• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

泥んこねこのブログ一覧

2012年04月01日 イイね!

全日本ダートトライアル 第1戦 丸和

全日本ダートトライアル 第1戦 丸和全日本ダートラの開幕戦が終わって1週間が過ぎた。

練習は不足している、新しい部品のテストは出来ていない、新しいレーシングスーツもヘルメットもステッカーも間に合わない、シューズは紛失して慌てて発注する羽目になるという状態で、最低限の走行のための車両準備だけはなんとか終わらせた状態で、本番を迎えることとなった。

結果として勝てたものの、ドライビングの内容は決して褒められたものではなかった。

致命的なタイムロスとなるミスはないが、細かなミスを積み重ねている。

次戦に向けて挽回したいところだが、また出張続きで、自分で車に触れることもできず、次もいきなり本番を迎えることになる。

救いは、今回の本番の2本が同時に練習にもなり、急速に感覚を取り戻せたこと。
次の九州ラウンドは前日に2本の練習走行ができるから、ほぼ感覚を取り戻すことができるだろう。

やはりダートラは難しい。
ノッているときの自分は、変化の激しい路面の上で、よくあれほど車をコントロールするものだと、過去の動画をみて感心してしまう。。。

《1本目》

タイヤ:Dunlop DZ74R 205/65-15
ステアリングの回し方がひどい。
アライメントを攻めた設定にしすぎたため、リヤの落ち着きがなく、何箇所か突然挙動が出ている。
今回からCLブレーキのRC6を使用しているが、コントロール性が良く、ロックギリギリのコントロールがしやすい。

《2本目》

タイヤ:Dunlop DZ87R 205/65-15
インターバルでアライメントを修正したため、挙動は幾分落ち着いた。
路面のうねりが大きく、ダンパーが頻繁に底づきしているが、最低限の走破性は確保しているし、さらなる走破性のために武器になっている操縦性やトラクションの良さを犠牲にするわけにはいかない。
去年発売されたDZ87Rもようやく使い慣れてきたが、まだ使いこなせていない部分がある。
ホームコースであることと、CLブレーキのコントロール性が良いことで救われた。
Posted at 2012/04/01 11:37:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダートラ | 日記
2012年03月12日 イイね!

4回目のインドネシア2

4回目のインドネシア2B767-300ER機内から、日本まであと2時間余り。
インドネシア時間21時15分にスカルノハッタ国際空港を飛び立って、日本時間6時35分に成田国際空港に降り立つ。
飛行時間7時間弱の間に夜の軽食と朝食をサービスするため、少し慌ただしい。


金曜夜の飛行機が取れなかったため、土曜の昼はホテル近くのレストランへ。
テンペ ゴレン (Tempe goreng)。
大豆を固めて焼いたもの。
二つぐらいまでならおいしい。
 

池のほとりのレストランの向こう岸に、釣りをする人。
ずっと見ていたが何も釣れていない。


トヨタ キジャンだろうか。
とても綺麗に乗っている。


多くの日本企業が工場を設置しているブカシ(Bekasi)にあるジャイアント ハイパーマーケット。
スーパーマーケット以外にもレストランやケータイや服の小さな商店がたくさん入っている。


フードコート脇にあったカラオケボックス。
カップルや家族でも利用していたが、一人カラオケをしているひとも。


やはりモールには必ず車の展示場。
スズキ、ホンダ、トヨタ、ダイハツ、チェリー(中国)、プロトン(マレーシア)が車を展示していた。
日産、マツダはなし。


プジョー207。
インドネシアでプジョー車は初めて見た。


つや消し黒のBMW。

ハリウッドのセレブに影響されたのだろうか。
雨の多いインドネシアではメンテナンスが大変そうだ。
レディッシュオレンジのホイールが少しどぎつい。
Posted at 2012/03/12 23:30:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年03月10日 イイね!

