• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kansen00のブログ一覧

2017年10月10日 イイね!

FD2シビック スクラブ半径測定

FD2シビック  スクラブ半径測定FD2のスクラブ半径を測定しました。というのも、ダンパーとのクリアランスが心配で5mmスペーサーをはめたのですが、なんか今まで以上にしっくりこなくなってしまって…

結果として、ポジティブ45mmくらいだと分かりました。ちょっと強烈な数字ですかね…FD2純正オプションのモデューロサスに純正キャンバーボルトでポジ13mmという記事がありましたが、それより32mm大きい数字です。ホイールオフセットが20mm違うのと、ストラットの足をナックル側でキャンバーつけているのがまずそうです。

とりあえず5mmスペーサーを撤去(1インチ分バネを短くしたので、恐らくそうそう干渉しない)してポジ40mmとしましたが、ナックルボルトもノーマルに変更(キャンバーは0.5度ほどポジ側にふれる予定)してみようと思います。あとはアライメント調整でピロアッパーを最大限ネガにふれば、更に改善できそうです。

タイヤは太くしたい、キャンバーは付けたいということで、やっぱ欲を出すと色々面倒なことが出てきますね。
Posted at 2017/10/10 08:34:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備・修理 | クルマ
2017年10月06日 イイね!

日光サーキットフリー走行 運転が難しい

日光サーキットフリー走行 運転が難しい日光サーキットを走ってきました。本庄でいいタイムが出たのですが、日光でも通用するかどうか、つまり車のポテンシャルとして速くなっているのかどうかを確認したかったのです。加えて、リアタイヤのエア圧を張ってタイムアップしたので、もしかしてもっと張った方がバランスがいいのか、言い換えると、どこまでフロント勝ちのグリップバランスにしたら速くなるのかを確認したかった。本庄での温間3.2キロを3.6キロまで張ってみましたが、これは失敗だったようで・・

ベストタイム 40秒945
タラレバベスト 40.830 9.303 17.819 13.708



20分の枠の終盤までリアのエアを3.6キロで走ってみたのですが、進入でスルスルとリアが抜けて一瞬速いものの、アクセルを入れていこうとすると即座にグリップ回復してアンダーに転じてしまいます。単純にロスがありそうなのと、まとめるのが難しくなるので、どうもあまり良くありません。ピットインして3.1キロまで落とすと、進入はダルになりますがやや走りやすくなり、ベストタイムはタイヤ ブレーキ 水温のタレた最終盤で出ています。現状ではリア3キロ前後が正解のようです。AE111は良くも悪くもリアが抜けたらそのままフラフラしていたのですが、新しい設計の車だと四輪きっちり接地した状態の方が速いのかもしれません。

ロガーデータを見ると、パワー面含め前回の日光よりほぼ全ての面で良くなっているのですが、前回の日光同様、走りをまとめにくい感じはかなりあります。1~6コーナーは低速なのでなりに運転すれば思ったよりは安定できるようですが、高速複合コーナーで理想の走りに当てはめようとすると無理が出ます。この日は路面がイマイチな感じで、高速セクションではアウトが食わずズルズルいってしまう感じがあり、前回もそうでしたがアクセルのオンオフが激しくなってしまいました。この点AE111はローパワーを軽量で補っているため全開率が高く、結果としてイージーな面もあったのだなと思いましたね。ミッションオイルの劣化は道中から感じたので、デフのききもイマイチだったかも。

一方、セクター3は劇的な改善があり、セクターベストでコンマ45ものタイムアップを果たしています。パワーが上がったことも影響してそうですが、やはり回頭性が良くなったのかな・・また、ラインを少し変えて11コーナーで縁石に乗せるようにしたのが良かったかも。


あまりいい走りはできなかったのですが、前後のグリップバランスに関して発見があったのは良かったです。あと、群サイのようなところだとドライバビリティの悪化が不安ですが、FD2のデフのセッティングはハイイニシャルの方が合うかもですね・・実際トルクフルなためかデフのイニシャルの落ちは早いと聞いています。もう少しビシッと走れるようになれば、タイムも出るし、安定もしそうです。
Posted at 2017/10/06 21:14:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日光サーキット | クルマ
2017年09月29日 イイね!

エンジンオイルの交換スパンを決めてみる

エンジンオイルの交換スパンを決めてみる今使っているエンジンオイルはMobil1の0W-40で、もっといいオイルもあるのでしょうが、とても実績のあるオイルなので性能は信用してます。ただ劣化は避けられないものなので、どのくらいで交換すればいいのかは悩みますよね。サーキット走行の前後ともに交換という人もいるけど、これはちょっと僕にはできない。お金も手間もきつい。頻繁なオイル交換でエンジン絶好調でも、一発シフトダウンオーバーレブをかましてしまうとそのままブローすることもあるわけで・・この場合投資が回収できていないともとらえられるわけです。

ということで指標のようなものを探していたのですが、TM-SQUAREさんによると、サーキット走行による粘度低下と、ストリート走行による酸化の2つで交換時期が決まるよと。どちらかで下限を下回ったら交換しようという事です。といっても僕のシビックは全開走行とその場所までの移動にしか使わないといって過言ではないので、サーキット走行の数値だけ考えればいいかな・・ 概ねサーキット走行300分では交換するべきということのようなので、そこから導くなら。

サーキット走行300分 ストリート走行0km
サーキット走行150分 ストリート走行2500km
サーキット走行0分 ストリート走行5000km

という感じになりますかね。僕のストリート走行500kmは、サーキット走行30分ぶんの負荷があると思うからです。これでいけば結構余裕ありますかね・・サーキットに一回行ってもせいぜい40分しか走らないので、それ考えると三ヶ月(3000kmほど)にいっぺん交換すれば良さそうです。ただ、オイルの劣化やそれに伴うエンジンのダメージはなかなか分かりませんので、僕個人の指標と考えてください。

TMエンジンオイル交換の記事
Posted at 2017/09/29 03:45:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2017年09月25日 イイね!

