• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

サンナナワーゲンのブログ一覧

2017年08月09日 イイね!

《エンジニアリングとマーケティング》No.80 祝!マツダHCCI(自己点火)エンジン


日経でHCCIエンジンが18年度かた投入される記事が載った
最初はアクセラだという

数年前にこのコラムでも取り上げた技術

まさか本当に出て来るとは思っていませんでした

HCCIの技術的説明は各紙に書かれているので割愛

実用化の難しさのポイントは制御
・空気の温度
・空気の量(圧力)
・空気の酸素濃度
・ガソリンの質
・ガソリンの温度
・エンジンの温度
・エンジンの回転数
これらが一定の条件を満たした時しかHCCIは機能しません

この事実から自分は実用化不可能と判断していた訳です

HCCIが実用化されたということは、これらを統合的に制御出来るようなった事です

これが、どんなに凄い事か‼️

燃焼効率30%アップはガソリンエンジン単体ではほぼ限界だと思われます

このコラムの特徴であるマーケティング視点で捉えると

先日書いたEV化とトヨタとの提携と無関係ではないでしょう

EV化が避けられないにせよ、今後20年近くは内燃機関が主流です

今や内燃機関を真剣に取り組んでいるのはマツダ位
そこにアイデンティティを見出しているからです

トヨタとの交渉も、これら技術があればこそ優位に働きます

トヨタグループにて内燃機関の開発と生産はマツダが一手に引き受ける

そんなシナリオをマツダは描いているはずです

少なくとも今から20年はマツダは生き残ります

こんなメッセージを投資家に出したわけです

需要は減っても、発展途上国を中心に内燃機関は生き残ります

エンジンを発電機として使うシリーズハイブリットの需要はEV化が進んでも一定量は残ります

他のメーカーは内燃機関への投資を抑制しているのでHCCIエンジンを自社で開発するよりマツダか供給を受ける事を選択する可能性が高くなります

マツダは内燃機関サプライヤーとして生き残る道を選んだ訳です

ロータリーを発電用に使うシリーズハイブリットの投入を発表したのも、これが理由です

一方、発電用内燃機関であれば小型ガスタービンエンジンも考えられます

構造がガスタービンの方がシンプルなので、他メーカーはこちらを開発しているかもしれません

アウディがマツダから発電用ロータリーの供給を止めた理由が気になります


HCCIでEV化が止められるわけではありません

EV化の本質は内燃機関よりEVの製造コストが安くなるからです

HCCIエンジンも例外ではないのです

それでも、HCCIエンジンで内燃機関がより延命される事を願っています


何はともあれHCCIエンジンの実用化にメドをつけたマツダとそのエンジニアに祝福したいと思います‼️



コラムのバックナンバーはこちら
http://minkara.carview.co.jp/userid/1154284/blog/c1016954/
2017年08月07日 イイね!

《エンジニアリングとマーケティング》No.79 電気自動車(EV)の海図なき戦いの真相‼️


トヨタの社長が今後のクルマ業界について語った言葉が「海図なき戦い」

このコラムでは、この言葉の背景を補足する


インド、フランスに続きイギリスもガソリン、ディーゼル車の廃止を打ち出した

元々は環境問題が発端だがエンジニアリングとマーケティングの視点で見てみよう

エンジニアリングの観点では2040年に全EV化が可能か?

