• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

上質を追い求める人のために




【HKSの公式SNSです】







※こちらのブログでは情報発信を中心に更新させていただいております。
商品のご質問・お問い合わせに関しましてはこちらまでお願いいたします。
⇒ HKSサポートセンター

HKS OFFICIALのブログ一覧

2013年09月28日 イイね!

FIT3 ☆ 用品適合情報

FIT3 ☆ 用品適合情報みなさまこんにちは!だいぶ秋らしくなってきましたね。HKSがあるところは高原地帯なので朝・夕は半袖だともう寒いくらいです。

さて、日本を代表するコンパクトカー、「フィット」が先日フルモデルチェンジしましたね。売れているクルマのフルモデルチェンジって難しいだろうなあと思うのですが、見事FIT3は発表以来大人気!グレードによっては納車までかなりかかるようです。

そんなFIT3ですが、もちろんHKSも取り組んでまいります。まずは用品関係のチェックから。



ひとつめは「ハイブリッドスポーツオイルフィルター」。φ68-M20のタイプが適合となります。




ふたつめは「スーパーファイヤーレーシングプラグ」。こちらは細身のタイプとなるM-HLシリーズが適合となります。

※ハイブリッド、1.5L、1.3Lすべて適合となります。

長く、いいコンディションが保てるよう新車の時からメンテナンスしていきましょう。
Posted at 2013/09/28 14:31:45 | トラックバック(0) | 広報担当 | 日記
2013年09月26日 イイね!

EVC6ってナンダ! 第18話

第18回目となりました、EVC6ってナンダ!

ブーストコントロールを適切に行えば、効果を十分に体感できるパーツです。
ドライブが楽しくなります♪

第18話 : ブーストが上がらない?

お客様からのEVC6に関する問い合わせで多い内容は、
『EVC6を装着したがブーストが上がらない』というものです。

ブーストを制御するためのパーツですから、『ブーストが上がらない』のでは、まったく意味がありません。

『ブーストが上がらない』多くの理由は、EVC6の設定方法に誤りがある場合が多いようです。
今回は、正しい設定方法についてお話します。

◇初期設定
EVC6は、「ノーマル最大ブースト」、「初期設定ブースト」2つのブースト値により車両特性を判断し、ブースト圧を決定しています。
この2つのブースト値が合っていないと車両のブースト特性をEVC6が判断できずブーストが上がりません。

EVC6の「ページ5」で「ノーマル最大ブースト」と「初期設定ブースト」の設定を行います。



・ノーマル最大ブースト(0~300kpa)
 ノーマル状態での最大ブースト値を入力します。
 手入力もしくは「Peak hold」値を「←SET」で直接入力します。

 【注意】純正ソレノイドバルブ仕様車は、EVC6装着に伴い純正ソレノイドバルブを使用しない為、ノーマル最大ブーストは、いままでのブースト値より低い値になります。

・初期設定ブースト(0~300kpa)
 「A・B・C 各モード」の初期目標ブーストです。
 手入力で希望の数値を入力します。

 【注意】初期設定ブースト値は必ず「ノーマル最大ブースト+10kpa以上」の値を入力してください。
 初期設定ブーストまで上がらない場合は「初期オフセット」で微調整します。

設定が終わったら必ず「③+④ボタン」長押しで書き込み保存をしてください。
せっかく設定しても「書き込み」をしないとデータが反映されません。



◇モード設定
「A・B・C 各モード、スロットル開度や車速によるマップ制御、どれを設定してもノーマルブースト以上上がらない」といった場合、確認してもらいたいのがEVC6の『機能がON』になっていますか?

下の画像は、機能ON時とOFF時です。
画面表示の違いがわかるかと思います。

 
            【機能OFF時】                     【機能ON時】
  
EVC6を設置して電源線をつなげば左の表示になります。
ただこの状態ではあくまでも「通電している状態」で「EVC機能はOFF」です。
EVC6の「①+②ボタン」を長押ししてやることにより、右の表示となり、初めてABCの各モード、スロットル開度や車速によるマップ制御が使用可能となります。


「EVCの機能が使えない!ブーストが上がらない!」という方はメイン画面の右上方に「A・B・C」のアルファベット表示は出ていますでしょうか?



細かい設定ができるEVC6ですが、基本を間違えてしまうとせっかくの機能を生かせないどころかまったく使用できない状態にもなってしまいます。

あれ?っと思ったら、設定方法の確認をお願いします。


第19話もお楽しみに♪
Posted at 2013/09/26 15:01:41 | トラックバック(0) | EVC | 日記
2013年09月24日 イイね!

【マフラー】三菱 アウトランダー リーガマックスプレミアム発売!

こんにちは。マフラー開発部です。

先週の台風以来、秋晴れが続いてすごく過ごしやすいここ富士宮ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日のお知らせは、新製品情報です。
三菱 アウトランダー DBA-GF8W 用のリーガマックスプレミアムが発売になります。
このマフラーの一番の特徴は、なんと言ってもセンター出しレイアウトです。
サイレンサーを横置きにしてフロア近くまで上げて隠し、テールのみが顔を出すようにレイアウトをガラリと変えました。
最低地上高もテール高さも純正同等、SUS304製でサビに強いため、街乗りはもちろん、海に山にと環境を選びません。
ルックスと使い勝手を両立するタフなマフラーとなっています。





 音質は純正マフラーに対して全域で低音を引き出し、三菱SUVらしい存在感のある力強いサウンドとしました。
しかしながら、車内ではうるさすぎず心地よい低音が響くよう音量を調整しています。
 


詳細情報はHKSのHPにてご確認ください。
気になる方は、是非チェックしてみてください。

 関連情報URL:http://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/15459

 
Posted at 2013/09/24 14:38:32 | トラックバック(0) | マフラー開発部 | 日記
2013年09月18日 イイね!

