• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年06月30日

『週刊現代』創刊号での担当ページです!

『週刊現代』創刊号での担当ページです! ~新入り編集部員に何ができたのだろう~


【生意気盛りの突撃Boy】


 『局長』が局長になるまでの『仕事』を掘り起こす……を「連載」します、と予告しながら、7月17日開催の「正岡祭」のための「記念誌」創りに精力を吸い取られてしまった。まだ完全に手を離れたわけではないが、そろそろカメラ持参で、東京スタジアムのあった南千住をぶらぶら歩きができそうなのに、まだ実現できないでいる。

 実はこの新しい『連載』をどこから書き起こそうか、迷っている。
 始めるにあたって、手もとの資料や写真を探したが、これがまた骨が折れ、時間のかかることだった。ダンボール箱に入れておいたはずだが、さてどの箱だったろう? こうなると目指すものを発見できるまで、他のことにまったく手がつかなくなる。

 何度目かの捜索で、やっとお目当てを発見。「週刊現代」創刊号の表紙、目次、自分が担当したものを白黒でコピーしておいたのを見つけた時の安堵感(決して、喜びではない点にご注意あれ)。ため息が出た。



 まず、表紙。ご成婚にあやかっての創刊タイミングだから、テニスコートをバックにして、ラケットとボール。ボールには「HAPPY MARRIAGE TO YOU」の文字があしらってあり、王冠が「V」マークの右サイドに納められている。なんとも静的で収まりすぎたデザイン。当時の売れっ子グラフィック・デザイナーの増田正氏を起用したというのに、この程度か。最終段階の刷り出しを見た時、思わず口走ってしまったのを、いまも苦々しく思い出す。

「なんですか、これ!? ラケットが軟式用ですよ。硬式のものはもっとゴツいんだけど」

 新入社員の見習い編集者の生意気なこの声に、表紙とグラビア担当の先輩社員がギロリとこちらを睨んだまま、さっさとその刷り出しページを引き上げて行った。もう訂正のきく段階ではなかった。以来、その先輩社員には徹底的に無視された。あれからすでに57年の歳月が流れている。

 昭和34(1959)年3月30日。週刊現代は、とにもかくにも創刊発売された。表紙は当然、そのままのものだった。手元にある「講談社社友会」発行の会報に『戦後の創刊誌再訪』というシリーズ巻頭企画があって、その第7回目が『週刊現代』であった。そのページに当然、創刊号の写真が掲載されているが、やっぱり最初に、発売前に目撃したときの感想と全く変わらない。

 その紹介記事はちょうど10年間に書かれたものだが、これからしばらく「週刊現代」を舞台に生きた時代を、思い出しながら「局長になる前の仕事」として筆を進めていく便宜上、基礎知識として、ちょっと読んでおいていただきたい。

—−−新時代を切り開いた創業50周年企画—
● 本社初の一般週刊誌がデビュー

 昭和34年(1959年)は、講談社にとって創業50周年の記念すべき年であった。
 野間省一社長は、新年の年頭所感で「獅子奮迅の年」提唱、明治・大正_昭和の三代にわたり50年の今日を迎えて、愛読者のご愛顧と業界の格別の御支援を深謝した。と同時に、記念事業、出版、新分野の開拓などスタートライン煮立つ決意を表明した。
 講談社が週刊誌発行を決断したのは1月で、2月2日には、野間社長は臨時社員総会を招集、一般向けと児童向けの週刊誌の創刊を発表、創刊予定は3月末と宣言する。
 週刊編集局を新設、編集スタッフが揃う間もなく、編集部は“初体験”の仕事に不眠不休の臨戦態勢で執筆者確保、取材に飛びまわった。紆余曲折を経て誌名は一般向けは「週刊現代」、児童向けは「週刊少年マガジン」と決まった。
 「週刊現代」創刊号は3月30日発売、定価30円、35万8000部をつくり、90%近い売れゆき。トップ記事は“ご成婚はこのように行われる”。力強いスタートだった。  (クロニック「講談社80年」より)



 そのころ、世はあげてミッチーブーム、4月10日皇太子殿下、美智子さんご成婚を前に、「週刊誌創刊“戦争”が勃発。「週刊朝日」「サンデー毎日」など新聞社系強力布陣に出版社系が殴りこみをかける。すでに「新潮」「女性自身」が先行していたが、そこに「現代」「文春」「コウロン」(当時・中央公論社)が加わったのである。そんな大激戦必至の中で船出した「週刊現代」創刊号の中身はどうだったのか。
 4月10日創刊号の目次を紹介したい。
 まず、特集。「ご成婚はこのように行われる」と「八百長相撲はやめてくれ」の2本立て。
 売り物は「四大連載小説」で、ちょっと並べて見よう。
 寒い朝    石坂洋次郎
 飯と汁    川口松太郎
 男が爆発する  柴田錬三郎
 すれすれ    吉行淳之介
 
 当時の雑誌の柱は、どのジャンルを問わず、連載小説であった時代だから、こうした布陣になっていた。わたしの記憶では、売れ線NO.1の松本清張さんの連載「雲を呼ぶ」があったはずだったが、実際には5号目の5月17日号からで、よく考えればその担当に新入社員のわたしが指名されたのだから、創刊号であるはずがない。



 創刊号で担当させられたのは「連載漫画 神様万歳」を萩原賢次宅に居催促で徹夜してこい、と送り出されたこと。それともう一つ、『ギャンブルレーダー』というコラムページ。競輪、競馬、株式を1ページで好きなようにまとめてみろ、という編集長命令だった。つまり試されているわけだった。
 そこで好きなようにまとめてみた。たとえば競馬の欄。

