• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nジャン(N-JUNKIE)のブログ一覧

2017年02月05日 イイね!

Half (2/4) in Snow town night 2017ver.

Half (2/4) in Snow town night 2017ver.今シーズンも下のお嬢と二人で近場のナイタースキーへ。
昨年同様、楽しむというより彼女の練習に行った。

下のお嬢は間もなく小学校卒業。
こうして2人でスキーに行くのは今回をもってしばらく無さそうだ。
事によったら最後かもしれないと思うのは考えすぎか。

今回は富士宮経由。
富士宮にてプチ観光。
まぁ、お目当てはB1グランプリ殿堂入りであることは言うまでもないけれど(笑)。

 

富士山スカイライン、プチ凍結はあったものの、積雪なし。
スノータウンイエティ(http://www.yeti-resort.com/)は若干混雑。

 

日が暮れると一気に気温低下。
しかし寒さに負けずお嬢は楽しそうだったナァ。

 



・フォトアルバム「2017.2.4 富士宮-裾野 」
http://minkara.carview.co.jp/userid/116827/album/188119/
Posted at 2017/02/05 21:39:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ウィンタースポーツ | 日記
2016年02月07日 イイね!

Half (2/4) in Snow town night

Half (2/4) in Snow town night 下のお嬢と二人で「スノータウン・イエティ」のナイタースキーへ。
楽しむというより彼女の練習に行った。

その辺り、女房殿も上のお嬢も理解している。
何せ、上のお嬢は受験生。
仮に今回行ったところで物足りない内容になること間違いないと本人も理解していた。
女房殿は上のお嬢の事もそうだが、それより何より今回は本人のモチベーションが無い(爆)。

驚くことに下のお嬢に女房殿のスキーセットがピッタリフィットしいていた。
今回はレンタル無しでイケるワケで。



途中からなんとチェーン規制。
行きはノーマルタイヤでも行けない感じは無かったけれど、帰りは凍結しそうな事は想像に難しくない。
実際、そうだったし。

途中現れた野生の鹿にお嬢もビックリ(笑)。
「いるんだよ、普通に。」



日没前に到着。
この日のナイター営業は16:00からオールナイト。
「朝まで出来るぞ。」と言ったが、お嬢は首を横に振った(笑)。



最初、一言二言、後ろから付いて行ってアドバイスを。
その後は、まだまだ言いたくなるレベルだけれども、今回は見守った。
あまり煩がられてもネェw

本人はというとレベルが少し上がったし、何より楽しそうだ。
十分でしょ。

但し、日が暮れるとさすがに冷え込んできた。
厚着は正解だったナァ。



リフトに乗ったのは10回。
お嬢はクタクタ(笑)。
心地よい疲れだったようだ。

オイラはお付き合い程度なのだが…
ヒザがガクガクだった事は秘密にしておこう(笑)。



・フォトギャラリー「2016.2.6 Half (2/4) in Snow town night 」
http://minkara.carview.co.jp/userid/116827/car/1275473/4430395/photo.aspx
関連情報URL : http://www.yeti-resort.com/
Posted at 2016/02/07 11:43:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | ウィンタースポーツ | 日記
2015年03月06日 イイね!

今シーズン、我が家のウィンタースポーツは終焉かな

今シーズン、我が家のウィンタースポーツは終焉かな前にも書いたけれど我が家のメンバーのスケジュールが合わず、「もう一回行けたらナァ」と思っていたスキーは断念濃厚。
可能性が無いワケではないけれど、極めて低い。
ま、そんなモンだということは十分わかっているし。

昨年末、2泊3日で行ったのが最初で最後だったかな。

確かに「行ってきた」という意味では1回だけれど、3箇所のゲレンデに行ってきたし、宿泊もしてきた。
幸運にも恵まれて、晴天&パウダースノーだった。
十分でしょ。

「今年も楽しかった」と言って貰えた事が一番嬉しく思う。





ということで、そろそろ来週辺りノーマルタイヤへ戻すときがやってきたようだ。
それはそれで楽しみだという事で。

いよいよ春だねぇ。



Posted at 2015/03/06 21:19:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | ウィンタースポーツ | 日記
2015年03月02日 イイね!

TOYOTA BIG AIRの終焉

TOYOTA BIG AIRの終焉※フリー画像使用 
http://www.pakutaso.com

TOYOTA BIG AIR。
昨年、18回を重ねたこのイベント。
毎年、この季節になるとTV放送を楽しみにしていた。
自分がスノーボードをやり始めてから間もない頃、この大会が初開催されTV放送もされた。
あまりにもカッコ良くてド迫力。
夢中になって見ていた。

オイラはスノーボードをやめた今でもこの大会のファンだった。
今考えただけでも懐かしいライダーの名前を思い出す。

ファビアン・ローラー、ミッヒ・アルビン、ヨナス・エメリー、ダニエル・フランク、平岡 暁史…etc (順不同敬称略)

しかし大会終了告知は突然だった。
本当に残念だ。

Posted at 2015/03/02 20:22:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ウィンタースポーツ | 日記
2014年12月09日 イイね!