キーとなるのはバッテリーの価格である
自分の予想では4〜5年で半額になるペースと見込む

そんな事は、今の技術のトレンドからありえない
そんな声が聞こえるが

液晶ディスプレイや半導体メモリも当時の技術者は同じ事を言った

そうゆう自分も半導体の技術者だったので同意見だったのだが、結果は異った

資本の集まる技術領域は、技術トレンドを超えて低価格化が加速する

技術が市場を作るのではなく市場が技術を作りパラダイムチェンジが起こる事に、この時気がついた

現在懸念されているニッケル、コバルト等の素材も、長期的にはバッテリーのリサイクル技術によって解消されよう

つまり2040年にはバッテリー価格は1/10近くに下がっている可能性が高い

少なく見積もっても1/5にはなっているはず

この時にガソリンエンジンとEVとの価格が逆転する

もう一つの懸念事項の電力不足も一時的な逼迫はあるだろが、自然エネルギーのコストダウンが進めば解消する

後はフィルムカメラがデジカメに移行した時と同じ事が起こる

実のところ各国がガソリン車の規制をしなくても、EV化の波は止まらないのである

各国の規制宣言は、この流れを加速させるのが真の意味

これでメーカーが安心してEVに投資する環境を整えた

ここからは各国の政治、経済的な思惑である

EV化はクルマのコモディティ化を促進する

先進国でしか作れなかったクルマが新興国でも作れるようになる

今のスマホ状態である

内燃機関とゆう手間のかかる部品がいらなくなるインパクトはここにある

この状況下ではトヨタですら生き残れる保証はない

対応が後手に回ったものの資金力にものをいわせて、巻き返しを開始した

現状、欧米メーカーに対して2年は対応が遅れている

個々の技術が遅れているのではなく体制化とシステム化が遅れているのである

特定の技術が進んでいてもシステム化できなければ価値が無い

技術だけで勝ち残れないのは自動運転とカーシェアが同時に進行するためである(この話は別途)

正直、マツダやスバル、スズキが生き残るにはトヨタ連合に頼るしかない

コモディティ化によりマーケットシェアはこれまで以上に重要となり1000万台クラブでは不足し2000万台レベルの競争となる

マツダ、スズキを加えたトヨタ陣営でも届かない

トヨタ陣営にPSAとBMWが連携する
こんなシナリオが予測できる
南米とアフリカに強いPSA
中国に強いBMW
インドはもちろんスズキ
東南アジアはダイハツ
今後伸びる市場は殆どカバーできる

これで安泰かといえばそうでは無い

実のところ、時代の主役は完成メーカーでなく部品メーカーとインフラ提供者となる

ボッシュやデンソーやマグナがトヨタより大きくなる可能性が高い

キー部品のバッテリーは、どのメーカーが勝ち残るか不透明である

現在のシェアはパナソニック、サムソン、LGだが兆単位の投資競争においてパナソニックは分が悪い

テスラがパナソニックを子会社化して、投資するくらいが必要となる

トヨタの新型個体電池バッテリーの信頼性やコストダウンの可能性は未知数である

必ずしも技術的素養が高いものが生き残るわけでない

ヒトモノカネが集まった技術が生き残るのは、先ほど書いた過去の教訓

中国は露骨に自国メーカー保護に走るので、先行3メーカーやトヨタのバッテリーが残る保証もない

最初に書いたように、バッテリー領域の技術開発は予想以上に進む

トヨタ以外にも従来とは異なる素材のバッテリーもラボレベルではいくつもある

まだまだ予断を許さない

そして、バッテリーは競争が激化し過ぎて儲からないビジネスになる可能性もある


そしてバッテリーやキー部品を抑えたメーカーが勝者になるというのも幻想である

真の勝者はカーシェアと自動運転のインフラビジネスを抑えたところ

カーシェアと自動運転が普及するとクルマのモノとしての価値は失われれいく

クルマは買うモノから使うモノへ

つまり、どこのメーカーでも使うぶんには大差ないのである(その前にブランディングを高めるのだが、それでも厳しいだろう)

ソフトバンクは自動運転、自動配車サービスを目指しているのは、これを理解しているからである


話を電気自動車に戻す

電気自動車の普及要因はもう一つある

ガソリンスタンドの過疎化である

地方でガソリンが手に入らなくなる

電気自動車は自宅で充電できる

20年後の状況を想像してほしい

同じ理由で燃料電池の乗用車にも未来は無い

燃料電池の生き残るのは長距離トラックくらいだろう

それすら水素ステーションのインフラ整備が進むか疑問が残る

数が増えなければトラックの製造コストも下がらない

これでも燃料電池が生き残れると思うのだろうか?