「4月5日は中山競馬スプリング・ステークスがある。
これは昨年秋から走り出した3歳馬がいよいよ4歳馬になり、馬一代の大目標であるダービーを目前にして、全力をあげてたたかう面白さがある。
 このレースは3歳馬当時の成績で千4百メートルタイムの最もよい馬が有力となる。
 4歳馬は人間にたとえれば、20歳だ。青春期にあるだけに波立ちもはげしい。当日、馬をよく見るとよいが、馬に下剤を飲ませて、下見では顔を背ける状態だが、走り出すときには、馬身爽快? 差し脚も鋭いという裏話もあり、逆に走り出してから下痢がきくと、お話にならない。
 馬券にはいくつかの買い方がある。
 競馬で儲けることに心をとらわれ、家産を傾けるというのは、いかさま情報に乗ってしまうからだ。
 週末をたのしむ健康なサラリーマンには、まず郊外の緑とオゾンに親しんでいただき、スポーティな買い方をおすすめしよう。
 堅実型には2、4、6、8、10の偶数レースに本命の表裏買い。1回の投資額は200円にかぎる。スリル迎合型にはズバリ4−5。論理的根拠はないが、4月5日であることから偶然の神に祈理を捧げるのも悪くない。
 これを100円銀貨1枚で、1レースから最終レースまで押せば、投資額は千円だ。あるいは、最終レースだけを特券買いで、4−5とくれば、そのまま熱海へでもお出かけください。

 この担当記事は、紹介してもらった競馬ニュースのベテラン記者からの聞き書きだった。4月6日の昼休み。当時、講談社の経理局幹部のS氏が、寿司折を下げて編集部へやってきて、わたしの「ギャンブルレーダー」の推奨通り最終レースを勝って大当たり、と礼を言いにやってきてくれた。あのコラム、何回続けたのか記憶にない。何しろ新入社員は3人だけ。「おーい、新入り!」と何かにつけ雑用を仰せつかる。



 3号目にはとうとう「特集記事」の目玉となるインタビュー取材をやらされてしまう。題して『天皇制に石を投げる世代』。ご成婚パレード中の馬車に、一人の少年がかけより、ポケットの中から石を取り出し、お二人に向かって投げつけた事件である。その波紋を取材せよ、という編集長の指令。次回はそのページをぜひ紹介したい。わたしの23歳の春であった。
ブログ一覧 | つれづれ自伝 | 日記
Posted at 2016/06/30 01:35:57

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

『創刊第2号』異聞
正岡貞雄さん

ベストカー ガイド創刊号が!
zcha-schumiさん

御厨さと美とエアレース
shiro13さん

新連載の予告=『局長』が局長になる ...
正岡貞雄さん

『週刊 ラ フェラーリをつくる』が ...
マツゲン?さん

「創刊3号」と《駆け出し時代》の痛 ...
正岡貞雄さん

この記事へのコメント

2016/07/01 23:29:41
こんばんは、すっかり暑くなりました。

私もガラっと仕事内容が変わり毎日アタフタの日々です。
この前R317を使って今治まで愛車で行きましたが、FRが欲しくなる道でした。

今の天皇,皇后両陛下の馴れ初めは軽井沢でのテニスだと聞いております。
局長に食ってかかられた社員の方、全く今は何をしているのでしょうね。続き、楽しみにしております。
コメントへの返答
2016/07/01 23:41:41
やあ、こんばんは。今治までのR317ドライブ。気分いいね。

ぼくをギロリと睨み、それ以来、無視された先輩。あれから57年。すでに先立たれています。

もっともその先輩、在籍1年で他の部署に異動。もっと凄い先輩の話し、これから書きます。「関取」という愛称でした。
2016/07/02 22:49:21
こんばんは。
「御成婚記事」で部数を伸ばし、新聞社以外でも週刊誌が出来ることを示したのは、週刊現代でしたか。
昭和34年というと、まだまだ農業が中心で、字を読む習慣があまりなかった時代でしょうから、読者層は限られた都市生活者層だったのでしょうか?

モノクロでしか当時を知らない者の言葉としてお受けいただければ幸いです。
コメントへの返答
2016/07/03 09:35:54
いつもコメントをありがとう。

昭和34年……世の中の中はどんどんお茶の間TVへと突っ走っていきましたね。政治的には翌年の60
年安保へ向かって、加速しつつありました。
お茶の間はプロ野球、大相撲からどんどん新しいヒーローが誕生し、やがて迎える東京オリンピック。
長嶋、王、朝潮。そんな時代の波に乗って出版社系週刊誌が成長していきましたね。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「成田・富里の市街地を走るVOLVOのXC60の後姿。夕闇が迫っている。そのXC60が2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたという速報が届いた。RJCがV90を選んだので2冠達成。これはNEWSだ。国産車はカムリが62点差でやっと3位。2位はBMW5シリーズ。

何シテル?   12/11 22:18
1959年、講談社入社。週刊現代創刊メンバーのひとり。1974年、総合誌「月刊現代」編集長就任。1977年、当時の講談社の方針によりジョイント・ベンチャー開...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

なぜ過熱した?  ~当時のCG誌・吉田匠記者の「現場報告」③~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 22:55:08
いざ、安達太良山麓のエビス東コースへ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/10 19:24:39
代打の切り札『ノートNISMO S(5MT)』登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/08 13:32:05

ファン

574 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プログレ トヨタ プログレ
「NC」とは、ニュー・コンパクトカーの略と記憶している。(その後、NEO CATEGOR ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる