• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年08月08日

ぶろぐ小説「麦わら帽子とみかんβ」 第Ⅻ章「北」①

ぶろぐ小説「麦わら帽子とみかんβ」 第Ⅻ章「北」①
はじめて、本小説(ブログ)をご覧なる方は、こちら をご覧ください。








7月末の夏休み前の試験最終日

連日の徹夜で集中力が転げ落ちそうになるのを必死に支え、答案用紙に向かう。

一通り書き終えて、一息つきながら窓の外を見る

昨日梅雨があけ、ギラギラとした光が校舎のタイルに反射して眩しい

旧校舎はエアコンが無い、この暑さの中での試験でクラクラきそうである。

前の席に座ったハルナは頭を抱えて、まだ答案用紙と格闘しているようだ。

隣のセレナは・・・寝ている・・・・元々緊張感の無い娘だが、試験最終日で疲れも出ているのだろう。

解答が終われば離席でいるのだが、私達に付き合って・・・・結局寝てしまったようだ


「フウ!!」

暑さと眠気で思わずため息がでる。

どうにか解答を見直す気力は残っていた。

試験終了後、旧校舎から脱出し冷房の効いた食堂に3人で逃げこむ。


「やっと生き返った・・」

崩れるように椅子にもたれかかり、思わず声がでる


「旧校舎で試験やるなんてイジメよね」

どこから持ち出してきたのか団扇で仰ぎながら、ハルナが合わせるように応える


「そうね・・・気持ち良く寝れたけど」

寝ていたせいかセレナは、涼しい顔であまり疲れの様子が見えない


「あの暑さの中で良く寝れるわね!」


「そ~お??」

私とハルナが汗をかいているのに、セレナはそうでもなさそうである

体質って事か・・・

試験週間の最終日の食堂は、前日までに試験を終えていた学生も多くガラガラである

試験後の解放感でダイエットなんて言葉をまったく無視したボリュームたっぷりの食事をトレイに載せてテーブルに戻る

試験の内容に、あ~だ、こ~だとクレームを付けながら2時間が過ぎ、そのままカフェモードに突入である


「夏休み、何か決めてる?」

珍しくセレナから切り出す


「んにゃ・・・まだ、な~んにも」

ハルナがポテトをくわえながら即答する


「去年までは、ず~っとレース、レースだったんで今年はノンビリどっか旅行でも行きたいな」

ハルナが18歳の若さで2輪のレースを引退して、まだ一年もたっていない。
今まで自分の夏休みなんて無かったのだろう。


「ミナは?」

セレナの目線に何か企みを感じつつ


「まったく計画無し(笑)」

泰造のリングの手がかりは近県にはなさそうで膠着しており、なかなか次のActionを決めかねていた。
学生の特権の夏休みである、夏の思い出にちょっと遠出したい気分ではある


「だったら行かない・・・ここに!」

セレナが机の上に広げたのは、北海道のガイドブック

スキーでしか行ったことのない北海道か・・・


「その話のった」

ハルナの反応が早かった、ハルナは何でも即決な性格ではあるが・・早すぎないか


2人のテンションが上がった目線がこちらの注がれる


「ハイハイ・・・行きますとも、元々二人して企んでたんじゃない?(笑)」

二人の勢いに飲まれた感はあるものも、脳裏をよぎった青空の広がる広大な大地のイメージが後押しをした。

この3人で行くのであれば飛行機や電車で行く事はありえない

当然クルマで行くのだが、私のZ360やハルナのチンクは3人乗車での長距離ではちと狭い。

消去法的に一番大きなセレナの2CVで行く事になった。

言いだしっぺのセレナもその気でいたのは言うまでもない。


「2CVのメンテ大丈夫?」

ハルナが北海道のガイドブックを見ながら、ボソッと言う


「たぶん・・・」

セレナが心もとなさそうに言う・・・そして二人の目線が再度こちらに向けられる

過去に色々あったので、我が家が旧車の駆け込み寺に見えているらしい


「ハイハイ・・・頼んでみるわ(笑)」

その場で、父アキラに2CVのメンテ依頼のメールを送る。

3人でガイドブックを見ながら行きたい所をピックアップする。

アキラからメールの返信が入る。


「一週間預けてもらえれば新車以上にするって(笑)」

以前、ポーターでも同じ事を言ったアキラ

そのポーターは本当に新車以上に乗りやすく速くなっていた。


「やった~!!」

セレナが喜んでいる。

これも企みのうちか!!


