• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年08月18日

『伝説の戦士たち』の実戦バトル ~悟、亜久里、国光、圭市かく闘えり(前篇)~

『伝説の戦士たち』の実戦バトル ~悟、亜久里、国光、圭市かく闘えり(前篇)~  ホットバージョンのvol,117には、もうひとつ、モータースポーツ振興に力を貸そうとする企画が仕込まれていた。

 舞台は3月25日のTWIN RING MOTEGI。いささか間の空きすぎたレポートとなっているが、隔月刊行のHVとしてはやむを得ないところだろう。それでもいいじゃないか。こうやって、志のあるところを披露しているのだから。

 ナレーションで、まず謳いあげる。
「日本を代表するスーパーなレジェンドたちがMOTEGIに集まった。その雄姿を一目見ようとファンも集まった。MOTEGI 1.5 チャレンジCUPだ! そのレジェンドとは?」

 カメラがその顔ぶれを懐かしそうに追う。
 ふくよかな笑顔で孫のような少年の肩を抱き、2ショットにおさまる高橋国光。
 メディアに囲まれピットが出てくる中嶋悟。相変わらず、輪の中心だ。
 少し、太めになった鈴木亜久里が、ラジオパーソナリティのピストン西沢と談笑している。アマチュアながら、西沢もシビックレースなどで鍛えた、歴戦の勇士。
 金石勝智は現役を退いてから4年目。伝統の戦士といえるかどうかは別として、免許取り立直後の、レースデビューとなったミラージュCUPで、ぼくも一緒に走った仲である。(あ、これは関係ないか!)
 そして、土屋圭市も。彼の視線は、これから乗る自分のマシンに吸い寄せられてしまう。









 用意されたマシンは、FIT RSのみ。
関東のアマチュアレーサーにとって数少ない登竜門『もてぎ チャンピオンCUPレース』の新設されたレースカテゴリーで、1500cc以下のノーマル市販車両に、レースをする上でのレギュレーションに合わせて、必須の安全装備(ロールゲージバー、バケットシート、フルハーネス、消火器、キルスウィッチ、ボンネット・ピン、牽引フック)を施せば、どんな車両でも参加できる。ヴィッツ、デミオ、マーチ、いらっしゃい、である。参加型レースとよばれる所以である。

 FIT RSの場合、さらに機能的な部品としては、ダンパーをレース専用のサスペンションに。あとはMOTEGIのサーキット走行に合ったブレーキパッド、ミッションにLSDが入っているだけの改造範囲だから、あまりお金がかからないように配慮されている。
 タイヤは公道走行が許される一般の市販ラジアルタイヤに限られる。なお、2002年1月1日以前のクルマは参加できない、という。
 さて、フルコース(1周、約4.8km)を使っての予選アタックがはじまった。
「世界、そして国内でHONDAとともに闘ってきた男たちが、ちょっとミニなHONDAをマジで走らせる~」
ナレーションにも力が入ってきた。亜久里選手がそれに応える。
「楽しいね。昔、みんな一緒に走った先輩たちと、こうやって、また走れるのは」



 真っ先に悟選手がコースイン。続いて金石、そして1台だけレース仕様らしくカーリングの施された43号車を駆る土屋も……と、土屋のマシンに異変が起きた。ピットロードから本コースに入ろうとした瞬間、エンジンがダダをこねはじめた。回転がまったく、あがってくれない。
「なんだ、こりゃ! お~い、大丈夫か、これ!」
 他車が順調にアタックに入る。土屋車はどこかでコースをショートカットしたらしく、慌ただしくピットインしてきた。
「3800回転で、リミッタ―が入っちゃうんだけど……」
 ドリドリの訴えで、エンジンフードが開けられる。カプラーの接触不良だった。土屋がアクセルを踏み込んでみる。今度は大丈夫だ! が、すでに予選開始から7分40秒が経過していて、残り時間で3周できるかどうか!? タイヤも温まっていない。そこからの土屋の走りは、まさに必見もの。凄い! まさにドリドリ、降臨。
*     *     *     *
 と、ここまで書き上げたところで、残念ながら、時間切れ。
 いまは、8月18日の早朝。じつはこれより 大分市在住の「みんカラ」仲間4人と、待ち合わせて、福岡県朝倉の「秋月歴史資料館」までドライブする約束。午前8時には、TOYOTAレンタカーでヴィッツを受け取らないとまずい。
 この続きは、今夜、旅先の佐伯に戻ってから、という次第。

