• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

bicicletaのブログ一覧

2018年01月08日 イイね!

2018.1 新潟で雪遊び(3日目) 〜帰路〜

2018.1 新潟で雪遊び(3日目) 〜帰路〜 長岡3日目の朝。

 今日も空は雲がどんより。気温はそこまでは低くありません。けれど、テレビで週間予報を見てみたら、最高気温が「−3℃」なんて日もあるようでした。

 「最高気温が−3℃!」

 思わず声を出して驚いてしまいましたが、友人ファミリーの旦那さんは「新潟ですから。」と、平然としていました。冬の日本海側は太陽が出ない日がほとんどなので、昼間も気温はそれほど上がらないそうです。

 う〜ん、やっぱり関東とは違いますね。私の住むところも、朝は−2℃くらいまで下がりますが、昼になればそこそこ気温がありますから…。



 さて、朝ごはん。

 今日も美味しいご飯、ありがとうございます!



 今日は午前中に帰路につくのでソリ遊びには行きませんが、食後は家の周りで最後の雪遊びをしました。



 例年は「雪捨て場」となり、雪山ができる場所らしいですが、今年はこんな程度。

 それにしても、雪かきのことを考えると、やっぱり雪国での生活は大変ですね…。



 最後にちょこっとソリに乗って、「遊び納め」をしたのでした。



 雪遊びができたのはもちろんよかったけれど、子ども達は「お友達」との時間を満喫できたようで何よりです。

 夏になったら、また一緒にキャンプに行きましょうね!



 さて、帰りましょうか。

 国道はご覧の通り、雪の「ゆ」の字もありません。

 しかし、この3日後に…

 ここ長岡で、JR信越線の普通電車が15時間も立ち往生となる事故(?)が発生しました。夜の7時頃から翌日の10時過ぎまで、雪に行く手を阻まれた電車の車内には430人もの乗客がいて、座席を譲り合いながら夜通し行われた除雪作業を待つことになってしまったそうです。



 その後も福井では豪雪により国道8号線で1500台の車が3日間に渡って立ち往生してしまったり、山形では観測史上1位の積雪416cmを記録する等、全国が大雪に見舞われて大混乱が生じる事態となりました。

 しかしながら、その時も関東は晴天続きだったのだから、狭い日本といえど、ちょっとした地理的条件の違いで全く異なる世界が繰り広げられていることには本当に驚きです。



 越後湯沢まではゆっくりと国道17号を走り、そして関越道で越後山脈を抜けて神奈川に戻りました。

 う〜ん、楽しい3日間でした!

 思い切って、デリカD:5にスタッドレスを履かせた甲斐がありましたよっ!

 かけがえのない時間を共に過ごしてくれた友人ファミリーに感謝です!

 ありがとうございましたぁ〜!

(おわり)

<備忘録>





長岡10:50 → 12:20塩沢12:45 → 越後湯沢IC → 14:50狭山PA15:05 → 16:10自宅
Posted at 2018/02/18 17:23:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雪遊び | 日記
2018年01月07日 イイね!

2018.1 新潟で雪遊び(2日目) 〜国営越後丘陵公園〜

2018.1 新潟で雪遊び(2日目) 〜国営越後丘陵公園〜 昨夜は雪が降る予報だったので期待していたのですが…ほとんど降らなかったようです。

 残念。

 まぁ、昼間に吹雪いて遊べなくなってしまうよりはいいですけどね。



 朝食後、着替えをするとさっそく庭で雪遊びをする子ども達。



 友人ファミリーの長女が作ってくれた雪うさぎ。

 さっと、こんなものを作ってしまうのは、さすが雪国の子どもですね。



 さて、友人ファミリーの車と連なってお出かけです!



 そして、到着したのは、



 国営越後丘陵公園です。

 通常は駐車場代と入場料がかかりますが、冬季は全て無料だとのこと。ありがたいです。



 いやぁ〜!

 広い公園ですねぇ〜!



 さて、

 行きますか!



 Go!



