車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月05日 イイね!
雨の日には車をみがいて こんばんは。今日は福井クラシックカーミーティングですね。今年は出展はせず、ギャラリーしての参加をしようと思っています。色々理由はありますが、たまにはギャラリーもいいかなぁと思いまして(^^♪



 今日なのですが、先月読んだこの本についてです。「雨の日には車をみがいて」、車が好き人ならおそらく一度は聞いたことがあるタイトルかと思います。もう30年くらい前の作品で、女性と、その時乗っていた車というのが上手に比較されているような本です。


 アルファロメオ ジュリエッタ スパイダーの回、シムカ1000の回、BMW2000Cの回、ボルボアマゾンの回・・・など、どの回をとってもいいなぁ、と思わせる車種選びで、全ての章をわくわくしながら読むことができました。



 この本を通じて一番感じたことがあります。私は大学に入って、車関係の友人が沢山出来ましたが、皆さん車が本当に好きで、知識量もすごく、整備もご自分でショックアブソーバーを変えた、など素晴らしい技術の人さえいます。



 それがあって、結構自分は車が好きだなんて言ってもいいのかなぁ、などと心配していたのですが、この本を読んで、「ああ、車が好きって、もっと単純なものでいいんだよね、」と感じることができました。メッキパーツの美しさに見とれ、何度も洗い、高回転でのエンジン音の良さが好きでドライブ中には何度も踏み込んでしまう。車で夜目的もなく遠くへ行く。そういう、生活に密着した車好きのあり方を肯定してくれた気がします。


 知識量が莫大なことは素晴らしいですし、整備に一日明け暮れるのが趣味というのも生涯楽しめて素敵だと思います。速く走れることは設計者の意図に沿った相応しい乗り手となることを意味するでしょう。そういった様々な方向性の中に、生活の中で車を癒しとするような趣味のあり方もいいのではないかと思えました。


 それでは、おやすみなさいm(__)m
 
Posted at 2017/05/05 01:33:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月30日 イイね!
 こんばんは。

 先週の日曜日に、父親と若狭までドライブに行ってきました!! 久しぶりの308での遠出となったのでどこか新鮮な気持ちでした。本当は元々、ちょっと若狭海岸まで、という予定だったのですが(笑)
 
 これといった目当てがあったわけではなく、父親が昔京都(の)大学に行っていたとき(笑)、帰省のたびに通っていた道をただただ走っただけです。とても懐かしく思い起こしていたようでした。 あと、父と母の思い出の旅館の今などを見てきました。さすがに30年近い時は大きくその地を変えていたようです。



 写真を撮る間もなく、いつの間にか敦賀にいました。やっと休憩です。








 とてもきれいでした。快晴だったのできれいな海が余計にきれいに見えました!! スポーツカーもたくさん走っていましたよ(^.^)
 

 そして少し走ると敦賀の街に・・・・



 写真では見にくいですが、道路と歩道の間にはたくさんの駐車場があります。今はどうだかわからないけれど、昔は歩道に夜屋台が並んでいて、そこに来るために駐車場が用意されているのだとか!!
 夜に一回来てみたいです(^.^)



 そして、お昼ごはんに牛丼です。


父のおごりということで、贅沢して牛カルビ丼を食べましたがおいしいですね!!!



 そのあと、父親が昔来て素敵だった三方五湖の研修施設、母と来た旅館などへ行きました。途中で景色のいい場所を見つけたので止まった時に写真を撮りました。
 





 こうして朝9時から出発したドライブはほとんど走りっぱなしで折り返し地点を迎えました。帰りは越前海岸から帰りました。ここは昔、一部有料道路だったそうです。






 そして、結局400キロ弱を走りました。実は帰り最後の5キロくらいでギアが入りにくくなるトラブル発生。。。今週修理です(;´・ω・)

Posted at 2017/04/30 01:37:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月23日 イイね!
こんばんは。思い出したようにまた書きます(笑)


今日はそんなに長い記事じゃないです。先日車仲間(みんな20前後!)と遊んだ時に、撮ってもらった308の写真が素敵だったので投稿させてもらおうと思っての記事です。






凄くいい感じだと思います(^-^) これは私がお友達に運転させてあげている時の写真なので、まだ自分が運転している時の写真は見たことがありません( ̄▽ ̄;)


