• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT6のブログ一覧

2017年07月11日 イイね!

気を付けよう「無料お試し」の解約忘れ

今回はしょうもない、ちょい前のお恥ずかしい話



ビッグローブの格安スマホ(もどき)を重宝に使わせてもらってるんですが、、、

先月初めに「U-NEXT」といういわゆるネット動画配信サービスの電話勧誘が有りまして

F「・・・あ~、そう言うの前も試したけど大したコンテンツ無くて、やめたから」

相手「・・・今は結構充実してまして、最新のものは有料にはなるんですが、1か月の無料お試しで、解約すれば良いので、、、」

F「それがつい忘れるんだよ、それにだいたいが解約しようとすると、手続き探し回っても見つからなかったり、さんざんたらいまわしされて、最後はハガキしか受け付けない、、とか」

相手「いえいえ、簡単です。該当ページにボタンで進むだけです。それに、だいたい1週間程度前に、継続するかどうか確認のメールが送られますから、そこでわかります」

F「ああ、そう?。 んん」

相手「無料ポイント2000円分あるので、何か一つでも見ていただければ、お得ですよ」


・・・というような、顛末が有って、勧誘のにーちゃんもこれが成績になるんだろうな、と仏心で試してみるかと相成って・・・。




んで、あっという間に時は流れ・・・・・一杯飲んで帰宅した昨夜。

今日は、七夕だったなぁ。なんか忘れているような・・・。

で遡ってメールチェックすると「7月になったら解約する」ってのに気が付いた(;'∀')。

約4日過ぎてしまってるので、ネットで解約したらそのまま追徴されてしまうので、サポートに電話・・・は夜中ではどうしようもなく、。


受付時間即に電話すると御多分に漏れす、番号で誘導され、お待ちくださいで10分。やっと出て

①解約確認の自動配信メールはシステムとして、勧誘元がやることになっているのか?
②メールが来なくて、今から解約したら4日分追徴か?。
③もし①はシステムではなく、個人的な勧誘の手口だとしたら、単なる末端の詐欺にあった私がお人好しと言うことでよいか?。

この3点をオペレータのバイトのねーちゃんに伝え、また15分ほど保留待ち(-_-;)。

んで回答
①システムで契約の確認などの配信はしておりません。
②その通りです、お金取ります。
③そうですね。

F「わかりましたよ。勧誘担当者のメモ無くしちゃったので仕方ないが、そちらでは分かるんでしょうから会社として担当者をどうするのか、ちゃんと伝えといてね」
相手「ちゃんと内容は上申します」
(*ちなみに自動スパムメール扱いでゴミ箱行ってないか、漁ってみたが無かった。)



F「では今回の顛末は、私のような物忘れ人が引っかからないようにSNSで注意喚起しておきますが、良いですか?。」

相手「はい。結構です。」

ホントにバイトのアンタの判断でいいのか?、、と思ったものの大人しく電話終了。





やっぱり、こういうのって、うっかりさんを大量に抱えて元を取るんだろうな。
仕方が無いので、一度も見たことないが、250円回収の為に、1本だけ無料ポイントの以内で見れるヤツを見てやろう(爆)。多分勧誘された分母の10%は日本中にいるはずだ!(;^_^A

というわけで、「簡単な申し込み、苦痛な解約」という法則は間違いないので、皆さんも
記憶力抜群の方、メモ魔な方以外は、ご注意ください(;^_^A
Posted at 2017/07/11 23:10:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月09日 イイね!

続・垂直廃車の時代が到来する?(いや来ないかも)

続・垂直廃車の時代が到来する?(いや来ないかも)

前回、技術の向上により、ハード的なもの耐久寿命が、商品としての機能寿命よりも過剰に長い、、加えてフィーさんも指摘された、ソフト的な商品寿命が短命化したために、ハード品質が過剰になってきた、、というような話をしました。

しかしこれは、実は主に「内燃機関」搭載型自動車の話なんですね。なのでより顕著なのが、NA大排気量高出力車→ダウンサイジング小排気量ターボ車の順で影響し、その次に控えているのが「e-POWER」ことシリーズハイブリッドやEVカーです。

乗り味、動力性能が全てモータでなされる自動車の到来は、実はこれとは異なる流れになるのだろうと考えるのです。

この2つの違いをわかりやすく言うと、ガラケーの時代は、ハード的な疲労とソフト的な陳腐化がほぼ同時?みたいなもので、割とバランスが良かった(商品的には)。ところが実際はスマホへの転換が起きて、あっという間に陳腐化して消滅(まだ私も使ってるけどw)に近くなり、スマホが全盛となりました。

