• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もり 。のブログ一覧

2017年09月13日 イイね!

稲庭岳(1,078m)

天気図を確認してから、満天の星を期待し稲庭高原へやってきた
とにかく、、、今年は異常気象と言いたくなるような天候が続いている
今は良くても急激な変化があるかもしれない

はたしてどうなるのか?









この辺りはブナ林があり『クマが怖い』そんなポイントだ

ヤッパリ熊が出たら怖いよな・・・

と思いながら目的地へ到着すると、珍しく先客がいました♪
おもわずホッとした ^^




挨拶もそこそこに設営開始する







そして、いきなり夜!

この時点で雲が厚くなってきたので満天の星は次回持越しとなる




そして翌朝(6:16)
稲庭岳登山開始  この時点ではまだ日がさしていた








7:03 到着する






雲海が見えた
八幡平方面かな?






岩手山は雲の中




次の候補はこちらの七時雨山




そして下山を始めたら何やら雲の色が鉛色になってきた
カミナリも鳴っている
もう少し持ちこたえてくれ!と願いながら下山の足を速める


7:46 降りてきたらもう一組の方はすでに撤収が終わっていた
この方、昨日の晴れた時点から「翌朝には大雨が来るので朝食を抜いて撤収するかも」と言っていた

この後の予報を聞いてみると、「おそらく盛大に雨が降る」と言ってるそばからポツポツ落ちてきた
出来れば午前中ノンビリしたかったのだが慌てて撤収を開始する

そして約15分後どしゃ降りになる

ピカピカ!ゴロゴロ!!
タープの下で雨のはじき具合、防水性能をチェックしようとしたが大きなカミナリが近づいてきたのでたまらず車に避難した



こんな経験初めてだ
山の天気は変わりやすいと聞いているが、これが登山中でなくて良かったとあらためて思う

あれほどの強い雨も20分ほどで止んだ

この機を逃さずタープとテントを丸めてビニール袋へ突っ込む(防水バックも必要だな)




それから30Kmほど離れた七時雨山登山口へ寄ってみた
登山を終えた人、これから出かける人など十数人たむろしている




帰ろうとしたらまたもや雨が降ってきた
低気圧が抜けるまで降ったりやんだりが続くんだろうね




帰ってからはたっぷりと濡れたこれらを乾かす
幸い陽当たり良好なこの場所を占有できたのはラッキーだった






Posted at 2017/09/14 18:00:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | Outdoor | 日記
2017年09月11日 イイね!

姫神山登山

姫神山登山
前回降雨のため断念した姫神登山だが快晴の日を選び行ってきた


姫神山には4つのコースがあるが一番メジャーな一本杉コースはかなりキツイようなので今回は比較的楽な田代口から登ることにする




登山口に到着し準備していると色々な忘れ物に気づいたw
毎度のことだが年々増えてきたような気がする

出発は11:34になってしまった






ゆっくりと登ってきたがここで小休止(12:07)
画像で見るとほぼ平らに見えるが結構な急坂なので疲労困憊(聞いてたほど楽じゃない)
ザックをおろして水分補給




前方の視界が開け山頂が見えた
あと400m、もう少しだ







山頂直前、振り返ると絶景が広がる(12:40)




1124mに到着!(12:52)




正面に見える姫神山は優しい姿をしているが登ってみるとソレなりに大変





そして登り切った山頂からの眺望はきて良かったと思わせる360度の大パノラマが待っている










楽しみにしていた山頂での昼食・・・ザックに入れ忘れてしまった (--。
なのでコーヒーと日本茶とベビーチーズ4切れで終了

暫し絶景を楽しみ 13:20 下山開始








14:00 に登山口到着、下り坂は膝にくると実感する
滑りやすい箇所も複数あるのでトレッキングポールに助けられる
もし無かったら何度かコケていただろうと思う




そのまま岩洞湖家族旅行村へ向かいこの分岐から4キロほどの長いダートを進む




今日はこの広場で一泊




そして翌朝、濡れたテントを乾かして、




国道沿いのレストハウスで行者ニンニクみそラーメンを食べて帰路につく






Posted at 2017/09/11 21:30:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | Outdoor | 日記
2017年09月03日 イイね!

鞍掛山と姫神山 

鞍掛山と姫神山 あわよくば2座征服、なんて思いながら先週出掛けてみた

まず1日目は比較的楽に登れそうな鞍掛山へ、そして翌日にはお隣の姫神山へと目論んでいた
しかしお天気の方がだんだん悪くなりそうな予報が出ている
どうなるか分からないがとりあえず登ってみよう







10:35出発
まずは西側のコースから登り始める








平日にもかかわらず結構な人が登っている

40分ほどで高台展望台へ到着



あと1.2Km



いったん沢へ降りてまた登り始める






そして1時間25分で到着

向こうは2038mの岩手山






30分ほど休憩し、お昼ご飯を済ませ下山開始




ここを分岐し東側コースを降りる




下山は思ったより早く約40分ほどだった

目の前には牧場が広がりとてもロケーションのよいキャンプ場だが、天気を確認すると雨マークがでている
テントを張るかどうか暫らく悩む
連泊している人に聞いてみるとその人も如何しようか迷っているとの事だった






でもまぁ、雰囲気の良いキャンプ場なので1泊してみることにする
天気予報が外れることを期待して・・


登山客は多かったがテントサイトには3張りだけで少々寂しいw

お天気次第だが明日は姫神山(1124m)を予定しているので早めに就寝す




疲労回復に即効性のあるamino VITAL GOLDを飲んでみた
ロイシン高配合が決めて!