他のお友達と走った時に後ろ姿は撮ってもらったのですが(^-^) 車好きって、自分が愛車に乗っている時の写真を見るのは最高に幸せだと思うのですけど、私だけですかね(笑)


Posted at 2017/04/23 00:42:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月21日 イイね!
滋賀でこんにちは。 こんばんは。思い出したように記事を書く328512です。今回のブログのトップの画像、ネットでなんとなく916spiderと検索していたら見つけたんですけど可愛いですよね(^-^) しかも黄色! 運命を感じました(笑)


今日の記事ですが、やがて1月前くらいになりますが、兵庫、滋賀、京都、若狭へスパイダーで旅行に行きました。 二泊三日でガソリンも全てコミコミで5万円かからない旅行でした(^-^) 関西は素敵ですね。特に京都の鴨川沿いはとてもロマンチックでした。



その旅行の中で、滋賀の「トイカーランド」というイタフラ系の中古車屋さんに行ったのですが、なかなか深くて… 最近色んな車を知るようになったので、これはいい…と思う車がたくさんでした。

中はこんな感じです!



早速の916!これは前期型ですが、サイドスカートか同色で塗られています。奥のビクトリアブルーのは私と同じ、中期です。どちらもピカピカでした(^-^)このビクトリアブルーという色は、私のスパイダーのカラーと同じでパールが入ったオプションカラーです。 そして、私のと同じで数年で中止に…(笑)








外にも159や147GTA、145などといったなかなか見ないアルファが沢山…そんな中でも一番目を引いたのは!!







私この車大好きなんですよ!シトロエンc3プルリエル!この車のぶっ飛んだ設計、とてもココ最近の車とは思えません!2cvの後継みたいな感じがします。


このお店で、恐らく私のところに一度商談が来た個体を見ました。それがこちらのワインレッドのスパイダーです。




2台に私が挟まれています( ̄▽ ̄;) 走行距離やオーナーがいつ変わったかなどがかなりそれらしく… 滋賀で思わぬこんにちは、でした(笑)


お店の方はとても車のお好きなお話も沢山してくださる人で、わざわざ作業の手を止めてお話に付き合ってくださいました。次にスパイダーを買うならここだな、と思った次第です(*^^*)



では、またちょくちょく更新しますのでよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted at 2017/04/21 01:00:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月21日 イイね!
唐人物語(ラシャメンの歌) こんばんは。今日は久しぶりに歌の記事です。

私は最近しっかりと聞くようになったのですが、サザンオールスターズの原由子の方が歌っている唐人物語という歌。 何となくメロディが綺麗だなあとは思ってました。

歌詞を聞くと直良し。この歌は、江戸末期、外国人の訪れに日本人が戸惑い、忌み嫌う人も多い時代の話です。そこで外国人ハリスに仕えることになり、三ヶ月で退職しますが、莫大な退職金をもらった女の話です。

この女は下田の遊女だった女で、一番の人気でした。当時外国人に仕えるなんてことは、お金につられて自分の国に背を向けた行為だと捉える人が多かったようです。また、彼女には婚約者も出来たところで、深い悲しみと共にハリスのもとへ行くことになったようです。





なんて美しく儚い歌なんだと思い、投稿に至ります。(本当は良くないんだろうけど)歌詞を載せ、その下に私なりの訳を書きます。お時間のある方は是非見てください!








名もないこの街に
異国の陽がのぼる
乙女は悲しみを
御国(みくに)のためと知る

 
あまり知られている地でもないこの地にもいよいよ外国の文明がもたらされる。女は婚約者や家族と離れ離れになる悲しみは、自分の国の繁栄のためだと思い、涙をのむ。


春まだ夜は長く
鐘鳴る 了仙寺
運命(さだめ)と泣くも良し
儚(はかな)き世の情け

 
春はまだ日が落ちるのも早く、暗く、まだ肌寒い。女は鐘がなる了仙寺の中で、運命には逆らえないと泣くのも当然で、この世の儚さを呪う。


下田港(みなと)を訪れた黒船(ふね)が
沖遥か彼方に揺れ
駕篭(かご)で行くのは時代(とき)に翻弄(あそ)ばれた
眉目(みめ)清(さや)か麗しい女性(ひと)

