14ps)+5MT
この字面だけみるといかにもローテクな印象を受けますが、実際に乗って感銘を受けました。極めて実用性と快適性の高いパワーユニットです。「56.0mm × 62.9mm」のロングストロークエンジンは150㏄ながら250cc以上とも思うほどトルクフルで、2速発進も全然余裕です。 そのエンジン特性を活かすような5速ミッションとの組み合わせで、どのギア、どの回転数からでも、アクセルをひねれば加速してくれるため、とても快適。ちなみに今回の燃費は驚異の46km/Lでした。

【操作系】:よく効くブレーキ、軽いクラッチ、レバーは遊び調整なくも不満無し


ブレーキ:よく効きます(効きすぎて扱いにくい事もなく)。「バイブレ」というブレンボの新興国ブランドがFキャリパーには入っています。リアブレーキも扱いやすく、不満なし。
クラッチ:150㏄という事でとても軽いです。これは長距離を走る場合にはかなり大事。クラッチが重いと(私のようにたまにしか乗らない人間は)左手の痛みに後々苦しむことになります。
レバー:クラッチ&ブレーキ共に遊びのアジャスト機構はついていませんが、デフォルトの遊び量がちょうどよく不満はありませんでした。

【総評】
現実使用に根差した知的なバイク というのが抱いた印象です。このバイクにはハイテクな電子制御もついていませんし、スペック表で光るような物もありません。150ccという排気量は日本では中途半端であり、インド製造の30万円というのもネガティブに受け止められそうです。

しかし、クルマもバイクもそうですが、ネットや紙の上で見た二次元の情報と、実際に見て乗った三次元情報の間には大きな乖離があると思われ、このバイクはその傾向が特に顕著です。上辺(二次元)だけさらえば一見ネガティブとも思えるこのバイクの特徴は、実際の使用状況下において素晴らしい輝きをみせます。

また、個人的に私が発見したのは「小排気量車の持つ楽しさ」でした。乗り物に気負うことなく乗れる精神的な豊かさというのは、乗り手の疲れを減らし、あるいは周りの景色を楽しむ余裕を与えます。

私は以前125㏄のアメリカンに乗っていたのですが、その次のバイクは750ccのネイキッドに乗り換えました。この750ccのバイクで北海道を一周するなど色々な所を旅し、選んだことを後悔はしていませんが、今思うといわゆる小排気量のスポーツバイクに乗ったことがなかったと思いました。大型バイクは大型免許さえあれば基本的にはどんな人にも動かすことのできるバイクだと思います。しかし今回乗って思ったことは、やはり小排気量車の方が気軽に操作を楽しむことができ、またその安心感ゆえに色々試してみようと思える分、車体の挙動を勉強しやすいと思いました。

このジクサーは30万円という価格ながら、250㏄を超えんばかりのエンジントルクに高い運動性能や快適性を兼ね備えており、バイクでツーリングに行ったり、スポーツライディングを楽しむ場合、50万円超になる250ccクラスに対してネガになる部分が実用上ほとんどないと感じました。それが前回の高速道路編の冒頭に「250ccキラー」と書いた理由です。

一般的にこのジクサーは免許取りたてのビギナーライダーや女性ライダーなどバイクの扱いに不安がある方にお勧めというような言われ方をされています。もちろんそれは正しいと思いますが、同時に「小排気量車を扱う楽しさ」を知りたいと考えるより多くのライダーにその30万という価格も相まってお勧めできるバイクだと感じました。正直私も、もし次にバイク買うならこのジクサーかなと思ってしまっているほどです(笑)

とにかくこの価格設定といい、
無駄のない、隙のないバイク、それがジクサーです。
Posted at 2017/11/19 13:57:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年11月13日 イイね!