こんな事は最初からわかっていたのに水素社会に夢を見て現実を直視しなかった(2年前にも同じ内容のコラムを書いた)

燃料電池はクルマでなく船舶で利用すべき技術だろう

夢を見ていたツケが電気自動車の開発の遅れ

それに気がついたトヨタが、資金力で猛烈にヒトモノカネを集めている

テスラの本当の凄さは資金力を集める力とその開発スピードである

トヨタですら追いつけるかどうかは…「海図なき戦い」まさにその通り

冗談抜きでトヨタですら生き残る保証はない





このコラムを読む方は自分と同じクルマ好きでしょう。
内燃機関を楽しむなら今のうち、躊躇しているとみんなEVになっちゃいますよ‼️



《エンジニアリングとマーケティング》のコラムを書くのは久しぶり。


今後はブログからFacebook に最初の投稿先を変え不定期で連載します。


コラムのバックナンバーはこちら

http://minkara.carview.co.jp/userid/1154284/blog/c1016954/
2017年08月04日 イイね!

オートモービル カウンシルの超レア車オスカ・ドロモス

オートモービル カウンシルの超レア車オスカ・ドロモス
今日から開催されているオートモービル・カウンシルに超レア車が出品されていました。

オスカ・ドロモス

明日以降行かれる方の参考に‼️

以下のウンチクは行きつけのガレージモストロコルサのYさんに教えていただいた内容です。

------- 記 -------

オスカ・ドロモスのプロフィールです。

日本人実業家で、ザガートジャパンの代表を務めたこともある藤田尚三氏がオスカとトゥーリングのブランド使用権を獲得しプロジェクトスタート。
同時に新生O.S.C.A.はニューモデル「ドロモス」の開発を発表
エンジンはSTi製の水平対向4気筒2.5リッターエンジンをミドに搭載し後輪を駆動。
デザインは、1960年代にザガートのチーフデザイナーとして活躍したエルコーレ・スパーダ
シャシー設計は元アバルトの技師マリオ・コルッチ
ボディワークはトゥーリングが担当




マリオ・コルッチ・・・・アルファロメオ ジュリアTZ/TZ2シャシー開発の後、アバルトに転籍、アバルトシムカ1300GT、1000SP、1000TCR、フィアット・アバルト124ラリー、フィアット131アバルト、037ラリー、デルタS4まで在籍。
その後、インテグラーレ、155DTMのアドバイザー担当。その後フリーになり156、147のサス設計担当。

エルコーレ・スパーダ・・・ZagatoチーフエンジニアとしてアストンDB4、アルファロメオTZ、ランチアフラビア、ジュニアZagatoを担当。
BMWに移籍してBMW・7シリーズ(E32)、BMW・5シリーズ(E34)担当、その後フリーランスでアルファロメオ155、日産ミストラルなどのエクステリアを担当。

以上

--------------
知らなかったことがイッパイ!
Yさん、ありがとうございました。

超希少なはず、結局資金難でプロトのこの1台しか造られなかったのですから!

お値段は?っと聞いたら

いくらなら買いますか?

と逆に質問されてしまいました(^_^)a

明日以降行かれる方は是非見てください。

売られているクルマの価格は全般的に相場より高め
アピール用のイベント価格にも思えます。
(高いほど良いモノを扱っているように見える)

妥当な相場で、手が出せそうなのは80万円のこれ

205GTiだけでした(^_^)a
中身はわかりませんが、少なくともオールペンの外見は綺麗です😃‼️

追記
naobuuさん、帰りは乗せて頂きありがとうございました。
とっても助かりましたm(._.)m

Posted at 2017/08/04 19:26:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月18日 イイね!

極上ビート手放します‼️

極上ビート手放します‼️極上ビート売ります

何してるで一度アナウンスしましたが、長年の愛機だったビートを手放します
(駐車場が確保できなくなったため)

行きつけの工場においてありますので、購入を検討される方は下記を参考に直接工場に連絡して下さい(担当:山崎さん)。
https://blogs.yahoo.co.jp/mostrocorsa_jp/35355364.html


きっちりメンテしてきたクルマです。
この状態のビートは、なかなか手に入りません。
工場はマージンを取ってませんので、ショップだとこの倍価格はするでしょう(価格も変更しました¥48→¥38万円)。

メンテ歴は
http://minkara.carview.co.jp/userid/1154284/car/1240472/profile.aspx

を参照下さい。

諦めていたセカンドカーライフをビートから始めませんか(^.^)

よろしくお願い致します‼️

追記
横浜市都筑区近辺で格安駐車場情報求む(笑)
→見つかれば手放さないかも(^_^)a
Posted at 2017/07/18 07:55:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月16日 イイね!

