• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年06月15日

代打の切り札『ノートNISMO S(5MT)』登場!

代打の切り札『ノートNISMO S(5MT)』登場! 〜パルサーEXA・フレッシュマン時代への回帰・序章〜



 ちょうど『みんカラ』で『つれづれクルマ一代』をスタートさせて満6年。みなさんに支えられて、いろんなテーマに取り組むことができました。深く、厚くお礼を申し上げたい。
 あの時は「そのまんま」の75歳だった。それが今では『還暦プラス青春の21歳』などとほざいている。それでも体調・健康には気をつけながら(闘いながら、と言うべきかな)手応えのある日々を楽しんでいられる。それも『みんカラ仲間』との交遊のお陰です。もう少し、この道を究めてみたい。どうぞ、お力添えを。

 さて、1ヶ月ぶりの「近況報告」は、終点を『ラストラン、菅生に燃ゆ』に設定して取り組むが、果たして完走できるだろうか。シグナルはGO! おっとスタートで逆噴射しないように……。
   ★         ★        ★
《PVランキング第2位》の大異変騒動の発火点となった『5速MT新型スイフトRSを味見しに行かないか?』の続きを書きたくて、SUZUKI広報のミスター神原に連絡を入れたところ、電話の向こうから、申し訳なさそうな女性の声が返ってきた。

「神原は4月から、本社の宣伝部の方へ異動しまして……」


*SWIFT RS 5MTでご機嫌。ひとっ走りしてきます!


*こちらが「北総の小江戸・佐原」の運河めぐり。

 おお、そうであった。ご挨拶のメールをいただいていたのだ。で、早速、浜松の方へ連絡をしなおした。が、会議中とやらで、後刻、電話をもらうことにした。こちらの要件は、改めて5速MT新型スイフトRSを用意してもらい、今度こそゆっくりと、この4月19日に『北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み』として『日本文化遺産』に認定されたばかりの佐倉と、さらに、かつては利根川水運の基地として栄えた佐原(香取市)まで足を伸ばして、運河めぐりでも楽しみたい、とムシのいい注文をするつもりだった。

 時を置かず、浜松から電話が入った。久しぶりの挨拶の後、こちらからの要件を伝えると、ミスター神原の申し訳なさそうな声で答えが返ってきた。
「あの時の5MTのRSは広報車じゃなかったのです。実はアルトの時に5MTを用意したのですが、ほとんどご利用がなかったので、今回は広報車としてのRS5MTは準備してありません。東京広報の方でディラー関係を当たらせますので、ちょっとお時間を……」

 2日経って、東京広報から連絡が入った。2時間くらいの試乗なら世田谷のディラーで調達できます、とのこと。話にならない。で、今回はRS の5MTは諦めることにして、方針変更。かねてから約束していた日産ノート e-POWER NISMOにそろそろ空きが出る頃だが、と日産広報に探りを入れることにした。
ちょうど6月8日に「X-TRAIL」のマイナーチェンジの発表会がある。その時に受けとれれば好都合だが、と。

「う〜ん。残念ながら、まだ出ずっぱりなんです。それよりもノートのNISMO Sならどうですか? マニュアルの5速ですよ」
「え⁉︎ NISMOノートに5MTがあったのか! それいいね!」


*NOTE NISMO SのイメージPHOTO

 ニヤリと笑みを浮かべているに違いない若手広報マンの清水君。チーフの志水氏ではない(念のため)。何しろ彼は熱心なベスモフアンでわたしのBLOGもちゃんとチェック済みのはず。だから、コンパクトハッチの「5MT車」という人参を、わたしの鼻先に突きつけたのだ。

 そんな経緯もあって、6月8日の朝は、午前10時半開催の発表会に出席すべく、浮き浮きと私鉄電車で池袋へ出、9時26分発の湘南ライナーで横浜へ向かった。通勤・通学の時間帯を外しつもりがほとんど満員電車状態。つり革にぶら下がって耐えていると、やっと恵比寿からは座席にすわれて、一息をつくそこからは。実はこのところ、いささか体調が優れず、まだ横浜行きは無理だったか、と悔い初めていたのだ。

 それでも西大井から先の、武蔵小杉、新川崎と快適に走りぬける頃には、これから5日間を一緒に暮らすノートNISMO Sへの期待感からだろう、靄っていたハートに明るいものが射しこみ始めていた。それに、万一に備えて、横浜でノートNISMO Sを受け取ってからの帰路については、同じRJC会員、飯嶋洋治さんにサポート同乗をお願いすることで、手配はちゃんと済ませてある。

