• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

つるっち★のブログ一覧

2009年03月31日 イイね!

『お気楽サイクリング 春、斑鳩の里』

『お気楽サイクリング 春、斑鳩の里』南紀エギングから戻った翌日は、ダブルヘッダーの予定に決めました。

その第1ラウンドは、サイクリングで奈良県・斑鳩(いかるが)町を少し巡ることに・・・(^.^)

斑鳩町と聞くと、なかなかピンと来ないですが、「法隆寺」と聞くとご存知の方も多いと思います。
世界最古の木造建築、世界遺産の法隆寺は、この斑
                            鳩町にあります。

大阪から法隆寺までは近いですよ。
一部、大阪・奈良の県境付近は、幹線道路の国道25号線を通らなければなりませんが、それ以外は、交通量の少ない裏道を通るので安全に目的地へ到着です。


法隆寺・南大門

↑法隆寺・南大門です。

法隆寺はいつ見ても歴史を感じますね~。
飛鳥時代、聖徳太子と、太古のロマンが漂っています。

法隆寺の詳細は、★こちら★からどうぞ。



五重塔・金堂

↑奥には、五重塔と中門が見えます。


脇道を東へ・・・。


法隆寺・東大門

↑法隆寺・東大門です。
朱塗りの門は、これまた風情があります。(^.^)


参道、夢殿

↑東大門と夢殿の間にある参道(?)です。


それにしても、観光客が多いですよ。
さすが世界遺産!
観光客も国際色豊かでした。


法隆寺からさらに東へ・・・。


法輪寺

↑ほどなく、「法輪寺」に到着です。


法輪寺の沿革は、★こちら★からどうぞ。


桜と法輪寺

↑3分咲きの桜がキレイでした。


お次は・・・。


法起寺

↑「法起寺」に到着。
ここも世界遺産に登録されています。


くわしくは、法起寺のHPへ★こちら★からどうぞ。


法起寺・三重塔

↑三重塔が目立ちますね。
写生している絵愛好家(?)が何人かこの塔を描いていました。


ご年配のご夫婦で、ココ斑鳩の里を散策されている姿を多く見受けました。
狭い範囲で多くの古寺や古墳が多くありますので、コンパクトに巡ることができて良いですよ。

法隆寺はさすがに有名なので観光客は多いのですが、法輪寺や法起寺は人も少なく、逆に穴場かもしれません。
静かで、のんびりと見学するなら、この2つのお寺がオススメです。(^.^)


ここから、元来た道を戻り大阪へ・・・。

春の斑鳩巡りは、気持ち良かったです~。(^∇^)

この後の、第2ラウンドへ向けて準備です!(^.^)

前日の不発エギングに意気消沈。
傷心を引きずりながら、懲りずに釣りへ出撃で~す。(^.^;
(エギングではないですよ・・・(^.^))
Posted at 2009/03/31 18:38:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自転車・朝練 | スポーツ
2009年03月30日 イイね!

『エギング in 和歌山・南紀』

『エギング in 和歌山・南紀』行ってまいりました、関西エギンガーの聖地、南紀へ。

ただ、初めに申し上げておきますが・・・。

完全ボーズを食らってしまいました。(;_;)



大阪を夜に出発し、一路、南紀を目指します。

今回は、予定していたエリアを変更しました。
・・・といいますのは、予想外の冬型気圧配置により、北~北西の強い風が吹く予想なので、風・波が穏やかになる紀伊半島東側へ行ってみることに・・・。

まず、目指すは太地(たいじ)町です。

大阪から国道165号線で奈良県・橿原市。そして国道169号線で吉野へ。
さらに山奥を南へ、国道169号線を川上村、上北山村、下北山村と通過して、三重県・熊野市を目指します。


この国道169号線ですが、上ったり・下ったり、急カーブの連続で、車の運転がかなり大変です。
しかも、走る車が速いの何の!山のグニャグニャ道をWRC並(?)のスピードですわ~。(>_<)
走り慣れていない私は、後ろから煽られまくりです。(^^;;)

池原ダムを経て、何とか国道42号線に入り、熊野市に到着。
途中、鬼ヶ城のポイントを偵察。

延々と国道42号線を南下。
和歌山県・新宮市を通過して那智勝浦町を通り、AM3:00、太地町某ポイントに到着。


このポイント、小さな波止、石畳、地磯と、狭いエリアに様々な変化があるところです。
準備をして、波止から石畳をチェック。


・・・ん~、反応ナシ。


続いて、地磯へ移動。

とりあえず、地磯の先端でキャスト。
ここで、PEラインを2度切ってしまいました。
エギはロストするは、ラインシステムは組み直しになるは・・・(;´Д`A ```

初めての地磯で真っ暗の何も見えない海・・・。
おそらく、少し沖にシモリなどがあって、そのシモリにPEラインがこすれて切れてしまったかと・・・(^.^;
初めての夜の地磯へは行くものではありませんね~。