しかしスマホのモデルはどのような動きなのか、その動きは暗示的です。

どれをとっても、違いが判らない(;^_^A アップルのi-phoneが最初は外観と動きに差が出せて、世代を変えて来たけれど、どうやらもう変わらないのでは?。


そう。モータ駆動車が普及しだすと、旧来の「乗り味、動力性能」と言った性能の査定は順位がさがり、外観イメージ、ブランド、安全、自動化?、そう言ったポイントが家の居住性のような快適さの度合いに、購入者の優先順位は変わってしまう。(実際、スバル車の基本性能は高いけれど、売上貢献して評価されているのは、「安全、安楽」な装備にある。基本性能の手を抜かない=コスト高でトヨタがじれったいと思う所だろうけど)

基本特性としての完成度が極めて高まり、つまり「もう十分加速して、静か」となるのだ。
Bセグの1000ccクラスの車が、高級セダンのような演出も可能になる。従って、これまでの自動車の基本となる「走り、曲がり、止まる」の当たり前性能では差別化できなくなり、代わりに「高級感、イメージ、好き嫌い」といったスマホ選びの感性とそう、違わないものになるだろう。

そういう時代の自動車の寿命は?。

i-phoneを毎回買い替えていた妻も、アンドロイド使いの私も、一致しているのは「もう変えたくない」なのだ。慣れ親しんだ使いやすさこそが価値で、古くなるという価値の低下は感じなくなる。機械の方も標準化され、規格化され、へんてこな操作方法の機種は消えてゆく方向だし。結果故障しないかぎり、いや故障しても直して使いたい!、に変わってゆく。

これはメーカに取っては恐るべき脅威だ。購入意欲のデフレ化と言って良いかもしれない。車離れとは、その便利さの希薄化、維持費の高さ、車でデートしないからw、などいろいろ言われて来たこれまでの切り口ではなくて、そもそも従来の、「燃えて、暑くて、手間暇かかって、、」それを語り合うこと自体が楽しかったり、ネタになった肌感覚の開拓文化が消滅して行き、ただの衣のような、ファッションの違いでしかなくなって行くのだろう。

<買い替えが進まなくなる未来?>



<近未来>


シュールームに出かけた。4つのタイヤがついた車が、携帯ショップの雰囲気で並んでいる。窓口のちょっと見、「アンドロイド?」と思われるような無機質なねーちゃんとおっかなびっくり会話をはじめ、機種、色、電池容量を選ぶ。まるでスマホショップと変わらない。熱が入るのは、外装の保護カバーや内装の色、ホイールの種類を選ぶところだった。

そうして買った「自動車」は、デザインだけが時代(年式)を感じさせるアイコンとなり、気に入った人や、そもそも関心のない人たちの買い替えサイクルは伸びてゆく。劣化やメンテにお金がかからないのだ。(日産のにーちゃんが言っていたがリーフやeノートの車検や点検は本当にユーザに気の毒なのだと。点検パックでお金もらっているけども何もすることが無い。ブレーキは減らない、オイルは要らない、空気圧だけ見るぐらいと)



店に呼ぶためにプレゼントで釣って、訪れた車にスマホで履歴を吸い上げ判定。せいぜいバッテリーの状態把握ぐらいではないだろうか。もはやお客は車にお金はかけない。ドレスアップのみだし、車内のリフォーム業が流行るかもしれない。

オーナが乗る自動車の寿命は10年以上に伸びてゆくのではないか。自動車メーカの産業基盤は縮小して行くのだろうか?。新しい車は売れない。電池だけを入れ替えればいい。膨大な研究開発費をねん出していたスポンサーたる顧客は減ってゆく。



話は変わりますが、私にそう言うことが浮かんできた背景にはアジアンタイヤの台頭がある。何の関係もないようだけれど、なぜ国産タイヤの優位性は無くなったんだろうか?、、と考えたときに、日本と言う先進国から「走りの性能」という評価が抜け落ちたからだと気が付いた。今、アジアはイニシャルDの世界なのだ、ハイグリップタイヤの開発競争でもやっているのだろう、ワイドタイヤ、扁平タイヤのたくさんのグレードが有る。翻って国産ブランドを見ると「エコ、長寿命、静か」。開発の方向性がまるで違うのだ。

私のような骨とう品には、むしろアジアンタイヤの時代なのかも、、なんて思ったことがきっかけだった。EV化は宇宙人が退化して行くストーリそのものだw。


昔は、街のチューナが、スペシャル電線でコイルを巻き代えて、「コバルト磁石あるぜぇ」なんておっさんの甘言にのって、チューニングする青年がいて、静かなゼロヨンに燃えるかも、、、なんて妄想していたが、そんな時代は来ない。 やはり、人類は「火」に興奮するのだ、排気ガスは間違いなく燃える火の匂いを放つし、熱を出す。

私が、ストイキエンジンのこれぞ最後の作品、、、と思える車を探しているのはそう言う事なのだ。
Posted at 2017/07/09 10:26:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2017年07月08日 イイね!