ロイシンとはどんな物か分からないがネットでの評判が良さげなのでそれだけで決めた
実際、登る前服用したらいい感じで登れたので多少なりとも効果はあると思う



ついでにこれも仕入れてしまったw
(八甲田大岳の登り前半にケイレンで動けなくなったことが尾を引いている)





そして翌朝、夜中から降っていた雨は多少小降りになるもののすっかり地面には水たまりができていた
これでは姫神山登山は断念せざるを得ない、残念!!


濡れてしまったテントを屋根のある炊事場に広げ乾燥を期待するも乾くわけもなく、タオルで拭きとり半渇き状態で収納する


それにしても8月は連続3週間ほど雨が続くこれまでに無い夏だった
異常気象だね



早くも朝晩の冷え込みが厳しくなったが9月には例年並みの天候を期待しよう

Posted at 2017/09/03 19:40:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | Outdoor | 日記
2017年08月27日 イイね!

給油はお早めに 

目的地までの往復は約230Kmほど、ガソリン残量は2目盛りで残走行距離は200Kmと表示されていた
いつもなら、あるいは夜ならココで迷わず給油するのだが遊び心で「ギリギリどこまで走るか」を検証してみたw


マルチファンクションディスプレイを睨みながら走ると、どうゆう訳かなかなか数字が減らない
ちょうどタイミングよく目的地の駐車場に入ったら途端にオレンジの警告ランプが点灯した
この時の数字は180Kmを表示している(ガソリン残量は1目盛り)




110Km以上走ってこの残走行距離は無いよな
思っていた以上の誤差、というよりメーター表示のデタラメさが露呈されてしまった

取説を確認したら ↓ だった
*********************************
▼航続可能距離(残走行距離)
燃料タンク内の燃料量と過去30km 間の燃費を計算してタンク内の燃料での走行可能距離
を10km単位で表示します。
*********************************

なんだかねぇ・・・





メーターの表示通りなら余裕で帰宅できるはずだが果たして???

帰りは順調に数字が減っていき80Kmになる
前車のアウトバックの時は残走行距離は50Kmまで表示されその後は「ーーーー」になり数字が消えると記憶していた
この時点でいつものガソリンスタンドまで40Km弱だったので楽勝と思っていたらいきなり数字が消え横線表示になってしまった


多少の不安を覚えたがガソリンスタンドを素通りしそのまま走る(ここからエアコンオフ)



結論からいうと、



ギリギリ間に合った


いつものスタンドで給油したら50.09L入った
ガソリンタンクの容量は52Lなので本当にギリギリだった
これまでガス欠でストップした経験が無いのでわからないが、実際には最後の一滴まで走行できるものだろうか?
約2Lのガソリンが残っていれば30Kmくらい余裕で走れるはずだがその認識で正しいのか?


もちろんそんなのは良いはずがない



ガソリンスタンドが減っている昨今、給油は早め早めが正解です ^^
(もしガソリンを入れる予備タンク持参だったらストップするまで試したかもw)

Posted at 2017/08/27 13:30:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | XV-HV | 日記
2017年08月13日 イイね!

近場でキャンプ

名久井岳登山の帰りに立ち寄ったキャンプ場、良さそうな雰囲気だったので翌週、名川チェリリン村の野営場へでかける

野営場なので照明は無く夜には真っ暗になってしまう

なので総合案内所で安全確認をする ←コレ大事
具体的にはあちこちで出没しているクマ情報だ
すると、
1㎞ほど離れたところで目撃情報があるという、それも前日のことだ

それを聞いてビビっていると(笑)親切な係の人は「それなら料金(¥210)そのままで管理人のいるオートキャンプ場へどうぞ」となった  ラッキー (^^♪


「どこでも好きなところでOK」なので
このあたりにしてみた




ビミョ~に傾斜していたが試行錯誤しながら1時間かけて設営完了、相変わらず遅い!!
車を横付けで荷物の搬入が無いにもかかわらずこれだ、要領悪すぎだね








帰りにでも登ってみようと思っていた竜神タワーだが今年から利用禁止になったようだ





夕方になり気温も下がってきたので炭をおこし食事の準備をする
食事といってもお酒のつまみ程度のものだ
ソロキャンプの動画を見ていると皆さん盛大に作って食べているけど、
とてもじゃないがあんなには食べられないよ






少し暗めのランタンだがコレなかなかいい味出してます






こちらのオートキャンプ場はゴミ置き場、水洗トイレ、綺麗な炊事場が整っており、さらに電源や温水シャワーが無料というのがポイント高い(以前は有料だったらしい)


ズバリ! 穴場ですな ♪
Posted at 2017/08/13 12:15:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | Outdoor | 日記

プロフィール

最低地上高200mmに惹かれてXVHVに決めました 北米仕様の220mmでもよかったのに^^
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

スバル XVハイブリッド スバル XVハイブリッド
試乗した時以上に乗りやすい感じ^^
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
昔々その昔、ホンダに空冷式バモスという車がありました。 (みなさんご存じないでしょうねぇ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.