• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nジャン(N-JUNKIE)のブログ一覧

2018年01月11日 イイね!

30th S13 SILVIA & 180SX

30th S13 SILVIA & 180SX※画像:All effects - Photofunia(http://photofunia.com/)

S13 シルビア、180SXの生誕30周年である。
後者180SXに至っては、生産終了から20年という節目でもある。
自分達の青春時代の代名詞のひとつがそういう事だから、時の流れとは早いモノだとこの歳になって改めて思った。



S13シルビア、180SXについてはこれまたオイラがイチイチ書くこともないのでその辺りはWikipedia♪

・S13シルビア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A2#5%E4%BB%A3%E7%9B%AE_S13%E5%9E%8B%EF%BC%881988%E5%B9%B4-1993%E5%B9%B4%EF%BC%89


・180SX
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB180SX









S13シルビアは当時、若者のハートを鷲掴み。
日産も魅力的なクルマを積極的に開発するばかりでなく、巧みなマーケティングを行い爆発的な大人気車種となった。
180SXは米国で240SXとして先行販売(欧州では200SX)。
かのDATSUN 240Zの再来とたちまち人気になったという。
そして国内では180SXとしてデビュー。
当時の国内では不人気としていた「リトラクタブルヘッドランプ+ファストバック」に挑戦と新聞や自動車雑誌が取り上げていた。
両車人気となったワケだが対照的だった。
シルビアは一気に人気爆発。
180SXはシルビアとは違いジワリジワリと長期間に渡り人気となっていた。

今現在、当時のように見かけなくはなったけれど、相変わらず人気のある両車。
復活しないのかナァ。
昨年、東京モーターショーで出品するという記事を書いたマスコミのガセネタに踊らされたファンはイラっとしただろうネ。
オイラもその一人。
まぁ、「売らんが為」に熱心なファンの心を揺さぶる記事を書くのは今始まった事じゃないけれど。
その昔、スカイラインGT-R復活説に何度騙された事か。

Posted at 2018/01/11 23:01:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日産 | 日記
2017年12月01日 イイね!

【イチ・ファンとして Nジャン】2017 NISMO FESTIVAL

【イチ・ファンとして Nジャン】2017 NISMO FESTIVAL  ☆イチ・ファン、Nジャンとしてのログです。

ニスモフェスティバル開催20周年。
ともあれば何かサプライズがあるかもしれないと思いきや、特にいつもの内容と基本的に変わらない。

事前に書かれていた某記事の「GT-Rの何かが」なんていう内容もガセネタだったようだ。
読者を煽る記事が目立つね、最近一段と。
結構マスコミも適当な事を書くモンだ。

コース上、レーシングのGT-RやZが走る。
しかし今回はプロトタイプカーもシルエットも走らない。
展示だけはあったけれどサ。
何の事情なのだろうか。



各出店ブース。
魅力的なディスプレイも目を引くし楽しい思いをした。
しかしながら、ズバ抜けた刺激が欲しい気もする。





確かに今回も楽しめるイベントだった。
20回もダテじゃない。

だけど、何が物足りなかったのだろうか。
¨ らしくない ¨ 気がして…ネ。


この低いマウントは、ドライサンプかな?


北サンとホッチ。そして「スカイライン」だもの(^^♪




こちらも師弟、国さんとドリキン。



グランドフィナーレでは、SuperGTのチャンピオン奪還を誓っていたけれど、日産モータースポーツはSuperGTだけじゃないのにナァ。
いつの日か世界一になるモノを期待しているのだけど…
Posted at 2017/12/01 20:58:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | 日記
2017年09月26日 イイね!

シルビア

シルビアシルビア復活説がニュースになって早くも話題になっている。
※下記URL参照

トヨタ86/スバルBRZとのライバル対決をイメージされている方も多い。
そのシルビアに搭載される高性能な新型の直列4気筒エンジンとライバルの水平対向エンジンで、かつてのランエボとインプWRXの対決をイメージされている方もいらっしゃる模様。

本当に復活するとなるとファンの皆さんは大変喜ばれる筈。
事実、シルビア復活を願う方々が多いという。

歴代モデル、シルビアはオイラにとって様々な思いもある。
今現在でもこのみんカラの友達の方でシルビア・ユーザーの方もいらっしゃれば、かつての愛車だった方もいらっしゃる。

一番身近だったのはやはりS13型シルビア。
我々世代の青春ド真ん中のシルビアはコレだった。
オイラの友人の愛車でもあった。

何度か乗せてもらって色んな所にも行ったし、オイラともツルんで走った事も多い。
こうしてタイピングしているだけでもアレコレ思い出す。

 

アイツのシルビアはデビューして間もない初期のS13。
その後、オイラがHCR32型、スカイラインGTS-t TypeMを購入したワケで。

 