波止へ戻ると、泳がせ釣りのオイヤンが準備していたので、太地の近況を聞いてみると・・・。


オイヤン;「ここ最近、イカは釣れてないなぁ~。活けアジで、良くて1杯とかしか釣れへんから、エギやと厳しいんとちゃうか?」

私;「・・・」


風・波の予想はバッチリ当たり、風は微風。波も穏やかでポイント的には申し分ナシ。

しかし、肝心のイカがいてないようです。(;´Д`A ```

現在、AM4:30。
このポイントを捨てて、串本まで南下しても、串本のポイントでは良い場所に入れないと考え、太地のこのポイントで朝マズメを迎えることにしました。
ここなら、波止先端の好位置をキープできます。(^.^)

キャストしては、エギを回収するの繰り返し。
エギをトッカエ・ヒッカエするも、イカからの反応はナッシングです。
これは、自爆の予感が・・・f(^^;)


夜明け

↑夜が開けてきます。南紀の夜明けは美しい・・・(^.^)


完全に夜も明け切り、朝マズメ終了。
チャンスを棒に振ってしまいました。
泳がせ釣りのオイヤンもアタリがないとのことで、オイヤンにお別れの挨拶をして、串本へ向かいました。


橋杭岩

↑串本の街近くにある「橋杭岩」です。綺麗な風景です。


串本に来たら、串本新港へ寄らないと!
串本新港の2ヶ所で聞き込み調査しましたが、エサ釣り師・エギンガー共にイカは釣れていないようです。

そして、串本大橋を渡って、串本大島のエギンガー御用達の某有名漁港、2つを周ります。
エギンガーさんに聞いてみても、誰もイカを釣っておらず・・・(^.^;
とりあえずシャックておきましたが、反応はナシ・・・(^_^;)

漁港で漁師のオバチャンとお話ししました。


オバチャン;「本職の漁師でもイカはほとんど獲れていないから、オニイチャンやったら釣れへんやろな~。」

私;「・・・」


オバチャン、ハッキリと言うてくれます。(^^;;)
まあ、それは当たっていますが・・・(爆)


時間はPM1:00を過ぎ、串本を諦めて、紀伊半島西側を北上することに。

すさみ町へ向かう途中、2ヶ所の地磯でロッドを振りました。


地磯

↑そのひとつ、広~い地磯です。先端へ行くには一苦労・・・(^_^;)


地磯

↑雰囲気はエエ感じなんですが・・・。


不眠不休でここまで来たので、心が折れてしまっています。


地磯

↑ここが最後のポイントと、この地磯の岩山をエッチラ・オッチラ上り、先端方面へ・・・。


地磯

↑ガケを上ったり下りたりして、ようやく先端に着くと、ヤエン師が釣り座を構えていました。


その少し後方でエギをキャストしますが、モロに向かい風・・・(^^;;)


地磯

↑波もザバーン!と激しくなってきました。(T_T)


これにて、The END・・・。

この天候でのエギングは諦めて、夕マズメの勝負はせずに、大阪への帰路につきます。

さ~て、ここから大阪までが長い長い・・・(^.^;

延々、国道42号線をひた走り、御坊から有料道路を使いましたが、和歌山ICで降りて先週と同じく“魔界”へ立ち寄り、その後、山越えをして大阪府に入りました。

自宅到着がPM9:00・・・。

ただただ、徒労に終わった南紀エギングでした。

残念なことに、最近の串本の水温は下がっているようで、あるエギンガーさん曰く、「この時期の串本なら、キャストして回収したエギを触ると、ほんのり暖かいはずなのに、今日はエギが冷たいから、アカンですなぁ。」

今回は作戦ミスでしょう。
風と波を考えたまでは良かったのですが・・・。
イカがいないことにはどうしようもありません。
当初の計画通り、白浜~すさみを攻めていたら、違った結果になったかも・・・(^_^;)

昨年と同じパターンですわ~。
3月終りに寒くなって、イカも釣れず。

総走行距離500km。
24時間のロングドライブ&地磯・山登りで終わりました。(^.^;

イカが釣れてもいないのに、長々と書き連ねてしまいました・・・。すみません。m(_ _)m
この仇、いつか取り返したいです~。


モンスペ+ルビアス2506

↑モンスペ+ルビアス2506の組み合わせはGoodでした。
ロッドを持った印象がこれまでと比べて変わりましたね。
軽~くなって、扱い易くなりました。(^.^)
Posted at 2009/03/30 19:25:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2009年03月26日 イイね!