 こうした試みも、たまにはいいでしょう。行ってきます。
ブログ一覧 | ホットバージョン | 日記
Posted at 2012/08/18 23:31:08

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2012/08/18 23:51:41
 身近な車が走ってこそ、レースは身近なイベントになるものと思っています。ヴィッツRSやデミオスポルトなども参戦できたほうがより良くなると思います。
コメントへの返答
2012/08/19 00:47:53
同感です。だから、あえて紹介したつもりです。

ところで、元気ですか。9月1日のメディア対抗。
勤務の都合で不確かだそうですが、うまく動けるといいですね。

正直な話、これまでこのレースを裏でまとめあげていたマツダ広報の西君が異動になったので、いつ、何が起こるか、心配なのです。ことしは、いいとして……。
2012/08/19 14:15:09
佐伯に行かれるんですね。

美味しい魚を沢山、食べて下さい。

非力な車のレース、増えると良いな~と思います。
コメントへの返答
2012/08/19 17:24:45
佐伯にいる、最も若い友人と、佐伯の史跡巡りをして、戻ってきたところです。魚も美味しいけれど、ここの山と海と川の佇まいが好きです。

コメント、ありがとう。よろしく。
2012/08/19 17:48:12
正岡さんのブログ読んで
ホットバージョンのvol,117購入してしまいました。(笑

今から観賞します!
コメントへの返答
2012/08/19 18:27:12
心よりお礼申します。嬉しいです。

今はまだ、いろいろ注文をつけたいところがあるに違いありませんが、こうした映像メディアの火を消さないためにも、応援してやってください。
2012/08/19 20:57:06
秋月の件は大変お世話になりました。

土屋さんのウェットでのFFドラテクはドリフトよりも輝いて見えるのは私だけでしょうか。


でもレースは…。局長の続きが楽しみです。
コメントへの返答
2012/08/19 21:36:11
そ。3800回転でリミッタ―。カップリングのはめこみ不良。よくあるんだよね、初めての本番は。

そして、突然の雨。そこからの土屋君。見せ場が出来上がった。

それだけだったりして……。もう実家ですか?
2012/08/21 00:44:22
80年代の入門クラスが充実してた頃を思い出します。
筑波サーキットのP1300、P1600の新旧のメーカー車両が入り混じってのバトルも面白かった!!
F3000のドライバーが参加しても勝てなかったり^^

お買い物車をベースとしたカテゴリーは面白いと思います。
コメントへの返答
2012/08/21 07:34:32
80年代、当時40歳になった僕までが、まずフレッシュマンレースに出たい!と、熱狂しました。

惹きつける強烈な魅力。あれは何だったのかな。

今の人を駆り立てる、モータースポーツってなんだろう?

そんなヒントをいただきました。ありがとう。これからもどうぞよろしく。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「『燃える夏』よ、やって来い! http://cvw.jp/b/1135053/40233072/
何シテル?   08/13 00:08
1959年、講談社入社。週刊現代創刊メンバーのひとり。1974年、総合誌「月刊現代」編集長就任。1977年、当時の講談社の方針によりジョイント・ベンチャー開...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

代打の切り札『ノートNISMO S(5MT)』登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/08 13:32:05
猛虎の歴史的大逆転劇にこころ弾ませて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/12 13:17:12
ポルシェ914に乗せてくれた「あいつ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/16 19:54:00

ファン

566 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プログレ トヨタ プログレ
「NC」とは、ニュー・コンパクトカーの略と記憶している。(その後、NEO CATEGOR ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.