4回目のインドネシア

4回目のインドネシア4回目のインドネシア出張から今日、帰国する。
1週間の出張では、ホテルから車で5分の工場までの通勤以外にはほとんど外に出ないため、雨季の蒸し暑さを感じることも少ない。
今年に入ってから自宅にほとんどいない生活で、車のメンテナンスもままならず、前回帰国時に交換したCLブレーキのパッドもテスト不足のままダートラシーズンに突入しそうだ。


ホテルから10分の小さな町チカンペック(Cikampek)のチカンペックモール。
今回はじめて行って見た。
インドマートというスーパーマーケットとたくさんの小さな商店が軒を連ねる。


ここのインドマートは新鮮なフルーツ類が充実していてとても安い。
メロンやパイナップルはあまりおいしくないが、シルサックやランブタンなどの地元のフルーツはとてもおいしい。


たくさんの小さな商店があるが、やる気の無い店員が携帯でショートメッセージやフェイスブックで暇つぶしをしていて、商品を見ていても声を掛けられることも無く、ゆっくりと品定めが出来る。


おもちゃ屋さんの招き猫。きっと意味は知らないだろう。


チカンペックモール前のUターンポイントで交通整理をする人。
警察とはまったく関係なく、Uターンをする人たちからのチップを稼いでいる。
一回で5000ルピア(50円)程度はもらっているようで、交通量の多さを考えると結構稼いでいる。
いろんなところで見かけるのもうなずける。


スクーターの丸洗い中。
この辺りの土壌は赤土で、アスファルトは黒く見えても、雨上がりの車は道路わきから流れ出した赤土で汚れ、黒い部分は汚れが特に目立つ。
毎日雨が降っている割に、走っている車は結構きれいなので、2輪も4輪も頻繁に洗車しているのだろう。


クラシックなSUV。トヨタだった気がする。
錆びてぼろぼろなのが、なんだかかっこいい。
古いジープは良く走っているが、たいていはきっちりとレストアしてきれいに乗っているので、これは珍しい。
Posted at 2012/03/10 12:51:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年02月22日 イイね!

インド3

インド3休日はチェンナイから南に約60kmの世界遺産の街、マハーバリプラムへ。
ベンガル湾の海岸沿いに下ると、海岸近くに遺跡群が現れる。
ドライバーにお任せで連れて行ってもらった。
事前の勉強をしていないので、歴史的背景が良く分からず、楽しさも半減。
やはり、観光も事前の調査が大事だ。
入場料は外国人が250ルピー、インド人が10ルピー。
撮影は別料金でカメラ一台で10ルピーぐらい。


海岸寺院。
昔は海岸沿いにあったようだが、現在の位置は海岸から50mほど。


海岸寺院から少し離れた場所にある遺跡群。
よくみると継ぎ目がない。
もともとこの場所にあった一枚岩を削りだしたようだ。


上の写真の中。


一番人出の多い場所にある壁。
これも一枚岩を彫刻している。


岩を人力でここまで掘るのはかなりの手間が掛かっただろう。


高さ10mに満たないが、チェンナイではじめて見た岡。
これも一枚岩。


クリシュナのバターボール。
割れた跡があって、不安定な場所にある。


昼食は地球の歩き方にも載っているレストランへ。
ひとつのプレートで40ルピーほど。
100円以下で食べれて、しかもおいしい。
ベジタブルレストランなので、肉はなし。
あまり辛くない。


ここでも牛はそこら中に。


たくさんの子供がアクセサリーを売っていて、ひとつ100ルピーぐらい。
「あなたはお金持ってるから買えるでしょ?」と言ってくる。


市街に戻ってキリスト教会へ。
ここも海岸沿いにある。


教会裏の海岸。
奥行きの広い砂浜が延々と続く。
海水浴は誰もしていない。
サメがいて危ないそうだ。


道端で小魚を干す。


神様も使役される。


ヒンドゥー寺院。
南インドで最大規模だそうだが、閉まっていて入れず。


寺院前の車庫。
扉に鍵をして駐車しているが、扉は車に付き当て。
大事にしているのか、雑なのか。

早めにホテルに戻って、近くを歩いて散策してみた。

道端に囲いも何もなくトランス。


サブウェイだけど地下鉄ではない。
道路向かいへ抜ける歩行者用の地下道。


ゲイではない。
仲が良いと男同士でも手を繋ぐ。


裸足だから貧乏、という訳ではないらしい。


トイレはやっぱり紙がない。


インドの車雑誌は結構充実している。
「WHAT CAR?」はイギリス、「Auto Bild」もドイツの雑誌だが、輸入雑誌ではなく、インドで取材されたインド向けの内容になっている。
「WHAT CAR?」の表紙はルノー版日産マーチのパルス。
年末のデリーモーターショー関連の記事が目立つ。


オートリキシャに乗って夕食へ。
右グリップがアクセル、左のレバーでクラッチ、グリップでシフト。ブレーキは足で油圧。


韓国料理「In Seoul」。
味付けは新大久保あたりの韓国料理とさほど変わらない、本格的な韓国料理。


味付けは良い。肉質もまあまあ。
野菜は鮮度が悪い。
酒もある。
Posted at 2012/02/22 17:17:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年02月14日 イイね!