念願のジクサー(高速道路編)

念願のジクサー(高速道路編)今シーズン4回目のレンタルバイクになりますが、実は最初から今回のスズキジクサーを乗りたいと思っていました。今回はツーリングの為と言うよりも試乗するために一日借りたという感覚が強いです。そして結論としては「不満点の見つからない250㏄キラー」という答えです。


そもそも、このジクサーはスズキがインド市場に合わせて作ったバイクであり、結果本国で10以上ものバイクオブザイヤーを受賞したベストセラーです。日本市場に合わせて、リアブレーキを「ドラム→ディスク」、タイヤ銘柄のダンロップへの変更(リアをラジアル化)、燃料供給をキャブレータ→FI というアップグレードがなされています。インド製造という事もあり、車両本体が約30万円という安価に抑えられている事もこのバイクの日本市場における大きな武器の1つだと思います。

今回のツーリングでは、前回同様「都内→中央道→相模湖IC→道志道→山中湖」というコースを選択しました。街乗り、高速、ワインディングすべてを確認できる道であり、走行距離も200km強になるので、ツーリング適性を知る上でも良い距離だと思ったからです。

個別ポイントは後述するとして、総じて私がこのバイクから感じたことは、「バイクの持つ本来的な楽しさを肩ひじ張らずに感じさせてくれる等身大のバイク」であるという事です。具体的にはバイクの持つ、二輪車ゆえの車体の軽快さ、操作する楽しさ、視界の広さ、経済性、この150ccという小ささゆえの精神的気軽さなどです。

私が今回借りて特に確認したかった事の1つに「高速道路巡行性」があります。150㏄という原付2種(125cc)に毛が生えたような排気量に、14馬力と言う高いとは言えない最高出力、130kgという軽量な車体に、走行風を防ぐためのカウルをもたないネイキッドというスタイル。

【高速道路】:車体がしっかりしており80-90km/h巡行なら快適。100km/h巡行も可能。

いざ高速道路に合流します。80km/hまでは瞬く間に加速。この速度域ではエンジンにも余裕があり、また車体にも余裕があります。ここから90km/hまで加速して、そのまま速度維持。車体問題なし、エンジンも回っている感じはあるものの、力を出し切っている感じはなく、まだ余裕のある印象。

しばらく左側車線で80-90km/hで走りました。実際の高速では、トラックをはじめこの速度域で巡行する乗り物は相当数存在するため、現実的に高速道路を使う事の出来るバイクだという事を確認。90-100km/hまでも加速することはできますが、この領域ではアクセルを半分以上開けている状態が続き、エンジンのキャパをだいぶ使ってしまっているという印象を受けます。

このバイクの高速における快適速度域は80-90km/hというのが結論ですが、100km/h巡行をし続ける事もできると感じました。特に車体がしっかりしているので不安を感じる事はありませんでした。

その後、高速に慣れてきたところで追い越し車線に出てメーター読みで100-110km/hまで加速してみました。この領域はこのエンジンパワー的にかなり辛く(車体はOK)、乗っている人間的にも、体に当たる空気抵抗が急に大きくなり始めるので使いたくないゾーンになります。

さてそんな中で、私がこのバイクに感銘を受けたことは、80-90km/h巡行でも全然嫌な気分にならないという事です。私が高速道路巡行で感じる個人的な快適速度はメーター読みで110km/hです。現実の道路状況において、流れに乗りつつ、長時間運転し続けられる速度はここなのです。

その背景からすれば80-90km/hという速度域は、遅くてかったるい速度域であり、排気量の小ささ故に我慢して走らなければならないだろうと思っていました。それが実際は違っていたのです。まったくイライラすることがなく、むしろ良い気分で高速を走ることができたのです。高速走行中にその事実に気づいた自分はその理由を探していました。

思いついたその理由は以下の3つです。

①視界:ネイキッドという事で、高速を走る前方に遮るものが何もありません。これがカウル付きのバイクだったらカウルなどが入ってきますが、ここはネイキッドの強み。この80-90km/hという速度域は流れる景色も相対的に遅い為、軽く周りの景色を楽しむ余裕があります。

