• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

つるっち★のブログ一覧

2008年04月30日 イイね!

『給油渋滞』

『給油渋滞』とうとう、ガソリンの暫定税率法案が衆議院で可決されましたね。

明日から、ガソリンが値上がりするということで・・・。

小市民な私は、ガソリンを満タンにするべくガソリンスタンドへ・・・(^_^;

・・・が、ガソリンスタンドの手前から給油待ち渋滞です~。(+_+)

予想していたよりもクルマの台数が多かったですね。
明日からは160円/Lになるとか・ならないとか・・・。

他のガソリンスタンドもかなり給油待ちの車が多かったです。
(分かりにくいですが、上の画像は街のガソリンスタンドへ入る給油待ちの車の列です。)

今こそ衆議院選挙をしてもらいものです。(-"-;)
Posted at 2008/04/30 18:57:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2008年04月30日 イイね!

『エギング王 vol.3』

『エギング王 vol.3』4/28に発売となった雑誌「エギング王 vol.3」を買いました。

←表紙は、エギング界の重鎮、「重見典宏氏」。
エギング界では、最も有名なアングラーではないでしょうか?
関西弁で話す、面白いオッチャンです。(^.^)

ロッドやエギの新製品をチェックしながら、本を読み進めていきます。

昨今のエギング人気は凄いですね~。
新しいブランドや新製品が目白押しですわ。(^.^;

エギング王

↑雑誌に添付されているDVDです。

爆風の中、エギをシャクり続ける重見氏・・・。
私なら、絶対に諦めて帰る強風です。
その状況下でも、アオリイカやコブシメを釣り上げていました。

重見氏のスラックジャークは、春イカには効きそうですね。
エギが着底して、リールは巻かずにジャークするだけです。
底付近のネチネチ攻撃に良いですね~。(^.^)

ここ最近、釣果情報をチェックしてもイカ天国・和歌山方面からのイカの便りがあまりなく・・・。

5月も中旬になれば、紀北(和歌山市周辺)で釣れ出すでしょうし、6月あたりになれば大阪府南部や兵庫県・明石や淡路島でも釣れるようになるでしょう。(^.^)

イカは近場で手軽に狙えるまで待つのも良いのかなぁ・・・と思う今日この頃です。(^_^;
Posted at 2008/04/30 18:55:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2008年04月28日 イイね!

『リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2008』

『リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2008』●A・バルベルデ(ケスデパーニュ)がスプリント勝利!

春のクラシックシーズン最終のビッグレース、「第94回 リエージュ~バストーニュ~リエージュ」が、日本時間の昨夜、開催されました。

今回もJスポーツでLIVE観戦です。


レースは、4人が先頭グループを形成。
後ろから大集団が追うという展開です。

常に上ったり下ったりとアップダウンの続くコースで、選手達には相当厳しいものになっています。

先頭グループは、M・フォーテン(ゲロルシュタイナー)、P・ブル(ティンコフ)、P・ローラン(クレディ・アグリコル)、D・コップ(サイクル・コールストロップ)の4人です。

ゴールまで残り70kmでのタイム差は・・・。

(先頭4人)----2分58秒----(大集団)

ゴールまで70kmを切り、大集団からP・ジルベール(フランセージュ・デ・ジュ)とK・カールストローム(リクイガス)の2人が抜け出しに成功。
先頭の4人を追走します。

ゴールまで67kmでのタイム差は・・・。

(先頭4人)----2分29秒----(ジルベールら2人)
(先頭4人)----2分42秒----(大集団)

ジルベールが1人になっています。
カールストロームは遅れてしまったようですね。
ジルベールが単独で快走しています。

先頭グループからコップが遅れた・・・。
先頭はこれで3人に・・・。

ゴール手前62kmでは・・・。
(先頭3人)----1分32秒----(ジルベール)

後続の大集団からA・コロブネフ(CSC)がアタック。
単独で先頭を追いに出ました。

この間もジルベールは飛ばし続け、ゴール前49kmでは・・・。

(先頭3人)----1分8秒----(ジルベール)
(先頭3人)----2分4秒----(大集団)

