車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月22日 イイね!

長らく、SSDのRAID0で組んだ起動ドライブが、片方突然死によりPCがお亡くなり状態でしたが、ようやく復活して、連日再構築に取り組んでおりますが、痛恨のミスがあってメール関連データが全滅。Dドライブに移していたはずだったのに、バージョンアップでソフト変えたときデフォルトのままになっていようとはwww。で過去のアドレスが皆消えて鬱。

といっても始まらないのでその間の出来事を記録に。

さて、久しぶりに長男の休暇に付き合って、親子ツーリングを企画。
主目的は、バイクをメインに写真を撮ってくれるという京都のカフェで活動中のカメラマンに写真を撮ってもらうこと。そしてゆっくり温泉で休養することです。

あいにく天気は雨模様。岡崎方面と石川方面から集まって敦賀IC出口で待ち合わせ。
そもそも南風と寒気が入り混じって、読めない気温にやきもきしてウエアを選定。
冬物セールでさすがにこの時期売れのころの投げ売りで半額ゲットして、気温10度の走行試験もしたけれど肝心の当日は20度近くまで上昇気配。結局かさばるので3シーズン用に雨合羽でカバーすることに。グローブは3つ用意。早朝や山は防寒グローブ。レイングローブそして通常走行用。実際3つあって助かった。

雨はまだだったものの、南条付近で寒さ対策で上のみ装着。到着ごろに雨脚は強まって、開店前のお店の軒先で完全雨具。息子と合流する。雨の中ひたすら小浜地区へ。



途中ヘルメットでの通話レシーバのペアリングしながら休憩。4年前に買ったやつが雨で故障し、1年目に修理(これは無料)んで、また1年後に故障して今度は基板交換1万5千円!、悩んだが修理。生産終了のため丸ごと次世代品に交換。んでまた息子とペアリング。

結構な寒さで、準ウインター装備で正解。とにかく雨が止めば撮影できると、事前に相談済みらしく本来なら中止のところ、我々のためだけに、準備してもらったようだ。

んで、ちょうど雨の合間に目的の「JOEY'S BAR」到着。洗車から始まって休憩しつつ野外簡易スタジオに。 ご興味のある方は、リンク先まで。



親父と一緒に写真を撮ろうなどと、言ってくれる様になろうとは思いもしないぐらいの写真嫌いだったが、結局親父の影響でミノルタからSONYへの機材一式譲渡する羽目になって、まぁ「感動」をいくつ感じたかが人生の財産なものだから、大いにアンテナと響く心を持ってくれればうれしい限り。



んで、後処理にて、こんな写真ができるわけで、データを購入しお互いに額入りにして記念とすることに。(あれこれ12ショットぐらい撮ってるので、それなりの金額ですが、二人でバイクでスタジオレベルで撮った写真なんておそらく2度と無いので、惜しくないです、バイクにしろ、人間にしろ一期一会なもんです)



さて、あれこれ雑談しながら、昼食済むとまた怪しい雲行きに。温泉宿に向けて出発。
途中、気持ちよい峠を抜けながら息子が免許取りたての頃、関東の大学に上京する前に、バイク使いになれるように仕込んで、1泊見極めツーリングに行ったことを思い出しておりました。ちょうど同じ雨の天気で、当時は隼乗りで、息子に私のSDRを使わせて鳥取まで行きました。まぁ、それしか無かったということではありますが、SDRで往復800キロぐらいは走ったはずで、途中振動でイグナイターの接点が緩んでエンストするやら、交差点で転倒するやら、いろいろ体験した当人にとっても原点になった旅でしょう。



あれから、8年ぐらい経つかな、前や後ろと位置変えながらツーリングしていると、どこかで感じたことのある似たような感情が沸いて「あれ?、なんだっけ?」と思考をめぐらすと、「ああ、長男が子供の頃、公園でキャッチボールしたのと似ているな」と合点した次第。