②ポジション:このバイクのポジションは地面と水平から、ほんの少しだけ前傾させたようなポジションであり、とても楽です。当然高い速度域であれば、空気抵抗を強く受けてしまうポジションなのですが、80-90km/hでの空気抵抗であれば問題がありません。またこのバイクのシートには幅広で肉厚な物が採用されており、お尻が痛くなるような事がありません。

③車体剛性:このバイクの車体は250㏄と変わらない程にしっかりしており、この速度域においては車体の余裕感があるため、そのままライダーの安心感に貢献してくれrます。

こういった理由により、80-90km/hを穏やかな気分で積極的に楽しもうという感覚にさせてくれるのです。個人的にツーリングにおいて「高速道路」は渋滞した街中を回避し、目的地にスムーズに近づくためにはどうしても必要な物。そんな中でこの150㏄のバイクが実用に耐えうることを確認できたことは大きかったです。

長くなってしまったので今回はここで閉じます。
次回もご興味あったらよろしくお願いします。
Posted at 2017/11/13 14:17:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年11月07日 イイね!

R3で紅葉巡り

R3で紅葉巡り先日の事ですが、今期3回目のツーリングに行ってきました。今回の相棒はヤマハのYZF-R3でした。正直言うとR3を選んだ積極的理由はあまりなかったのですが、250ccとレンタル料金が同じでお得な感じがしたので選びました。今回のルートはこんな感じでした。
【道志道→山中湖半宿泊→大月→奥多摩周遊→あきるのIC】






11月に入りだいぶ気温が下がり、陽が落ちたあとの山梨の外気温は10度を下回っていました。若干気温をなめていた私は、カッパを防寒着替わりに着てのツーリングとなりましたが、湖畔も奥多摩も紅葉はまさに見ごろで、ベストシーズンを楽しめたなという感じでした。

R3を借りてみて感じたのは以下の通りでした。

①軽い:もともと250ccの車体なので軽いカテゴリーではあるのですが、車体重量も然ることながら、車体に入力するとクイッと向きを変えてくれるバイクで軽快さを楽しむことができました。あまりこういったスポーツタイプのバイクに乗った経験がなかったのでその新鮮さもありました。

②速い:①と連動しますが速いです。大型バイクのようなえげつない加速をするわけではありませんが、タコメータのレッドが「12」くらいから始まるのに対して、私がワインディングで使ったのはせいぜい「5」くらいまで。もちろん低いギアで引っ張れば上まで回せますが、現実的なペースでは半分も回っていれば十分と言う感じで、逆にもっと回せるであろう弟のYZF-R25の方に次回は乗ってみたいと思いました。

③かっこいい:単純にカッコいいですね。どのパーツにもチープさがなく塗装もきれいな印象。また最近はデジタルのタコメータが多いですが、やっぱりタコメータはこのR3のようにアナログタイプがテンション上がるなと思いました。

④利便性:基本的にスポーティなイケメンバイクですが、個人的に残念だったのは「荷かけフック」がタンデムステップの所についているだけなのと「レバーにアジャスターがない」事です。積載性に関しては、こういったスポーツバイクに求める物ではないと思いつつも、街乗りでも使われるであろうこのクラスのバイクであれば、もう少し配慮が欲しかったと思います。また、クラッチとブレーキレバーに遊びのアジャスターがないのも残念。前乗ってたFZ6にも無かったんですよね。

⑤燃費:28km/Lでした。レギュラーだしいう事なし!

