• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

つるっち★のブログ一覧

2007年01月30日 イイね!

『モンベル キャメルバック.ハイドロバック』

『モンベル キャメルバック.ハイドロバック』カミさんが私の少し早いバレンタインにこのバッグをプレゼントしてくれました。

←モンベルの「キャメルバック.ハイドロバック」という商品です。
バックパックのような外観ですが、荷物を入れることはできません。
(ちょっとした貴重品を入れる程度のポケットはあります。)

この中にリザーバーが入っていまして、その中に水やスポーツドリンクなどの飲み物を入れて、そこから延びるチューブでもって飲み物を口にするというモノです。

自転車に乗っていると、通常はフレームのボトルゲージに入れてあるボトルを手で取って口に運ぶという動作をしなければなりませんが、キャメルバッグの場合、肩口から出ているチューブに口を持って行くだけ・・・という動作の少なさが特徴です。

運動中は水分を少量ずつ、チビチビと飲む必要があります。
喉の渇きを感じる前に、あらかじめ少しずつ飲んでいくという感じです。

ボトルですと、どうしても飲む回数が少なくなり、一度に多くの飲み物を飲んでしまいがちです。
一度にたくさん飲むと、体内組織に浸透しない水は余分な水分として尿となり、体外に排泄されてしまいます。
常に少量ずつ飲むということは、消化器官から少しづつ体内に吸収され、体の隅々に水分が安定して回ってくれるので脱水症状を防いでくれるということです。

私も昨年の夏に「グランフォンド 洞川温泉・吉野」へ行ったとき、終盤、脱水症状になってしまいました。
喉はカラカラ、汗もかかなくなり、脚に力が入らないという異変に襲われました。
それを防止するためにも有効なバッグだと思います。

飲み物を背中に背負うので、フレームのボトルゲージにはチューブやパンク修理用品、ウィンドブレーカーなどが収容できそうですし、その分スペースが空くサドルバッグには他のモノが入れられそうです。

まだ使用感は分かりませんのでの、一度試してみることにします。



↑リザーバーの丸いフタを開けて飲み物を入れます。
容量は1.5Lですので、背中に背負うには良い重さではないでしょうか?
(あまり大容量になっても重くなって体にはキツくなりますし・・・。)
Posted at 2007/01/30 19:13:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車用品 | スポーツ
2007年01月29日 イイね!

『エビ撒き釣り in 西宮ケーソン』

『エビ撒き釣り in 西宮ケーソン』昨日、近所のオヤジ連中、計3人で「エビ撒き釣り」に行ってきました。

釣行場所は兵庫県西宮市にある「西宮ケーソン」です。
(前回の西宮ケーソン・タチウオ釣行の模様はこちら。)

←西宮ケーソンです。(釣座からケーソン先端方向の眺めです。)
陸から沖に突き出た長い防波堤です。

3人でいろいろと協議しました結果、今回は「エビ撒き釣り」でハネ(スズキ)かチヌ(クロダイ)を釣ろう!ということになりました。
ただし、「エビ撒き釣り」は初めてのド素人ばかりです。
釣れれば大物、最悪“ボウズ”のイチかバチかのギャンブルに出ました。(^_^;

※「エビ撒き釣り」を話題にした当方ブログはこちら

自宅をAM5:30に出発。
釣りエサ店で「シラサエビ(淡水産のエビ)」を購入し、釣果情報・釣りポイントを店長さんにお聞きして、いざ西宮ケーソンへ。



↑西宮ケーソンの地図です。

ひたすら防波堤上を歩き、第2コーナー西側の崩れテトラのある場所でAM7:00に釣り座を構えました。
テトラ上はすでに先着の釣り人がたくさんいて入り込めなかったので、堤防上から崩れた沈みテトラ付近を狙うことにしました。



↑これが「エビ撒き釣り」のエサ、生きた「シラサエビ」です。
“エビ生かしクーラー”に入れて、エビが死なないように電池式ブクブクがセットしてあります。

仕掛けを準備してシラサエビをハリに付けます。



↑大きめの“ベッピンさん”のシッポにチョン掛けです。
ピンピンと勢いよく動きます。(^.^)

そして、期待を込めた第1投です。
すかさず、撒き餌のエビを撒く準備です。



↑穴の開いた“撒き餌シャク”でエビをすくいます。



↑手でフタをしてシャクを激しく5~6回、シャカシャカと振ります。



↑そうすると、エビは動かなくなります。
これは死んだのではなく、気絶している状態です。(^.^)

シラサエビはなかなか水中に沈まないので、気絶させずに撒くと、海面付近をピンピンと泳ぐだけです。
そこで、シャクを激しく振ってエビを気絶させ、ある程度エビを沈ませてから覚醒させれば、狙いのタナでピンピン動き回るということです。(^.^)

エビを潮の動きを見て潮上に撒こうとするのですが、なかなか勝手が分からず、思い通りの場所に撒くことができません。
とにかく練習あるのみ!
そうしているうちに、シャクの柄の弾力と手首のスナップを効かしてエビを投げるコツを掴んできました。(^.^)