『小沢氏 民主党代表を続投』

西松建設からの違法政治献金事件で、小沢氏の公設秘書が起訴されました。

小沢氏は、涙ながらに会見し、民主党代表を続投すると訴えましたね~。

結局、小沢氏は民主党代表を辞職しないようです。

ん~、どうなんでしょう? コレは・・・(^.^;

私の解釈では、「私(=小沢氏)は西松建設からの献金だとは知りませんでした。従って、政治資金規正法違反にはあたらず、法的責任はありませんので、民主党代表は辞職しません。」という内容ですね。

この会見で、日本国民のいったいどれだけの人が納得できたのでしょうか?(^^;;)

一般の国民は、小沢氏の法的責任ウンヌンではなくて、「西松建設から違法献金を受けておいて、しかも、自分の公設秘書が逮捕・起訴されているにもかかわらず、何の責任も取らない」ことに疑問を感じているのだと思います。

私は、小沢氏の“政治的・道義的責任”を国民は問うているのだと思いますよ。

一般企業でも、社員の不祥事に関しては、社長がその経緯を知らなくても、何がしかのペナルティーが社長には加えられるでしょう。
自分の部下である公設秘書が逮捕・起訴されたということは、当然、小沢氏の秘書に対する監督責任は出てくるワケでして・・・。

また、西松建設から巨額の献金を受けておいて、「それは知りませんでした。」では、世間が納得するハズもありません。

私は、この事件の初めの段階で、小沢氏が民主党代表を辞任していれば、ここまで大騒動にはならなかったと思います。
世論形成の動向も理解できなかったとは、小沢氏、民主党幹部は、政治的な読みを完全に誤っています。

結局、ズルズルと結論を先延ばしにして、少し前までは、秘書が起訴されれば、小沢氏は民主党代表を辞職するだろうと見られていたにもかかわらず、フタを開けてみれば、続投・・・。

この続投を、民主党幹部も支持するというのですから、「こりゃ、民主党はダメだ・・・。」と国民は感じますよね~。

小沢氏個人の政治献金問題で民主党全体が矢面に立たされてしまっています。
他の民主党議員にしてみれば、選挙も控えているこの時期には、迷惑な話しでしょう。

小沢氏は、民主党代表を辞める機会を逃してしまいました。
公設秘書の起訴が、最後の辞め時だったのですが・・・。

ますます、民主党は窮地に立たされるでしょうね~。
この状態で、さて、国民のために政権交代は実現できるのでしょうか??

民主党には、国民の視線に立った判断をしてもらいたいです。
Posted at 2009/03/26 18:48:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | ニュース記事 | ニュース
2009年03月24日 イイね!

『祝!WBC 日本連覇』

今日の話題は、コレしかないでしょう!!(^.^)

サムライJAPANがWBC決勝で勝利!
世界一に輝きましたね~。\(^ ^)/

ただ、テレビを見ていて、冷汗モノでしたが・・・。

特に9回裏、ピッチャーはダルビッシュ。
心の中で、「なぜ藤川を出さんっ!!」と思いました。(^^;;)

1アウト後に突如崩れ、2連続フォアボール。

自滅パターンのいや~な予感が・・・(^^;;)

2アウトまでこぎ着けましたが、これで押さえれば優勝のところを・・・。

レフト前ヒットを打たれて同点に追いつかれてしまいました・・・(^.^;


10回表、日本の攻撃。
内川がしぶとくライト前ヒットで出塁。
続く稲葉が完璧な送りバントで1アウト2塁。
次の岩村が職人技のレフト前ヒットを打って、1アウト1・3塁。
代打、川崎がショートフライで2アウト1・3塁とランナーは変わらず。

打順は1番のイチロー。

日本の誰もがイチローのヒットを願っていたでしょう。(^.^)

韓国内野陣は、イチローの打球をバックホームする体制で、一塁手は岩村をノーマーク。
岩村は盗塁で2塁に。これで、2アウト、2・3塁。

イチローはファールで粘りに粘ります。
足元にワンバウンドのボールでもバットに当ててファールに・・・。
凄い集中力を感じました~。(^.^)


そして・・・。


イチロー、センター前にタイムリーヒット!!

内川、岩村がホームイン!!

日本、5-3で勝ち越し!!

ベンチの日本メンバーも大喜び。
ダルビッシュも喜んでいました。

そして、最後の10回裏。
ダルビッシュは先頭打者をフォアボールで歩かせますが、その後はしっかり締めて、ゲームセット!