 ちなみに、ここはスキー場ではないのでリフト等はなく、ソリ場はただの斜面を利用して作られたものです。

 けれど、坂の麓には人工芝を敷いてソリが止まるように整備されていたり、公園の職員さんが常に監視をしてくれていたりと、環境が整えられています。

 そして何より人が少ないので、まだソリの方向転換やブレーキができない子どもでも安心して滑らすことができました。



 昨日に引き続きママと滑ったり、



 お友達と滑ったりして、雪遊びを満喫していました。



 ある程度、ソリを楽しんだところで、

 「七草粥を無料サービス!」

 なんて、放送が入ったので案内された場所に行ってみました。

 配られた用紙に七草の名称を記入して、



 七草粥、get!

 そうか、今日は1月7日だったんですね。

 (ちなみに、私は七草を全て答えられませんでしたが奥さんは完璧でした。周りを見渡してみると、スマホをいじっている方がたくさんいましたねぇ〜。答えられなかった私が言うのもなんですが…そんな時代なんですね。)



 そして、お昼の時間となったので、公園のレストランで昼食をとることにしました。



 私と奥さんで、「洋風カツ丼」と「たれカツ丼」をチョイス。

 これらは卵でとじたカツ丼ではありません。

 私は初めて知ったのですが、
 
 「洋風カツ丼」とは、どんぶりにご飯を盛るのではなく、ご飯の上にトンカツが載せられ、その上に洋風のソースをかけるというもの。カツ丼というよりはカツライスといった感じ。これは長岡市名物だそうです。

 それに対して、「たれカツ丼」とは一般的なカツ丼より肉が薄く、カツ単体を甘辛の醤油ダレにくぐらせてからご飯の上に載せたシンプルなカツ丼。カツ以外に、野菜などは何も載せないのも特徴なんだとか。こちらは新潟市の名物なんだとか。

 関東の人間にしてみると、長岡市と新潟市は「ニイガタ」で一括りにしてしまいそうですが、地元の方に言わせると、やっぱり文化も気候もかなり違う土地なのだとか。ちなみに、長岡市はそれなりに雪が積もりますが、新潟市内に雪が積もることは滅多にないそうです。



 さて、午後の部がスタートです!



 長女は午前中の滑りで自信が持てたようです。

 逆に、「一人でやる。」と言って、もう一緒にはソリに乗せてくれなくなってしまいました。



 手がかからなくなって、よかったよ。やれやれ。

 なんて、一瞬は思ったけれど、

 よく考えると、

 ちょっと、寂しいなぁ…。



スタート地点までの登り坂も一人でえっちらおっちら登るようになり、



 転んでしまった時は大爆笑して雪を全身で楽しんでいました。

 ちょっと前までは、大泣きして「抱っこぉ〜」だったのにね。



 次女も負けずに頑張って登っています。

 こちらは本当に根性があります。



 そんなこんなで、午後の部もソリを満喫しました。



 そして、次女は体力を使い切って沈没。



 そして、みんな雪遊びにお腹いっぱいとなり、帰路につくことにしました。

 それにしても、いい公園だなぁ。

 こんなに広い公園が近所にあったら最高だよなぁ。

 次は夏に来ても面白そうだな、なんて楽しみが増えたのでした。



 さて、友人宅に帰宅。

 そして、みんなで夕ご飯作りが始まりました。

 今日は餃子パーティーです! 



 子ども達もみんな餃子作りに参加。

 これがこれが、うちの子もちゃんと戦力になっていてびっくり。

 貝殻の形になってはいますが、大したもんです。水をつけて、半分に折って。そして、肉が飛び出ないように、ちゃんと力を加減しながら皮をくっつけていました。



 次女の方も、「ちょんちょん」と水を付けて、



 餃子作成器(?)を二つに折って、餃子を着々と量産していました。

 それにしても、

 この餃子作成器はすごいですね。よく考えたもんです。これなら、子どもでも簡単に餃子作りができます。こんな素晴らしいものが、100均で売っているそうな。

 ちなみに、二つに折ったあとはくっつくまで「10数える」ことにしたのですが、次女の数える「10」はというと…

 「1、2、3、4、6、7、♪、♯、@、10」

 と、後半は意味不明な言語になります。まぁ、音の数はちゃんと10あるので、とりあえず「立派」ということにしておきますか。

 (ちなみに、この1ヶ月後には1〜10までちゃんと言えるようになってしまいました。面白かったのになぁ〜残念。)



 ちなみに、今夜の夕食も友人ファミリーの旦那さんが準備してくれたのですが、餃子は「エビ餃子」「チーズ餃子」「ハム餃子」「梅シソ餃子」の4種類。

 それを焼き餃子と水餃子にしてくれました。



 みんなで握った餃子は100個以上!

