• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

東亞重工のブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

ベスパ150TAP。

ベスパ150TAP。とかいう珍兵器だそうです。



 



砲の上に座るとか、フランス軍も大概変態ですね笑





あれから早速インナーサイレンサーを買ってみました。仮付けでテストしてみると、これだけでも予想以上に静かになる! 吹かすとあまり変わらない気もするが、アイドリング時には効果大なので信号待ちなんかではそこまで迷惑にならないと思います。

ただ、中間パイプにボルト穴を開けようとしたところで問題発生。手持ちのハイス鋼ドリルでは全く刃が立たず穴が開けられない!

純粋なチタンってやつは鉄とステンレスの中間くらいの硬さなんで、ハイスで普通に穴開けできます。こういうチタンマフラーってパイプ材を曲げ加工してるくらいだから、そういう純チタン製だと思っていましたが違ったみたいです。合金のほうだこれ;

これでは超硬ドリルなんかを用意しなければならない・・・けど、とても高価;

内側から複数のイモネジで固定するタイプのバッフルなら穴開けしなくてもいいので、今度はそれを試してみます。



 


先に本体の固定を決める。

ステップをやや上方にオフセットする必要があったため、シフトロッドも延長せざるを得ませんでした。継ぎ足しはあまりやりたくないんですが、必要な長さのロッドが高価なオーダーメイドタイプ以外に見つからなかったので止む無し。



 

反対側。こっちはブレーキスイッチの取り付け調整くらいで簡単にできました。このへんがケーブル式の便利なところ。

中間パイプは汎用ステーとバンドで適当に固定してます。



 

中華な怪しい刻印は、目立つようにしっかり墨入れしておいた(笑







サイドスタンドのストッパーは、フレームにボルトを仕込んで対処。





あと関係ないですが、リアブレーキを思い切り踏むと後ろのケーブルブラケットが負けてたわむことがあったので補強しました。これまたちょっとカッコ悪いけど、ブレーキフィールのかっちり感がかなり改善された。

後手後手な対処療法ばかりで大変だけど、自作なんてこんなものかなと・・・;



 




いつもの全体図。最早定点観測ですね(苦笑

こうして見ると、エキパイのメッキ感がちょっと浮いている。ずーっとやってみたかったのだ・・・巻いてみようかな、アレ。

消音対策、テスト走行と、まだまだ続きます。

それではまた。
Posted at 2017/06/25 21:13:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月19日 イイね!

マフラー。

マフラー。


うむ・・・オブジェとしてはアリだな(笑



ヨゴレをこれだけいじっておきながら、ずっとノーマルだったマフラーに手を付けます。

過去に一度ダンストールタイプのサイレンサーを付けたけど、あれはやっぱり気に入らなくて売ってしまった。ノーマルマフラーのポコポコ音とか、今時珍しいロングのモナカ形状なんかがけっこう気に入ってるんですよね ←じゃあ替えなくていいじゃん;


でもそこは人のサガ・・・。今度こそ何かイイカンジのマフラーがないかと、ずーっと探してました。

コンチタイプのリバースコーンなんかが一番ベターなんでしょうけど、それならノーマルとあまり変わらないし面白くない。

いっそアクラポビッチみたいな超スポーティなのとか、ハーレー風にトランペットだのターンアウトといったものまでチェックして、終いには直管ハーレーよろしくただのパイプだけぶっ差せばいいかなとか;







それでやっと、安くて面白そうなものを手に入れました。

CB1300用中間パイプ!

しかも無駄にチタン製!



本体の直径がφ50.8mmとのことで、接続部の正確な数値が分からないにせよ大差はないはず。適当にアダプターのカラーを作ればφ42.7mmのヨゴレには付けられるなと思っていました。


 


が、クランプ側の内径がちょうどφ43mmでまさかのスリップオン! 目見当の流用でこんなにぴったりいくことはまずないです。


左右はどっちにしようかな?






 



2本のどちらを付けるかで、上にハネ上げるかターンアウトっぽくするか選べます。


でもステップやキックペダルとの兼ね合いがあるから、自然と決まってしまいそうです。



ところでこいつ、「CB1300用」、「チタン製」という言葉に乗せられて全く気にしてなかったが、





なんかカッコいい刻印が入ってる。

イイ! ペイントしてここが目立つようにしたい!笑




 


固定方法は・・・まあ、ステーやサイレンサー用のバンドでどうにかなるでしょう。






このショートさはけっこう気に入ってます。同じような短さで真っ直ぐな形状の汎用マフラーならいくらでもあるけど、ヨゴレの場合ショートサイレンサーが真後ろに伸びるとあまりカッコ良くないんですよね。具体例はcb450 cafe racerでググると大量に出てきます。







そして好奇心に従い、この状態でエンジンをかけてみる。

↑爆音すぎて3秒で停止!


