車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
お恥ずかしながら昨日初めて知ったのですが、エンジンアンダーカバーを外した際に下記のことに気づきました。

静電気を大量発生するエンジンと車体ボディがボルト止めでアーシングされていたのです。
トヨタ自動車さんの世界特許の最後にバッテリーのマイナス端子に対する導電性アルミテープ貼りの記述がありますが、自動車ボディも静電気まみれなのだということがよく解りました。
錆防止のため塗装されている部分が多くなってきているので静電気を溜め込みがちなのでしょう。走行風の当たる部分でボディ塗装面に導電性アルミテープを貼るのが良さそうです。ただし見た目イマイチなので目立たないところがいいですね(笑)
Posted at 2016/12/04 08:27:06 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年12月02日 イイね!
床下系でサスペンション以外に静電気除去対策の対象がないかなと昔のアルバム写真を捜してみたところ大物をみつけました。

床下写真参考URL
https://minkara.carview.co.jp/userid/1160010/album/15424/

↓コレです!

中央にある巨大なゴムブッシュはフロントサスペンションの少し中央寄りに左右2個あるエンジンマウントです。
XVハイブリッドはモーター走行からエンジン走行に切り替わる際は結構スムーズですが、停車でアイドリングストップ中に勝手にエンジンが始動される場合があり、スターターで起動されるため不快な左右の揺れが有ります。恐らく水平対向エンジン特有の揺れだと思います。

静電気を除去してゴムブッシュが本来の性能を発揮すれば揺れが緩和されると思います。アルミテープを貼るにはエンジンアンダーカバーを外す必要がありますが、サスペンションのついでに対策しようと思います!
Posted at 2016/12/02 18:06:34 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月30日 イイね!
サスペンションメンバーとブッシュについてサスペンションに導電性アルミテープを貼る前に少し勉強しておきます。スバル以外の車種の方にはあまり参考にならない内容かもです。ごめんなさい。

リアサスペンションには車体と接続するはしご形状のフレーム「サスペンションメンバ」があるそうです。

その4隅に下図のような大きなゴムブッシュがあるようです。


XVハイブリッド用のサスペンションメンバの写真を捜してみたらオークションで売りに出ていました。株式会社北翔さんが載せておられます。
確かに大きなゴムブッシュが4隅にあります。これらに同時に導電性アルミテープを貼れば大きな揺れのショック吸収が少し良くなりそうです。

漏れなく対策してバランスを保とうと思います。

ゴムブッシュってどんなものかなと思ってよく考えてみたら交換した部品が手元にありました。STIトレーリングリンクセットに交換した際にXVハイブリッドから外したものです。

こんな感じにゴムブッシュが圧入されています。

ちょっと練習してみました(笑)

円周の180度ぐらいで8cm貼れましたが、半分ぐらい(4cm程度)なら楽に貼れると思います。

ハサミでひねってみたら少しゴムブッシュがたわみました。

アルミテープで静電気を除去し柔らかくなったらきっと体感できると思います。
Posted at 2016/11/30 20:52:20 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年11月28日 イイね!
導電性アルミテープを使うサスペンション改善に関する特許を読みましたそろそろトヨタ自動車さんの特許もネタ切れと思っていたら、スバル サンバートラック スーパーチャージャー乗りのノンタマさんから新しい特許が公開されたと教えていただきました。ありがとうございます!
今回の特許は静電気を除去することによってサスペンションリンク部分のゴムやグリスが持っている本来の柔軟性を回復させるという概念です。


得られる効果は、要するにサスペンションの動きがまともになるそうです。

高級車はボールリンクが多用されているそうですが、ゴムブッシュでもスムーズかつソフトに動くようになれば高級感が出るはずです。
車体やデファレンシャルとの接続部分のゴムブッシュもショックをきちんと吸収してくれるようになり、振動が車体まで届きにくくなるはずです。腰痛持ちの私はとても嬉しいです。

塗膜にも静電気を帯電するそうなので厚いスリーラスターを塗ったら念入りに除電する必要がありそうです。

自動車のサスペンションにはたくさんのゴムブッシュが使われています。以下は先日ディーラーでXVハイブリッド(4輪駆動車)にスリーラスターを塗ってもらった際に撮影した写真です。たくさん対策する必要があります。

リアサスメンバーとデフの結合部分

リアサスペンション

リアサスメンバーが車体と接続されている部分後ろ側

フロントサスペンションはストラット式なので比較的シンプルです。


特許にはいろんなサスペンション形式の説明が書いてありました。写真だけ載せておきます。赤丸の部分がアルミテープを貼るべき場所です。何となく概念がわかると思います。







DIYしてみる場合、車体下での作業は危険です。車高の低い車両をジャッキアップするだけで潜ったらダメです。小さな地震でも車体が落ちてきて致命的ダメージを受ける恐れがあります。
少しでも不安な方はレンタルリフト施設などの利用をお勧めします。
アルミテープをたくさん準備しておき、週末にでも対策してみようと思います。
Posted at 2016/11/28 20:43:06 | コメント(2) | トラックバック(0)
2016年11月27日 イイね!
アルミテープで静電気除去対策をしていると思わぬところに副作用が出ると気づきました。
窓ガラス上部に対策しようとアルミテープを貼ったのですが、外気がよく通るところに貼ったからでしょうか、効果がありすぎて


ドア開閉がとても軽くなってしまいました。恐らくグリスの粘度が下がって摩擦が減ってしまったのが原因だと思います。

ドアパンチ加害防止のためにせっかくグリグリ感のある部品にディーラーで無料交換してもらったのに…
微妙にテープを間引く必要があるかもしれませんね。
そろそろ参考特許のネタ切れですので別のジャンルに移行しようかなと思います。やっぱりスキーバカ車中泊ブログかな!?
Posted at 2016/11/27 20:53:31 | コメント(4) | トラックバック(0)
プロフィール
「3本目に突入します(苦笑)
導電性アルミテープ」
何シテル?   12/04 11:20
トムイグです。よろしくお願いします。 おやじです。 スキーばかです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
スバルXV アイサイトノイズシールド処理  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/27 09:47:14
導電性アルミテープに関するエンジンの静電気除去に関する特許を読みました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/22 20:47:38
久々のアルミテープ・スタティックディスチャージャー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/21 20:19:29
お友達
DIY好きのオヤジです。もしよろしかったらお友達になってください。よろしくお願い致します。
95 人のお友達がいます
zoujizouji * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認
エル16世!エル16世! * G-FACTORYG-FACTORY *みんカラ公認
saitohatusisaitohatusi *みんカラ公認 カメ3412カメ3412 *
ファン
80 人のファンがいます
愛車一覧
スバル XVハイブリッド XVくん (スバル XVハイブリッド)
2014年5月納車。 約3万2千キロ走行しました。オフシーズンの夏期も走行距離が増えるよ ...
その他 パナソニック その他 パナソニック
リチウムイオン電池搭載の電動アシスト自転車。 LEDライトを標準装備。 発進楽々で信号 ...
その他 その他 ブルくん (その他 その他)
35年ぶりに購入したロードバイク。筋力トレーニング用。ブルホーンハンドルタイプ。試乗車を ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
スズキ スイフトに乗っていました。 ホンダが好きでしたが、最近の剛性無しボディに嫌気がさ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.