 お皿に並べられた餃子を見て見ると、

 「すごい量!」

 って、思ったけれど、ビールをグビグビとやりながら、おしゃべりに花を咲かせていたら、あっという間に平らげてしまったのでした。

 そんなこんなで、身体も胃袋もたくさん動かした、楽しい1日となりました。

 (つづく)
Posted at 2018/02/17 18:00:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雪遊び | 日記
2018年01月06日 イイね!

2018.1 新潟で雪遊び(1日目) 〜とちおファミリースキー場〜

2018.1 新潟で雪遊び(1日目) 〜とちおファミリースキー場〜 さぁ〜て、1月の3連休は雪遊びをしに新潟へ行ってきました!

 今シーズンはとうとう(!?)、デリカD:5にスタッドレスを履かせました。レグナムの頃はずっと「チェーン派」だったのですが、そろそろ子ども達と雪遊びをしたいな、と思いまして奮発してしまいました!

 タイヤ交換をしたのは出発の二日前。そんなギリギリにしてしまった理由はというと…年末の『紀伊半島の旅』で「新品のスタッドレスを履いて」「トレーラーを牽き」「雪のない道を1500km」も走りたくなかったからです。

 そういう訳で、先日は年始の営業を開始したばかりのディーラーにかけこんでタイヤ交換をしてもらい、しっかりと福袋もいただいてきたのでした。

 ちなみに、タイヤ交換をしてから2日間でとりあえず100km走っておきました。そして今日、自宅から関越トンネルまで走れば合計で200km以上の走行になるので「皮むき」は終了になるハズです。トンネル手前で雪が積もってなければ、いいのですが…きっと大丈夫!

 さて、朝は真っ暗な4時に自宅を出発。いざ、関越道を目指してデリカD:5を走らせました!



 高崎を過ぎて「登り」が始まると、前方に雪をかぶった山々が姿を表しました。

 そして、赤城高原の辺りからは道沿いも雪景色に!



 「土樽PA→長岡JCT 雪チェーン規制」

 とのこと。

 結構、長い距離だね。これは期待できるかな!?



 ドンドンと雪が深くなってきましたぞ!
 
 パパはどんどんテンションが上がっています。

 ただ、ひとつ残念だったことは、娘達に「トンネルを抜けるとそこは雪国だった!」を体験させてあげることができなかったことです…。まぁ、「目を覚ましたらそこは雪国だった!」を体験できたから、これはこれでよかったかな!?

 娘達は二度寝することなく、車窓を楽しんでいました。そして次女は、「雪だぁ〜!サンタさん来るかなぁ〜?」なんて、期待していました。(笑)



 さて、来ましたよぉ〜!

 関越トンネルに突入でぇ〜す!

 そしてぇ〜、



 おぉ〜!

 来たよぉ〜!来たよぉ〜!

 道路脇に除雪された雪の高さが全然、違う!

 さて、今回は友人ファミリー宅を目指すので、このまま長岡まで走り続けます。雪遊びに来たのに湯沢を通過するなんて、なんか不思議な気分。。。



 湯沢付近を走っていた時はチェーンを巻いている車が気の毒になるほど道路は乾いていたのですが、六日町を過ぎる頃から段々と路面が白くなり始めました。

 そして、



 小千谷まで来ると走行車線にも雪が。

 路面には雪がないに越したことはありませんが、せっかく新調したスタッドレスを履いてきたので、やっぱりちょっと嬉しいです。



 越後川口まで来ると、追い越し車線は完全に真っ白。



 長岡JCTまで来たら車が増えた分、走行車線の雪は減りましたが、周りの雪はさらに深くなった感じです。追越車線を走る車はもう全くいなくなり、走行車線を走る車の速度も60km /hくらいに落ちました。

 山脈から離れるほど雪が深くなっていくことって、あるんですね。 



 そして、無事に長岡に到着しましたぁ〜。

 ICを降りてすぐのスタンドで給油。大丈夫とは思いますが、ディーゼルなので念のため凍結防止対策で燃料満タンにしておきました。



 神奈川→長岡、310kmを走って燃費の方は14.1km。

 スタッドレスにしたことと、タイヤのサイズが変わっていることで燃費が落ちる覚悟をしていましたが、それ程の差はないようです。



 神奈川からデリカD:5を走らすこと5時間。

 無事に友人宅に到着しましたぁ〜!