ああ・・・これダメなやつだ。


夜な夜な響く4気筒直管の例の音じゃないだけまだマシだけど・・・ハーレーの直管の人とかよくあれで乗ってますね;



対策はもちろん考えてあります。今は汎用のインナーサイレンサーなんて大量に出回っていますからね。付ければ「普通の爆音」くらいにはなるでしょう←


さすがに直管はマズイですよ・・・。ハーレーなら許されても、他の車種ではそうはいきません。



コレ、中間パイプですし。



それではまた。

Posted at 2017/06/19 21:43:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月12日 イイね!

メインジェット加工。

メインジェット加工。見た目優先のカスタムから旧車らしく機能面に手を付けだしたので、キャブの調整を少し。






ヨゴレのフロート室部分は工具無しでワンタッチで分解できるので本当に便利です。


 


調整といっても、現状でできる部分はパイロットスクリューとアイドルアジャスターくらいしかない。

最近考えていたのは、エアクリーナーを取り外して直キャブにしたとき、別に普通に走るので気にしなかったもののセッティングを変えたらもっと高回転が回るようにならないかなぁ、というもの。


となるとジェット類を交換しなければならないが、


 


探してみたら、いわゆる燃調キットのヨゴレ用が市販されていた。しかも年式別に。

こんなマイナー車種なのにすごい!w



ただ、価格が2気筒分で9000円弱というのがちょっと高いよ。別の5000円ほどするO/Hパーツも込みと思えば割安なのだけど、ポチッてしまう前に少し考えた。

欲しいのは普通は数百円くらいのメインジェットだけなんだけど、単品販売はしていない。

どうせキットを買うなら、その前にちょっと遊んでみよう。



現在のメインジェットのサイズは#130。

130番ってことは、穴の内径が1.30mmってことです。

ヨゴレのキットではそこから#134、#139とサイズが上がっていくが・・・、



 



 


やっちまったよ(笑



職業上、金属の穴開け加工にはそれなりに知識があるつもりだけど、これは暴挙といっても良い;

とにかく自作の140番メインジェットの完成。精度はガタガタだと思うので実際は142番くらいかな?w


まあ、失敗しても燃調キットに同じ130番があるので問題ないということで。



 



早速、道の駅平成から金山方面へ走る。これが意外といい感じに吹けちゃうよ(笑


 


道の駅でモーニング。この辺りは近くて良い道が多いのでお気に入りです。早朝以外は車が混み合うのが玉にキズ; 


走っていると吹け上りが良くなった気はするが、中速域で回転が重いような気もする。

やはり濃すぎたのかどうか、もうちょっと走ってから判断しようと思います。






帰りのスタンドでたまたま気付いたけど、走行距離がヨゴレでした。

450・・・まだまだ慣らし運転中ですね(笑


それではまた。
Posted at 2017/06/12 21:20:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月04日 イイね!

点火時期の調整。

点火時期の調整。上司の家に招待されて、みんなで騒いできました。

人の家なのでちゃんと撮るのは控えましたが・・・、別荘とかじゃなくホントの自宅がログハウスって凄くね?w





で、いよいよヨゴレの点火タイミングの調整をやりました。

納車前に買っておいたタイミングライトを使わなくても普通の検電テスターで簡単にできる方法がYOUTUBEにあったので、それでいきます。

タイミングライトを使うとダイナモカバーを開けながらエンジンを回さないといけないので、オイルがそこらじゅうに飛び散るらしいんですよね; しかも使う以前に電源となる単1の乾電池を持ってないという;






プラグを外してダイナモカバーを開け、点火時期の刻印を見てまずは現状を確認してみます。





イグニッションをONにしてテスターをコンタクトブレーカーの配線とアースに当てておけば、クランクを回してポイントの接点が離れたときにテスターのライトが点くので、点火時期が分かるという方法です。

タイミングライトなんて昔は高級品でしたし、こういう方法も一般的だったんでしょうか。






右バンクの点火時期。

クランクは反時計回り、適正な時期はFマークの位置ですが、やや遅れていました。Tマークは右バンクの圧縮上死点なので、そこで点火しているようでは遅すぎますね;





もっとひどかったのが左バンク。

適正時期も圧縮上死点も過ぎてから、この位置でようやく点火していました。

よくこんな状態でエンジンが回っていましたね; 意外と雑でもいいものなのかしら。






調整はこんな風に、ドライバーでコンタクトブレーカーのベースプレートを動かして行います。

FマークとLFマークが指針にぴったり合ったときライトが点くよう、地道に何度も何度も・・・と思いきや、あまり苦労せずに合わせることができた。

タイミングライトを使うとまた違ってくるかも知れないけど、点火時期が遅めだった調整前に比べたら
かなり正確になったと思います。

このアナログ感が何とも・・・楽しいですw



 


せっかくプラグを外してエンジンをぐるぐる回しているので、燃焼室に直接エンジンコンディショナーを吹いておきます。以前にも書きましたがヨゴレはバルブが開くとプラグホールから丸見えになるので、そこにダイレクトに噴射できます。




更に、ついでなのでバルブクリアランスも調整。といってもEX側だけ。

IN側はタンクやキャブを取り外さなければならないため、面倒くさいから後回しです;


結果から言うとクリアランスはそんなに大きくは狂っていなかったんですけど、この0.03mmという規定値に合わせるのは本当に大変です!