 
下田港に来た黒船が、遠く沖に揺れているのが見える。開国の時がやってきたのだ。駕籠に乗せられてその船の主のもとへと運ばれていくのは、その時代に弄ばれていく目が綺麗で髪も美しい女だ。
 
桜見頃の唐人坂で
巡る想いは ひとりひとり
泣けば花散る一輪挿しの
艶(あで)な姿は春の宵
月冴え照る道に
椿の濡れまつ毛

世を捨て 世に追われ
旅発つ稲生沢(いのうざわ)

 
桜が咲き誇った唐人坂を訪れる時に、楽しいこと、悲しいことなど、人々が思うことはそれぞれだ。一輪の艶やかな花のような乙女が、肌寒い春の夜に涙を流すことは、その花の花びらが一つ一つ散っていくようだ。

春の月が明るく光る照った夜道で、椿のように美しい女のまつ毛が涙で濡れている。今まで生きてきた平穏な生活を捨てて(それを国を捨てたと思う人もいる)、次に彼女は世の中から追われるような存在になる。そうして彼女は地元のいのうざわを出る。

明けの烏(からす)と謡(うた)われしことは
今遥か昔の夢
死ぬは易(やす)くて 生きるは難(かた)しと
三味の音(ね)に託せし女性(ひと)



どんな男も虜にすると言われた遊女と言われた栄光の過去は、もう遠い昔の夢のようなことだ。
死ぬのは簡単で、生きるのは難しいと、三味線の音に載せて遊女の頃に歌い上げたその本人だとは皮肉だね。


石や礫(つぶて)でラシャメン結いに
後ろ指さす ひとりひとり
恋の涙と雨降る中を
己(おの)が愛した男性(ひと)は去く
桜見頃の唐人坂で
巡る想いは ひとりひとり
泣けば花散る一輪挿しの
艶(あで)な姿は春の宵
春の宵
桜舞い


ラシャメン結い(外国人に仕える女がする髪型)の女に対し、石を投げて迫害する後ろ指をさすような心無い人々。不安定な気候で、頻繁に大雨が降る頃、女の人生の春が終わるように、本当に婚約していた男は女の深い愛情が尽きないうちに死んでしまう。

桜が咲き誇った唐人坂を訪れる時に、人々が思うことはそれぞれだ。一輪艶やかな花のような乙女が、肌寒い春の夜に涙を流すことは、その花の花びらが一つ一つ散っていくようだ。

そんな、桜がちっていく春の終の夜に、一輪の花のような女の最後の花びらが散っていった。











だいぶ意訳ですが、気持ちよく訳させてもらいました(笑)間違っていたらごめんなさい!そして、お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m



Posted at 2017/03/21 01:17:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「雨の日には車をみがいて http://cvw.jp/b/1175871/39717007/
何シテル?   05/05 01:33
 こんにちは。328 512です。  田舎のスーパーカー好きな高校生(でした)が思ったことや好きな車について書かせていただいています。主に90年代以前のス...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
~ 美女を魅了した名車 ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/07 10:40:01
どなたか買いませんか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/16 07:21:58
金沢クラシックカーミーティング2014!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/09 22:02:30
お友達
ご興味を持たれた方、同じような車の方、よかったら登録お願い致します。勿論、どんな車、どんな考えのかたもウェルカムです!
110 人のお友達がいます
十勝産十勝産 * マゴタロウマゴタロウ *
〇で駄目男〇で駄目男 * KEN(INFECT)KEN(INFECT) *
梵ぼん梵ぼん 縞エイ縞エイ
ファン
62 人のファンがいます
愛車一覧
スバル サンバー 農道のポルシェ (スバル サンバー)
 サンバーを買いました。購入金額は0。  5速マニュアル、甲高い音と、スーパーカーを感 ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
 一台目に916ツインスパークを選択しました。なかなかクセのある車ですが、だんだん蛇の毒 ...
BMW M5 BMW M5
 この車との出会いは衝撃的なものでした。うちはたいそう田舎なのでBMWに乗っていると ...
フェラーリ 308 フェラーリ 308
 2011年10月23日に個人売買で購入して、2012年5月に乗り出しました。今の所は年 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.