先頭3人は淡々と進んでいますが、後続のジルベール、コロブネフ、大集団のペースがかなり速いですね。
先頭3人の逃げもそろそろ黄色信号が点灯です。

ゴール前39km地点でのタイム差は・・・。

(先頭3人)----1分5秒----(ジルベール)
(先頭3人)----1分24秒----(コロブネフ)
(先頭3人)----1分35秒----(大集団)

ゴールまで残り36kmで、大集団がコロブネフを捕らえます。
後続の大集団は相当ペースが上がっています。

ゴール手前36kmでは・・・。

(先頭3人)----54秒----(ジルベール)
(先頭3人)----1分23秒----(大集団)

先頭3人は、ゴールまで34.5km。
勝負所のコート・ド・ラ・ルドゥート(距離2.1km。平均勾配8.4%)の上りに入りました。

ジルベールもこの上りに突入。
依然、良いペースで上れている様子。

先頭3人が急勾配区間に入っているようです。
あ~・・・先頭3人のうちブルが激坂で止まりそうなほどのスピードに失速・・・厳しい・・・。

先頭はローランが単独になった。
後ろからフォーテンが追走。

大集団は大人しく上っている・・・。

・・・と、P・ベッティーニ(クイック・ステップ)が大集団からアタック!
凄いスピードでコート・ド・ラ・ルドゥートの上りを駆け上がります。

先頭のローランがコート・ド・ラ・ルドゥートの頂上を通過。

ベッティーニが追って来た後続グループに捕まった!

ベッティーニを捕らえた瞬間・・・。

おっと! A・シュレック(CSC)がカウンターアタックだ!!
後ろとの差がどんどん開いて行く・・・。

A・シュレックが千切れたブルに追いつきパス。

A・シュレックにS・シューマッハ(ゲロルシュタイナー)が合流。
後続グループから単独で追ってきたようです。

A・シュレック、シューマッハの2人は2番手を走るフォーテンに追いついた。
これで、先頭はロラン。2番手グループにA・シュレックら3人。
ジルベールはいつの間にか姿を消しています。

ゴール手前30kmでは・・・。

(ローラン)----20秒----(A・シュレックら3人)

追走グループからフォーテンが遅れた・・・。
追走グループはA・シュレック、シューマッハの2人に。

シュレック、シューマッハの2人は、先頭のローランに追いつき、その横をパス。
先頭はシュレック、シューマッハの2人。
快調に逃げます。

後続の追走集団から、またまたベッティーニがアタック!
ものすごいスピードで遅れたローランをパス。

しかし、後続集団もスピードを上げ追って来た。
ベッティーニはこれを見て諦めムードでスピードを緩め、このアタックは失敗・・・。

ゴール前26kmでのタイム差は・・・。

(先頭2人)----23秒----(大集団)

ゴールまで残り19km。
コート・ド・ラ・ロシュ・オ・フォコン(距離1.5km。平均勾配9.9%)の上りに先頭の2人が突入。

後続集団からサイレンス・ロットの選手、サウニエ・デュバルの選手が相次いでアタック。
後続集団の活性も上がっています。

先頭では、A・シュレックがペースアップ!
シューマッハは遅れた・・・。

後続集団からJ・ロドリゲス(ケスデパーニュ)がアタック!
シューマッハを追い抜き、A・シュレックを追いかけます。

先頭、A・シュレック。2番手、ロドリゲス。
その後ろから追走グループが来た。

ロドリゲスがA・シュレックに合流。
さらに、後ろから2人の選手が加わって来た!

D・レベッリン(ゲロルシュタイナー)とF・シュレック(CSC)だ!!

F・シュレックは先頭を逃げてきたA・シュレックのお兄さん!
兄弟で先頭グループを形成している!

しばらくして、後ろから単独で追いかけてくるケスデパーニュのジャージ・・・。

お~! バルベルデだ!!