3日後の土曜日の朝、セレナが2CVを我が家に持ってくる日

数台のクルマが我が家の前に止まる

2CVの音でない・・・窓から見るクルマ達は

シトロエンDS
ポルシェ911
ホンダバモス

見覚えのあるこれらのクルマ達はアキラのクルマ仲間である。

各自テーブルや椅子を持ち込み、まるでべーべキューでもやるような雰囲気である。


「父さん、今日何かあるの?」

2階からリビングの父に問いかける

「ああ、おまえの友達の2CVをイジるって言ったら、勝手に集まってきちまった」

アキラの昔の仕事&遊び仲間である。

たまに遊びにきてはクルマをばらしているのは知っていたが・・

ガレージに出向き挨拶をする


「すみません、宜しくお願いします」



「ミナちゃん、2CVで北海道だって!!」


「イイね。。学生は」


「スペシャルな2CVにしてやるからな」

笑みで応える、どうみても自分達が楽しんでるようにしか見えないが・・

ふと見るとバモスの荷台には本当にバーベキューセットが積んであった

そして、その横にはエンジンが・・・エンジン???

目線に気が付いたのか、オジサンの一人が話しかける


「このエンジンは凄いぞ、アキラが10年位前に耐久レース用に組んだエンジンだから、850ccにして軸受けはローラーベアリングに鍛造ピストンとコンロッド、特注クランクに・・・・」

後半は何が何だかわからないウンチクが続いていた

そして、ガレージには宅急便で送られてきた大きな部品の箱が5つ・・・開封され、アキラが部品のチェックを行っている

アキラが仕事としてクルマのメンテを引き受ける事はないが・・・引き受けたクルマは徹底的に整備する・・それも部品自体もばらして組み直す

大抵の部品は内外の人脈のルートで手に入るらしい。

その人脈の関係でレース用の部品も多く、大抵の場合整備だけでなくチューニングされてしまうのだが・・・

少ししてセレナが2CVでやってくる


「おはようございま~す」


「おお、ミナちゃんのお友達のセレナちゃんだったね」

オジサンの一人が話しかける


「さっそくクルマ見せてもらうね」

もう一人のオジサンが挨拶も早々にセレナが降りた2CVを、すぐさまガレージに運びこむ

2CVは3人のオジサンによって、あれよあれよと言う間にバラバラされていく・・

あっけにとられるセレナ


「セレナ!オハヨ!!」

「びっくりしたでしょ(笑)」

振り向いたセレナはキョトンとして顔をしていた


「なんか・・凄いのね・・・ミナのうち・・」

たしかにクルマに関しては普通でないのはわかる。。


「あっ!そうそう、父がどんなクルマにしたいか話を聞きたいって」

セレナと一緒に家に入る。


セレナの2CVは入庫して1時間でバラバラにされ、3時間後には新しい部品で組み直されていた。

今日のオジサン達の作業はここまでで、

私とセレナを交えてバーベキュー大会に突入・・・ノンアルコールビールだけど、みんな相当ハイテンション

聞けば、この3人のオジサンはアキラの元同僚のレースのエンジニアで、まだ2人は独立してショップ経営、一人は某メーカーのレース部門の総責任者かつチーフメカだとか・・。