同じバイクということもあるけれど、加速、減速、ライン取りなど、呼吸が合うエレメントとなって走るのは感慨深い、楽しさがありました。天気悪かったけど(;^_^A

さて、そんなこんなで宿に到着。質素なひっそりした温泉のはずが、フロントロビーはおじいさん、おばあさん、と言ってはまだ少し手前の東方の10歳上ぐらいの団体様で溢れかえっておりびっくり。なんでも同窓会だそうでw。



まぁそんなことはほとんど影響なく、さっそく温泉、露天風呂へ。
湯質は赤みのある濁り湯で大変良かったのだけど、いかんせんぬるい。人肌プラスαぐらいで、冷えた体には物足りない。源泉なら仕方ないのか、、とその日は食前、食後と入って、翌朝も入ったら、今度はマシでプラス2度ぐらい高いか、これなら何とか。という水準に。 朝食時におかみさんに「源泉の温度なんですか?」と聞くと申し訳なさそうに、ボイラーが不調で昨日はぬるかったらしく、結構なお客様から苦情があったとのこと。

まぁ、ギリギリ使える温度で、冬なら無理だろうなという感じだったが、下北半島で味わった川沿い「夫婦河童温泉」が最高だっただけに、残念だった。

夜の食事は奮発して播但牛しゃぶ。





こちらもビール酌み交わしながらでうまかったけど、1品、お椀にはいったとろろの処理がわからない。「これは刺身を付けて食べるんかいな、」と思いつつ、おなか一杯になっても最後に残っている。相当時間も足ったけど、ご飯も出ないがどうせおなか一杯なので、、と部屋に戻ったら電話で、ご飯とデザートが有るとw。まぁ、こういうところに同窓会の余波を浴びたんだろうな、とは思うが気分がいいので水に流す。部屋に女将が運んで来てくれた。

二人で、おなか一杯ながらデザートは入るので食べたのち、また温泉に。

ぐっすり眠って目覚めると雨。また露店に行くが、先ほど述べた通り今度は快適な温泉に。
それでも、露天は少々熱めがいいな。

ゆっくり朝食をとって、雨が上がる時間に出発を試みる。途中舞鶴港で護衛艦を見ながら記念撮影。ここでもう雨が強くなり、たまりかねてイタリアンに飛び込み昼食。また雨具フル装備で速攻舞鶴若狭道に乗って高速一気に帰還する。防寒手袋がありがたい。





予定より遅くなったけど5時には無事帰宅。車庫に収まった。


翌日は、息子がオクでゲットしたフルチタンエキゾーストと純正オプションのレオビンチマフラーに交換。これが結構厄介で純正についてる排気バタフライバルブ制御のワイヤーを外して換装。よく出来ているからだが寸法キチキチ。で完了すると社外カーボンアンダーカバーが付かないwww。エキパイの寄せ方がノーマルは斜めにラップさせてて、交換品は上下にスリム化させてる分、下にエキパイ半分下がっているわけで、これが干渉。


4センチぐらいカラーをかませてオフセットさせないと付かない、ということは車高もその分下がるということで、オフ車のようで完全オンロードな車にw。仕方ないけど翌日DIY店で物色するも適当なものがなく仕方なくナットをカラー代わりに重ねて調整。しかし斜めに加工している部分は当然位置がずれて行くわけで難航。後は力技でwww。

そんなこんなで、私の方は終わり、翌日は久しぶりの息子と母親とあれこれ回遊したようです。


おしまい
Posted at 2017/04/22 18:57:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年04月21日 イイね!
今のロードスターにRX-8のエンジン載せたら、相当近い感じだろうな。手軽な足車として、いまだとスイスポあたりのポジションだろうけど、このあたりが一番面白いと思う。
Posted at 2017/04/21 19:31:40 | コメント(0) | | クルマレビュー
2017年04月05日 イイね!
SUBARU XVの展開を予想してみる。
4月1日から、富士重工業から「SUBARU」へ社名変更したスバルですが、エープリルフールネタではなく、さすがに本当です(;^_^A。
絶好調を持続しているスバルですが、ポルシェ同様、すそ野の拡大でウハウハですが、ポルシェは「ポルシェじゃなくても、、、」というひとまで取り込んで来たので、今後はレクサスなどと争奪戦もあるでしょうからね。

