• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

honu leleのブログ一覧

2017年06月21日 イイね!

初出航までの軌跡 その2

初出航までの軌跡 その2修理記録の続きです。









納艇回漕時より右舷機にはオーバーヒートの兆候がありました。置かれていた平塚のマリーナから出て相模川を下る際、キングストンから何かを吸い込んだのが最初の原因でした。

その後、キングストンから海水経路を順々に清掃するも吸水がイマイチ。
そこで、海水ポンプのインペラー、加えてカムを交換しました。

更に奥にプレート(名称が分かりません)を追加で入れます。
プレートには経年で生じた摩耗を補う役割があるそうです。

ポンプのOHで、前よりは各段に改善されましたが、それでも未だイマイチ。状況をメカニックさんに相談すると、「ミキシングエルボの詰まりかな?」とのこと。そこで、ミキシングエルボを外してみると確かに詰まっていそうな雰囲気。原型こそ留めていますがかなりの惨状です。

試しに通水テストをしてみました。

流れるには流れますが、ポンプの水勢だと通水が足りなそう。
そこで、メカニックさんの工場に持ち込み、修正して貰いました。

詰まりを取り除き各部修正したミキシングエルボを元通り組み付けます。

再びエンジンを掛けようとすると今度はエンジンが掛かりません。
バッテリーは正常でセルも回っており、燃料もきちんと送られている様子。
一体どうしたのでしょう…、頭が真っ白です。

状況を整理してトラブルシュートします。電子制御されていないディーゼルエンジンですので、犯人は簡単に見つかりました。インジェクションポンプに付くエンジンストップソレノイドに電気が入りっぱなしいなっていました。

コネクターを外すとエンジンはすんなり始動。しかし、コネクターを入れると当然エンジンは止まってしまいます。何で電気が入りっぱなし?制御の故障など疑いますが、何か大切なことを見落としているような気が。

考えること数分…、FB側のキーがきちんとOFFになっていませんでした。超イージーミスです。

さて、ストップソレノイドの問題も解決されて再びエンジンを始動します。
すると今度はどこからか水が漏れています…。

ミッションクーラーからスタンチューブのシールへ水を送るホース、その取り出し部分のエルボが折れて水がドボドボ出ています。

そこで、今度はミッションクーラーを外し、再びメカニックさんの工場へ持ち込みます。
高価な部品なので、容易に交換はせずに、きちんと直して貰うことにしました。
先ずは、もげた取り出し口を修正して新たなフィティングを作成して貰います。

塗装を剥いて下地を整えて、

キレイに塗装してもらいました。

ミッションクーラーの水漏れも治まり、いよいよ下架して試運転です!

桟橋に舫って、アイドリングでしばし各部点検。
水漏れもビルジも無し、水温も吸水もOK。点検OKでいよいよ出航します。

徐々に回転を上げて行き、3,000回転で巡行すること10分。右舷機がまたまたオーバーヒート…。
左舷機は80℃でピッタリ収まりますが、右舷気は100℃を超えてしまう勢い。しかし回転を下げると温度は再び下がります。

再び回転を上げると水温は上がり、回転を下げると水温も下がります。
水廻りは一通り修理してあるのに一体何で・・・、目の前が暗くなります。(笑)

桟橋に戻り、エンジンを再び観察。思い当たる原因は何もありません。
エンジン本体か…、半ば諦めかけた時、ふと何か大切なことを見落としている気が。
「船」という先入観を一旦置いて考えることにします。

この症状、クルマに置き換えると明らかにクーラント不足の兆候、
まさか!と思いタンクを見ると、クーラントが入っていません。またしても凡ミスです…。

水を入れ加圧すると、冷却水がポタポタ。ウォーターポンプとヒートエクスチェンジャーを繋ぐ配管の付け根から漏っています。しかも、よく見れば漏れ部分の下に来るオルタネーターには明らかに錆の痕跡も。充分に点検観察すれば気付くことなのに…、またしても反省です。

問題の部分をバラしてみると、何のことはない、只の組み間違いでした。どうやら以前に修理した方が組み間違えたようです。組みなおして水漏れの治まりを確認、再び試運転に出ました。

30分くらい巡行しましたが、水温・水漏れ全てOK!ようやく遅い春を迎えることが出来ました。
これで完成!と言いたいところですが、今シーズンこの状態で乗って様子を見て、シーズンオフにエンジンを下してフルOHして貰おうかと考えています。

「シーズンオフにエンジンフルOH」 文字にすると20文字にも満たないこの行為、
果たして何人の諭吉様に旅立たれることでしょう。(笑)
Posted at 2017/06/21 14:28:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月06日 イイね!

