• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

悠太のブログ一覧

2017年09月30日 イイね!

Range Rover Velar

出たばかりの新型ですが、乗ってきました。
V6スーパーチャージャー380馬力です。(^^;
全幅1,930㎜だから結構扱いやすいかも。(X6に比べてですが。)
すっきりしててスタイリッシュ。F-PACEベースだそうです。


タイヤの存在感が凄いです。


ウィンカーは流れます。(^^;


21インチ。タイヤは265/45R21の巨大サイズ。


このドアハンドルのせいでかなりすっきりして見えます。


浮き上がるとこんな感じ。


V6 3000のスーパーチャージャーで380馬力。トルクは450Nm。
レンスポも同じエンジン積んでますが、ボディが軽いので、まぁ速い速い。。。


首都高都心環状線を一周させてもらいました。出たばかりで目立つし。
エアサスで乗り心地はさすが。首都高の荒い段差も不快感は全くなしです。
この試乗車で約1,200万。先日乗ったディスコの割安感が際立ちます。
あのV6ディーゼルがやっぱり良いな。(ヴェラールはV6ディーゼルの設定なし。)
買うんなら300馬力の直4かな。(それでもほぼ1000万超え。。。)
そうするとディスコのV6ディーゼルが買えてしまう。。。
やっぱりRangeは高いんですね。
でもレンスポ、ディスコはデカすぎるという方は良いサイズ感かも。
もう少しじっくり乗ってみたいクルマです。

Posted at 2017/09/30 23:39:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 次車選び | クルマ
2017年09月25日 イイね!

2017秋の美瑛・札幌(鉄旅)

我家の夏の恒例行事である北海道への家族旅行ですが、昨年は十勝、今年は知床と、2年連続で
美瑛に訪問しておらず、私個人も2015年夏にマイカー(X6)で訪問して以来訪れていません。

美瑛好きの妻としては物足りないらしく、ちょうどJALのマイルもまだあったのでお供でマイル利用で
秋の北海道を訪問することとなりました。なお、娘が小学校のため、今回は2泊ではありますが金曜日の夕方出発という変則行程であります。
(でも、先週の3連休だったら台風のドツボにはまるところで、結果的には良かったかも。。。)
そして、今回はレンタ無しの全行程公共交通機関(鉄旅)でのチャレンジです。(笑)

9/22(金)
さて、私は会社を午後休で早く上がり、娘も学校から帰宅した15:30に自宅を出発。
17:30羽田発のJAL525便で新千歳空港に向かいます。
機材はB777-300で、ジャンボ無き今は最大です。
なお、機材遅れで定刻より約10分の遅れ。19:15頃に新千歳に着陸します。


夜の北海道新千歳入りは新鮮な気分でありますね。
早速、空港のターミナルビルで夕食です。妻の希望で海鮮丼のお店に入ります。


なかなか豪華などんぶり。うまいけど空港だから価格は割と高め。


息子にと注文したホッケが脂が乗っていてかなり美味しかったです。ほとんど奪っちゃった。(^^;


夕食後、今宵の宿のある由仁町へ向かいます。
この時間は室蘭本線の列車もないのでタクシーOnly。
21:30過ぎにタクシーで新千歳空港を出発します。
途中、真っ暗の中、タクシーは進みます。約35km、45分程。
今宵の宿である由仁町の「ユンニの湯」についたのは22:30頃。
タクシー代は深夜割増料金も重なり、約12,000円ほど。もうちょっと安く行けると思ったけど
北海道の広さを舐めたらいけませんでしたね・・・。

温泉に入ります。ここは意外にも良質なモール泉です。色はコーヒー色。


明日以降の予定を確認し、24時過ぎに就寝します。

9/23(土)
7:00過ぎに起床。部屋に檜の温泉がある部屋でした。


ユン二の湯はかなり気に入りました。列車だとかなり不便な場所だけど・・・。


さて、前日に手配しておいたタクシーで、宿から最寄り駅の由仁駅へでます。
そして、由仁9:32発の普通列車で岩見沢に出ます。
これを逃すと、なんと14:22まで次の列車がありません。恐るべし室蘭本線・・・。



車両はキハ40の単行。懐かしい。。。これぞローカル線!と言った感じですね。(^^)


岩見沢までは約30分。そして、岩見沢で10:25の特急ライラックに乗り継ぎ、旭川に向かいます。
789系電車の6両編成。5歳の息子が「スーパー白鳥」と騒いでいたけど、同じ車両なのね。
息子は電車の図鑑ばかり見ているので、なぜかやたら詳しいのです・・・。