仲間で一泊二日で伊豆の観光名所を巡るドライブ旅行に行った。
中伊豆を通り、下田で一泊。
下田から西伊豆を抜けて土肥まで。
土肥から、駿河湾フェリーで。

当時の駿河湾フェリーは現在の土肥―清水間ではなく土肥―田子の浦間だった。
経営も現在の鈴与グループではなく静岡観光汽船で、乗船手続きも現在と少し違っていた。

土肥港での受付。
あの時、一人のオヤジさんはナンバーチェックの時、こう言っていた。
「お兄さん、この車種は何だね?」
「日産のシルビアです。」
「はい、これでいいね。切符売り場で手続きしてください。」

引き換えの手書きの用紙を確認。

静岡58 ほ ○○-○○ 日産・・・

シルビヤ

・・・・・・・・・・。
Posted at 2017/09/26 21:10:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日産 | 日記
2017年07月24日 イイね!

Sunny come back!!

Sunny come back!!※メイン画像提供:フォトヤマさん

個人的に復活して欲しい、日産のモデル。
セドリック、グロリア、スカイラインGT-R(グレードとして)ブルーバードSSS、シルビア、サニー…
挙げればキリが無いけれど。

かつて掲げていたフレーズ、「技術の日産」。
その花形はスカイラインとフェアレディZだと思う。
この2車種は往年の巨人軍のバッター「王・長嶋」みたいな。
抑えのピッッチャーも大事。
それが「堀内・新浦」みたいな。
サニーとチェリー(パルサー)だな。

先日、某氏とこういう会話があった。
オイラももうすぐ五十路に踏み入れる。
先方さんは既に踏み入れているけれど氏が言うには「もうドライバーとしてそう長くはないよ。」との事。
確かにそうだと思う。

¨ 終(つい)のクルマ ¨
つまり、人生最後のクルマである。

氏はカローラを語っていた。
「日本を知り尽くしたクルマ、何の不自由もなく使える」が理由のようだ。
対するオイラはサニーを言いたいところだけれど、もう廃止された車種。
カローラvsサニーの販売合戦なんぞ遥かムカシの話だし。

「人生最後もスカイラインで終わりたい」が本音だけど、(予算的に)現実は無理だろうなァ。
だからサニーが。
シンプルでキチッと完成されたクルマで、剛性があって頑丈で壊れにくい。
飾り気もなくコンパクトな硬派。

110、310と人気なモデルはある。
「確かにカッコイイし、走らせても面白いだろう」くらいはわかる。
でもオイラはトラッドサニーが好きなんだよね。
ニスモ仕様あったの知ってる(笑)?



「サニー、復活」熱望!!
Posted at 2017/07/24 22:57:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日産 | 日記
2017年02月26日 イイね!

日産デイズJが面白い

日産デイズJが面白い昨年、何かと騒動になったあの車種である。
だからこそ今がお買い得であると思うし、「予算があれば」と天を仰ぐオイラである。
ま、結論からして購入は断念しているけれども、夢は広がっている。

着目しているのは一番のベーシックグレード「J」である。

エアコンはマニュアル、ヘッドランプはハロゲン、リモコンドアロック付。
でもそれは現在所有のモコと同じだし、何一つ不自由していない。

カーナビは基本的に必要としていないし、必要を感じたとしてもスマホアプリで十分。
オーディオも4スピーカー、ラジオ、ブルートゥースがあれば十分。
もっと書かせて頂ければ、オーディオレスにしてユーズド機器で価格を抑える事を考える。
アルミホイールも同様。
ボディーカラーはパールじゃないホワイトがイイ♪

何だか想像しただけで面白い。
Posted at 2017/02/26 20:47:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日産 | 日記

プロフィール

「そのハコスカは… http://cvw.jp/b/116827/40991938/
何シテル?   01/16 20:53
「治療不可能な日産中毒患者」、「N-JUNKIE」を略して『Nジャン』と申します。 少年時代、スカイラインに魅了された事にはじまり日産ファンに。 1...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

確かに次が…これも普遍性!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/24 00:18:23
【日産応援団 Nジャン】2017 NISMO FESTIVAL  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/01 15:06:15
Nジャン Twitter 
カテゴリ:PC関係
2012/05/14 22:10:22
 

お友達

楽しく行きましょう!

メーカー車種問いません!
193 人のお友達がいます
グラッグスグラッグス * 竜瀬 葵竜瀬 葵 *
鉄仮面鉄仮面 * CZ32のOSSANCZ32のOSSAN *
柑* カズートカズート *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
Nジャン家のエースカー。 女房殿のクルマです。
日産 モコ 日産 モコ
ノクターンブルーのモコ。 チョイノリ仕様です。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
スカG中毒常習犯。
日産 リバティ 日産 リバティ
永い間、本当にありがとうございました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.