垂直廃車の時代が到来する?

垂直廃車の時代が到来する?


ひいては寄せ、寄せては引く波のように、次期エンジンで妄想している(;^_^Aわけですが、
欲しいエンジンの病歴を色々調べるうちに白血病のような不治の病が有ることがわかり、ここ数週間、悩み続けておりました。それは真の原因究明です。

日本語圏では言論封殺されたかのように、一つも出て来ませんが、世界レベルでは訴訟も起きるほどの大問題になっており、大規模なスレッドが立って、緻密なユーザ間での情報交換が行われていました。

症状は把握したものの、その原因が設計、製造、運用、いずれにあるのかと漁っておりました。一応ネット上では対策品への交換(多大な費用は掛かるが)しかないという流れでした。

しかし、当方には釈然とせず、真の原因を追究していたら、ようやく一つの仮説ができ、今度は仮説に基づいて一つ一つ部品と構造を見てゆくと、いずれもそれを肯定するものでした。そして次はその対策です。色々な手はあるものの、信頼性、コスト、実効性を吟味してようやく一つのアイデアが出来て、減退していた購入意欲がもう一度復活したところです。 私の仮説が正しければ、極力距離の少ない個体で、症状が発症していないものを運よく買えたら、それを実験台にデータで検証し、対策品を作ろうと思います。

ネガティブ情報なので、当方が首尾良く手に入れて、データが取れたらUPしようと思うので、相当な量の分析を書いたけれども、これは1年ぐらい封印しておきます。買えなかったら日の目を見ないね(;^_^A

これは、単純だけど難しい複合要因で、メーカも気が付かなかったのだろうと思います。

何もしない場合の対策は、なるべく乗る回数を減らすこと。しかしマメに乗ることという矛盾したものになります。そういう意味ではメーカの想定した設計寿命より短かったということは言えるでしょうが、設計不良とまでは言えるかどうか、、、ですね。

元々この会社の車作りは、およそ6年あたりに寿命設定しており、以後はメンテを繰り返すことになりますが、主ターゲット層には新車買い替えを促すというマーケティング戦略なので、そこは哲学の違いですから。私は嫌いですが。

さて、ところが調べてゆくうちに、オイル、電子制御、その他含めて昨今の自動車づくりは急速に様変わりし、T34(著名なソビエトの戦車)型の開発に切り替わってきているのだと気が付きました。(戦後西側が調査して400km程度の寿命前提だったとの結論で、理由は生産後の車両生存距離の調査によって400kmを超えて生存できた戦車は1両もなかったからだとかw)


新車販売時の拡販のため、垂直立ち上げでの初年度生産台数の伸び。ところがその陰で、新車乗り換えユーザが手放す、初回車検、2回目車検時、3回目時、おそらくここまでをメーカは故障させずに乗り切る品質を目指して開発しています。某社の場合はこの時点で通常は一生ものであろう、主要部品が丸ごと交換する寿命になります。従って、中古車市場でのマニアの負担は増えますが、一方で長寿妙な車の部品補給など後ろ向きな管理費が削減できます。つまり垂直立ち上げならぬ垂直廃車です。

<イメージ図>



一定時間がたったら、廃車。しかしコスト覚悟のマニアはお好きにどうぞと言うスタンス。ところが、その真逆だった日本車はどうするのか、欧米系の車は、リーマンショック後、この思想が浸透しているように思いますその理由は

①廃ガスなどの環境基準が日進月歩に厳しくなること。→M/C対応が困難。
②実は環境対応の部品(インジェクタ、触媒、オイル含む維持インフラ用品)の短寿命。
 (市場での実長期寿命確認前に、次の基準適合車を開発させられている事。)
③10年10万キロ大きな部品交換いらずでの故障知らず、ロバスト性が「日本車の代名詞」でありましたが、これが今後はアキレス腱となりかねない環境(法令)変化。

