車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月18日
仙丈ケ岳、再び その2
 仙丈小屋を過ぎ、馬ノ背の稜線を下って行きます。
 振り返ると仙丈ケ岳の稜線と、雄大な藪沢カール。
 快適なハイマツの稜線の道を行くと甲斐駒が真正面に。
 このあたりで仙丈ケ岳とはお別れ。やがて北沢峠への分岐を過ぎて丹渓新道へと入って行きます。
 やがて馬の背のピークが見えてきます。丘の様ですがこれでも2736mの標高。

 あれ程賑わっていた仙丈ケ岳を降りて、分岐を過ぎてからは誰とも会いませんでした。静かでいいねぇ。

 でも寂しい・・・・
 途中、大きく崩壊したガレ場も何度か出てきます。
 丹渓新道は行く人も少ないのか踏跡も薄くてよく判らない所が何度も出てきます。落ち葉とコケの道
 で実に快適なんですけど。

 枝のリボンやペイントマーキングも要所にありますが、GPSは携帯した方が安全でしょう。
 いくつか倒木でルートが塞がれている部分もあります。ルートマーキングをよく観察して下さい。
 仙丈ケ岳は既に見えませんが甲斐駒はずっと見送ってくれます。
 甲斐駒の仙水峠のコルが真正面に。ここからの登りはキツかったなぁ。
 白州方面がコルの間から見えてます。
 独標の付近。
 岩尾根が暫く続き、やがて急坂の樹林帯に入って行きます。この先は眺望無し。
 これは甲斐駒から続く鋸岳の稜線です。とんでもない岩尾根が連続し、ここを行くにはクライミングのスキル
 が必要です。一般の登山者は入らない方がいい。
 鋸岳の大ギャップと呼ばれるコル。こんな岩屑のルンゼは歩きたくない。
 第一高点のピーク(2685m)にある鹿ノ窓と呼ばれる穴。望遠レンズで拡大しないと判らないくらい
 小さい。判りますか?
 向こう側が見えます。
 樹林帯を抜け、下りきると草ボーボーの階段がいきなり現れ、バス道の林道に出会います。
 お疲れ様でした。ノーマルに北沢峠に降りるよりもプラス1hは掛かりますね。

 でも眺望のいい静かな道でした。バリエーションルートにはなりますが使ってみる価値はあると
 思います。登りはキツいので下りがおすすめ。
 しばらくすると北沢峠発のバスがやって来て乗せてくれました。
 登山データ。丹渓新道を使うと標高差があるので1303m降りる事になります。         おしまい。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/18 22:09:33

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「奈良公園 二月堂界隈 http://cvw.jp/b/118135/38889741/
何シテル?   11/21 19:57
クルマネタはない事はないんですが・・・まぁ、イロイロやって来てます。 最近は無難なカメラネタばかりで面白く無いですけど。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
スバル WRX STI スバル WRX STI
今度は少し大人しくします。
トヨタ アクア トヨタ アクア
嫁さんのクルマです。
スバル フォレスター スバル フォレスター
SG9-STiをイジって遊んでます。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
静かで速く、雪道も峠道もソツなくこなす相棒・・・ 現在はSG9-STiに乗り換えていま ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.