170925本庄サーキットフリー 本当のバランス点は・・

170925本庄サーキットフリー 本当のバランス点は・・本庄をもう一回走ってきました。どうも速い人の車載と比べて曲がっていない感じなのですが、セッティング方法が残されておらず・・というのは、リアバネはこれ以上かたくできないからリア車高は上げられない。フロント車高は画像の通り下げられない。というより、既にかなりの前下がりです。仕方ないので、リアのエア圧をパンパンにして、リアの減衰を2クリックほど下げてみました。これが大成功して・・

ベストタイム 44秒831
タラレバベスト 44.735 17.668 6.807 20.260
セッティングメモ タイヤ255(2.1)/225(3.2) 減衰F上から8R上から10 気温21度



バッチリです。真冬に出したレビンのベストは超えてしまいました。効果としてはやはり回頭性が良くなり、あっ頭が入らない、ということが減りましたね。コーナリング後半でのプッシュアンダーのようなものも緩和されました。やはり今までリアから押されてたんだなと思います。

リアタイヤのグリップを捨ててタイムアップしてしまうということは、本当のバランスはもっとフロントを太くしたところにあるということです。先達がやっているように、フロント285や295がマッチする車なんでしょうね。フェンダーの状況をみると、少し叩き出しすれば10J 285くらいは入りそうだったのですが、高速コーナーではGTウイングが必要となりそうで、もうさすがに改造するのがきついので見送りました。

今シーズンは、
①フロント255タイヤ→265に
②吸排気を交換してリセッティング
③低予算でできる軽量化

の三点でタイムアタックしてみます。部品はもう揃えました。日光39秒台、本庄43秒台までは出せそうな気がします。FD2はなんだか妙に速いですねー
Posted at 2017/09/25 20:09:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本庄サーキット | クルマ
2017年09月20日 イイね!

170919本庄サーキットフリー走行 少し不完全燃焼

170919本庄サーキットフリー走行 少し不完全燃焼足回りをワインディングに向けてちょこちょこ仕様変更したのと、少し軽量化したので、本庄サーキットで様子を見てみることにしました。平日なんですが、着いてみるとすごい台数・・1ヒートごとに10台くらい出走してる感じです。タイム的には、日光が真夏で41.6秒ですから、4秒差として45.6秒。そこに気温の低下や軽量化があるので、足が決まっていれば44秒台いけそう・・という予想であったのですが・・

ベストタイム 45秒383
タラレバ 45秒189 17.713 6.949 20.527


というわけで、思ったようにはいきませんでした。やっぱレビンと比べて最終セクションに三速が絡んでくるので、不器用な自分にとっては辛いです・・それでも、クリアがとれない中、二本目のラストはそこそこ納得のいく走りができたのですが、タイムとしては45秒6でした。パワーは確実に落ちていましたが、タイヤのたれもあるかも知れません。あとは減衰設定の変更がダメだったかもですね・・

二本目ラストの走りが朝イチでできていれば少し違ったかなと思うので、練習しないと速くは走れないという事を認識できたのは良かったです。そういう意味で今日は走ってよかったです。あとは、少し怖いけどシケインは二速で進入する走り方を試してみた方が良かったかもですね。曲がりは良くなるし、加速も良くなります。その分、出口でオーバーが出たり最終コーナー前後で走りをまとめる難しさがありそうです。

AE111との比較では、真冬のレビンより今回は確実に加速が良かったです。コーナーボトムは悪くないのですが、脱出にやや時間がかかってますので、中盤までに向きを変えられていないのかなと・・そしてセク3はパワーの差を考えるとメタメタに遅いです。真冬ならタイヤのたれは抑えられると思いますが、シーズン前に255のフロントタイヤを265化してやってみるつもりです。
Posted at 2017/09/20 01:27:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本庄サーキット | クルマ

プロフィール

「@キタザワーレビン 埼玉近辺なら、天皇陛下が来てるからですかね?」
何シテル?   09/20 17:07
「走りには飽きたけど、一度最高峰のスポーツカーに乗ってみたい」 そう考えてFD3S RX-7を購入したところ、サーキット走行にまたどっぷりとはまってしまいました...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

車高調のツインスプリング化 ★随時更新中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/28 21:28:57
リアバンパー取り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/02 12:12:51
おとなしく復活します。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/03/02 07:30:09

お友達

筑波・日光・本庄サーキットなど走っている人友達募集します!
54 人のお友達がいます
キタザワーレビンキタザワーレビン * 魔 王魔 王
ローリー。ローリー。 tommy7tommy7
こんデミこんデミ 呑龍 ZC6呑龍 ZC6

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
決心して買いました。新世代のスポーツカーでNA FFが欲しかったのですが、FD2以外には ...
ホンダ フィット 通勤快速フィット (ホンダ フィット)
ムーヴがガタガタになってしまったので、通勤兼家族のお買い物車として購入しました。1.5V ...
マツダ RX-7 ヤフオクミサイルRX-7 (マツダ RX-7)
憧れだったFD3Sを五年走らせました。かなり手強い車でしたが、他の車にない速さ、ルックス ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
当時所有していた96スペックです。ミニサーキットなら格上の車を一蹴する速さを持ちながら、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.