エアレース2017

エアレース2017エアレース観戦に行ってきました。









今年で3回目の開催になりますが、いつも船で行こうとすると、船の調子が悪かったり荒天だったりと行けず仕舞い。今年こそは!と思っていたのですが、未だ修理途上の私の船は、往復4時間を安心して走れるほどには仕上がっていません。そこで今回も観戦は諦めていたました。

するとマリーナ仲間が観戦に行くというので、便乗させて貰うことにしました。
同乗させてもらった仲間のヤマハUF29。

この船にはヤマハSX420というディーゼルエンジンが載っており、これはランクルに積まれる4.2Lのディーゼルターボ(1HD)をマリナイズしたもの。加速時のターボ加給音が格好良いです!

母港の富津を出て、凪の東京湾を20ノット巡行で北上。

アクアラインをくぐり抜け、

京葉シーバースを横に見て順調に進みます。
京葉シーバースとは袖ケ浦沖合8kmに浮かぶ石油タンカー用の桟橋のことです。

京葉臨海工業地帯は水深が浅く、喫水の深い船は乗り入れることが出来ません。
そこで、喫水の深い巨大タンカーは沖合の京葉シーバースに着桟して積み荷の原油を降ろします。
シーバースから工業地帯へは海底パイプラインが引かれ、降ろされた原油はパイプラインを経て工業地帯へと移送されます。

母港を出て1時間半ほどで会場となる幕張海浜公園の沖合いに到着。

コースの50m手前が船の乗り入れ境界線。警戒船や警備のジェットが走り廻り、見学の船が境界線をはみ出さないよう制します。海上の混雑は噂通りで、満車の駐車場のように一面ギッシリです。

隙間を見つけアンカーを入れると、隣にいたアジム60から「あっち行け!」と言わんばかりの視線を浴びせられます。億超えの高級船、小船にぶつかられたら嫌ですもんね。気持ちは分かります。

そうこうしていると練習飛行が始まりました。
我々クルマ好きには、ジェットエンジンよりもレシプロエンジンの音がイイですね。

特に、急降下で一気に吹け上がるエンジン音にシビれました!

始めは楽しく観ていたのですが、観戦にも徐々に飽きてきて…、
同行のオーナーはお魚釣りを始めてしまいました。

私はというと、廻りの船たちを観察します。

新旧大小様々な船が来ている中、印象的に残った船たちです。
スカラブ31。V8ガソリンの2基掛け。アイドリングの音は完全にアメ車のマッスルカーです。

更に強烈なのが来ました!(笑)
40フィートは超えていそうなファウンテン。

後にフル加速で帰って行きましたが、ドラッグマシンのような音をさせ、船とは思えない加速で走り去って行きました。格好良かった!シビれました~。

そして真打登場!某有名女優さんの旦那様が所有される船です。

フェラーリ好きには「王子」と言った方がピンときますね。

そうこうしていると、デモ飛行が始まりました。

ダグラスDC-3。音も姿も実に優美でした。

そしてお待ちかねの「零戦」!
星形エンジンの音、その姿、それを自分の目と耳で直接感じることができるなんて…、
チビりそうな程に感動しました。

タイムマシーンがあるならば、小学校4年生の自分に教えてあげたいです。
「35年後に実物が見れるゾ!」って。

そしてこの日のプログラムは全て終了。

帰りは少し回り道して、黄昏時の東京港をクルーズしつつ帰途につきました。
来年こそは自分の船で行きたいです!
Posted at 2017/06/06 16:12:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年06月02日 イイね!

初出航までの軌跡 その1

初出航までの軌跡 その1 2月に納艇された愛艇をやっと初出航させることができした。









納艇時より、右舷機のオーバーヒートと両舷スタンチューブの水漏れに修理が必要で、直ぐには乗れない状態でした。早々に修理に着手したのですが意外と難航してしまい、修理が一段落するまでには実に3ヵ月半を要してしまいました。

【スタンチューブの水漏れ修理】

オリジナルのグラウンドパッキンからシールスタンに変更されていますが、肝心のベローズから水が漏っています。ゴムの劣化によるベローズの亀裂が原因かと思われます。シールスタンというとPSSが一般的ですが、私の船にはキングシールK型という日本製のシールが使われています。

http://www.nikko-kizai.com/marine/seal.html
(※画像勝手に拝借しています。掲載が不適切な場合はご連絡ください。)