11:25に旭川到着。12:30発の美瑛行き富良野線普通列車まで1時間ほどあります。


ここで昼食。もう少し時間があれば旭川ラーメンの青葉に行ってみたかったのだが、子連れだと
ちょい時間的に厳しい。。
よって、旭川駅隣接のイオンモールの中にあるらーめんえぞふくろうで昼食とします。
ここは山頭火系列のようで、フードコートでも意外にいけました。これは豚みそラーメン。


12:30美瑛行きで33分程で美瑛駅に到着。キハ150型2両編成。


美瑛ではノロッコ号が停車中でした。(今回は時間が合わず乗ってません。)


美瑛駅。美瑛には10回以上は来ていますが、鉄道では初訪問。


美瑛での脚もレンタは借りずにチャーターした美瑛ハイヤー。
車種はプリウスα。美瑛のガタガタ舗装路だと結構腰に来ます。。。(笑)


まずは久しぶりのランドカフェ。ここは5年ぶりくらいかも。
ここはケーキも美味しいけど場所が良いんですよね。マイルドセブンの丘近くです。


その後は美瑛の定番コースを回ります。マイルドセブンの丘。収穫時期で秋らしい景色。


親子の木。で姉弟仲良く。(^^)


セブンスターの木



北西の丘展望公園


ケンとメリーの木


ふれあい牧場



四季彩の丘



4時間のチャーター時間もそろそろ終わり。そのままハイヤーで今宵の宿へ。
今回の宿はポテトヴィレッジという北西の丘近くのペンションです。
チェックイン後、18:30に夕食。メインはポークソテー。
野菜、米は美瑛産にこだわっているとのこと。シンプルな家庭料理といった感じです。


9/24(日)
朝食。美瑛産の野菜中心です。


天気も良いので、少し宿の周りを散策。この時期はもう結構肌寒いです。




これはペンションの本館。


なお、我々は本館ではなく隣接のコテージに宿泊しました。
2階建てで子ども達的には楽しかったみたいです。
大人的には布団は自分でひいたりと結構めんどい。。。(^^;


宿の車で美瑛駅まで送ってもらい、9:54美瑛発の普通列車で旭川に向かいます。


30分ほど乗り継ぎ時間があったので少し駅の周りを散策。立派な駅舎なのね。
普段はクルマなので駅にはあまり立ち寄らなかったので。。。


今回は動物園にはいきませんでしたけど。


そして、旭川からは11:00発の特急カムイで札幌へ移動。
同じ789系でもシルバーの車体が未来的ですな。


定刻の12:25に札幌着。快適な鉄道の旅でした。地下鉄ですすきのに移動。


ちょうどお昼時なので、スープカレーで昼食とします。
選んだお店はSuage+さん。13:00過ぎでしたが少し並んでました。


私が選んだのは富良野産ラベンダーポークの炙り角煮カレー。これ、めちゃうまでしたよ。


子どもたちはチキンのスープカレー。久しぶりのスープカレーに大満足でした。(^^)


大通公園経由で札幌駅まで散策しながら徒歩で戻ります。


札幌大丸にある、きのとやカフェでお茶。秋限定のマロンパフェ。程よい甘さ。


15:50の快速エアポートで新千歳空港に戻ります。指定のUシートを取りました。
そして、新千歳空港でお土産を物色し、18:00のJAL522便で羽田へ帰還。


今回は志向を変えて鉄旅中心となりましたが、子どもたちは大喜び。
男の子はやはりクルマより列車なのね。。。
次回は多分レンタになると思いますが、たまにはこういう時間に縛られる旅もたまには良いかなと
感じました。
Posted at 2017/09/26 00:09:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 家族旅行(北海道) | 旅行/地域
2017年08月20日 イイね!

お盆休み(2017夏。北東北家族旅行)

さて、今年のお盆休み。私はなぜか12連休の長丁場。
仕事柄、お盆時期に休みの取りにくい妻からはぶーぶー言われておりますが、、、
そんな長い連休は、当然、「マイカーで北海道!」と意気込みたい今日この頃ですが、今年は諸般
の事情で見送り。。。(泣)
というわけで家族サービスと母方の実家への帰省もかねて、北東北方面への家族旅行に行って参
りました。
妻が青森の名湯「不老ふ死温泉」がたっての希望だったので、青森~秋田の日本海側を行程に組
み入れることとしました。男鹿半島は私も未訪でしたのでちょうどよい機会で行ってみることに。
当初はX6での実施を考えていたのですが、往復の渋滞の考慮と、E6系新幹線(こまち)にまだ未
乗車だったため、往復新幹線利用に変更となりました。