バルベルデが先頭グループ4人に追いついた!

これで、先頭はF・シュレック、A・シュレック、レベッリン、ロドリゲス、バルベルデの5人です。
CSCが2人。ケスデパーニュが2人と、チームメイトのいないレベッリンは不利な状況です。

後方では、C・エヴァンス(サイレンス・ロット)、D・クーネゴ(ランプレ)、C・ファンバーガー(バルロワールド)の3人が追走グループを作って追いかけています。

ゴールまで残り17kmでのタイム差は・・・。

(先頭5人)----10秒----(エヴァンスら3人)
(先頭5人)----25秒----(大集団)

あ~、先頭グループのロドリゲスが遅れた・・・。
ロドリゲスは後方のエヴァンスらの追走グループに加わりました。

こうなると、先頭4人のうちCSCが2人となり、状況が有利になっています。

ゴール手前15kmでは・・・。

(先頭4人)----24秒----(エヴァンスら4人)
(先頭4人)----39秒----(大集団)

タイム差が徐々に広がっています。
ロドリゲスが追走のエヴァンスのグループへ加わる事で、チームメイトでエースのバルベルデのためにペースアップを阻止している効果が現れているようですね。

ゴールまであと10km。
先頭グループは、レベッリン、F・シュレック、バルベルデ、A・シュレックの順で坂道を下っています。

・・・と、最後尾からA・シュレックがアタック!

これは、CSCのエースで兄のF・シュレックのためのアタックですね。
弟のA・シュレックが逃げることでレベッリンとバルベルデに後を追いかけさせて2人の体力の消耗を狙うアタックです。

兄のF・シュレックはレベッリンとバルベルデの後ろで脚を休めていれば良いだけです。
もし、逃げるA・シュレックがレベッリン、バルベルデに追いつかれた際には、F・シュレックがカウンターアタックに出る作戦ですね。
全力で追いかけたレベッリン、バルベルデの2人は脚を使って体力が消耗しているので、間髪入れずにF・シュレックにアタックされると、そのアタックに反応できずにF・シュレックが逃げ切る可能性が高くなります。

もちろんレベッリンとバルベルデの間で牽制が起こって逃げるA・シュレックとのタイム差が開けば、そのままA・シュレックが逃げ切ることも十分考えられます。
どちらに転んでも、CSCチームのうち、どちらか1人が優勝できるという有利な状況です。

先頭はA・シュレック。
追走3人は、先頭をレベッリンが引き、2番手にバルベルデ。
F・シュレックは先頭をA・シュレックが逃げているので、先頭に出てペースを上げることはしません。
最後尾が彼の“指定席”です。(^.^)

ゴールまであと8kmでのタイム差は・・・。

(A・シュレック)----10秒----(レベッリンら3人)

A・シュレックは素晴らしいスピードです。
追走グループでは、レベッリンとバルベルデが交互に先頭交代してトップスピードを維持しています。

ゴール手前6km。
最後の上り、コート・ド・サン・ニコラ(距離1km。平均勾配11.1%)にA・シュレックが入った!

後ろは、レベッリンが先頭で上りに入っています。
最後尾が指定席のF・シュレックはアタックをかけようとしているようで、前のレベッリンとバルベルデの様子を窺っています。

レベッリンら3人の前方に、逃げるA・シュレックが見えてきた!
A・シュレックは体力の限界か・・・?

A・シュレックがレベッリン、バルベルデに捕まる・・・。

・・・と、F・シュレックがすかさずカウンターアタック!!

ロードレース、お手本通りのアタックです。

すぐさま、レベッリンがF・シュレックの後ろに付く。
続いて、バルベルデ。

レベッリンがシュレックを完全マーク。
さすがベテラン!
この場合の対応をよく心得ていますね。

おっと! F・シュレックが再度アタック!

またしてもレベッリンがこのアタックを潰しにかかった!
バルベルデも続く。

コート・ド・サン・ニコラの頂上を先頭3人が通過。
残りは5km!

