• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

fukaの愛車 [ポルシェ ケイマン]

2012 北海道旅行(4)

投稿日 : 2012年08月18日
1
かつて広尾と帯広を結ぶ国鉄がありました。国鉄・広尾線。昭和49年に大きな話題となった「幸福駅」と「愛国駅」を擁する路線でした。しかし今はバス運行となっています。

広尾駅は今バスのターミナルとして使われており,中では当時をしのぶ展示がありました。
2
広尾町が生んだ政治家・中川一郎。中川昭一さんの父でもあります。「中川一郎記念館」が国道沿いにあるので訪問しました。農業高校から国会議員まで身を立てた中川氏の業績を見ることができました。
3
帯広に向かう国道途中で,道の駅「なかさつない」に立ち寄ります。そこで見つけた「中札内Loveバーガー」!思わず注文してしまいました。

メンチカツにカレーソース,村内の野菜に地元のパンというつくりでしたがさすがに美味しかったです!(^^
4
国鉄広尾線「幸福駅」跡はいまでは鉄道公園として,かなりの観光客が訪れます。2つとなりの「愛国」駅との間にあたる「愛国から幸福へ」というきっぷがものすごく売れたのでした。

そのフィーバーは私が生まれる前でしたが,有名なエピソードとして記憶に残っていました。場所すらよく知りませんでしたが,帯広の市街地からそんなに離れた場所ではありませんでした。
5
もちろん愛国駅跡にも訪問です。幸福駅跡にはディーゼルカーが,愛国駅跡にはSLが置かれていました。

十勝を走る国道はひたすらまっすぐで,とても気分の良い道でした。これを造るのはどれだけ大変だっただろうかと思いました。
6
到着した帯広の街はお祭りで花火大会もやっていましたが,かなり遅かったこともあり,食事をして就寝です。

翌朝には帯広神社,ばんえい競馬場を訪れて,帯広の街をあとにして,札幌に向かいます。
7
新得の駅でおそばをいただき,西へ西へ。狩勝峠を途中で訪れると,ここにも廃線跡が。なんだか廃線マニアみたいになってきましたが,まったくといっていいほど,その意図はなかったのです。

新内(しんない)は昭和40年まで使われていた駅。帯広に抜けるには日高山脈を抜けなければなりませんが,その1つだったのです。今は新しいトンネルができましたが,懐かしの国鉄寝台列車20系とともに,足こぎのトロッコとともに観光地になっています。
8
狩勝峠からの眺めはきれいでした。さすがにシーズンなのか本州のナンバーをつけたクルマも多くこの景色を楽しんでいました。

西へ向かうと占冠(しむかっぷ)村です。リゾートとして有名なトマムがありますよね。私が小さいころの話ですが,その占冠・トマムとはどんな場所なのか気になったので,途中で寄ることにしました。

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール

・2004年,あこがれのスカイラインクーペ・CPV35を手にし,みんカラをはじめ,3年間カーライフを楽しませてもらいました。 ・2007年,Alfa 15...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フーガハイブリッド 日産 フーガハイブリッド
2015/10/3~ スカイラインクーペCPV35のオーナーだったころ,フーガのオーナ ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2011/11/3~2014/9/21 さまざまな覚悟をして,ポルシェ・ケイマンを愛車 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
2014/9/26~2015/9/28 そして,今再び,スカイラインとのカーライフ。V ...
アルファロメオ 159 (セダン) アルファロメオ 159 (セダン)
2007/7/7~2011/11/3 スカイラインクーペの車検を機に,これまでずっと気に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.