釣り始めて1時間・・・未だアタリはありません・・・。

ウキ下2ヒロを3ヒロに変えてみました。

このあたりで、西から南西の風が強くなってきました。
仕掛けを投入するも、風に押し戻されて手前に返って来てしまいます。
風下側は仕掛け投入が簡単ですが、ハネのいるポイントではありません。
また、風でウキ近辺にエビを撒くことができず四苦八苦・・・。
風で波もかなり立ってきて、棒ウキの先端が海中に水没してしまいます・・・これはピンチです。(^_^;

この状況で諦めた釣り人が一人、また一人と帰り支度を始めました。

・・・と、隣りのテトラにいる釣り人が竿を大きくしならせています。
皆さんが大注目の中、釣り上げたのは“チヌ”!
40cmはあると思われる立派なチヌでした。(^.^)



↑釣り人がいなくなったケーソンです。(寂しい・・・。)
テトラではまだ粘っている人が多くいます。

堤防上で「エビ撒き釣り」をされていた隣りのお爺ちゃんが私たちにシラサエビを譲ってくれました。
「今日はもうアカンなぁ。風は強いし釣りにならへん。シラサエビがもったいないから、コレあげるわ!」と言われて帰られました。
お爺ちゃん、有難うございます。m(_ _)m

エビは補充されたものの、厳しい状況が続く中、AM9:00・・・AM10:00と時間だけが無情に過ぎていきます・・・。



↑天気は良いのですが、この強風・・・何とかなりませんかね~。(・_;)

AM11:00を過ぎました。
この分だと“ボウズ”確定の予感・・・。
釣りをされる方なら、このイヤ~な雰囲気がご理解いただけるでしょう?(^_^;

PM12:00、タイムアップ!
残念ながら“ボウズ”です・・・くやしさを噛み締めて、涙の納竿でございます。(T_T)

オヤジ3人、ガックリ肩を落とし、長い防波堤をトボトボと歩いて帰ります。
帰りながら、第1コーナー・テトラで釣りをされている方に釣果を聞きましたが、どうも釣れていない様子・・・。
第1コーナー・テトラのようなハネ・チヌの第1級ポイントで釣果がないのですから、まあ仕方ありません。

ハネを釣ることはできませんでしたが、成果はありましたよ。

みなさん、エビを上手く撒けるようになりました。(^.^)
強風でしたが、時間が経つにつれ、それなりに狙ってウキ近辺に撒けましたから。
次回はもうバッチリ(←かな?)でしょう!(^.^)

釣れるときもあれば、釣れないときもあります。
釣れても釣れなくても楽しいものです。
今回“ボウズ”だっただけに、次回の釣行に期待です!(^.^)



↑阪神高速湾岸線の橋が見えます。
クルマの便が良いこの釣り場は、シーズン中はたくさんの釣り人が訪れます。
Posted at 2007/01/29 18:33:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2007年01月26日 イイね!

『エルグランド 車検終了』

『エルグランド 車検終了』車検が終わりました・・・。
今回の車検、総額¥196,000-でした・・・(T_T)

←代車、ラフェスタの天井をフルオープン!
心もこの空のように晴々とした気持ちになれれば良いのですが・・・(^_^;

結構かかりましたね~。
カミさんは、片方の眉毛をピクピクさせながら“変な笑
                          い”が止まりません。(^_^;

重量税が¥63,000-なので、やはり全体から見てのウェイトが大きいです。
今回はリサイクル料¥16,730-と電装系の保障期間を2年延長(日産のグッドプラス1という制度)するということで¥9,450-が入っています。
これもトータル金額アップの原因ですね~。(^.^;

自賠責保険、重量税、印紙代、代行手数料で¥113,000-。
それに加えて、今回はそれなりに整備、部品交換しているので(日頃の整備サボりがひびいてます・・・(^^;;))、これも仕方ないかと・・・。

まあ、安全には換えられませんので、この金額、心の保険代だと思ってグッと心の奥底にしまっておくことにします。

しかし、請求書を見るとタメ息が出ますね~・・・(・_;)

早く忘れるようにします!(爆)
Posted at 2007/01/26 19:40:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2007年01月25日 イイね!

『好適環境水』

昨日のあるTV番組で「好適環境水」というものが紹介されていました。

この水を使えば、淡水魚・海水魚が同じ水槽で飼うことができます。
実際にこの水を開発した岡山理科大専門学校内にトラフグ、マダイ、クマノミに混じって金魚が泳ぐ水槽がありまして、その模様を見ていると何とも奇妙な光景でした。(;゜0゜)

「好適環境水」の入った水槽はこちら。(岡山理専のHPより)

海水魚と淡水魚はそれぞれ体内の塩分濃度と体外の塩分濃度の差を少なくするように体の機能が備えられています。
要するに※“浸透圧”が関係しているワケですね。

※浸透圧・・・
水槽を半透膜(小さな分子を通す膜)で仕切り2つのスペースを作ります。
その片方に濃度の低い溶液、もう片方に濃度の高い溶液を入れます。
そうすると、半透膜を通して溶媒分子(例えば“水”)がこの2つのスペースを移動する(=浸透)のですが、その移動量が・・・