インド2

ホテルから幾つかある仕事場まで、50kmほどの道のりを、車を使って朝は1時間半強、夕方は4時に出れば2時間半弱。
出発が6時ごろになると3時間は覚悟する必要がある。
日本と同じく渋滞が原因であるが、貴重な睡眠時間であるとともに、街をじっくりと観察する楽しい時間でもある。
出張期間中の契約ドライバーは経験豊かで、渋滞を避けるためにいろんな道を通ってくれるのも嬉しい。
街の様子から、インド人のモノの考え方や、生活を推し量ることができる。


丸裸のオートリキシャ。
道端によくある。
捨ててあるのか、オーバーホール中なのか、次のオーナーを待っているのか。
程度はよさそうなので、少なくとも、捨ててはいないだろう。


モノを運んでいることもよくある。


タイヤも運ぶ。


貨物も3輪車。


4輪のスクーター。


突然、道端にエンジンが置いてある。
ちゃんと設置しているから、何かの動力源に使っているのか?オブジェか?
動力源としたら、騒音はどうしているのか?


横倒しでメンテ中。しかも道端。
この国ではすべてのメンテが道端で行われているようだ。
ジャッキアップも道端。洗車も道端。簡単な板金も道端。
ディーラー以外の街の整備工場でリフトを見たことはない。


XEROXの看板をよく見かける。
コピー機を売っているわけではなく、コピー屋だ。
この国ではコピーすることをXEROXという。


ホントに頭にものを載せて運ぶ。


家族で3人乗車か4人乗車の場合、一人の子供はこの場所に乗る。
子供が操縦しているようにしか見えない。


オリジナリティあふれるホーンの形と取り付け位置。
右側の車にしか聞こえないと思う。
しかも郵便物を運ぶ政府関連の車。


トラックの窓はガラスではなく、シャッター。
そりゃ開けて走る。


スピードブレーカーは、都会の主要道路にはないが、それ以外の交差点付近や住宅街にはよくある。
高さと幅は法規で決まっているようだが、まちまち。


日本であれば廃屋だが、ちゃんと住んでいる。
田舎に多いタイプの家だが、都会の真ん中に突然出現したりもする。


そんな家でもアンテナはパラボラ。
ウチにもない装備だ。
生活レベルがよくわからなくなる。


サルもたまに道端で見かける。


オートリキシャだけでなく、バイクもよく荷物を積んでいる。


ヒルトンで待ち合わせの間、ラウンジでケーキとチャイを頼んでみる。
約400ルピーのケーキはハズレ。
チャイはとてもおいしい。
紅茶の濃さとミルクの量のブレンドが絶妙で、自分で入れる砂糖の量をどう変えてもおいしい。


ヒルトンにあるビュッフェ形式のレストラン。
寿司、ピザ、パスタ、中華、インド、デザート、その他良く分からないものがたくさんある。
全体的に味は、まあまあ。中華は外れない。
ただし、注文すると出てくるガーリックナンは非常に美味しい。
飲み物を入れても2000ルピーぐらいあれば足りる。


デザートもまあまあ。
Posted at 2012/02/14 23:04:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

泥んこねこです。よろしくお願いします。 舗装~土~氷まで路面を選ばず、何でもこなすドライビングマニアです。 当面はHCR32をあらゆる路面で楽しく走れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

簡単にできるスタイルシートカスタム(初級編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/08/05 00:19:08

お友達

どなたでも、よろしくお願いします。
5 人のお友達がいます
・かっち・・かっち・ * JI1VJI1V *
かぁちゃんかぁちゃん * 団長めろん団長めろん
わかたろうわかたろう

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
HCR32 スカイライン タイプMに乗っています。ダートラ、ジムカーナ、サーキットをこな ...
三菱 ランサーエボリューションIX_MR 三菱 ランサーエボリューションIX_MR
ダートラ車です。 N車両です。
三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
軽量、パワフル、軽快で、電子デバイスもないので素直に動き、とても楽しい車でした。
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
ダートラA4車両。 エボⅢに比べればパワフルだったけれど、重心高が高く、リヤの限界の低い ...

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.