8/14(月)
さて、往路は11:20東京発の「はやぶさ17号」です。H5系運用です。崎陽軒の炒飯弁当で昼食。


はやぶさは八戸で下車。H5系通しでのすれ違い。レアなのかな。。。


8/14(月)~8/17(水)までは八戸市内の母方の実家への帰省です。
それにしても、今年の夏の東日本(太平洋側)の天気はおかしいですね。
ここ八戸も3日間ずっと雨。東京や仙台は16日間連続で雨とか。
気温も日中20℃前後で避暑には良いけど、むしろ寒すぎるぐらい・・・。(^^;
まぁ、お盆で墓参りとか親戚との顔合わせメインなので17日以降に天気が回復してくれれば別に
良いのだが。天気も悪いのでグルメぐらいしか楽しみなし。(^^;


8/17(木)
この日から16日まで仕事だった妻が合流。
行きの「はやぶさ」で八戸で合流し、そのまま新青森へ移動します。


昼食は新青森駅ビルの食堂で「しじみラーメン」。十三湖の名産で粒が大きめ。


お子様ランチの食器が200系で懐かしかった。。。
昔は0系とか200系でしたね。自分が子どもの頃を思い出しました。(^^)


新青森駅でレンタをピックアップ。先月の北海道(知床)旅行で借りたのと同じGLA250。
メルセデス・ベンツでも案外安く借りれるので、レンタお気に入り車種となりました。
パワーあるし、何よりも四駆で安定感抜群だし。ACC付きで高速も快適です。
でも、なぜか郡山ナンバー。


14:30過ぎに新青森駅を出発します。東北道を浪岡ICで下り、国道101号線をひたすら南下。
青森から不老ふ死温泉のある深浦までは約100kmあり、2時間半ほどかかります。
途中の千畳敷。ちょうど五能線の「リゾートしらかみ」が停車中。


荒々しい海岸線ですな。天気は曇りがちですが晴れ間も見えます。
気温も28℃くらいで寒くもなく過ごしやすい感じ。



先ほどの「リゾートしらかみ」と抜きつ抜かれつの攻防。(笑)


17:00頃に「黄金崎不老ふ死温泉」に到着。私がここに来るのは8年ぶり。宿泊は初めてです。


チェックイン後、早速、海辺の露天風呂へ。
ここの露天風呂はもはや説明不要なほど全国的に有名ですからねぇ。。。


露天風呂内は写真撮影禁止です。当然ですが。なので、露天の写真は公式HPから拝借。。。


夕陽の時間は宿泊者しか露天風呂へ入れません。
波打ち際のロケーション、茶褐色の泉質ともに最高です。(^^)
温度もちょうど良いので息子と1時間近く入っていたかな。
風呂に入っているときに、ちょうど、沖に大きなフェリーの船影が見えました。
時間からすると新潟発の新日本海フェリーかなと思いましたが、いつもならあれで北に向かってい
たのに。。。
天気は曇りがちでしたが、夕陽はまぁまぁな感じでした。
この後完全に曇ってしまいましたが・・・。(^^;


夕ご飯。魚介中心です。鮑の姿焼き付き。


〆はイクラご飯でした。


8/18(金)
朝ごはんはバイキング形式でした。刺身があるのがグッド。(^^)


外は久しぶりに晴れ。
朝風呂に入って9:30頃チェックアウトし、世界自然遺産の白神山地にある十二湖に立ち寄ります。
十二湖でも実際は33個の湖沼があるようです。(^^;


7月の知床と合わせて2か月連続での世界自然遺産への訪問となります。
一番有名なのがこの青池。池に沈む大木が神秘的で、北海道の神の子池にも似ています。
さすがに夏休みで結構な人出がありました。



十二湖レストハウスでソフトクリーム。青森県産牛乳100%かなり濃厚。


十二湖を後にし、秋田県に入ります。ひたすら国道101号を南下。
能代を経由し、男鹿半島突端の入道崎までGLAでの快適なドライブ。


ちょうどお昼時なのでここで昼食。男鹿のB級グルメのしょっつる焼きそばとざっぱ汁。
しょっつる焼きそばは思ってたイメージとちょっと違う。。。
ざっぱ汁は魚介の出汁が美味しかったです。


男鹿の伝統行事のなまはげ。


昼食後、少し散策。


サスペンスドラマのラストに出てきそうな断崖の入道崎。水が透き通るように綺麗です。



男鹿水族館GAO。子どもたちのリクエスト。
天気が良かったので男鹿半島一周ドライブしたかったのだが、却下で水族館となりました。(^^;


