• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nジャン(N-JUNKIE)のブログ一覧

2011年10月31日 イイね!

視点

視点同僚から聞いた話だが…

以前、別部署の男性と別会社の女性が恋愛を実らせ結婚式を挙げた。
彼が結婚披露宴に招待されたとの事。
我が社の数名は場を盛り上げようと余興で「ハラ踊り」をして爆笑を誘ったらしい。

それを見た当時のお堅い課長サンは激怒。
「我が社の名前を出しているのだから、そんな下品な芸は許せない。」と。
「伝統芸とか演奏芸とかをやりなさい」と言う感じだったらしい。

ところが部長サンは「君達よくやった!盛り上がっていたぞ!」と激励。
課長サンは、サササ…と逃げるように去って行ったという。

オイラに言わせてみれば、課長サンには悪いけれど、問題は「良いか」「悪いか」としてしまった事。
「伝統芸」「演奏芸」でも「ハラ踊り」でも「何だって良い」に何故しなかったのだろうか。
だいたい余興を依頼したのは主役である「新郎」「新婦」なんだし。
二人が「良し」としてくれればイイ事ではないかと思う。

実際、この式を挙げた「新郎」「新婦」は大喜びだったという。

自分の感覚ってのは時々惑わせる。
「良かれ」と思っていたものが、空回りしたりする。
それが伝わってしまうと違和感を与えてしまうモノ。

何だかそんな事を考えた。

今日のオイラは、ヒムロックの歌じゃないけれど、「またひとつヘマをしたぜ」って感じ。
「人間やってる証拠」とポジティブに考えるか(笑)。

Posted at 2011/10/31 22:25:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2011年10月31日 イイね!

Yellow & Red leaves Vol.2

Yellow & Red leaves Vol.2PM1:00過ぎ。
富士山をバックにR32スカイラインが再び列を組んで富士宮へ下る。
小雨がパラつく中。
それでも富士山はハッキリ見えていた。
この富士山ももうすぐ雪化粧。
そしてこの水ヶ塚公園近辺、紅葉ももうすぐ終わるだろう。
青空でいて欲しいのだが、相手は自然だからねぇ…
紅葉の中をスカイラインが走る。









PM2:00頃。
向かった先は、「富士宮やきそば 『ゆぐち』」さん。
http://www.shizuoka-navichi.net/shop/shop.shtml?s=1269



こちらのお店はバラエティに富んだメニュー。
そして女将さんがユニーク。
なんとスカイライン談話をしてくれた。
何故か○ェラーリの話題も♪

お店を出てオーナーさんの自己紹介。
Nジャン的にこのクルマがストライク。



オーナーさんはこう言った。
「GT-Rです。」

ご存知ない皆さんにしてみたら「?」である。

実はこのクルマ、ある意味、正真正銘の『羊の皮を被った狼』。
GT-RにGTS用純正エアロバンパーをセット。
フロント・フェンダーをGTS用に交換。
フロントウィンカーもGTS(前期)用。
トランク&リアスポイラーもGTS用に武装。

なんとGT-RをGTSルックに変更したクルマである。
その逆ならよく見る感じなんだけど、こういうのは珍しい。

挨拶が終わったらオイラは所用があって早退させて頂いた。

富士宮の国道は混雑していたので東名高速富士ICを諦め、富士川楽座スマートインへルートを変更。


清水に入ると雨脚が強まった。



R32 スカイラインの(一部の)部品が純正でも入手困難になっているのは知っている。
でも、まだまだ愛するオーナーさんは沢山いるモンだよねぇ。

前にも書いたが、R32開発主管「伊藤修令」さんは以前、ボクにこんな言葉を贈ってくれた。

 R32もお爺ちゃんになっちゃった。
         末永くお乗りください。 


Posted at 2011/10/31 21:29:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2011年10月30日 イイね!

Yellow & Red leaves Vol.1

Yellow & Red leaves Vol.1AM8:00。
知ってしまったら行動せずに居られない。
今日のスケジュールは「空き」。

「あ~あ、RBに火を入れてしまったよ。」

AM8:45 家を出て目指すは東名高速。
ノンストップで清水まで。
その後は国1BP。
道の駅「富士川」で待ち合わせ。

富士山の傘雲が気になる。



AM10:15。
4台合流。
途中1台加わった。
目指すは御殿場。

AM 12:00。
関東組も合流。

静岡県道24号線。
標高約1500mを目指しR32 スカイラインが列を作る。

水滴が少しフロントウィンドゥに。
天気予報も天気は下り坂だと言っていた。
富士山の傘雲伝説が当たった。

辿り着いたのは「水ヶ塚公園」。
昨年以来一年ぶり。
標高1500m。
さすがに少し肌寒い。
昨日の快晴とは違って、今日は小雨が降ってはいたけれど、富士山がハッキリ見えた。
辺りの紅葉もイイ感じ。






そんな時、どこかで見たことあるクルマが。

ハテ…



「いやぁ、息子が『Nジャンさん、来そうだ』と言っていたので、犬の散歩もあってね(笑)。」

御忍びのつもりで参加したのに何でバレているンだろ…(苦笑)。



多分…

いや…

私の記憶が確かなら…



奥様にも初めてお会いできました♪
もしかして○産応援団で会った事ある人はオイラだけ?

「息子さんは?」と聞くとお台場に行っているそうで。
http://www.motorsport-japan.com/

R32スカイラインを見て「ノーマルに近いクルマはどれかな?」と。
「オレの(Nジャン号)が一番ノーマルに近いでしょ?」というと「ウッソだぁ」と。









《Life-X スライドショー》 
http://life-x.jp/lifex/service?a2=viewslideshow&a3=1&sl2=al2&sl1=bFY854JXeUVx8FyTPlH.BQ==

<embed src="http://www2.life-x.jp/html/swf/bp_l.swf" FlashVars = "album_id=bFY854JXeUVx8FyTPlH_BQ%3D%3D&domain=http://www2.life-x.jp" width="370" height="260" play="true" loop="true" quality="high" pluginspage="http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash" />
Posted at 2011/10/30 23:04:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2011年10月29日 イイね!