ここから下り。
先頭はバルベルデとレベッリンで先頭交代。
F・シュレックはこの先頭交代に加わらず、また最後尾に・・・。

ゴールまであと3km。
後ろの追走グループとは、かなりのタイム差が開いているようです。
優勝争いは、先頭の3人に絞られました。

先頭をレベッリンが引き、2番手がバルベルデ、最後尾にF・シュレック・・・。
レベッリン、バルベルデがしきりに後ろを振り返っています。

F・シュレックはアタックのタイミングを見計らっているようです。
ゴール前スプリントになれば、スプリント力のないF・シュレックに勝ち目はありません。
ゴールするまでに、何とかアタックを決めたいところ・・・。

ゴールまで残り2km。
バルベルデとレベッリンで先頭交代。

(先頭3人)----20秒----(A・シュレック)
(先頭3人)----1分6秒----(エヴァンスら4人)

いよいよ、ゴールまで残り1km地点を通過!

コースは上り坂!
先頭をレベッリン、その右斜め後ろにバルベルデ、最後尾にF・シュレック。

アタックしたいF・シュレックは、レベッリンとバルベルデにアタックコースをふさがれています。
しかも、バルベルデがしきりに後ろのF・シュレックに視線を合わせて、彼のアタックに警戒しています。
これでは、F・シュレックはアタックできません・・・。

この状況では、実質、レベッリンとバルベルデの一騎打ちの様相だ!

レベッリン先頭、2番手バルベルデ、最後尾F・シュレックのまま残り500m!

レベッリン、バルベルデがほぼ併走になってきた。
上り坂もそろそろ終わりです。
この時点で、F・シュレックの勝利は消えました・・・。

最終の左コーナーを曲がり、いよいよゴール前へ!!


左コーナーをクリアーと同時に、バルベルデがスパート!!

レベッリンがすかさず反応する!!

ゴールまであと僅か・・・。

バルベルデ、強い!

追走のレベッリンの追従を許さず、そのままバルベルデが1着でゴール!!


2位、レベッリン。3位、F・シュレック。

やはり、少人数のゴール前スプリントになるとバルベルデは強いですね。
F・シュレックのアタックを最小限に食い止め、手も足も出させず、自らの体力温存を計りながら得意のゴールスプリントに持ち込みました。

アタックできないF・シュレックを封じ込めれば、残るライバルはレベッリンのみです。
レベッリンの動きと、自分の脚力のMaxパワーを維持できる距離を計算してスパートをかけたバルベルデの作戦勝ちでしたね。
さすが試合巧者のバルベルデです。(^.^)

ようやく、私の優勝予想も当たり、気分も上々です~。(^-^)/

これにて、春のクラシックレースは終わりです。
5月に入ると、ヨーロッパ各地でステージレースが始まります。

大注目のレースは、イタリア一周レース、「ジロ・デ・イタリア」!
3週間に渡り、イタリア全土、3000km以上を駆け巡る規模の大きなステージレースです。

クーネゴの調子がかなり良いようですね。
ジロでは、クーネゴの活躍に期待できるでしょうか・・・??(^.^)
Posted at 2008/04/28 18:25:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車ロードレース | スポーツ
2008年04月25日 イイね!

『リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2008』

『リエージュ~バストーニュ~リエージュ  2008』この週末、春のクラシックレースの最後を飾る「第94回 リエージュ~バストーニュ~リエージュ」が開催されます。

ベルギー南部、アルデンヌ地方の丘陵地帯が舞台です。
リエージュをスタートしてバストーニュまで南下。
バストーニュを折り返して再び北上、アンにゴールする261kmのコースです。

←コースマップです。

このレースも、先のアムステル・ゴールドレースと同じく、いくつもの上りが設定されていまして、選手達をふるいにかけます。

上りの数は12・・・ゴール前34.5km地点のコート・ド・ラ・ルドゥート(距離2.1km。勾配率8.4%)か29km地点にあるコート・ド・スプリモン(距離1.4km。勾配率4.7%)あたりから優勝争いが本格化すると思います。
アタックの連続で、かなりレースが活性化することでしょう。

昨年のリエージュ~バストーニュ~リエージュの動画を★こちら★からどうぞ。

項目にある、2007 Liege-Bastogne-Liegeをクリックすると、動画がスタートします。


またまた、私の当たらない優勝予想ですが・・・f(^^;)

今回は、ズバリ、A・バルベルデ(ケスデパーニュ)で決まりでしょう!!