「低濃度溶液から高濃度溶液へ移動する溶媒分子の量>高濃度溶液から低濃度溶液へ移動する溶媒分子の量」

・・・となる現象を発生させる圧力をいいます。

食塩水で例えますと、低濃度食塩水から高濃度食塩水へ水が移動することですね。(^.^)

魚の体内での働きは以下の通りです・・・。

●海水魚・・・海水の方が塩分濃度が濃いため、体内の水分がどんどん体外へ出ていってしまいます。そこで口から水を飲んで水を体内に取り込むのですが、海水中の塩分も同時に入ってきてしまうため、エラや尿で不必要な塩分を体外に排出します。

●淡水魚・・・体内の方が塩分濃度が高いため、水がどんどん体内に入ってきてしまいます。入ってきた余計な水を体外に排出する必要があるのですが、体内の塩分も同時に外へ出してしまうため必要な塩分を腎臓で再吸収して不必要な水をたくさんふくんだ尿を排泄します。

魚にはこうした「浸透圧調節機能」があるワケです。(^.^)

「好適環境水」は、この浸透圧調整機能を全く無視したもので、魚にとって必要なカリウム、ナトリウムの他、数種類の電解質(物質名、濃度などは企業秘密!)を加えた淡水・・・ということだそうです。

この水を使うことで、陸上での海水魚養殖が可能となり、山育ちのタイやヒラメが出てくるのも近いようですね。(^.^)

「好適環境水」を使って養殖すると、海で養殖する場合より約1.5倍成長が早くなるというメリットも!
浸透圧調整機能を使う必要がないため、それに使うエネルギーが成長へ回される結果、成長が早まるようです。

また、海の養殖で問題の「病気」「赤潮」などの心配がなくなるので、魚をロスすることなく計画的に養殖できることも大きな利点です。

「好適環境水」育ちのヒラメを魚屋さんに持ち込んで、海の養殖ヒラメと食べ比べたところ、みなさん「好適環境水」育ちのヒラメがおいしいとの判定でした。
魚が生臭くなく、身の弾力が海の天然ヒラメに近いそうです。
(試食したのが「魚屋の主人」や「寿司職人」さん達だったので、魚の味は確かなハズです。)

陸で育ったタイやヒラメが食卓に並ぶ日が来るのも近いのではないでしょうか?
気温が安定している閉山した石炭廃坑などを利用するというアイデアもあるようですので、過疎や財政難・既存産業不振に苦しむ山間地域の町(夕張市など?)にとっては、とても魅力のあるお話しですね。

この「好適環境水」は大注目の技術だと思います。

ニュース記事はこちら

Posted at 2007/01/25 19:31:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | テレビ | ビジネス/学習
2007年01月24日 イイね!

『エルグランド 車検』

『エルグランド 車検』本日より我が愛車が車検でございます。

←代車でやってきたラフェスタです。
なかなか使い勝手の良いクルマです。

さて、車検+交換部品でどれほどの金額になることやら・・・。
まあ、ある程度は覚悟していますが・・・(^_^;

同時に自動車保険(任意保険)も更新しました。

以前はクルマの事故やトラブルに関係する保険内容だったものが、今時は自動車以外の自転車でのトラブル(自転車で他人のクルマに当たりキズをつけたetc)や家族の誰かが他人にケガをさせた・・・はたまた、百貨店で商品を壊した場合の弁償費用まで・・・と、何とも多くの補償内容を盛り込んだ自動車保険があるんですね~。

自動車保険の中にある各種特約(入院保証や手術費用の補償など)をつけていけば、自動車保険というよりは総合保険になってしまいますね。(;゜0゜)

とりあえず、自動車保険を更新しました。
クルマはカネ食い虫・・・痛い出費となりました。(^_^;
Posted at 2007/01/24 23:03:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

CICLISMO(チクリズモ=自転車競技)と阪神タイガースと富士山が好きな私です。 自転車で風を切って走る感覚は気持ち良いですね。 気分爽快です。(^....
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2007/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

自転車好き、釣り好き、グルメ好きな方。
そうぞよろしくお願いします。(^.^)
20 人のお友達がいます
POTATOPOTATO くまのり@京都くまのり@京都
でめちゃん(^-^)ノでめちゃん(^-^)ノ sonchsonch
セキヤンキング (*^∇゜)vセキヤンキング (*^∇゜)v ありんこ@ありんこ@

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 エルグランド 日産 エルグランド
人&荷物を大量に飲み込み、タフに走ってくれる“たのもしい相棒”です。 奥に見える山々は八 ...
その他 その他 その他 その他
ピナレロ・オペラです。 ショップでカタログを見た瞬間、心を奪われてしまいました・・・。 ...
その他 その他 その他 その他
ポルティー・カラーのイエローが映えるコッピのクロモリ・フレームです。 グリーンのロゴが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.