これは、リーマンショック後、低価格車を作らねばならないのに、環境、安全などコスト高要求ばかりになっていること。にもかかわらず、おおむね車名のシリーズ価格は、よく抑えられています。車格なりの、見てお金に遡及できる部分のみは販売価UPしているようですが。

しかし、待てよ、と思うのです。その原資は本当に、コストダウンだけで持って来れたのかと。欧米はいち早く気が付いて、織り込んだのです。

「長寿命部品をコストかけて新車ユーザに負わせるよりも、セカンドユーザにその分は払わせよう」と

従って、ユニット単位で高額装置の交換が10年前に発生するようになっていると考えます。
それを知っているので、中古車市場では日本車が人気です。なぜならそのコストはメーカの安い残業代と新車購入ユーザが既に支払い済みだからw。


ところが、日本車はそれを今後も続けていけるのか、金のかかる排ガス関連装置、安全装置、それらの長寿命化(10年後もノーメンテ?)の開発製造コストをかけていては、NECのパソコンが台湾ボードメーカに負けたように、品確コストで足が出る。性能が一時的に出ればいいんだよ、、、な連中とどう戦ってゆくのかと。

実際これは、ガソリンから鉛が駆逐されたときに似ている。エンジンバルブ周りは無鉛ガソリンでの潤滑性確保に、材質変更を余儀なくされたし、その時、エンジンオイル成分、ガソリン成分も変化した。そう言った最新の車両を支えるエンジンオイル成分は知らぬ間に潤滑性、高性能エンジンが好む成分が排除され、触媒にやさしい成分に切り替わっている。

では、エンジン寿命は?。 
(大多数の人に、十分と思われる耐久性を提供できているでしょ!と返されるのだろう、今までが過剰だったんですよとね)

私が最近あれこれ調べて実感したことの警鐘として今が最後と言うのは、今の新車の10年後、それをレストアして維持して行くのは大変な困難になるでしょう。昔の53年度廃ガス適合車の出始め車の中古が軒並み手を出せない代物だったように。


垂直廃車向けのモノづくり。 それを私は工業技術の退化だと思うけれども、資本主義工業社会の成熟と捉えなければならないのだろう。※写真は広いもののイメージ
Posted at 2017/07/08 15:59:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月30日 イイね!

説得工作(観測気球編)

まだ、マジな雰囲気を消してのアプローチでしたが・・




F:「ようやく次の欲しい車が決まって来たんだけど・・」

カミさん「へぇ、それで?」
F:「サイズは今とおんなじぐらいで、幅は少々広くなるかな?」

写真を見せる

カミ:「ふーん、まあいいんじゃないの」

F:「んで、もう最後だしコンビニに突っ込んだら目も当てられないからMTにするわ」
カミ:「えー!、アイサイトとか付かないの?」
F:「中古なんだから、そんなの付いてないよ」

カミ:「それって何が良くなるの?」
F:「私の気分が良くなる!」

カミ:「ふーん」

F:「燃費は多少悪くなるねぇ」
カミ「はぁ?」

F:「で、税金と保険が上がるね」
カミ「・・・・」

F:「会社通勤する間は現役で乗れるので大丈夫な程度は確保、、かなと。
   んで定年後の時間を使って、小屋でオーバーホールして・・・・・」

「あ、そうそう、その頃にはポンコツ税が加算されてまた高くなる・・・・・あれ?」

カミ:無言で部屋を出てゆく・・・(;^_^A




と言うように、女性陣に受ける材料が一つもないwww。
奥方に禁句の3つの言葉

①ハイオク仕様=高燃費
②MTミッション=クラッチ有り
③大排気量=税金高い

この説得のためのQ&Aは、至難ですなぁw(;^_^A。


Posted at 2017/06/30 08:51:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2017年06月24日 イイね!

自動車用内燃機関の隆盛についての考察


ふと、将棋崩しのように、駒を抜いたらガラガラと思考の駒が崩れてしまうような、そんなカギとなる駒を今いじっている気がします。

2008年9月15日に起きた「リーマンショック」。ある意味これが、私の嗜好する車の命脈を断った事件だったのだな、と今更メリケンの、ビーフジャーキを噛みしめながらバドワイザーを飲みつつ、これを書いております。

実態は知る由もないわけですが、愛車BP/BL系レガシィーが2009年5月に5代目にバトンタッチ。当然リーマンショック後に開発していては間に合わないわけですが、しかしサブプライムローン問題はじめ、不景気の気配は十分あったわけで、サイズ的な問題を北米志向に切り替え、文字通りグローバル化へとスバルが大きく舵を切った車でした。