子どもたちは水族館が大好き。旅先にあると大抵は立ち寄ります。



ここの売りはシロクマやアザラシなどですが、シロクマは暑さでやる気なし。(笑)


アザラシ。かなり人懐こい。


変な座り方。。。


タッチプール。これはナマコ。
最近はどこにもあるのね。私が初めて見たのは沖縄の美ら海水族館だったかな。


その後、男鹿温泉郷の今宵の宿へチェックイン。


夕ご飯。肉が恋しかったので、別注の秋田牛を注文。


男鹿名物の石焼料理。魚介の入った鍋を600℃くらいの石で一気に沸騰させます。
最後に味噌汁でいただきますが、良い出汁が出てかなりいけましたね。


米どころ秋田はやはり日本酒。見事に酔っぱらいました。。。(^^;
私は日本酒は体質的にあまり合わないようで、悪酔いする傾向ありです。
(宿や自宅以外ではまず飲みません。)


8/19(土)
さて、最終日。天気は曇ったり晴れたり。でも30℃くらいで暑い。。。
朝食バイキングを済ませ、9:30過ぎにチェックアウト。
まずは「なまはげ館」へ。男鹿と言えばなまはげだから。
娘が怖がって最後まで行きたくないと言ってましたが・・・。何とか説得。(笑)


実際になまはげの体験ができる施設も併設されているのですが、そちらは断固拒否られました。。。


男鹿半島のビュースポットの寒風山展望台。360度回転する展望台です。
施設は古く、なんか懐かしい匂いがします。


世界三景とはまた大きく出たな。。。


八郎潟方面。確かに眺めは良かったです。


そして秋田駅へ。3日間お世話になったGLA250君を返却します。
走行距離は364.6kmで27.81リットルの給油。
平均燃費は13.1km/リットル。まずまずかな。
復路は13:06秋田発の「こまち22号」。E6系は初乗車になります。


昼飯の駅弁です。こまちランチは息子用です。


最初、席が後ろ向きで走ったのでビビりましたが、大曲駅でスイッチバックするのですね。
秋田新幹線は奥羽本線から田沢湖線に入るためこのような運用のようです。
途中、かなり山奥を走るので新幹線らしからぬ景色が面白かったです。
盛岡ではやぶさと連結し、17:04に定刻通り東京駅へ到着。
今年の夏の家族旅行が終了となったのです。

今回のメインの不老ふ死温泉はやはり最高でしたね。私の中でも一二を争う露天温泉です。
遠方でかなり行きづらい場所なので、やや達成感もありました。
Posted at 2017/08/20 01:33:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家族旅行(東北) | 旅行/地域
2017年08月06日 イイね!

102cm

今日は早めに起きて房総方面に遊びに行こうと思っていましたが、昨日ドラクエやってて夜更かし
して朝起きれず。。。。(^^;
よって、急遽予定を変更し、近場のTDLに出撃しました。(笑)

夏休みだけど暑さのためか意外に空いているTDL。12時頃パークイン。


夏祭り中。


しょっぱな「プーさん」が45分待ちと短かったので乗り、13時過ぎに「クイーン・オブ・ハートのバン
ケットホール」で昼食。ロティサリーチキン。その場で焼いてるから意外に美味しかったり。


その後、娘が「カヌーに乗りたい」とか言い出す始末。(笑)炎天下で汗だく。


ミカンのシェイブアイスで水分補給。


その後、子どもたちには初マウンテンにチャレンジしてもらいます。(笑)
一番ハードル低そうな「ビッグサンダー・マウンテン」。
TDLのマウンテン系は102cmの身長制限があるのですが、4歳の息子はギリギリクリア。(笑)
乗車中も終始ケロッとしてました。また乗りたいとか。。。
娘の方が前を見れずに怖がってましたね。。。(^^;



ジャングルクルーズ。


朝焼けと雲のコラボで巨大な顔が。。。ひとまずパシャリ。


夜はワッフルサンド。


もうじき見納めのスタージェット。


プロジェクションマッピングの「ワンス・アポン・ア・タイム」。抽選はしていないので、40分前くらい
に場所をシンデレラ城正面前横を確保。真近だったので迫力のある映像を楽しめました。
でも、火炎が目の前で吹くので顔面が熱い・・・。




夏祭りオブジェ。


下の息子もようやく絶叫系(マウンテン3兄弟)に乗れる身長に到達したのは大きいです。
(というか、子どもたちの成長を実感。。。(^^))
TDLは家族4人全員で楽しめるようになりました。
でも、TDSには更に117cmの壁があるのです。(笑)
Posted at 2017/08/06 23:32:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | TDR | 旅行/地域
2017年07月30日 イイね!