翻ってスバルはどうでしょうか。当方のような6気筒ユーザ、走りのプレミアム系はすっかり見捨てたままですが、リソースが足りないのは今後も引き続き同様なので、あきらめて、ドイツ御三家の近い奴に行くんでしょうなぁ。

さて、話題のXVは、明日から国内発売開始ですね。ほぼ成功間違いなしでしょう。

この車を取り上げたのは、現在私が期待するスバル車だからであります。今後どうなるか神のみぞ知る、ですが我が家の車として購入候補であります。問題はそのグレードで、HVの登場を待って本格検討予定です。

さて、このXVですが、スバルの最量販車種となる事が、ほぼ確定の車であります。今最もスバルが展開に力を入れている車とも言えるでしょう。なぜか?。それは恐らく、他社と最も差別化出来る中核機種だからでしょう。

一般には、スバルの思惑とは違って、インプレッサのアウトバック版(;^_^Aとか、フォレスターの下位グレード、とか、様々な見方が有るでしょうね。言うまでもなく、インプレッサの嵩上げ車ですから、それは間違っていませんし、系列の流れではインプレッサを母体として、SUVとして分化したフォレスターによって、今が有りますからね。新型インプレッサを母体に、次期WRXとXVの2方向に独立した車種展開の道半ばです。初代は派生の枠がタイトで、あんまり独立した世界観を作り出す事には無理が有るのは仕方ないでしょう。そして2代目となると、いよいよ「SUBARU XV」として独立した車種として厳しい目で見なければなりません(;^_^A

スバルの商品展開としては、インプレッサからフォレスターを切り出し、成長させて、全く独立した機種まで成長したフォレスター。レガシィを母体に切り出しつつある?アウトバックの2本が、北米でのスバルの稼ぎ頭です。その流れで見れば、当然フォレスターも現行レガシィのように北米用にじきM/Cではもう一回り成長する可能性が有り、XVは恐らくスバル車の中で、最も幅広い(価格的にも、バリエーション的にも)展開を担うでしょう。

今回の発表されたXVで一番驚いたのは、タイヤサイズです。これが現行フォレスターと同一サイズに拡大してます。これは少々驚きで、そのまま一クラス車格が上がった程の開発の手入れが必要です。このあたりの経緯については、開発プロジェクトリーダが、「SGPプラットフォームはまさに、このXVを作るために必要だった」という記事をどこかで見ました。

それを裏付けたのがタイヤサイズでした。この後の、バリエーション展開ですが、エンジンラインナップは新たに1.6Lが増えました。これはXVと単一機種として膨らませる先鞭ですね。
加えて、中核の2.OL、そしてHV。このHVがどのエンジンと組み合わさるのか、興味津々なんですが、常識的には2.0Lですよね。 雑誌では1.6Lターボが噂されていますが、それは有るとしても、レヴォーグのM/C後でしょうね。それから、現行フォレスターの位置までをカバーするならハイパワーターボの2.0DITの可能性は?。まぁ、無いでしょうね。ただ、先行研究的に投入してくるスバルの場合、WRXの先行開発車としてマッチング開発用に出してくる可能性はゼロではないかなと。WRX系列と競合しないSUVパッケージなだけに、面白いと私は思うのですが、どうでしょう。
(ただ、vizivの位置づけが分からなくなってきましたが。)

XV


フォレスター


従って、まぁ少なくとも3種類のパワープラントから選択できるようになるわけですが、入門用のSUVあるいは、買い物の足として、という位置付から現行フォレスター同等の走破性を備えた本格SUVまでをカバー出来ます。以前営業に「もし、XVにFFモデルを作るようなら、危ないよ」と言ったのですが、さすがスバルはわかっているようです。タイヤサイズ、Xモード、ヒルディッセント、アクティブトルクベクタリングなど、むしろ他社のシティSUVとは付加価値方向が違い、スバルならではの領域にドンと据えています。