私的には、BLEの後継として、さらなる高見のフィールでいわば、この手のGTとしては完成形と期待できる流れだっただけに、大きく裏切られ今に至るわけですが、スバル的には素晴らしくぎりぎり間に合った取舵一杯だったわけで、技術的なトピックは失礼ながらほとんどがコストダウンにつぎ込まれた感がありました。

しかし、世界中を見渡すと、あたかもマスキー法後の自動車業界のごとく、排ガス規制に全リソースを注ぎ、車の持つ「快適なドライバビリティや快楽」と言ったものは捨て去られたかの状況だったのとちょっと似ています。

開発がもう終わり段階だったものは、仕方なく多少の方向終生なり、グレード構成をいじるなどマーケティング対策はしたのでしょうが、軒並みこの後デビューした車はその次の車で大きな断絶を迎える流れになりました。それは搭載されたエンジンに色濃く表れています。

しかし、面白いことに、人間の嗜好もまた、急展開は苦手とあって、現実は旧来コンセプトカーが意外と受け入れられ、効率重視に切り替えた車は苦戦したように思います。そりゃそうでしょう、貧乏くさい車が多かったですからね。

そんなこんなを考えながら作ってみたのが以下のチャート。



縦軸はコスト、、主にイニシャルかな。横軸は右方向が右脳の欲求(;^_^A、左方向が左脳の建前。

当たり前の感じで、あえて必要ない気もしましたが、最近つぶやいている撃滅危惧種のいる立ち位置が良くわかります。今後はスーパーカー、それも少々下品な魅力の方向性のキャラクターしか残らない気がしますね。
茶の間で流れる自動車のコマーシャルは、昭和には思いもしなかった「安全」。それに喧伝するならエコ、環境。 BMWは「駆け抜ける喜び」をまだ行っていますが、輸入車だけに許される?。マツダも社会性を刺激せずに車好きを引き寄せるには「人馬一体」が精いっぱい?。 トヨタはちょっと前にドリフトCMを唐突に展開して、どーした??な感じでしたが、やっちゃえ日産よりは健全?。

これも入れとかなきゃね



なんて、むかしのCMが懐かしい。


今はトーヨータイヤががんばってますが。


話は変わって、今日は予約した歯医者の時間にうっかり遅れそうになり、焦って家を出ました。すると、こんな時に限ってトロイ車がよりにもよって私の前に、前にと入ってくる。
(ような気がするだけかもしれませんが(;^_^A  )
で、ちょいチャンスを見ていつもの3倍回転回す、、、最近聞かなくなった音が追いかけてくる。で、信号でまた並ぶ。プリ薄が加速しない(-_-;)

で、これがe-POWERだったら、テスラだったら、、と未来はEVパワーになったら、、、
みんな立ち上がりは内燃機関が置いて行かれるほど出足加速がイイ。とすると、内燃機関族は、気持ちよくアクセルを踏める。。という良き協調時代が訪れるのでは・・・・。
それから、今日はV-POWERを58Lも入れたけど、ポイントとカードで125円で入れられた。
今の調子でエコエンジンが普及すると、後進国もシリーズハイブリッドあたりから普及して、ガソリンは使い手が無くなる。。。またでかいエンジンが棺桶に入るまではの楽しめるのではなかろうか、、とそんなふらちな少数民族の希望を思うのであったw。
Posted at 2017/06/24 22:32:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[パーツ] #NUDA900R ボディレギュレータ http://minkara.carview.co.jp/userid/119241/car/1228026/8603022/parts.aspx
何シテル?   07/23 19:05
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

当店 店内展示リニューアル!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/12 21:00:59
俺氏、LSDを思いとどまるw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 18:45:35
新型デミオが市場に与える影響 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/25 12:33:34

お友達

機械好きです。更新は気が向いたときですが。
申請はコメントなど絡みを経て気心知れたら、、、でお願いしますw。いきなり初見での申請はご遠慮させて頂いてます。
★ブックマーク替わりの目的ならば、Myファン登録にて対処願います。(やり取りの無いお友達が増えても、読みづらくなりますのであしからず)
36 人のお友達がいます
タッチ_タッチ_ * ツチリンツチリン
Tetsu@Tetsu@ speed_masterspeed_master
Nuk-P@RailStarNuk-P@RailStar メカのりメカのり

ファン

286 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
クルマ&バイク大好き人間です。 いじり系と走り系も二股です。最近は乗るだけ(^^ この ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。
ヤマハ SDR ヤマハ SDR
裏山用ビンテージ2スト 古典的ヤマハハンドリングだけどさすがに105kg/34PSは楽し ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.