 こちらの友人宅には8月にもお邪魔しているので、会うのは5ヶ月ぶり。一昨年は福島で一緒にキャンプもしていたし、距離が離れている割にはよく一緒に遊んでいる仲良しファミリーです。



 次女はこの家のここにブランコがあることを覚えていたようです。

 暖房の届いていない寒い部屋だったのに、気にする様子もなく早速、遊んでいました。



 荷物を降ろしてひと休みです。

 さて、ここで今回新調したタイヤ&ホイールをちょこっと紹介します!

 タイヤはYOKOHAMAの「GEOLANDAR I/T-S G073」、サイズは225/70R16を選びました。

 デリカD:5に乗る人の間ではお決まりの18→16にインチダウンですが、サイズは225をチョイスし、純正タイヤより直径を2cm大きくしました。

 タイヤのサイズ変更については悩みに悩んだ甲斐がありました!

 225/70R16というこのサイズ、デリカD:5の車体に対してのバランスがぴったりだと思います。たった2cmの差なのに、タイヤの存在感が急に大きくなりました。

 純正製品というのはメーカーが計算と試験を重ねて決定したものだから、車の性能を引き出すためには「純正のまま」にしておくべきだということはわかります。けれど、純正サイズはタイヤが妙に小さく見えるんですよね。悪魔でも「見た目」の話なのですが…。
 
 ホイールはWEDSの「キーラーフォース」を選びました。

 ホイールについてはタイヤ以上に長いこと悩み続けました。みんカラを眺めていると、候補がいくつも上がってしまいまして…。そんな中から、「いかにも四駆!」という雰囲気を醸し出していると思えたことと、値段とのバランスを考慮し、このホイールに決定しました。

 ディーラーの担当者さん曰く、「なかなか、似合ってますね!うちでこのホイールを注文してきた方は初めてでした。」なんて言ってくれ、ちょっと嬉しかったです。

 そんなこんなで、タイヤを履き替えた一昨日からは、車に乗るたび降りるたび側を通るたびにデリカD:5の足元を見てニヤついてしまうパパでした。

 ちなみに、タイヤ&ホイール代の出どころはというと…消耗品であるタイヤは生活費負担。私の趣味で選んだホイールはお小遣い負担となっています。約3ヶ月分のお小遣いがこのホイールに消えていきました…(笑)。



 さて、朝は3時起きで運転してきたこともあって、頭がボォ〜ッとしていた私。少しの間、布団に潜らせてもらいました。

 そしてその間、子ども達は早速、庭で雪遊びを満喫したそうです。



 5ヶ月ぶりの再会である子ども達、顔を会わせたら記憶が蘇ってきたかな?



 あっさりと仲良し4人組になり、おしゃべりを楽しみながら雪遊びを満喫していたようです。



 さて、充電完了!

 大人もスキーウェアに着替え、車2台で連なってやって来ました!

 今日の遊び場は「とちおファミリースキー場」です。

 スキー場に来るのって、たぶん10年ぶり。パパはテンションMAXです!



 こちらのスキー場、235mのペアリフトが1本かかっているだけの小さなスキー場ですが、隅にソリ専用ゲレンデを用意してくれています。

 規模が小さいぶん空いているので、ソリだけが目当ての私たちには最高のスキー場でした。



 さて、行くぞぉ〜!

 二人ともソリは初めての体験。

 楽しんでくれるか、怖がってしまうか心配していましたが、



 そんな心配はご無用でした!

 従兄弟からもらった2台のソリ。しばらく物置で眠らせてしまったけれど、日の目を見る時が来てよかったよ!