DIYは早々に断念して、作業はプロにお願いすることにします。
メカニックさんにマリーナまでご出張いただき作業が始まりました。

「ミッションとシャフトを切り離し、シャフトを数cmずらしてベローズ抜き替え交換。」
文章だと僅か1行にも満たない工程ですが、実作業はプロの技をもってしても2日を要しました。

一連の作業中で至難を極めたのがこのナットの脱着。プロペラシャフトの両端にはネジが切られており、外側はプロペラの固定に内側はローターの固定にそれぞれナットで締められます。

船内側でローターとシャフトを固定するのがこの特殊形状のナットです。

脱着用に本来は特殊工具がある筈なのですが、船には載っていません。
そこで、メカニックさんが自作で特殊工具を作って来てくれました。

しかし…、想像以上にネジが固く、特殊工具一号では歯が立ちませんでした。

メカニックさんは一旦工場へ戻り、工具を方々探しますがどれもサイズが微妙に合いません。

そこで、再度、今度は3パターンの特殊工具を自作して貰いました。(写真の右側3つ)

自作工具2号で無事にナットが外れ、各部を取り外すことが出来ました。

外されたカップリングやローター、ラダーはキレイに処理して塗装して貰います。

そして組み上げられ、スタンチューブの水漏れは無事に解決。

よ~し!次に海水ポンプをOHしたら完成だ!

この時はそう思っていました…、

その2につづく。
Posted at 2017/06/02 16:28:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 船・ヨット | 日記
2017年03月28日 イイね!

お祝い旅行

お祝い旅行Guamに行ってきました。









甥っ子の高校受験が終わり、この春からは晴れて志望校へ進学することとなり、そのお祝いとご褒美に義母からはグアム旅行がプレゼントされることになりました。

そこに我が家と義姉も相乗りして、「お祝い旅行inグアム」をみんなで楽しむことになりました。

今回の旅行には2つの「初めて」がありました。

その1、甥っ子にとっては初めての海外旅行。

到着早々、持参したお小遣いでRay-Banを買ってご満悦の甥っ子。
中3でRay-Banとは生意な!

その2、我が家の長男にとっては初めての海水浴です。

もちろん飛行機も海外も初めてですが、何より海で遊ぶのはこれが初めてのこと。
砂を食べ海水を味わい、楽しそうに遊んでいました。

お祝い旅行なのでいつもと違うことをしましょう!
と言うことで、イルカ見学ツアーに出掛けてみました。

ツアーは40フィート位のダイビング船に乗ってイルカのいる海へと繰り出します。質素な船ながら電子リモコンだし計器も液晶。意外と良いエンジンを積んでいそうな予感がして、キャプテンにエンジンは何かと尋ねると「キャタピラーの400馬力が2基だよ。40ノット以上出るぜ!」と自慢されました。

一応「おおー!」と驚いて見せましたが、40ノットはちょっと言い過ぎですよね。(笑)

たくさんのツアー船に追い回されてイルカさん達にはお気の毒ですが、
イルカさんに会えたし船にも乗れたし、楽しいイルカツアーでした。

その後、イナラハンの天然プールに磯遊びに行きました。

飛び込み台が崩壊して使えなくなっていました。

楽しみがひとつ減ってしまいました。

今回は人数が多いのでレンタカーにミニバンを予約していました。
渡されたクルマはトヨタの北米専用車種「シエナ」でした。

日本でも逆輸入されたクルマを時折見掛け、前から乗ってみたかったのでちょっと嬉しいです。

エンジンはV6 3.5Lと4気筒 2.7Lの2種類がありますが、このクルマは4気筒モデルでした。

これでもパワーは充分ですが、定員MAXだとややモッサリした印象を受けることは拭えません。

車庫入れなどでクルマが大きく感じる時があります。エスティマを一廻り大きくした程度の大きさと思っていましたが、実際には全長5m全幅2mでした。道理で大きく感じる訳です。

エスティマ比で見れば室内は広いですが、ボディサイズを考えると然程広いとは言えません。
何で「国内販売しないのだろう?」と思っていましたが、乗ってみて理由が分かった気がします。
良いクルマではありますが、日本で乗るにはサイズ感が微妙なのですね。

甥っ子曰く、「高校では勉強が忙しくなるので、次の旅行は大学に合格したらかな~」とのこと。
本人が勉強嫌いでないのが幸いですが、少し味気なくも思えます。

大学に入ったら遊びをたくさん教えてやるからな!それまで頑張れよ!
Posted at 2017/03/28 12:34:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | お出掛け | 日記
2017年02月27日 イイね!

