車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月06日 イイね!
第10回貴志川線祭り母親が仕事ということで、おチビさん達を連れて行ってきました。

タマ駅長やいちご電車、おもちゃ電車で一躍全国区になった和歌山電鉄貴志川線の伊太祈曽駅や伊太祁曽神社で開催されたイベントです。

最近では、国体のイメージキャラ「きいちゃん」電車、タマ電車、梅星電車と色々あります。

梅星電車と聞くと「ウメ星デンカ」を思い出すのはナイショですw

写真は「たま駅長のフワフワ」(無料)というやつで、30分ほど並んで10人づつくらいが3分間ほど飛び跳ねていました。

その日は明治神宮外苑で悲しい事故がありました。

将来のある小さい子供が安全に遊べる環境をつくるのは我々大人の重要な責任です。
Posted at 2016/11/07 21:29:42 | コメント(0) | 日記
2016年11月03日 イイね!
宇宙図書館仕事帰りに今は少なくなったCDショップで買ってきました。

4曲目のタイトルにちょっとほくそ笑みました、AVALON。


カーナビのデータベースが古いというのもありますが、
MSVの情報はNO TITLE (笑)


一曲づつ聴きながら(途中までですが)、順番にカーナビ操作で編集していきました。

Posted at 2016/11/03 08:50:45 | コメント(1) | 日記
2016年10月31日 イイね!
五右衛門風呂和歌山県伊都郡かつらぎ町花園(旧花園村)に、「守口ふるさと村」という施設があります。
古民家を改装した宿泊施設で、勿論共用の大きなお風呂もあるのですが、体験コース的に五右衛門風呂が利用できます。
鉄の釜に昔ながらの薪に火を点けてのスタイルです。
火は直接釜を熱しますが、たっぷりの水で丁度良い湯加減になった時は釜が熱くて火傷するなんてことはありません。
皆さんも是非。

その宿泊施設はかなりの山奥にあって、途中ワイディングロードを突っ走るわけですが、センターラインのない狭い道幅や崖崩れの工事地中やらで、ワイディングというより畦道といったところもあり往復のドライブは結構楽しめました。

帰りは夜になったので、初めて「オートマチックハイビーム」とやらを使ってみました。
途中までは手動で切り替えていたので、自分の感覚とどれだけ乖離しているのか興味津々でした。

「まぁ、最近の車はようできてますなぁ」というのが感想です。

設定として、事前にハイビームの位置にウィンカーレバーを奥の方へ倒すので、ウィンカーレバーが遠くなり、右左折時に(ステアリングに手を掛けたまま指が届き難く)操作しにくいという気がします。「オートマチックハイビーム」に設定すれば、わざわざハイビームの位置にウィンカーレバーを倒さなくてもいいと思うのですが、何か理由があるのでしようか。

単眼カメラが対向車のヘッドライトを上手く捕らえて、すぐにロービーム切り替わり、通過後はすぐにハイビームに戻り、自分の感覚と全く同じタイミングでした。で、時速20km/hを下回るとロービームに切り替わるという優れモノで感心しました。

これなら高速道路走行などウィンカーレバー操作が少ない場合は使えるかなぁ。しかしウィンカーレバーが遠くなるので街乗りは要注意たと思いました。


あと、山間部の夜は冷えるので、コレまた初めて「シートヒーター」なるものを使ってみました。
うぅ~ん、ビミョーw
ホッカホカを期待しているとダメですね。ほんのり(冷 たくない)という感じでした。もう少し寒くなれば有り難みがわかるのかもですが。


今回のドライブで、初めて使った機能ですが、未だ、ドライブモードをECOから変更したこととがありませんので、次の6ヶ月点検迄にはその他未使用の機能(パーキングアシスト等)も使ってみて、不具合が無いか確かめたいと思います。
Posted at 2016/10/31 22:55:24 | コメント(0) | 日記
2016年10月17日 イイね!
My Dealer へ Go!タイトル画像の出典
http://pressroom.toyota.com/images/

17日は訳あって休暇をとったついでに、リコール対応をしてもらいに行ってきました。

予約時刻よりも30分以上前に着いたにもかかわらず、ディーラーの駐車場に入れるとすぐに「○○さまですね、お待ちしておりました。この度はご迷惑をおかけして大変申し訳ありません」と、サービスの方が歩み寄って来ました。