我が家的には、一家に一台はスバルを置いておきたい、、シビア環境での絶対の足が必要、かつ奥さんも最新アイサイトが老化アシストに有効!ということで、デザイン捨てて、次はスバルかな(;^_^Aというのと、6気筒をやめたスバルで上質な近い乗り味が期待できるのはHVしかないという点や、サイズがとても手頃という点。

SGPでの次期WRXまで待てるのなら(B4が快調なら延命で)それでもいいのですが、HVが期待外れの場合は、カミさん用のDS後継として私が先行して保有、、という案。HVが想像以上なら、当方の主力車として、カミさんは別途検討、、という塩梅。


シンメトリカルAWDの基本特性を最も生かした上でのパフォーマンス面積最大の車両はSUVのフォレスターや、アウトバック系に有ること。6気筒車がNA3Lクラスは消滅し、プレミアムで私には贅沢すぎる(でもほしいけど)な、ターボ付き350~400馬力級の車になってしまう事。そうすると、気楽な何でも万能カーと趣味車(3年後には息子のNDが落ちて来る可能性高し)ということで、今はXVに非常に期待してます
Posted at 2017/04/05 18:15:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月30日 イイね!
時計が治った、1982製
写真の時計は私が1982年に、時計屋で気に入って買った何の変哲もない、安物時計だったのですが、当時使っていたピックテスタ(ダイヤルゲージみたいなやつ)のダイヤルに似ていて、シンプルかつ非常に精密感が有って気に入ったものでした。
その後、ベルト切れで2度ほど交換した後、電池が切れたままになっていました。


しかしながらシンプルなデザインが気に入っていたため、捨てずにずっと持っておりました。
10年ほど前に、復活させようと時計屋に持ち込んだところ、「水の侵入があり直せない」ということであきらめていたものです。

ところが、先月偶然ネットで写真のモデルを見つけて、「あれ?、俺の持ってるのとおんなじじゃね?」と比べてみるとまさに同じ。「へぇ、やっぱりデザインに対するファンが居たんだな」と思ったら、かのスティーブジョブスがTIMEの表紙を飾った時に着けていたらしく有名になったもので、オークションで480万で落札された云々、、という記事を見つけました。そして初めてこのモデルにそう言うプレミアがついたのね。ということを知ったのでした(;^_^A。

当時(35年前)で15,000円程度だったので、ジョブズの価値観からみて「存在目的」がしっくり来たのだろうな、と思い、何となくうれしくなりました。

そして、1982本限定で復刻版として出ることを知りました。ならば手に入れようと取扱店に電話すると、「予約受付と同時に割り当て本数完売しました」との返事(*´Д`)
何軒か当たるも同じ答え。発売2日前では既に遅かったのでした。(既にネットではプレミア価格になってます。)


そうなると、復刻版の部品で手元のオリジナルを再生出来ないか、ムーブメント入れ替えたり、互換性部品が再生産されたかも、、ということで、ネットでセイコーの相談室に問い合わせると「直せるか、現物見ないとですが、送ってください、見積もりしましょう」ということで発送。こみこみで当時の購入価格程度で直せそうとの返事。

待つこと約1か月。   そして本日、届きました(^^)/



ベルトは類似品ですが、本体はオリジナルです。裏ぶたに「MADE IN JAPAN」


クオーツですが、35年モノです。22歳の未来に希望を抱いていた?感慨深い青春の記念品です。
が、「娘がなんとかしろ、、」と言って復活させたので、早速着けて喜んでおりますw。
(娘の腕だと、時計も大きく見えますが、普段の仕事用と比べるとわかる通り、ケースはとても小さいφ33です)