新型ディスカバリー

久々の車ネタ。
弟のお世話になっているRandRoverのディーラーで新型ディスカバリーを試乗させてもらうことにな
り、急遽、突撃してきました。

お店にちょうどレンスポと新型ディスカバリーが仲良く並んであったので比較しましたが、まず、
「デカい」です。そして、レンスポの立場がなくなるくらいの存在感です。
新しい分、ライトも薄くできたとのことで、よりスタイリッシュに見えます。


内装もレンスポとあまり変わらないほど豪華。そのうえ、室内の広さは圧倒的です。


左が試乗車の新型ディスカバリー。V6ディーゼルモデルです。私のX6と比べてもデカいです。


まずは自宅の駐車場に入れてみました。
X6は全幅1,990ミリですが、ディスカバリーはちょうど2,000ミリ。10ミリ違い。
まぁ、入らないことはないな。


全長は4,970ミリだからぎりぎり5m以内。フェリー代は上がらない。(笑)
RangeRoverって言われても判らんほどの存在感。
ディスコもエアサスなので車高調整機能があります。



左右非対称のリアドアはディスコの伝統だそうです。
でもリアドアは2分割でなくなったので、デザインだけのようです。


V6ディーゼルエンジン。これ、圧巻です。
X5の直6ディーゼルの静粛性には驚いたものですが、これはそれ以上。
アイドリング中もディーゼルエンジンとは全く気が付きません。
(カーグラでも言ってたけど、ほんと静か。)正直、このエンジンだけで買いだと思ったほど。


試乗は1時間ほど、湾岸からレインボーブリッジ~都心環状をぐるっと回って京葉道路へ出るコ
ース。オフロードも試したいですが、首都圏では試せるところがありませんね。
首都高の都心環状線は輸入SUVもかなり多く走っていますが、まだ出たばかりの新型車なので、
そういったオーナの方々に結構ガン見されました。。。(笑)
着座はかなり高く、試乗後の自分のX6が普通の車高に思えたほど。
超絶デカいけど見切りが良いのでX6よりも運転は楽です。
61.2キロのトルクは伊達ではなく、ほぼ2.5トンの車重をものともしない加速にしびれました。(^^;
これでリッター12キロ以上走るので、ガソリンを選ぶ理由が見当たらないかと。
今、3列シート車を選ぶなら、これ、間違いなく筆頭です。

ただ、ACCや自動ブレーキなどの安全装備はオプション。
今時、ACC無しなんてありえないのに、なんで標準でないの!?
そういった安全装備や自分なりのカスタマイズ(3列シート、ガラスルーフ、ブラックパック、21インチ
アルミ、上級オーディオなど)を入れるとあっという間に1本の大台に到達します。(^^;
Q7、XC90、GLSあたりが競合車らしい。。。レンジでなくディスコなのに。。。
今度出るVELARも気になっているのですが、このV6ディーゼルエンジンの設定がない。。。
ガソリンも、ディーゼルも4気筒が中心になるようです。

次車は3列シート車も有力と考えているので、これは先にも書いた通り、筆頭候補。
とはいってもX6はまだ当分乗るので、今後出てくる次期X5(X7!?)とかGLEもみてからでしょ
うね。
Posted at 2017/07/30 22:15:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 次車選び | クルマ

プロフィール

「Range Rover Velar http://cvw.jp/b/116151/40509276/
何シテル?   09/30 23:39
BMW X6に乗っております。 海外、国内問わず旅が大好きです。 夏のマイカーでの北海道遠征はライフワークです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ゆ~たび日記♪ 
カテゴリ:マイページ
2007/09/24 19:58:52
 

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

BMW X6 ブラックぺけロク号 (BMW X6)
2015年4月納車 1st。長距離ドライブ、家族旅行など。 ・ブラックサファイアメタ ...
マツダ CX-3 チビスケ (マツダ CX-3)
2015年10月納車 2nd。一人ドライブ、街乗り、たまにお仕事など。
トヨタ シエンタ トヨタ シエンタ
2016/12/24納車。 妻車ですが、私も乗ります。 G 7人乗り レッドマイカメタ ...
アウディ Q5 Qちゃん (アウディ Q5)
2.0TFSI quattro S-line アイビスホワイト 電動テールゲート 2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.