ゲレンデを思い浮かべている

ゲレンデを思い浮かべているこの寒波の襲来でまとまった降雪、積雪があってオープンしたスキー場は多い。
とはいえ、あまりにも急だったため整備が間に合わず、全面滑走可能のスキー場は限られるが、それも今の所といった感じだろう。

オイラの子供の頃、冬に親父の実家に行けば木製のスキー板があった。
今のスキー板みたいに立派なモノではなく、履いた長靴に紐で縛る昭和初期のタイプ。
親父は学生時代、学校のスキー部だったらしくスキーはなかなかの腕前だと本人は言っているが、果たして…(自分で言ってる事自体が既に怪しい:笑)。

そんな親父はコチラに来て会社の仲間たちとスキーに行っていた。
まだ幼い頃のオイラと妹と母親を置いて…

そんな中、あのバス転落事故現場に遭遇した事もあったらしい。
あの時の現場の様子を未だに言う。
それだけ今でも心配してくれているのだと思うのだが…

小さい頃は「連れてってくれ」と何度も言ったけれど「大きくなってから」と親父はオイラを説得してた。
大きくなってから同じ事を言ってみたが、「もうそんな体力は無い」とか言い出す始末。
挙句の果てに「焼津スケートセンター(現在閉鎖)で我慢しろ。」と。

物心ついた二十代前半。
オイラ世代の方々はピンとくるだろうが、映画「私をスキーに連れてって」をキッカケに大ブームが起こる。
各地のゲレンデは若者を中心に大混雑となった。
松任谷由実嬢を聴きながらゲレンデへ行った方も多かったのでは?


原田知世サン、同い年です。

周りがあまりにも「スキー」の話題をするのでオイラ自身も「やってみるか」とか思うようになった。
「親父に出来てオレに出来ないワケがない」とも思ったし(笑)。

いざやってみると、当然最初から出来るワケがない。
出来ないのが悔しくて何度もトライする。
周囲は笑っていたが、オイラにしてみればそれどころの騒ぎではない(笑)。

何度も挑戦し、自分なりに「滑る」「曲がる」「止まる」をマスターすると、スピードがノッた。

「何コレ、超面白いんですけど~!!」

ご当地の温泉、グルメ、観光など「アフター」の楽しさも覚えた。
道中の「クルマの中」での会話も面白かった。

やがて、あのスノーボードが登場し、これまた大ブームとなった。
これまた「やってみるべ」ということで、見事にハマったオイラであった(笑)。
ビッグエアーは憧れで終わったが…



各スポーツショップもCMに力を入れる。
特にアルペンのCMではBGMに広瀬香美嬢を起用し、男女を描く映像が話題になった。



当時、オフクロは「遊んでばかりいるこの極楽トンボ! またスキー? そんな事ばかりしてないで嫁でも連れて来い!」とよく言っていた。
オイラは「向こう(スキー場)に出会いがあるかもしれね~じゃんか。」と答えていた。

おわかりだと思うが、そういう出会い、オイラには全く無縁(笑)。



今のオイラ。
あの頃程ではないけれど、年に1~2回ゲレンデに足を運ぶ。

女房殿も若かりし頃に何度も行っているらしいが正直…(汗
オイラは教えるのが下手なので数年前、子供達の手が離れた事もあってスクールに入れた。
子供達には強制というと語弊があるかもしれないが、ジュニアスクールに。
さすがに先生はプロ。楽しく上達できるようにご指導してくれた。

家族を連れて行くには理由がある。
オイラの幼い頃の悔しい思いをさせてくない一心だった。

女房殿も子供達も今は「スキーが楽しくてたまらない」という。
女房殿は「この歳になって楽しさがわかった」と。
んじゃ、今まで何だったんかいな(笑)?



しかし良い事ばかりじゃない。
山の天気は気まぐれだ。
雪道は一層慎重に走らなければならない。
そして無視できない予算…



若かりし頃、ゲレンデの楽しみは8割でアフターの楽しみが2割。
今は逆(爆)。

「せっかくココに着たのに、朝からスキーやらずに飲んで寝ている人がいる。何だかナァ…」というお客さんを見たことがあるが、今はその気持ちがよくわかる(笑)。
夜通しで走ってきた上に、もう若くないんだよねぇ。
「夜中に…」ってのも確かに辛くなってきたし。



今のゲレンデは不景気の時代という背景もあったせいか、あの頃に比べたら随分空いている。
リフト何十分待ちとかいう事も無くなった。
中には閉鎖に追い込まれたスキー場も少なくない。

ある若い世代に聞けば「スキーですか?寒いし、金かかるし、雪道危ないし。そんな事までしてやりたくないですよ。」という。
かつてオイラも思っていた事だ。





オイラは「やってみる」という選択をしたのだが、彼らにしてみれば「他にもっとやりたいことがあるので」という事だろう。
確かにあの頃無かったモノが現在は登場しているのも事実。

これも「若者の○○離れ」のひとつなんだろうナァ…

Posted at 2014/12/09 12:48:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | ウィンタースポーツ | 日記

プロフィール

「Wonder reading http://cvw.jp/b/116827/40575075/
何シテル?   10/14 18:36
「治療不可能な日産中毒患者」、「N-JUNKIE」を略して『Nジャン』と申します。 少年時代、スカイラインに魅了された事にはじまり日産ファンに。 1...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Wonder reading 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/15 05:06:01
自分の運転スタイルというか… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 20:52:53
ボクらの時代 (SuperGT 応援団編)PartⅣ Vol.1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/10 22:42:55

お友達

楽しく行きましょう!

メーカー車種問いません!
192 人のお友達がいます
まなはやまなはや * セフィローセフィロー *
森野熊三森野熊三 * カズートカズート *
みやこしみやこし * 辺境伯辺境伯 *

ファン

66 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
Nジャン家のエースカー。 女房殿のクルマです。
日産 モコ 日産 モコ
ノクターンブルーのモコ。 チョイノリ仕様です。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
スカG中毒常習犯。
日産 リバティ 日産 リバティ
永い間、本当にありがとうございました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.