ダメ元でしたが、セイコーさんありがとう!。

Posted at 2017/03/30 21:39:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2017年03月24日 イイね!
タイヤ交換、腰痛が。先週の休みは、息子のNDの冬→夏タイヤ交換に、車庫から4個娘のスイフトに積んで、出張整備。
こんな、過保護でどーする!、、と思いつつ、まぁ後3年ぐらい出来るかな?、とか思いつつ、日帰りで往復500kmの出張整備。 おまけにバイクのカーボンパーツも交換しろとこき使われる(;^_^A




息子のシートだと足ツンツンがほんとに白鳥の湖w。

んで仕事で水木と緊急出張。東京でほぼ物流作業員(;^_^A たまに2万歩以上も歩くとヘトヘト。


で、今日はカミさんと私のタイヤ交換。もう、積雪は無かろう、、ということと、娘の1台を来週に回そうかということで、ノルマは2台分。



シトロエンは整備の方にも写真上げたけど、以前からボルト締めタイプだが、センターのガイドが純正ホイルとは嵌め合い構造になってから、とっても楽w。 一番タイヤ交換の楽な車です。5穴のレガシィがタイヤもデカくて一番大変。 終わってから腰と背筋がカチカチに張ったので、近所の電気屋でマッサージチェアのはしごで療養(;^_^A


最近はプリセットタイプのトルクレンチが主流ですが、サンデーメカならこの弓式トルクレンチは1本持っておくべき。トルクを体に感覚覚えこませるのに最適。かつ、戻りトルクも見れるし、ねじ切るかな、、もわかるw。


ポテンザ着けて、早速ホイールになじませるのと、感触見たかったので近場でちょい走って来ました。
感想は、心配した乗り心地の悪化は無く、スタッドレスより快適。 ハンドルも素直で中立がしっかり出て、思わずほころぶ「これこれ!」という座りの良さ。

エレガントなふつーのおっさん車から、ちょい悪に変身?




フレキシブルタワーバーつけてから、初ポテンザですがやはり相性はいいですね。サイドウォールの硬さがちゃんとばねになって、レスポンスと乗り心地がうまくバランスしてます。(スタッドレスだと悪化していたのは、タワーバーの剛性UPでタイヤが負けてダンパーが初期動作不足になったような感じだったのかな、目地段差がとにかく悪化したので)

やっぱ17インチの45がこの車にはベストですね。流石は新品タイヤでハンドルも軽い、、というか重くはならない。

235だと正直、フロントはちょいフェンダーから直上30度範囲でははみ出てたけど、5mm減ってちょうど収まったかな(;^_^A


○km/hでもハンドルつまんで振動皆無だったので、バランスもちゃんと取れてるでしょう。
あ、楽しみだなー。


 
Posted at 2017/03/24 19:40:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
プロフィール
「@ツチリン いやぁ、侮りがたしでした!。」
何シテル?   04/23 21:17
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
当店 店内展示リニューアル!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/12 21:00:59
俺氏、LSDを思いとどまるw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 18:45:35
新型デミオが市場に与える影響 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/25 12:33:34
お友達
機械好きです。更新は気が向いたときですが。
申請はコメントなど絡みを経て気心知れたら、、、でお願いしますw。いきなり初見での申請はご遠慮させて頂いてます。
★ブックマーク替わりの目的ならば、Myファン登録にて対処願います。(やり取りの無いお友達が増えても、読みづらくなりますのであしからず)
36 人のお友達がいます
Nuk-P@RailStarNuk-P@RailStar * Ron_STIRon_STI *
yoyolegalegayoyolegalega * のり@CLのり@CL *
白金の豚白金の豚 ツチリンツチリン
ファン
280 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
クルマ&バイク大好き人間です。 いじり系と走り系も二股です。最近は乗るだけ(^^ この ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。
ヤマハ SDR ヤマハ SDR
裏山用ビンテージ2スト 古典的ヤマハハンドリングだけどさすがに105kg/34PSは楽し ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.