2CVはこのメンバーで10年程前にお遊びレースに出るために組んだ事があるそうで。

持ってきたエンジンはその時の予備エンジンとの事。


「もう出来ちゃったんですか?」

組み直された2CVを見て、セレナがアキラに聞く


「いや~これは、まだ仮組み」

「これで走って、もう一回バラして部品の当たりを見て調整してて本組みするから」

「それから、セッティング出していくから一週間みてね」

アキラ曰く、ここまでは部品付け替えただけで、ここからが本当の整備だそうな。


「テストドライバーは私がやるから完璧よ」

知らぬ間に、母ミワが後ろに立っていた


「セレナちゃんね、ミナから聞いているわ」

「セレナちゃんのお父様とも昔仕事したことあるのよ」

そんなの初耳である。

たしか、セレナのお父さんはカーデザイナーだったけど。


「ミナさんのお母さんですか、宜しくお願いします」

「父からも聞いた事があります・・・凄い人だって(笑)」


「何が凄いんでしょうね(笑)」

母も楽しそうである。


「結局、2CVで遊びたいだけでしょ!」

母にツッコミをいれる


「当たり前じゃない」

一同大笑い、母の即答である







後記
約一か月ぶりの再開です。
仕事は忙しいわ体調は崩すわ(クルマは故障するわ)と散々な7月がおわり、どうにか一週間の夏休みに無事突入しました。
そんな訳で全然筆が進まず、イラストも今日突貫で描いてました・・・・モデルはセレナですが・・・キーホルダー描き忘れてるし・・・(笑)

小説も夏休みのお話がスタートします。
北を旅するこのお話が、小説全体の中心となるお話で、Ⅺ章まではそれに至るお話なのでした。

この旅で3人は色々な人と出会います、メインテーマである「絆」そして「死」とは何か・・・・ちょと重いテーマですが、読んだ方と共感が得られれば幸いです。

長いお付き合いになっておりますが、引き続き宜しくお願いします。









尚、執筆に集中するためコメント機能は止めております。

物語の概要やINDEX(目次)は、こちらをご覧ください(随時更新中)。

ブログ一覧 | 麦わら帽子とみかん | 日記
Posted at 2015/08/08 21:09:51

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「雨は優つですが、宮ヶ瀬ダムの貯水率もやっと上がってきたようです。」
何シテル?   08/14 11:20
ワーゲンに限らず空冷OHVエンジンがフィールに合っていて大好物??。 旧車マニアと思われがちですが、年代に関係なく操って楽しく走れる小さなクルマ&バイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

山梨ブルーベリー狩り♪ あまーい!(^O^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/03 06:15:08
ASSO INTERNATIONAL Partire MODA(カラー:エボーニシルバー) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/21 06:42:55
ノジマ FASARM M TITAN UPマフラー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/22 21:15:01

お友達

お友達が増えて、皆様のブログを見切れなくなってきましたので、リアルの場でお会いした方とのみ、お友達になりたいと思います。
235 人のお友達がいます
PootaroPootaro * kyuudankyuudan *
midnightbluelynxmidnightbluelynx * イナリー@wmbrイナリー@wmbr *
yanagidayanagida * Mr.P(ポンポコ)Mr.P(ポンポコ) *

ファン

127 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ビートル 3代目ビートルじいさん (フォルクスワーゲン ビートル)
長年捜し求めていた、自分と同年齢の水色ラグトップ付きビートル(オリジナルでは存在しない ...
ルノー カングー まだまだ、初期不良対策中!! (ルノー カングー)
2014.08.01納車 2002年式 この顔が好きで泣く泣くMTを断念。 12年落 ...
フィアット アバルト695SS フィアット アバルト695SS
2016.2.7 まったくの想定外でしたが、ご縁があり自分の元に来ました。 同年式の赤い ...
シトロエン 2CV 黄色いカボチャの馬車 (シトロエン 2CV)
永年の夢が叶いました‼️ 2017年6月4日に納車されました。 現在メンテ中につき実 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.