最近のクルマ屋さん(特にここのお店)は、「おもてなし」の気持ちがよく伝わってきます。

予約時刻の45分ほど前に着いたにもかかわらず、すぐに着手していただき15分くらいで対応していただきました。


その間、担当営業さんから色々と情報を伺いました。

プリウスPHVは写真のテールランプの製造が遅れているらしく、年内納車は厳しいらしいです。

プリウスのS"Safety Plus" にはツーリングの設定はなく、G’sはもうちょい先のようです。

CH-RはTNGAだそうで、やはりターゲットはJUKEやVEZELらしいです。1200ccのTURBOは面白そうです。

1000ccクラスの両サイドスライドドアの新車(bBの後継車?)が出るとか・・・。

アルミテープに関しては、いろいろ話は聞くが、よう解らんと(笑)


アルミテープは、先日貼った箇所以外に、リアフェンダーの後ろとボンネットフードを開けてフロントマスクの裏側にも3箇所(Tマーク近くと両ホーン近く)にも貼ってみました。

いずれも表からは見えないor見えずらいところが主ですが、フロントガラスの下部分については、もう少しお洒落なデザイン性のある形にしなければ・・・。


次は、11月末か12月初旬の6ヶ月点検です。



Posted at 2016/10/18 22:24:46 | コメント(0) | 日記
2016年10月15日 イイね!
空力コントロール実はされていた?

少し前にトヨタから発表された

アルミテープを貼ることでクルマに帯電した「+」電気を放出して、元々「+」に帯電している空気との間に発生する反発力を抑えてエアロダイナミクスを最大限に発揮させる

という理論というか考え方、

前々から気になっていたので、どうなんだろうと思って確認してみました。

要はフロントとリアのスポイラーについているシルバーの加飾部分、コレってアルミテープと同じように電気を通すのならアルミテープの代わりになって「+」電気を放電しているのでは? と

うぅ~ん、ちゃんと導通してますねぇ。(写真のテスターのメータちょっと見難いですが)

ってことはアルミテープを貼ったのと同じような状態なんですが、違うのかなぁ?


「+」電気を放電させるためには形が重要ということらしく、尖った先端が多いほど効果があるらしいので、トヨタで開発された(?)テープはちょっと複雑な形状をしていますね。

どんだけ差を感じることができるか興味津々ですが、貼るなら目立たないところにしたいですね。

クルマは走行時のタイヤと路面とで発生する摩擦やボディと空気とで発生する摩擦など色々な箇所で摩擦力によって静電気が発生するらしく、一説によれば摩擦している箇所の反対側(例えば、インテークマニホールドなら内側ではなく外側、バンパーだったら表面よりバンパーの裏側(?)みたいな)に放電用のテープを貼るのがよいとされています。

実際に販売されている、NOAH、VOXYでは確かに、外からではそんなテープ見えませんもんねぇ・・・。

このあたりがメーカの特許なのかも知れません。

目立たない、ステアリングコラムの下とか、フロントガラスの下くらいにでも貼ってみましょうかねぇ。

バンパーの裏は厳しいので、スポイラーの下(見えない箇所)ならイケるかな。



Posted at 2016/10/15 08:40:01 | コメント(0) | 日記
プロフィール
「[整備] #プリウス オイオイ、なんでやねん? http://minkara.carview.co.jp/userid/115173/car/2204608/4011803/note.aspx
何シテル?   12/03 12:34
年甲斐もなく車を弄ってます。 【起】  1982年 CARINA 1800 SE 【承】  1987年 CAMRY 2.0 ZX  【転】  1996...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
はなすけさんのトヨタ プリウス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/31 12:00:09
ひっくんぱぱさんのトヨタ プリウス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/16 01:53:56
お友達
20年以上乗ったAVALONの次はダウンサイジングしました。

初めてのハイブリッド
初めてのエコカー
弄り甲斐のあるベタな人気車

こんなええ歳こいたオッチャンと仲良くしてくれるお友達を募集しております。

どうぞよろしくお願いします。
28 人のお友達がいます
#KEN#KEN * サムライプロデュースサムライプロデュース *みんカラ公認
51プリウスくん51プリウスくん スペリオンスペリオン
プリウスの神様★凛鈴! B747は不滅★プリウスの神様★凛鈴! B747は不滅★ ひろ8ひろ8
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ プリウス サキちゃん (トヨタ プリウス)
エロさに惚れました。 さきがけの「サキちゃん」です。 ブログにも記載していますが、2 ...
トヨタ アバロン アバくん (トヨタ アバロン)
20世紀から21世紀にかけて駆け抜けた、 後席広々のアメリカンなファミリーカーでした。
トヨタ カムリ トヨタ カムリ
ハイメカツインカムに惹かれて衝動買い。 オプションのデジパネは良かったです。 後席も広々 ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
旧坊ちゃんカー
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.