 午前10時05分、横浜着。そこからはいつものように中央改札出口から地下街を抜けて、「みなとみらい21」方向を目指した。日産グローバル本社まで、徒歩すでに5分で着くのはちょっときついかな。
 運河に面した1Fのギャラリ・フロアーはすでに報道陣やTVカメラで満席状態。発表会がこうやって賑わうのは、御同慶のいたり、である。

 定刻の10時半、マイナーチェンジしたX−TRAILが紹介される。今回の狙いは、ミニバン「セレナ」に採用して大ヒットした『プロパイロット』を、今度は時代の寵児になりつつあるSUVに搭載し、同時にエクステリア&インテリアの質感を大胆に高めたものだった。いずれ、試乗会がセッティングされるだろうから、「セレナ」搭載時からの『プロパイロット』機能の進化具合を、その際に味見させていただこう。付言すれば、今回のX−TRAILにもNISMOバージョンとAUTECH仕立ての2種類が用意されていて、一味、スープアップされたSUVになっているはずだが……。



 やっとイベントが終了。すぐに飯嶋洋治さんと合流し、広報・志水チーフに先導されて、地下の広報車受け取りの事務所へ、エレベータで降りて行った。去年の11月11日に、もてぎツインリンクでのRJCのカーオブザイヤー・イベント出席のお供としてR35 GT-R 2017バージョンを借り出して以来だったが、あの時はデビューしたばかりのNOTE e-Powerの試乗会が絡んでいたのを思い出す。



 今回はSWIFT RSの代打として登場してくれる特別のNOTE S。その対面が控えているのだ。

 5日間にわたる試乗貸出の手続きが終わった。で、モータープールへ向かうべくドアを開けて一歩踏み出した瞬間、足が止まってしまった。例のNISMOバージョンのアイデンティティであるブリリアント・パールホワイトのNOTE Sが、その小ぶりなプロポーションを自慢げにくねらせて、目の前ですでに待機しているではないか。



 2WD 1.6ℓ DOHC水冷直列4気筒140ps/6400rpm。専用チューンを施された心臓部。5速マニュアルミッション。スピードメーターは260まで刻んである。お値段も、このバージョンは約300万円だと聞く。いやぁ、早く外へ飛び出したくなる。が、ここはサポートをお願いしている飯嶋さんに、とりあえずステアリングを譲るべきだろう。

 当方は助手席にお尻を滑り込ませた。すっぽりと収まりがよすぎて、いささか束縛感が強い。そこが気になった。
 黒のスエード調スポーツシートはRECARO社との共同開発とかで、ホールド部分は赤でまとめている。



 飯嶋さんがギアのシフトパターンを確かめてから、左足でクラッチを踏み、次にエンジンのスターターボタンを捺す。ウォオーンと嘶(いなな)くNOTE S。事前の打ち合わせで、この後、首都高速湾岸線の大黒パーキングエリアまでひとまず走って、それからのことはSAのレストランで昼食をとりながら決めましょうよ、ということになっていた




 
 日頃はBMWのM3、MT車オーナーの飯嶋さんが、ゆったりと1速→2速→3速とギアをアップさせながら、上り勾配のアプローチから、光の溢れる「みなとみらい横浜」の街へと繰り出した。

 さて、今回はここまで。試乗記はわたしがステアリングを握ってからにしたい。それに、あえてサブタイトルとして《パルサーEXA・フレッシュマン時代への回帰》と謳っていながら、まだそのことに触れないままでいる。



 それもやがて謎解きをするつもりだが、これまで35GTRやフェアレディZのNISMOバージョンと、それぞれ1週間を一緒に暮らしてきたときには全く繋がらなかった《プロダクションレース》時代の記憶の数々……。「序章」という2文字を付け加えている所以(ゆえん)である。  (以下、次回へ)
ブログ一覧 | 還暦+20歳の青春 | 日記
Posted at 2017/06/15 17:12:41

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2017/06/15 17:40:25
これは続きが楽しみですね〜(^^)

一声かけてくだされば、e-POWERを持って行ったのに!(笑)
コメントへの返答
2017/06/15 17:54:12
あ、そうか。それがありましたね。せっかくのランデブーランができたのに。