Merlinが2代目になりました

Merlinが2代目になりました船を代替えしました。
今度の船はプリンセス315です。








納艇に際し、基本のメンテナンス、船体磨き、名義変更などはボート屋さんに全てお願いしました。
それらが完了するまでの間に私は保管環境を整えなければなりません。

私のマリーナは上架保管なので船台が必要です。今回は船のサイズが若干大きくなり、
重量も大幅に増すことから、船台は新たに製作して貰うことになりました。

本体はCチャンからH鋼に車輪はより大径なものになり、より頑丈に、重量級にもバッチリな仕様に仕上げて貰いました。

船台が完成すれば受け入れ準備はOKです。船は平塚に置かれていますので、ホームポートのある富津まで回漕しなければなりません。この季節の東京湾は毎日のように強風が吹きますが、潮と風のタイミングを見計らい、ポッカリ空いた凪の日を狙って回漕日を決めました。

2月某日、平塚新港フィッシャリーナでボート屋さんと待ち合わせます。

到着するとそこにはポンツーンに舫われた愛しの愛艇が。対面に思わず頬が緩みます。

余談ですが、ここ「ひらつか海の駅 フィッシャリーナ」はポンツーンのビジター使用が可能。
近くには有名海産店もあり、クルージングがてら食事に立ち寄ることができます。

初めて来ましたが気に入りました。また今度遊びに行こうと思います。

午前11:00 いざ出航!

季節外れの小春日和、終日のたりな海へと漕ぎ出します。

出航10分後、徐々に回転を上げそろそろプレーニング!という矢先に「ピー」という警告音が…。

右エンジンがオーバーヒートしています。フロアを開けエンジンを見ると、海水を吸っていない模様。仕方なく片エンジンでしばらく進み、修理のために三崎港に立ち寄りました。

どうやら、キングストンからゴミを吸ったようで、更には、水が来ないまま回った為に海水ポンプのインペラーがボロボロに砕けていました。

インペラーを新品に交換をします。約30分のピットストップの後、改めて富津を目指します。

ちょっとしたアクシデントこそありましたが、マリーナに無事到着!

上架され、無事に船台に収まりました。

-----------------------------------------------------------------------------------
今度の船はプリンセス315という英国製のサロンクルーザーです。1987年から1993年まで製造されており、私の船は1991年式です。Jバースにピッタリ入るという理由から、YBMには同型艇が多く見られます。のんびりクルージングすることを主に造られた船ですので、スピードこそ出ませんが、サイズの割りに広いキャビンが魅力的。

チークがふんだんに使われた豪華な内装、この趣は海外艇に分があります。

内装ではバウバースの寝室が気に入っています。

広さといい適度な閉塞感といい気持ち良く熟睡できそう。船中泊が楽しみです。

私にとって、前の船との最も大きな違いはコレ。

この船は2軸のシャフト艇です。

ソフト(私)もハード(船)も走り出すにはまだ調整が必要ですが、
GWくらいまでには準備万端にしたいと思います。皆さん遊びに来てくださいね!
Posted at 2017/02/27 17:20:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 船・ヨット | 日記

プロフィール

「初出航までの軌跡 その2 http://cvw.jp/b/1142426/39968956/
何シテル?   06/21 14:28
車とバイク、そしてサーフィンが大好きです。 現在のラインナップです。 【クルマ】  フェラーリ テスタロッサ  ベントレー アルナージT  ケータ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ テスタロッサ '87 Testarossa (フェラーリ テスタロッサ)
87年式テスタロッサ、中期型センターロックです。まだ若かりしバブル期に見た、外装ネロ/内 ...
ベントレー アルナージ ベントレー アルナージ
ターボ、エイトとSZ系を乗り継ぎアルナージに乗り替えました。SZ系と比べると各部が飛躍的 ...
ケータハム スーパーセブン シリーズ3 ロータスツインカム ケータハム スーパーセブン シリーズ3 ロータスツインカム
80年式ケーターハムでロータスツインカムを搭載しています。叔父が1980年に中古平行で購 ...
ドゥカティ 900SS ドゥカティ 900SS
大型バイクになってからは、FJ1100、ZX-11とツアラーを乗り継ぎましたが、ロングツ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.