⑥クイッ:個人的にはやはりこの回答性が新鮮でよかったです。シートの片側に体重をかけてコーナリングするとクイッっと軽々と軽快に向きを変えてくれます。スーパースポーツの片鱗を見ました。このフィーリングってスキーのショートターンのようで気持ち良いですね。

⑦エンジン:排気音が野太く結構音量も大きいです。純正でこんなに音大きいの?と思いましたが、バイクの場合、周りの交通に自分の存在を知らせる必要があるので、これくらいの音量の方が良いと思いました。ツインのエンジンは5000回転くらいからドコドコというパルス音からシューンというつながった音に変わり、まるで4気筒に乗っているよう。上まで軽くきれいに回る高回転型という印象でした。


以上です。今シーズンあと一回くらいいけるかな。
ありがとうございました。
Posted at 2017/11/07 22:04:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年10月23日 イイね!

PS4買ったど~私という消費者~

PS4買ったど~私という消費者~PS4を買ってしまいました。「こうも週末の天気が悪いと外にもでられないから仕方ないよね」という言い訳を自分に与え(笑)PS4の値段も3万円ほどにこなれ、もともとそろそろ買い時だと思っていたので、この週末の雨やら台風も良い口実になりました。


一方のソフトは、もともと「グランツーリスモSPORT」を検討していたのですが、個人的にグランツは4くらいまでは順調に楽しかったのですが、5以降の評価が微妙で、実際に自分でやっても、これだったら「3や4でよくない?」と思った経験があったので、買わずに静観しています。

PS4の買い方といい、このグランツへの態度といい、私自身の消費者としての性格がよく感じられる出来事であると思います。ちなみに消費者行動といえば、個人的にはイノベーター理論※ってやつがたびたび頭に浮かびます。今の自分はどのグループかな?という感じに。※文末参照。

個人的には自分はイノベーターではないと思います。何か新しい事が世の中に出る場合は、それを情報収集して認識はしていても、しばらく静観します。そしてある程度、世論が定まったところで行動を起こします。基本的にはアーリーアダプターかと思いつつも、興味関心の低いものに対してはレイトマジョリティーかなという感じです。

さてそんな小難しい話は置いといて、とりあえずPS4の小ささに驚きました。概して製品って量産化されてしばらくたつと改良が進んで質の高い物が安く買えるようになるんですよね。
体積が小さい事は良いことだと思います。あとはネットとの連携能力が高いです。ゲームの作中でもバイクの車種によっていわゆる課金をしないと乗れないバイクがあるのは、若干興ざめですけど。

画面も綺麗ですね。自分の19インチの液晶テレビでは限界がありますが、やはり綺麗。
もっとも綺麗さを求めればハイスペックなパソコンに行きつくのでしょうけど、結局どのゲーム本体を買うかっていうのは紐づいているソフトウェアが肝なのであり、絶対的な性能の高さよりも、如何に消費者がとっつきやすいかって方がゲームの商売では大切な気がします。

前回PS3も今回と同じく本体を3万円くらいで買ったのですが、結局ソフトを3本くらいやっただけで、ブックオフに全部売ってしまったので、今回はそうならないように、素敵なソフトがたくさん出てくることを願ってます(笑)


※イノベーター理論における5つのグループ

イノベーター(Innovators:革新者)
新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループ。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えている。全体の2.5%を構成する。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)
社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループ。「オピニオンリーダー」となって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがある。全体の13.5%を構成する。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)

「ブリッジピープル」とも呼ばれる。新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループ。全体の34.0%を構成する。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)
「フォロワーズ」とも呼ばれる後期多数採用者のグループ。新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。全体の34.0%を構成する。

ラガード(Laggards:遅滞者)

最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。全体の16.0%を構成する。中には、最後まで流行不採用を貫く者もいる。

出展Wiki
http://marketingis.jp/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%90%86%E8%AB%96
Posted at 2017/10/23 10:30:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年10月21日 イイね!