先のアムステル・ゴールドレースでは、残念ながら3位・・・。
ゴール前のレース展開を読み違えてしまいました。

しかし、彼のポテンシャルからすれば、アップダウンの激しいレースでは常にトップグループで展開できる能力を十分に持っている選手です。
今回こそは、バルベルデに期待しましょう!(^_^;

おそらく、アムステル・ゴールドレースで優勝した絶好調のD・クーネゴ(ランプレ)も出場しますので、バルベルデ最大のライバルになると思います。

F・シュレック(CSC)も積極的に動いてくると思います。
ゴールまで残り20kmを切って先頭集団から抜け出せれば、優勝の可能性は高いでしょうね。
CSCのチームメイトのアシスト選手もシュレックのアシストに努めるはずです。

世界チャンピオンのP・ベッティーニ(クイック・ステップ)も出場しますので、さらに優勝争いが白熱するかと・・・。

春のクラシックレースの最後を飾る大レース!
目まぐるしく変わるレース展開に、期待・・・です。(^.^)
Posted at 2008/04/25 20:19:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車ロードレース | スポーツ
2008年04月24日 イイね!

『聘珍月餅』

『聘珍月餅』横浜土産に、聘珍樓(へいちんろう)の「月餅(げっぺい)」をいただきました。
(以前、聘珍樓の月餅をいただいたブログは★こちら★から。)

聘珍樓は、横浜中華街にある中華料理の老舗中の老舗です。
創業120年という歴史は、日本の中華料理店で最も古いお店ではないでしょうか?

聘珍樓横浜本店は、私とカミさんが結納代わりの食事会をした思い出のお店でもあります。(#^.^#)
料理も一流ですが、“値段も一流”でした・・・(;^_^ A



聘珍月餅

↑月餅といえば、新宿・中○屋が有名ですが、やはり聘珍樓の月餅は一味違う(?)ように感じました。(^.^)

月餅の中に入っている黒ゴマ餡は独特ですね。
ゴマの風味の豊かなこと!
月餅の王道です~。

私の好きな、クルミ入り餡もあります。
クルミの香ばしさは、黒ゴマ餡と同等、もしくはそれ以上に私の好きな美味しさです。(^.^)

おいしいお土産をいただきました。

横浜中華街に行きたいです~♪
Posted at 2008/04/24 20:09:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | 中華料理 | グルメ/料理

プロフィール

CICLISMO(チクリズモ=自転車競技)と阪神タイガースと富士山が好きな私です。 自転車で風を切って走る感覚は気持ち良いですね。 気分爽快です。(^....
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

お友達

自転車好き、釣り好き、グルメ好きな方。
そうぞよろしくお願いします。(^.^)
20 人のお友達がいます
POTATOPOTATO でめちゃん(^-^)ノでめちゃん(^-^)ノ
くまのり@京都くまのり@京都 セキヤンキング (*^∇゜)vセキヤンキング (*^∇゜)v
ありんこ@ありんこ@ よっつ. feat.桂ぽんぽ娘よっつ. feat.桂ぽんぽ娘

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 エルグランド 日産 エルグランド
人&荷物を大量に飲み込み、タフに走ってくれる“たのもしい相棒”です。 奥に見える山々は八 ...
その他 その他 その他 その他
ピナレロ・オペラです。 ショップでカタログを見た瞬間、心を奪われてしまいました・・・。 ...
その他 その他 その他 その他
ポルティー・カラーのイエローが映えるコッピのクロモリ・フレームです。 グリーンのロゴが ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.