調整ボルトをほんの少し動かしただけで、又はロックナットの締め付けがちょっと違うだけで、100分の1ミリなんて簡単に動いてしまいます; しかもゲージが極薄のペラペラなため隙間に差し込むことすら難しい・・・。

終いにはかなり妥協して、ゲージの0.03mmが入って、0.05mmが入らなければそれでOKということにしました。 だって永遠に終わらなそうだったんだもの笑







次回外すときのために、ガスケットにグリスを塗って少しでも取れやすくなるようにしておく。



 



更に更に、このタイミングでオイル交換。

燃焼室にエンジンコンディショナーを吹きまくったため、ピストン下のオイルに混ざったかもしれませんしね。

オイルは結局同じモチュール7100の10W-60を使います。この赤いオイルがどうも気に入っていて・・・。



 


遠心分離式はフィルター交換が不要で経済的ですが、毎度中身を清掃するのが手間です。



 


前回交換時に完璧にゴミを出しておいたはずだけど、またけっこうたまっている・・・。





この鉄粉の量を見るとかなり不安になるよ笑

カートリッジ式オイルフィルターの使用後の中身とか確認したことがないけど、あれもこんなにたまっていたりするんでしょうか。 大丈夫か、ヨゴレ??w






あと思いついたので、ドレンプラグの裏にネオジウム磁石を仕込んでみました。ネオジウムでこれだけ大きいとかなり強い磁力です。

周りはアルミだし、ドレンプラグに貼り付けておくだけでも大丈夫だと思ったんですが、プラグのくぼみと磁石の大きさが予想以上にぴったりすぎて、心配せずとも2度と取り外せる気がしません笑

次回交換時に期待です。






最後にここまでオイルまみれになったのでチェーンも丸洗いして、作業完了!



エンジンをかけてみると、振動が明らかに減っていて驚きました。これは気持ちいい!

ただ試走した感じ、パワーとか回転の伸びの変化はあまりよく分かりませんでしたけど(笑

静かに滑らかになったのは確かなので、良くなっているのは間違いない、はずです;




久しぶりに整備らしい整備ができて楽しい1日でした。後日プラグもチェックしてみよう。



それではまた。
Posted at 2017/06/04 15:48:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月28日 イイね!

日の出を拝むなんて。

日の出を拝むなんて。本当に何年ぶりだろうか。

午前4時50分、鳩吹山山頂より可児市を望む。

遠くには御嶽山も見えました。今年こそは登らねば。








で、下山してからさくっとグリップ交換。

茶色いグリップで貫通型の商品ってほとんど無いんですよね;

これよりかなり濃い茶色も選べましたが、黒とあまり変わらないような気がしたので明るいほうにしました。汚れが目立って気をつかいそう;

セパハンにしてからもう2個目のグリップとかお金の無駄遣いですね・・・。


 


ついでにミラーもクランプタイプにして、やっとバーエンドにできた。

無駄遣いといえば、ミラーはこれで4個目だよ(笑

クラブマンの頃のようなハルシオンとかスタジアムタイプのバーエンドミラーが理想だったのだけど、アルミのセパハンにしたせいでパイプの内側に突っ込むタイプのミラーが使えなくて試行錯誤した結果です。





諸々のテストを兼ねて、久しぶりの高速走行。

振動がきつくてミラーなんて全く使い物にならん!w というか高速道路自体がきつい;

当時の広告では最高速度180キロだそうですが・・・たぶん130キロも出ないんじゃないかな?w



それではまた。
Posted at 2017/05/28 21:51:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ベスパ150TAP。 http://cvw.jp/b/1154332/39993178/
何シテル?   06/25 21:13
東亞重工です。 ヘンな名前ですが実在するとしないとを問わず、他のどんな企業や団体と名称が同一であっても一切関係ない全くの個人ですので、どうぞご安心ください...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

Genuine parts。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/06 16:49:35

お友達

気軽にお願いします。

109 人のお友達がいます
kei@monsterkei@monster * 圭@Crazy Dog圭@Crazy Dog *
jet74744jet74744 * aellaaella *
3k3k * りょう@M35改りょう@M35改 *

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB450 ホンダ CB450
うちのヨゴレ。 だんだんカフェレーサーになっていくと思います。 2016年9月 セパ ...
日産 ノート 日産 ノート
2013年7月23日納車。 初めての、普通なクルマです。 普通なだけにヘタにいじるこ ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
昭和50年式、S30フェアレディZです。 エンジンは今では逆に珍しいほぼノーマルのL ...
ドゥカティ 999S ドゥカティ 999S
2013年7月20日納車。 赤くて速いってことぐらいしか、今はわかりません。 サンマ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.