運転時の精神状態

先日知人と話をしていて、ある時、その知人が高速道路の追越車線を走っていたら、
後ろに貼りつかれたので、アクセルを踏み込んで引き離してやった、というような話がありました。
知人の乗っているクルマは300馬力近くあるターボ車であるので、高速でアクセルをグッと踏み込めば、一般的な車ではついてこれないような加速をすると思います。

さて今回なんでこのネタを挙げようと思ったかと言うと、そういえば最近、私自身はそういう感覚がなくなったと気づいたからです。そういう感覚と言うのは、運転中にほかの車と張り合うような精神状態を指します。私が例えば高速を走っていて後ろから煽られたとしたら3秒で道を譲ると思います。現実的には急に譲ると危ないので、後続車や隣の車線の状態をチェックしてからというのが本当の所ですが、とにかく譲る気満々です。

私の上記の対処の方が一般的に常識的でありベターであるという事は認識していますが、
なにもここで「良い子の正論」を振りかざしたいわけではありません。
私は18歳で自動車免許を取ったのですが、たぶん21歳くらいまでは他の車と張り合おうとするような精神状態になることがありました。いわゆる運転すると性格が変わる状態というやつでしょうか。でも大学生の頃から徐々に運転中に好戦的な精神状態になる事が減っていき、前回の免許更新では、当時毎日のように車を運転する生活でありながら、ゴールド免許を取得しました。
大学生の頃は、ちまちまと軽微なスピード違反などを重ね、つねに免許停止一歩手間をさまよいながら日々を送っていたので、ゴールド免許を所有できるなど自分としてもビックリです。

さて、なぜ私の運転中の精神状態はそれほど変わったのか。それには大きく ①身の程を知った ②嫌な思いをしたこと ③いつのまにか冷静になった があります。

①身の程を知った
大学時代はレンタカー屋でアルバイトをしていたのですが、私の周りの方々はみな運転が上手な人たちでした。車庫入れの車両感覚も優れていましたし、先輩が運転する車の助手席に乗っているときも、私よりも運転は速いのに乗っていて安心という事を幾度となく経験しました。
中には日常的にサーキットを走っているような先輩もいて、やはり隣に乗せてもらうと上記と同様の事を思うとともに、明確に私自身の運転技術のレベルの低さを認識しました。

またこれはオートバイにおいても同様です。オートバイはクルマと同じようにエンジンの排気量があるわけですが、ある時私は750ccの自分のバイクで秩父を走っていました。下りの峠道で私の前には、125ccのスクーターが走っていました。地元のおじさんという感じの風貌でしたが、コーナリングがとてもスムーズで、私はその何倍もの排気量のバイクに乗っているにも関わらず、ついにそのペースについていけなくなりました。この時は純粋に自分のライディングの技術の低さに落胆するとともに、謙虚に走ろうという想いを抱くのでした。
個人的に思うのは、オートバイは街中を走るだけでも、本当にライダーの腕前が物を言う世界で、排気量が小さいバイクが大きいバイクより速いという事などよくある話です。だから私は750という一般的には大排気量のバイクに乗っていながら、虎の威を借りたような高慢な精神状態になる事はなかったように思います。

②嫌な思いをした
過去に車の運転中あるいはバイクのライディング中に、好戦的な興奮状態になったことは何度もあります。エンジン音の回転音が自分の精神状態とリンクして上昇していくような気分です。
だけど、そういった時と言うのは、目の前の事しか見えていません。非常に視野の狭い状態です。

例えば、私はスピードを出しすぎた時に、後々になってその道にオービスがなかったかと調べるような事が度々ありました。その調べる気持ちはとても不安で不快なもので、こんな思いをして調べるくらいなら、そもそもスピードを出さなければよかったと思う事が何度も何度もありました。

また、テンションが上がって、ペースが上がり、結果カーブではらんでヒヤッとしたことも何度もあります。結果的にいままでケガすることなくここまで来れていますが、あの時突っ込んでいたらどんなことになっていただろうと思う事は色々あります。

③いつのまにか冷静になった(冷めた)