ダルビッシュと城島が抱き合い、ベンチからも日本選手が飛び出し、全員がマウンドへ大集合。
お互いの健闘を称え合い、それぞれが笑顔で抱き合っていました。

原監督が胴上げされましたが、原監督の体が胴上げで1回転・・・(^^;;)
胴上げの練習ぐらいしておいて欲しかった・・・(^_^;)カナ?
こんなときに決められない日本・・・。
まあ、世界一になったので、良しとしましょう。(^^*)

MVPは松坂ですか~。
どう見ても、岩隈なのでは・・・??
知名度の差が出てしまいましたね。(^.^;

不調で打てないイチローといわれていましたが、最後の最後、決勝点の2点タイムリーをあの場面で打てるというのは、やはり“イチロー”ですよ。
改めて、イチローの偉大さが分かりました。(^.^)

原監督の目指した「スモール・ベースボール」が見事、結実しましたね~。
当たるとデカイ、キューバ、アメリカの重量打線を日本の投手力で抑え、ホームラン主体の派手な打線ではありませんが、ヒットの連打、繋ぐ野球で得点する。
バッチリ、この作戦が当たりました。

WBC序盤は、日本は危ういのでは??・・・と思ったのですが、決勝まで上り詰めました。
いや~、久しぶりに気分が良いですね。

前回のWBCで優勝したときより、もっと内容の濃い、面白いゲームが多かったです。
野球の面白さをサムライJAPANに見せてもらいました。


こうなれば、WBC・3連覇へ向けて・・・。

ガンバレ! 日本!!\(^ ^)/
Posted at 2009/03/24 18:13:34 | コメント(6) | トラックバック(0) | 野球 | スポーツ
2009年03月23日 イイね!

『ミラノ~サンレモ 2009』

●M・カヴェンディッシュ(チームコロンビア)がスプリントで勝利!

3/21、イタリアで春のクラシックレースシーズンのトップを切って、「ミラノ~サンレモ」が開催されました。

コースはミラノから地中海沿岸の街、サンレモまでの298km。
コースは平坦区間が多く、例年、スプリンターに有利なコースと言われています。
今年で、100周年を迎える、伝統と歴史あるレースです。

レース終盤に登場する、ポッジオとチプレッサ、この2つの上りがポイントになります。
この上りで、大集団から抜け出せれば、単独または小集団のスプリントになりますし、ここで逃げが決まらなければ、大集団のままゴールスプリントになります。

今年のミラノ~サンレモは、ポッジオ、チプレッサで決定的な逃げは見られず、大集団のまま、ゴールスプリントとなりました。

最後、ゴール手前1kmからゴールまでを↓You Tubeでどうぞ。





優勝はカヴェンディッシュでした。
ゴール前、H・ハウッスラー(サーヴェロ・テストチーム)がロングスパートでゴールを決めるかに思われましたが、ハウッスラーの後ろから絶妙のタイミングで追ったカヴェンディッシュがゴールライン手前でハウッスラーをかわし、僅差の逆転勝利!

しかも、カヴェンディッシュはミラノ~サンレモに初出場で初優勝。
プロに転向して、まだ2年しか経っていない彼が、破竹の勢いで大暴れ!
まだ23歳と若い彼の活躍が楽しみですね。(^.^)

次のクラシックレースは、今週末、ベルギーで行なわれる「ロンデ・ファン・フラーンデレン」です。
波状的に現れる激坂をいくつも上る厳しいコースが見モノです。(^.^)
Posted at 2009/03/23 18:23:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車ロードレース | スポーツ

プロフィール

CICLISMO(チクリズモ=自転車競技)と阪神タイガースと富士山が好きな私です。 自転車で風を切って走る感覚は気持ち良いですね。 気分爽快です。(^....
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

お友達

自転車好き、釣り好き、グルメ好きな方。
そうぞよろしくお願いします。(^.^)
20 人のお友達がいます
でめちゃん(^-^)ノでめちゃん(^-^)ノ くまのり@京都くまのり@京都
よっつ. feat.桂ぽんぽ娘よっつ. feat.桂ぽんぽ娘 POTATOPOTATO
sonchsonch セキヤンキング (*^∇゜)vセキヤンキング (*^∇゜)v

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 エルグランド 日産 エルグランド
人&荷物を大量に飲み込み、タフに走ってくれる“たのもしい相棒”です。 奥に見える山々は八 ...
その他 その他 その他 その他
ピナレロ・オペラです。 ショップでカタログを見た瞬間、心を奪われてしまいました・・・。 ...
その他 その他 その他 その他
ポルティー・カラーのイエローが映えるコッピのクロモリ・フレームです。 グリーンのロゴが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる