• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はたきゅうのブログ一覧

2017年02月18日 イイね!

復帰戦前夜



2回り大きなリチウムイオンバッテリーはどうやら当たり!
電圧降下も少なく 安定して一発始動します(^^

完治宣言( ̄▽ ̄)





走行会復帰戦はNSMC富士ショート 
工具箱も一新  33秒台いれたる~!(3年越し)




とはいえまる1年ぶりのいちよん でのアタック 
マシンのチェック、己の慣らし(笑 もやっておきました。

エコーパーキングにちらほら走り屋風なクルマが戻ってきてて ちょっとほほえましい(^^





Posted at 2017/02/18 00:41:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年01月31日 イイね!

ミスるは恥だが役に立つ(笑 考察編

昨日の投稿が長すぎるので、 まとめ部分をカットしてこちらに移植しました。


+++++++++++++++++


なんでこうなったか。 納得のための筋書き。


もともと 通電~始動全体が老朽化してた。
いちばんは軽量リチウムイオンバッテリー 次に イグニッションスイッチのガタ そしてきっかけとなった
セルモーターの「ギャー」音

     ↓

不動を避けるため 
早めに手を打とうと リビルトセルモーターを買って交換。
まずは正常に始動したのでここでのミスやセルの欠陥はない。

     ↓

ところが~、 このフレッシュなセルモーターが元気良すぎて、
多くの電力(いや、本来の電力ですが)をバッテリーに要求した。

交換直後、確認のため、始動してちょっと走ってオフ。 また始動して 5回くらいやったのもまずかったかも。
     ↓

加えて、この1月の異常な寒さ。

     ↓

もともと寒さに弱いリチウムイオンバッテリー、 電力が減るはもちろん、
そのものが一気に劣化した。


     ↓
クッソ寒い翌日夕方。
セルは回れど重くて延々エンジンかからない 

バッテリーを充電しても 重く回ってかからない。(異常発生)

      ↓

室内保管していた古い鉛バッテリー (やはり軽量 YTX14サイズ)を再充電して搭載。
エンジンかかってお出かけ。

      ↓

20分後 駐めたパーキングでエンスト(セル回らなくプツンと切れる) 発生

      ↓

偶然ENG かかり、 帰宅。(JAFにもみてもらう)

      ↓
イグニッションSWの不具合を発見 0円修理で悦に入る(笑)

事実その後3日間 全く不具合なし。一発始動。
      ↓

そしてチョロっと出掛けた部販で突然2度目のエンスト。 

      ↓
またも 偶然始動して帰宅するもその後どんどんひどくなり不動車、通電もあやふやに。
(鉛BATTとはいえ ほとんど寿命だったお古 寒さでノックアウトと思われる)


ということで~~~~

異常な低温気候が背景で、 セルモーターが引き金で、 イグニッションSWのガタはトラップで。



「バッテリーって 弱って上がっても、 充電して電圧回復すればとりあえず使えるやん」は誤り。
「劣化」して駄目になるのは充電到達電圧ではなく、 通電抵抗がかかったときの電圧降下(ヘコタレ幅)が大きくなること。


一番でかい抵抗のセルモーターは 降下した状態で10Vは必要。

さらに、室内外灯程度の小さな電装品でも、 10Vでほとんど点くか点かないかになる
(点かない=断線 やバッテリー0V ではない)


  ↑これをわかっていなかった。


つないだだけで10Vに落ちて、ライトも点けられない劣化バッテリーが
セルの負荷なんか絶対超えられない。 だからオールオフみたいな「ブツン!」になる。


(直後一切の電気が点かず、しばらくするとACC ONくらいは反応するのも納得がいく)



と、いうことですな。

Posted at 2017/01/31 07:57:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月30日 イイね!

ミスるは恥だが役に立つ(笑 不動編



小田原の部販でいきなりの始動不能再発!

それどころかイグニッション自体の反応も急に弱く(ブザーが弱弱しく鳴ったり完全に鳴らなかったり めちゃくちゃ)

またも、20分位したときに 偶然一回だけセルが回ってENGかかったので すぐに帰宅。
長期戦を覚悟して頭から突っ込んでENGオフ。 その直後から再始動不可。 不動車となりました(笑)

バッテリーを一晩充電してつないでも ライトやクラクションすら点かない/弱弱しく反応する を繰り返し。

そうかと思ったら ACC IGNオンまで いきなり正常に稼動したり。 
でもSTARTにしたら「ブツン!」と言って死亡し、 またライトすら点かなくなる。

でも1時間くらい置いておくとまたIGN オンまで反応したり、 しなかったり。。。。

ヒューズか リレーか 断線か。どこかのアース外れ・・・としてもこうなるか??
始動関係のヒューズチェック リレーは交換。 でも変化なし。


昔のフェンダー内ハーネスの古傷も疑って、 処理してあったバスコークをはがして電線調べたりもして。黒い線が5本、擦れたあとがある。

(仮にここが異常として、長年平気だったのに何故いまさら?という矛盾もある)


どうせいつかは必要になるだろうと思っていた、 整備要領書や配線図集(ボッタクリ価格w)も 
いい機会と判断して購入。  

巨大迷路(配線図のことねw) とにらめっこして、う~~~ん 漏電?でもどこが?
何故火花も出ない?



難しく考えるな。長期放置してたでもなく、直前まで普通に走ってたんだから
解決してみればなんてことない、ちょっとした事に決まってる( ̄▽ ̄;)
と、思いとどまって、あちこちいじり壊したり、 ハーネスの樹海に迷い込むことだけはすまいと心がけつつ。


でも、わからん(==;  
電気系に対する苦手科目意識。中途半端な知識と経験で 的確な判断ができないジレンマ。


まずいなー、いつ復活できるかめどが立たん。



(T▽T)くそー(T▽T)くそー(T▽T)くそー(T▽T)くそー(T▽T)くそー



突破口は昨日。


まず、ヘッドライトやホーンがちゃんと通電して点いているときに、 
フェンダーハーネスの黒い線の古傷部分をつかんで揺すってみた。

ホーンやライトがつながっている線なのに、何もトラブルおきない。


まずここで ハーネスをブチブチ切って 闇雲な補修をするのは思いとどまる(笑



次に、新たに手に入れた検電メーターでいろいろチェック。

13V以上まで充電されたバッテリー。 
これを車載して+-つないでみると。 ほらまたライト不点灯!やはりどこかが断線?漏電?

と悩みつつ、何気なく再検電してみると。
電装品が何も機能していないのに、電圧が10V台!!  んん~~~???

すぐクルマから外してバッテリー単体でまた検電。 13V以上!!  

んん~~~~~~~~????


「電圧降下」でググってみて、 ようやくヒントをつかむ。

バッテリーは通電して負荷がかかると必ず電圧が少し下がる。
そしてバッテリーが弱ると 電圧降下が大きくなる。

!!!!

「バッテリーって 弱って上がっても、 充電して電圧回復すればとりあえず使えるやん」
は勘違いかも???



だまされたと思って、 でも、診断の前提条件としてこれを避けるわけにも行かない、
バッテリーをノーマル新品に交換してみるを実施。


家そばのカインズ(助かるw)で3480円。  こんな重いB19Rバッテリー要らんねんけど。。。。(--;)
でも「これでも不具合がおき」ないと、 断線だの漏電だのはありえない。
急がば回れで買ってきて。 


念のため追加充電して、 13~14V弱。




車載してつないで12~13V。 ライト点く。
おお???


うおおおお~~~いざ勝負!!!! ショート 爆発 上等じゃ~~~~www!!!!


ずかかか ヴォン!

あっけなく一発始動(爆笑)



オルタの発電もきわめて正常。


・・・・・・・・・・・・(・▽ ・ )メガテン





いろいろ、無駄な出費になったようです(核爆)

ええわいいつか使ってやる(T Tメ)


とりあえず、 本当に直ったか、 
この新品バッテリーが一気に電圧降下して壊れるようなことがおきないか。 

1週間ほど動かさず、始動を繰り返して様子を見ますが、 たぶん「バッテリーが寿命」で決まりそう。




アホは失敗からしか学べません(笑


とりあえず、 以上が正解であることを証明するために 経過観察です。

リチウムイオンBATTは 2回り大きいのを手配しました(笑

これでも十分軽い。 これで復活したい。




Posted at 2017/01/30 01:48:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテ・チューニング | 日記
2017年01月18日 イイね!

【どんでん返し追記】0円修理!


始動不良
いろいろ調べた結果疑われた キーシリンダーの先につながってる イグニッションスイッチAssyを摘出。
キーをこじると反応があったので。

シリンダーの先に嵌ってねじ一本で止まってる




電気接点が入っている 茶色い所が半分浮いてグラグラしてるのを確認したので、


瞬間接着剤入れてケースにくっつけたったw



単純な機構にはこんな単純な処置が功を奏す。
何度もキー回してテストしたが始動不具合なし♪( ´▽`)やったぜ0円修理☆


とはいえこれは応急として
部販で新品買ってこよう。交換は簡単!


【追記】

で、余裕しゃくしゃくで今朝部販に行ってスイッチ注文☆
さー帰ろ
からの「プツン…」( ゚д゚)え

続くw
Posted at 2017/01/18 09:02:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテ・チューニング | 日記
2017年01月15日 イイね!

ウソのようなホントの話~旧車あるあるw

ウソのようなホントの話。

不調のセルモーターを先手必勝でリビルト交換して 
よっしゃこれでいきなり始動不良の危険は回避でけた!  


と 思ったそのすぐ翌日。




出先でエンジンかからず JAFを呼ぶ(核爆)




スタートにした瞬間プツン  

バッテリーはOK です(あまりに寒くて出かける前にリチウムイオンBATTがまずへばったので
予備の鉛を充電してすぐ始動した)


正確にはJAFを待つ間に偶然かかったので なんとか帰宅。
自宅でJAFに点検してもらったが、その間も症状が出たり 直ったり。




いきなりなのでブルー入りましたが、 調べたり、先輩にアドバイスもらったりして

どうも、スターターキーのとこのイグニッションスイッチの接点不良の線が濃厚。

ACC ON スタート でそれぞれ灯火が不安定になったり カチカチカチカチと小刻みにメーターが異音&点滅したり。 
さらにキーを押し込むと反応があったり。音も室内、 ハンドル/メーター周りからのみしている。


ということで 早くも患部はほぼ絞り込めたので ホッとしてます(^^;
原因は今日の異常な寒さだろうね。 精密部品の接点やし。


ばらして清掃で直るのか、 接点の部品交換できるのか。
とりあえず、 キーをコジコジ何度もまわしてたら 一時的に直ってしまったので

寒波が過ぎるのを待ちつつ できる対策を探します(^^;



しかし、いきなり来るのね。こういうの。

セルモーター交換の直後とか、 
そっちが原因??とか余計に惑わせないタイミングで来てくれYO・・・







Posted at 2017/01/16 01:41:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテ・チューニング | 日記

プロフィール

「復帰戦前夜 http://cvw.jp/b/1167563/39333048/
何シテル?   02/18 00:41
はたきゅうと申します。 神奈川のモータースポーツクラブ NSMCに所属 S14前期のNAで2003年からサーキットメインで走ってます。過去には自転車ロードレ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

S14の過去のトラブル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/18 08:41:30
モントレー2012in渋川 SS5 その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/03 22:04:16
カートと4輪におけるドライビングスタイルの違い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/21 15:50:17

お友達

基本的にはリアルにお会いした・会うつもりの人でお願いします。


29 人のお友達がいます
fパパfパパ fuku14fuku14
HCR32おやじHCR32おやじ シュクルシュクル
Aki23Aki23 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア いちよん (日産 シルビア)
日産 シルビア(1995)Q'sエアロ  元々はマフラーすらノーマルで デフと足だけで走 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.