 少し滑ったらすぐに慣れたようで、

 早速、一人で滑ったり、



 お友達と一緒に滑ったりして大はしゃぎでした。



 寝っ転がりながら滑っている人もいましたねぇ〜♪

 余裕ですな!



 やっぱり、友達がいるといいですね。



 お互いにいい刺激を受けるみたいで、

 「パパ、抱っこぉ〜!」

 なんて言うことなく、


 
 遊ぶことに夢中な様子でした。



 まぁ、1時間も遊ぶと疲れてきたようだったので、休憩室のストーブで体を温め、手袋を乾かしました。

 ちなみに、お昼ご飯はここの食堂で食べたのですが、このスキー場名物の「とちお汁」は美味しかったですよぉ〜♪

 栃尾名物のジャンボ油揚げ、牛すじ肉、大根、ゴボウなど具沢山な上、すりおろした生姜が入った醤油味のスープは体を芯から温めてくれます。1杯300円なり。これは絶対におすすめです!(写真を取り損ねたのが残念…)



 さて、後半戦スタートです!



 前半は手を繋ぎながら坂を登っていた長女ですが、慣れて来ると一人でソリを持ってスタート台まで登って行くことができるようになりました。



 着いた時は青空が見えていたスキー場ですが、後半は再び雪がチラチラと。

 気温もグンと下がり体が冷えてきましたが、子ども達は「力尽きるまで」遊びきったのでした。



 さて、帰りますか。まだ、明日もあるしね!

 ところで、横目にリフトを見ると、やっぱり滑りたくなってしまいますねぇ〜。

 子ども達がもう少し大きくなって勝手に遊んでいてくれるようになったら、監督を奥さんに任せて、「少しだけ」一人で滑りに行ってもいいかなぁ〜?



 デリカD:5を走らせると子ども達は一瞬にして爆睡していましたが、これまた一瞬にして温泉に到着。ここで汗を流していくことにします。

 やってきたのは、「越後とちお温泉おいらこの湯」です。平成17年に掘削に成功したという真新しい温泉でした。

 入ってみてびっくり!

 超満員でした!

 福祉施設として営業されているこの温泉は地元の方の憩いの場になっているようです。大勢のお年寄りで大賑わいだったのでした。



 そして、友人宅に戻り、夕食です。

 この家では、食事の準備は旦那さんの担当。前回に続いて今回も美味しい食事をご馳走になってしまいました。



 今日のメニューは鍋です!

 寒い時はやっぱりこれですよねぇ〜。



 そして、食後は大人+子ども計8人で団らんの時間となりました。

 しかしながら、私は睡魔に襲われ早めの沈没。

 奥さんは夜遅くまで友人との久しぶりの時間を楽しめたようなので何よりです。

 さて、明日もソリ遊びを満喫しますよっ!

(つづく)

<備忘録>

自宅4:10 → 6:30赤城高原SA6:55 → 9:30土樽PA9:40 → 9:20長岡
Posted at 2018/02/09 23:02:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雪遊び | 日記
2018年01月01日 イイね!

2018.1 謹賀新年

2018.1 謹賀新年 あけましておめでとうございます!

 さてさて、2018年が始まったところですが、ここで思い出いっぱいの2017年を振り返ってみたいと思います。

 我が家にとって、この1年での一番の大きなイベントは何と言っても、「トレーラー乗り換え!」でした。

 キャンピングカーショーでのAVIVAとの出会い、デルタリンクでの決断、牽引免許取得、駐車場の拡張工事etc…2〜3月にかけては、ドキドキワクワクハラハラの連続でしたが、お陰で今年は新しいトレーラーで家族の思い出をたくさん築くことのできた1年となりました。

■ デリカD:5



①総走行距離:35298km
②年間走行距離:13321km
③訪問都道府県:19都県



 早いもんです。

 レグナムからデリカD:5に乗り換えてもうすぐで3年。あっという間に車検を迎えてしまいます。レグナムにもう少し乗りたかったという気持ちは今でも残っていますが、やっぱりデリカD:5にしてよかった!と思う今日この頃です。