①②のような経験を経て、落ち着いた状態で車やバイクに乗るようになりました。正確にいうと興奮状態になるようなシチュエーションを事前にすべて避けるようになりました。そんな目線から今までを振り返ってみると、公道でほかの車と張り合う事が如何に割に合わないかという事を冷静に見つめられるようになりました。一時の興奮に身を任せて、ペースを上げたことで、もしほかの車に接触するようなことがあれば、そのあとの処理がどれだけめんどくさい事になるか。人間との接触はいわずもがな、そのせいで免許を失えば、自分の好きな乗り物に乗れなくなってしまう。公道で車を飛ばすには、かかるリスクが大きすぎるのです。

街中で時間の稼ごうと少しくらいスピードを出してみたって、赤信号で帳消しになってしまうこと。街中で早く走る人と言うのはスピードの速い人ではなく、いかに抜け道や信号のタイミングを知っているかということ。それは運転技術の戦いではなく、知的な情報の戦いであるという事。

また高速で追い越し車線をぶっとばせば、確かにエンジンの回転音なども相まって楽しいかもしれませんが、経験上ハイスピード巡行は疲れます。そこで良識のある人間は安全の為にPAなどで休憩を取ります。これは正しい判断ですが、結局ハイペースで飛ばして疲れるのであれば、時速100km/hでマイペースに走った方が最終的に走行距離に対する消費時間は同じ位になるように思われ、だとすると、ハイスピードで飛ばした分の燃料などが無駄な消費に思えるのです(空気抵抗は速度に乗じて増えるらしいので飛ばせば飛ばすほど無駄に燃料等を消費します)。
もちろん、高い速度を出さないと使えないエンジンの回転数域というのもあると思いますが、非常識な速度を出してそれを試すのはスマートだとは思えず、そんな速い乗り物を買う金があるのなら、サーキットと言うクローズドコースで出した方が、安全なように思えます。


さてなんだが長々と書いてしまいました。「そんなことは言われなくてもわかってるよ!」なんて声が飛んできそうな気もしますが個人的な思う所を書き連ねてみました。現在の私は我ながら本当にマイペースに車やバイクに乗るようになりました。私の心の声は「別にとばさなくなって運転は楽しめるよ」と私自身に言ってきます。

都内に住んでいると1000万以上するようなスポーツカーが街中を度々走っていて、時に高回転のエンジン音を轟かせているような場合もあります。私はスポーツカーは好きなので基本的には良い音だと思いますが、夜の住宅地でやられたらただの騒音です。

本人はイケていると思っていても、周りからみるとイタイという事は、クルマ関係の話ではたびたびあると思います。他人に迷惑をかけない範囲で楽しむ分には良いと思いますが、私は冒頭の高速で張り合ったという知人の話を聞いて、その知人に対して残念な感情を抱きました。クルマと言うある種の「チカラ」は自分で「使う」からこそ素晴らしいのであって、チカラに「使われ」ないようになりたいものだと思います。長文ご覧いただきありがとうございました。







Posted at 2017/10/21 22:46:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「所有する喜び http://cvw.jp/b/1130640/40543453/
何シテル?   10/08 00:04
現在乗り物を所有していないのですが車もバイクも好きな人間です。車ネタ以外も投稿していきますがよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

山形「銀山温泉」へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/22 23:44:55

お友達

4 人のお友達がいます
ゆ~き0053ゆ~き0053 すっちぃすっちぃ
nakag_2000nakag_2000 GARAMGARAM

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

スバル プレオ プレオ (スバル プレオ)
中古で購入しましたプレオちゃんです。 とりあえず、 NAで4駆でMTです。 冬はスキ ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
カワサキ スーパーシェルパ 一度オフ車を経験したくて、 お気に入りのZR-7Sを手放し ...
カワサキ ZR-7S カワサキ ZR-7S
カワサキ ZR-7S 学生時代を共にしたバイクです。 バイトとして貯金して買ったんです ...
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
2.0i Eyesight モデルです。2.0i-Sではないですw G4と迷ったんですが ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.