`91 MAZDA 787B と「脇 雅世」さん

`91 MAZDA 787B と「脇 雅世」さん「脇 雅世」さん。
料理研究家。
NHKの「みんなのきょうの料理」でも講師としても活躍する。

http://www.kyounoryouri.jp/teacher/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%96%99%E7%90%86/244_%E8%84%87+%E9%9B%85%E4%B8%96.html

MAZDA SPEEDのスタッフは彼女を絶賛。
何故って?


☆マシン画像提供:フォトヤマさん


ご存知の通りマツダは70年代終わりからロータリーエンジンでルマン24時間レースに挑戦。
当初、番組コーディネーターとしてテレビ局の取材で活躍していたが、クルー達が現地の食事が口に合わないという事で彼女が柔らかいパンを使って料理を作った。
その出来事がをマツダの総監督「(故)大橋孝至」氏の目に止まったという。

金曜日はステーキとトンカツ。
選手として活躍していた寺田陽次郎氏がリクエストをしたからだという。
勿論『勝つ』という願掛け。

現地食材の調達には苦労された模様。
何しろ日本の料理に現地食材を使用する事は簡単じゃない。
やはり多少の時間はかかったという。

今のサルテサーキットは改善されたが旧パドックの環境は厳しかったようでキッチンのスタッフも大変だったらしい。

メニューは万が一の食中毒で全滅にならないよう2種類を用意。
ドライバーも日本人はもちろん、英国人もいればフランス人もいる。

そして日本のモータースポーツ関係者、ファンが熱狂した91年。
当初は育児の為にルマンへ行く予定では無かったらしいが、寺田陽次郎氏に「今年は日の丸を揚げる」と説得される。

第59回ル・マン24時間耐久レース、午後4時。
日本車初の快挙、その瞬間がやってきた。



Posted at 2011/10/29 22:03:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2011年10月28日 イイね!

`90-93 Gr.A SKYLINE GT-R

`90-93 Gr.A SKYLINE GT-RGr.Aカテゴリーによる全日本ツーリングカー選手権が始まったのは`85年。
各ワークスチームも積極的に参加。
プライベートチームも鎬を削った。

日産は1989年、16年ぶりにR32型 スカイラインGT-Rを復活させる。
「GT-R」の「R」称号はご存知の通り「レーシング」。
Gr.Aカテゴリーにおいて勝つためにこの「GT-R」を導入を決めた。

Gr.Aカテゴリー・レギュレーションに合わせ、2.6リッター ターボエンジン、トルクスプリット4WD(ATTESA ET-S)などすべて計算されたモデル。

だがドライバーの長谷見昌弘、星野一義両選手は猛反対。
「4WDのアンダーステアと格闘するのは厳しい」と主張。

ところが面白いエピソードがある。
R31 スカイラインGTS-Rにこの4WDを移植したテストカーを鈴木亜久里選手が走らせた。
彼は驚きを隠せない。
「いくら踏んでもスピンしない」。



`90年シーズン、遂にデビュー。
デビューするや否や他を圧倒。
連戦連勝のGT-R伝説が復活した。

最終戦、富士スピードウェイ「インターTEC」のTV中継。
フジテレビの川端健嗣アナウンサーは言った。
「さぁ、(約)20年ぶりにこのサーキットに帰ってきたスカイラインGT-Rです!」

`92年シーズンの話題のひとつは高橋国光選手のGT-Rドライブ復活。
しかもパートナーは高橋国光氏に憧れてレーサーになった土屋圭市選手。



`93年、Gr.Aカテゴリーが終焉を迎える。
Gr.A スカイラインGT-Rは無敗の29連勝。
最終戦の富士スピードウェイ「インターTEC」では、最後のGr.A スカイラインGT-Rを一目見ようとファンが殺到。
観客動員数は8万人を超えた。

Gr.A スカイラインGT-R。
この季節になると富士スピードウェイで見たあの勇姿を思い出す。

※画像提供:フォトヤマさん

PS…正彦サン、忘れていませんよ♪
Posted at 2011/10/28 22:38:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | レーシングカー | 日記

プロフィール

「【日産応援団】NISMO FESTIVAL 日産応援団企画 ~日産応援団長より~ http://cvw.jp/b/116827/40729559/
何シテル?   11/18 22:06
「治療不可能な日産中毒患者」、「N-JUNKIE」を略して『Nジャン』と申します。 少年時代、スカイラインに魅了された事にはじまり日産ファンに。 1...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Nジャン Twitter 
カテゴリ:PC関係
2012/05/14 22:10:22
 
SAVE JAPAN! 
カテゴリ:クルマ
2011/03/19 19:12:01
 
白馬ハイランドホテル スタッフブログ 
カテゴリ:宿泊施設
2011/01/05 17:19:03
 

お友達

楽しく行きましょう!

メーカー車種問いません!
192 人のお友達がいます
aeroaero * うえさん1229うえさん1229 *
you2you2 * あう~あう~ *
ハイパーいわんハイパーいわん * 5SPEED5SPEED *

ファン

66 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
Nジャン家のエースカー。 女房殿のクルマです。
日産 モコ 日産 モコ
ノクターンブルーのモコ。 チョイノリ仕様です。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
スカG中毒常習犯。
日産 リバティ 日産 リバティ
永い間、本当にありがとうございました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.