 何より嬉しいのは3列シート。友達や両親と一緒に出掛けてかけがえのない時間を過ごすことができたのは、デリカD:5のお陰です。

 そして、もう一つ嬉しいのはパワフルなディーゼルエンジン。キャンプ道具満載&1トンを越えるトレーラーを牽引しても気持ちよく加速、高速巡航してくれています。乗り換えの際は本当に悩んだけれど、この車を選んでいなかったらトレーラー大型化は難しかったかもしれません。そんな意味でも、デリカD:5には助けられています。


■ マイクロライト300(1月〜3月)



①総走行距離:14215km(4年間)
②年間走行距離:298km
③年間出動回数:1回
④年間宿泊数:1泊

 マイクロライト300で初めて泊まった場所は「道の駅・潮風王国」(千葉県)でした。そんなこともあって、最後の夜もここ、「道の駅・潮風王国」で過ごしました。



 マイクロライト300は私達が初めて購入したキャンピングトレーラーです。内装を全てはがしてからDIYで全てを作り上げるなんてことをしてしまったので、このトレーラーに詰まっている思い出は計り知れません。

 本当ならもっともっとずっとずっと乗り続けていきたいトレーラーでしたが、家族が4人となっては手狭過ぎて…泣く泣く、お別れをすることにしました。私の友達の友達の元へと嫁ぐことが決まり、またいつか一緒にキャンプできそうなのが唯一の救いです。

 我が家と共に4年の歳月を一緒に過ごしたマイクロライト300。たくさんの思い出をありがとう!


■ AVIVA472PK(4月〜12月)



①年間走行距離:5630km
②年間出動回数:11回
③年間宿泊数:39泊

 なんと、8か月間で39泊もしていました!

 普段は富士山周辺や房総半島でのキャンプがメインですが、夏には東北(9泊10日)、冬には紀伊半島(9泊10日)をキャラバンしてきました。そのため、納車からの月数は少ないのに、走行距離も宿泊数も結構な数字になっています。
 
 悩みに悩んで決断したトレーラーの乗り換え。しかし、結果は大正解でした。畳の部屋に換算すれば、6畳分くらいの広さがある車内は4人で過ごしても余裕そのもの。また、トイレが付いているお陰で宿泊場所の制限がかなり緩くなったし、実用的な広さのあるキッチンと大容量の冷蔵庫のお陰で車内での調理も自由にできるようになりました。そのため、P泊をメインとした長期旅行でも快適に過ごせるようになりました。

 それにしても、駐車場の拡張工事は冷や冷やだった…



 このトレーラーを入れられるように、けれど庭は極力潰さないように工事をしてもらったので、前後とも余裕はほとんどなし。



 さらには、掘ってみたら予想外のところからガス管が出て来てしまい、削りたかった部分を削れず、こんなスレスレに。

 けれど、業者さんが頑張ってくれたお陰で、新トレーラーがぴったりと収まる駐車場が完成したのでした。


 さて、今年このトレーラーで訪れたキャンプ場はというと…


 河内川ふれあいビレッジ <神奈川県>(4月)


 ターキーズハウスオートキャンプ場 <山梨県>(4月)


 かずさオートキャンプ場 <千葉県>(5月)


 ふもとっぱらキャンプ場 <静岡県>(5月)


 曽原湖オートキャンプ場 <福島県>(6月)


 猪之頭オートキャンプ場 <静岡県>(7月)


 ふもとっぱらキャンプ場 <静岡県>(7月)


 荒雄湖畔キャンプ場 <宮城県>(8月)


 太平山リゾート公園オートキャンプ場 <秋田県>(8月)


 由利高原オートキャンプ場 <秋田県>(8月)


 ターキーズハウスオートキャンプ場 <山梨県>(9月)


 オレンジ村オートキャンプ場 <千葉県>(11月)


 マイアミ浜オートキャンプ場 <滋賀県>(12月)


 リゾート大島オートキャンプ場 <和歌山県>(12月)