2017.7.22Fiat de morning caffe @都筑PA

2017.7.22Fiat de morning caffe @都筑PA好評につき第4回
Fiat de morning caffe @都筑PA
を開催します。


2017年7月22日(土) 8:00〜10:00
第三京浜道路 上り 都筑PAで新旧フィアットのお仲間で集まります
(PA入って右側の奥)

写真は前回の様子
(フィアット車のみ掲載、その他ギャラリー多数)

勝手に集まって、スタバのコーヒー飲みながらクルマ談義して、勝手に解散するだけですが....

オーナーに限らず、Fiatやアバルト好きな方どうしでの交流が目的です。


フィアット乗りの方、フィアット好きの方のご参加をお待ちしております。


但し、大人のマナーとコミュニケーションが守れる方限定です(全て自己責任ということ)


また、都筑PAのスタバ維持のため、コーヒー買ってあげてください(^.^)‼️
(スタバは8:00オープンです)

自己紹介も何もしないので、話すお友達がいなかったら私を捕まえてください(笑)

なかなか会えないお友達同士の会うキッカケにも活用下さい

ギャラリー歓迎、ドタ参加、ドタキャンOKです
(なので参加者を保障するものではありません)


今回に限って、雨天中止にします。
雨天用のクルマが修理中のため(^_^)a
中止時は、みんカラ(イベント)とFacebookはアバルトの会とviecolo viecoloの2つのグループに当日6時までにアナウンスします。


補足1
東京方面から来られる方は、第三京浜道路の都筑ICで降りて信号を左折
そのまま真っ直ぐ走ると(IKEAを通りこすと中央よりに)港北ICの入り口があり、上り線に入れます。

補足2
8月以降も原則、第4土曜日開催予定です‼︎
Posted at 2017/07/16 21:03:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | Coffee Break | 日記

プロフィール

「雨は優つですが、宮ヶ瀬ダムの貯水率もやっと上がってきたようです。」
何シテル?   08/14 11:20
ワーゲンに限らず空冷OHVエンジンがフィールに合っていて大好物??。 旧車マニアと思われがちですが、年代に関係なく操って楽しく走れる小さなクルマ&バイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

山梨ブルーベリー狩り♪ あまーい!(^O^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/03 06:15:08
ASSO INTERNATIONAL Partire MODA(カラー:エボーニシルバー) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/21 06:42:55
ノジマ FASARM M TITAN UPマフラー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/22 21:15:01

お友達

お友達が増えて、皆様のブログを見切れなくなってきましたので、リアルの場でお会いした方とのみ、お友達になりたいと思います。
235 人のお友達がいます
shifoshifo * PootaroPootaro *
kyuudankyuudan * midnightbluelynxmidnightbluelynx *
イナリー@wmbrイナリー@wmbr * yanagidayanagida *

ファン

127 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ビートル 3代目ビートルじいさん (フォルクスワーゲン ビートル)
長年捜し求めていた、自分と同年齢の水色ラグトップ付きビートル(オリジナルでは存在しない ...
ルノー カングー まだまだ、初期不良対策中!! (ルノー カングー)
2014.08.01納車 2002年式 この顔が好きで泣く泣くMTを断念。 12年落 ...
フィアット アバルト695SS フィアット アバルト695SS
2016.2.7 まったくの想定外でしたが、ご縁があり自分の元に来ました。 同年式の赤い ...
シトロエン 2CV 黄色いカボチャの馬車 (シトロエン 2CV)
永年の夢が叶いました‼️ 2017年6月4日に納車されました。 現在メンテ中につき実 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.