遠藤君が腰を痛めたので、予定が狂いました。次の機会に是非お願いします。
2017/06/15 21:01:43
今回の予定狂わせ、誠に申し訳ありませんでした。

今回は局長のレポートを楽しみにさせて頂きますm(_ _)m
コメントへの返答
2017/06/15 23:07:51
いやいや、あなたの都合がよければ、「北総の小江戸」紀行にお誘いするつもりでした。
別の機会によろしく。

今回のテーマはなんとか完走したいものです。怠けていたら、発破をかけてください。
2017/06/16 05:24:06
こういう事が見つかった様です・。
機会があれば・・。
龍馬の手紙、新たに6枚発見 寺田屋事件を生々しく
http://www.asahi.com/articles/ASK6H7HZTK6HPTFC01B.html
http://www.kochi-johaku.jp/1441/
http://www.kochi-johaku.jp/1342/
http://www.kochi-johaku.jp/exhibition/1068/
http://bakumatsu-ishinhaku.com/
野際さんの訃報には驚きました、
あんなクールで大人な人が・・。
世間知らずのお子ちゃま達が多い世の中でどう思っていたのか・・。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2587122/blog/39939605/
野際さんは確か風の武士という映画に出ていたと思いますが・・。
後はあの学校ですね・・。
http://www.raizofan.net/link16/link8/index.htm
http://www.raizofan.net/link4/movie8/nakano4.htm
http://www.bbc.com/news/uk-11081786
http://www.bbc.co.uk/news/mobile/world-europe-11082307
http://www.bbc.com/news/uk-26365085
コメントへの返答
2017/06/16 10:52:06
いつもありがとうございます。

11項目のアドレスをチェックしました。

高知はクルマで走り抜けただけでしたので、改めて行く機会を考えたくなりました。

「中野学校」増村保造作品でしたね。
今朝のスポーツ新聞は「ディリー」を除いて、全てが「野際さん」でした。
2017/06/17 23:46:55
こんばんは。
この車は、大阪在住時の末期に試乗しました。乗り心地もエンジンの出力の出方も、初代プリメーラによく似ていました。マーチにも似たグレードがあり、日常的な感じや乗り心地の良さなどから、私はマーチの方が好みにあいました。ノートのこれは比較的売れているようで、土休日によく見る「休日カー」になっています。そういう気持ちの余裕がある人がいて、少し安心しました。
 同じような車には、オーリスのRS、フィットのRS、デミオの15MBなどがあり、デミオ以外は乗りました。往時のベストモータリングなら、特集を組んでいただろうにな、と思います。

 ノートのe-powerニスモ仕様はレンタカーにもあり、今シーズンは試してみたいと思っています。
コメントへの返答
2017/06/18 08:48:04
ルマンに夢中になっていてレスポンスが遅くなりました。

しばらくです。

この次はニスモNOTE e-powerを試乗する予定です。時間が合えばその時に。連絡します。

5MTを久しぶりにたっぷりと堪能しました。ムズムズと蘇るものがありました。
2017/06/18 09:55:02
おはようございます。よさこいでバタバタしております。

最近日産が息を吹き返した様に感じる中での「ノート」の存在は、とても頼もしいですね。
でもHVでお馴染みの「コバちゃん」こと小林氏曰く、「吊るしじゃボディが弱い。」とのコメントがありましたね。
コメントへの返答
2017/06/18 11:42:39
高知では歴史的資料館に力が入っていて、新しい魅力が湧いてきましたね。また、龍馬の新資料が発見されたり、と。一度、脱藩の道も踏破したいし・・・。

よさこい祭り、いいねえ。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「朝のルーティーン。前夜の虎の惨敗をディリースポーツ紙がどう料理してくれたか、を楽しみに、あれこれ予測しながら、いつものコンビニへ。と、どうだ!新聞スタンドの右半分、スポーツ紙は全て、乳癌闘病中だった小林麻央さんの訃報一色。海老蔵さんが伝える最愛の人からの「最後の言葉」。ご冥福を。」
何シテル?   06/24 10:37
1959年、講談社入社。週刊現代創刊メンバーのひとり。1974年、総合誌「月刊現代」編集長就任。1977年、当時の講談社の方針によりジョイント・ベンチャー開...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

猛虎の歴史的大逆転劇にこころ弾ませて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/12 13:17:12
ポルシェ914に乗せてくれた「あいつ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/16 19:54:00
『仕事始め』と『変なデビュー』秘話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/09 20:51:21

ファン

557 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プログレ トヨタ プログレ
「NC」とは、ニュー・コンパクトカーの略と記憶している。(その後、NEO CATEGOR ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.