 そして、トレーラー以外のところでの我が家の思い出はというと…



 昨年の正月明けには、私達家族+両親+叔母=7人で5泊6日の沖縄旅行に行きました。

 レンタカーはハイエース10人乗りをレンタル、本部では古民家を借り切って4泊する等なかなか面白み溢れる旅行でした。



 夏には、私の妹が移住生活を送っている佐渡島へ遊びに行きました。

 二人の娘は久しぶりにおばちゃん(?)に会えて大喜び。また、佐渡の海も満喫しました。今年は、佐渡の他にも小田原、秋田の男鹿半島でも海水浴を楽しみ、水と戯れる夏を過ごすことができました。



 また、今年は私や奥さんの友人が我が家に遊びに来てくれたり、逆に遊びに行ったりする機会が何度もあり、娘達にとっては自分達と歳の近い「お友達」との出会いがたくさんあった1年でもありました。

 まだ保育園等には行っていない娘達。普段は大人との関わりが多いので、「友達と遊ぶ」ことに最初は戸惑いを感じているようでしたが、段々と慣れて来たようです。しばらく月日が経ってからも一緒に遊んだ「お友達」の名前や一緒にやったことを口にすることが度々あり、いい思い出が作れたようです。

 「親の友達の子ども」同士のつながりが、今後も続いていってくれたら嬉しいもんです。



 そして、我が家にとって今年の大きな出来事としては、畑を始めたことを記さない訳にはいきません。

 神奈川県西部のこの辺りも耕作放棄地が目立ちます。そして、目をつけていた土地の地主さんと話をしてみたところ、「草刈りさえしてくれれば、好きなだけ使っていいよ。」と言っていただけ、畑を始めてみることにしました。

 この夏は約50坪を開拓。鍬で耕すには途方に暮れる広さですが、いい汗をたくさん流しながらたくさんの野菜を収穫することができました。また、お陰で子ども達はミミズだってカエルだって、なにも躊躇する事なく触ることができるようになりました。



 そして、最後にもう1つ。

 私の両親が我が家の近くに引っ越してきたことも大きな出来事でした。

 70歳を迎えた両親が住み慣れた土地を離れ、新しい土地での生活を始めることは相当な勇気がいる決断だったと思います。しかも、生活に便利な横浜から神奈川県西部の田舎へですから。けれど、そのお陰で私の娘達はいつでもじーちゃんばーちゃんのところへ遊びに行けるようになったし、私自身も色々と助けてもらえることができるようになりました。本当にありがたい話です。



 そんなこんなで思い出いっぱいの2017年でした。

 昨年は海水浴をはじめ、二人の娘の成長に合わせて家族での遊び方が少しずつ変化してきたように感じました。今後も娘達は出来ることが益々増えていくのでしょう。それに合わせて、キャンプのスタイルも今後は少しずつ変わって行くのだろうな、と思います。これから二人の娘達がどう成長していくのか楽しみで仕方ありません。

 最後になりましたが、

 昨年も私達家族を支えて下さった、両親、友人、職場の方々、そして、デリカD:5をきめ細かくみて下さっている関東三菱自動車販売の皆様、AVIVA472PKを納車し整備して下さったデルタリンクの皆様、本当にありがとうございました。どうぞ、今年もよろしくお願いします。

 そして、2018年が皆様にとって思い出いっぱいの年になりますように!
Posted at 2018/01/02 00:11:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月31日 イイね!

2017.12 滋賀・和歌山の旅⑩ 〜帰路〜

2017.12 滋賀・和歌山の旅⑩ 〜帰路〜 9泊10日に及んだ、滋賀・和歌山の旅 〜紀伊半島一周〜 はいよいよ最終日です。

 まぁ、「最終日」といっても今日は帰るだけなので、気分的には今回の旅行は終わったようなもの。「楽しかった」という満足感と、「無事に終わった」という安心感で感無量でした。

 「パンダ、見たい!」という次女の一言から計画された今回の旅。半年前から計画を立ててきたので、子ども達が楽しんでいる様子を見られた喜びは尚更大きかったですね。

 また、連日のように冬らしい冷たい北風には悩まされましたが、10日間も旅行していながら雨に降られたのは1度だけ(しかも夜だけ)というのも幸運でした。冬の太平洋側の晴天率の高さは素晴らしいです!



 今日は帰るだけなので、朝食はいつも以上に簡単に。ぶどうパンとコンフレークと牛乳です。

 ぶどうパンは昨日、ハイウェイオアシスの中にある「セントラルプラザGF」という食料品店で買って来たものですが、あのお店、すごいところですよ!

 地場産の野菜や果物はもちろん、とにかく海鮮ものの品数がすごい!ブリがドォーンと丸々置かれていたのには参りました。お正月前だから余計に品数が豊富だったのかもしれませんが、いやぁ〜、キャンプ前にここに寄ったらあれもこれも買い込んでしまいそうでした。(笑)



 出発です!

 トンネルが多い新東名を避け、久しぶりに東名を走ってみることにしました。

 ところで、今朝の刈谷PAでも驚きましたが、さすが大晦日です。

 トラックが全然いません!

 朝の刈谷PAは大型車エリアがガランガランだったんです。そして、東名の方も…「前方を車が一台も走っていない!」ということがしばしありました。真昼間だというのにね。



 富士川を渡れば、もう帰って来たようなもん。

 ただ、残念なことに富士山は姿を隠していました。富士山が見えると、「おぉ〜!帰って来たな!」って気分になるんだけどなぁ〜。



 あず君、どうですかぁ〜?

 楽しかった?

 今回はP泊が多かったので、なかなか散歩をさせてあげることができませんでした。ちょっと可哀想な気もしましたが、「オイラは寒い外より、暖かいトレーラーの方がいいよ。」って、思っていてくれたら嬉しいところです。

 とりあえず、

 車での移動中は膝に乗せてもらって、たくさん撫でてもらえたから喜んでいるかな?



 愛鷹PAで最後の休憩。

 そして、「最後の一踏ん張り!」と、デリカD:5+AVIVAを神奈川に向けて走らせたのでした。

 これで、2017年最後の旅は終了です!

 帰ってから思ったことですが、この旅を通して娘達が妙に成長したように見えました(単に親ばかなだけかもしれませんが…)。次女のおしゃべりが妙に達者になったり、長女が妹を気遣う場面が見られたり。小さいなりに、いろいろなことを考えながらこの旅を楽しんでいたのでしょう。

 パンダを見たことが記憶に残るかはわかりませんが、「三つ子の魂百まで」ということわざわ意味するように、この旅での経験したことが何か一つでも人生の糧になってくれたら嬉しいものです。


 さて、今回も旅の期間と同じだけ長い長いブログになってしまいました。10本のブログをアップするのに1ヶ月もかかってしまいました…が、飽きずに読んで下さり、コメントを下さったみな様、ありがとうございました!

 2018年も「親ばかパパの子育て日記」をどうぞよろしくお願いします!
 
(終わり)

<備忘録>

12月31日



刈谷PA7:50 → 8:55遠州豊田PA9:00 → 10:30愛鷹PA10:45 → 11:40自宅

本日:牽引有 269km 牽引なし0km

累計:牽引有 1361km 牽引なし152km

総走行距離: 1513km
Posted at 2018/02/06 22:02:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

「2018.1 新潟で雪遊び(3日目) 〜帰路〜 http://cvw.jp/b/1136758/41109924/
何シテル?   02/18 17:23
 奥さんと2人の娘(3歳と2歳)の4人家族。デリカD:5クリーンディーゼルでキャンピングトレーラーを牽引してアウトドアを楽しんでいます。  ちなみに、bi...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

ディーゼル車のバッテリー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/07 13:20:22
TGS AUTOMOTIVE TECHNOLOGY Modified Face Mask 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/11 21:31:59
TGS AUTOMOTIVE TECHNOLOGY Modified Face Mask 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/10 20:40:10

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
 2015年3月納車。  6年間10万キロを共にしたレグナムから、デリカD:5(ディー ...
輸入車その他 アドリア AVIVA472PK (輸入車その他 アドリア)
ADRIA AVIVA472PK 全長:6610mm 車体長:5174mm 全幅:23 ...
三菱 レグナム 三菱 レグナム
三菱 レグナムEC3W(2400cc 4WD) 自転車,カヌー,キャンプなどのアウトド ...
輸入車その他 その他 マイクロライト300 (輸入車その他 その他)
 「キャンピングカーが欲しい!」と言い始めたのは、奥さんでした。結婚前に女2人でキャンピ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.