【マフラー】BRZ用 リーガマックススポーツ詳細情報!

こんにちは。マフラー開発部です。

いよいよ秋らしい陽気になってきたここ富士宮ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日、ブログにて紹介致しましたBRZ用リーガマックススポーツですが、説明が途中になっておりましたので今日はその続きになります。

スタイリングについては、どんな感じか写真と動画で伝えられていると思いますが、マフラーのスペックはなかなか文章だけでは伝わりにくいと思います。そんなこんなでこちらのグラフをご覧ください。

こちらのグラフは、縦軸が音量で横軸がエンジン回転数になります。
このグラフで何が言いたいのかと言いますと、アクセルを踏み込んで車が動き出した直後の音量がマフラーによってどんな感じで出ているのかを表しています。
リーガマックススポーツは赤線ですが、アクセルを踏み込んだ直後の音が純正並みに静かであることが分かります。それに比べてリーガマックスプレミアムやスペックLはエンジン回転と共に排気音も合わせて上がっていることが分かります。
黒丸で囲った部分の出だしの時の「ボーッ!」という音って不快に感じる人は多いと思います。そこの部分を徹底的に低減することに成功しました。
さらに、チューニングを進めていくことで排気音は大きくなる傾向にあります。例として、GT-SPECマニを付けると音量は上がる傾向にありますが、リーガマックススポーツでは出だしの部分はしっかりと消音しています。(図紫色点線)

ただ、これだけ静かなんだからどうせ抜けが悪いんでしょ?とお思いの方も多いと思います。しかし、心配ご無用です!
このリーガマックススポーツはしっかりと性能も確保しています。
  
上の図は、マフラーごとの排圧比較になります。
青色が純正マフラーです。純正マフラーを100%として他のマフラーを比較してみるとリーガマックススポーツはなんと純正比マイナス85%という結果が出ました!それはスペックLとほぼ同等の排圧です!
なぜ、きっちりと消音しながらも性能も出せるのかというと、それは秘密です。
って言うのは冗談ですが、絞りがなく排気が抵抗なくスムーズに流れるようなレイアウトを取ることが重要なのです。
このように、消音と性能を高次元で融合させた次世代マフラー(ちょっと大げさでしょうか?)なので、ジェントルにチューニングを楽しみたいオーナーの方に是非使って頂きたいマフラーになります。

 LEGAMAX SPORTSとGT-SPEC MANIFOLDとの組み合わせの動画も準備しましたので、音の感じをチェックしてみてください。結構いい音してますよ!この組み合わせもオススメです。




 
 
 
  気になる方は、チェックしてみてください!


関連情報URL:http://www.hks-power.co.jp/product/exhaust/muffler/legamaxsports/index.html
関連情報URL:http://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/15455  

 
Posted at 2013/09/18 17:33:29 | トラックバック(0) | マフラー開発部 | 日記
2013年09月18日 イイね!

EVC6ってナンダ! 第17話

第17回目となりました、EVC6ってナンダ!

ブーストコントロールを適切に行えば、効果を十分に体感できるパーツです。
ドライブが楽しくなります♪

第17話 : 配管方法 【トヨタ 2JZ-GTEエンジン編】

今回は旧型ではありますが、いまだに人気のある『トヨタ 2JZ-GTEエンジン』のEVC6配管方法についてお話します。

 
 

『スープラ(JZA80)』や『アリスト(JZS161)』に搭載されている2JZ-GTEエンジンですが、
このエンジンには『シーケンシャルツインターボ』が搭載されています。



今ではあまり見られない形式ですが、『低回転時はシングルターボ、中高回転時はツインターボ』と切り替えることによって全域の出力向上を目指した機構です。



EVC6でブーストアップをする場合は『ツインターボへの切り替わり後』の過給圧を制御する方式をとっています。
シングルターボ時は純正制御のままです。
【注意】純正過給圧ソレノイドバルブのコネクターは抜いてください。



シーケンシャルツインターボ特有の「シングル→ツインへの切り替え時の段付き」も少なく、ツインターボに切り替わってからの高回転域ではブーストの垂れを減らすことも可能です。

他の配管方法につきましては、車両仕様によって過給圧制御が安定しない場合があるのでお勧めできません。

エンジン強く、まだまだ現役の2JZ-GTEエンジン。
最新のブーストコントローラーEVC6で、まだまだ活躍できます!


第18話もお楽しみに♪
Posted at 2013/09/18 13:01:25 | トラックバック(0) | EVC | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「【キャンペーン】少し早めのクリスマス http://cvw.jp/b/1198995/40720667/
何シテル?   11/16 16:17
総合チューニングメーカーのHKSです。 みなさまに最新のチューニング情報をお届けします。 特にマフラーとダンパーの情報に力を入れます!! よろしくお願いし...

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

【スバル レヴォーグ】サスペンション開発進行中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/10 10:23:41

お友達

お友達募集中です!!
どしどしおねがいしまぁす。
2204 人のお友達がいます
はっすいはっすい * ガクマーガクマー *
デミ王参上!デミ王参上! * ばてぃおばてぃお *
まさ(&#180;・ω・`)まさ(´・ω・`) * 氷雨氷雨 *

ファン

1,782 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アルファード HKS S-style ALPHARD (トヨタ アルファード)
先代の20系でもサスペンション・マフラー・スーパーチャージャーなどトータルで取り組みまし ...
トヨタ 86 HKS RACING PERFORMER 86 'RS-1' (トヨタ 86)
HKS Racing Performer 86 HKSは、2012 D1 GRAND ...
トヨタ 86 トヨタ 86
HKS TOYOTA 86 for STREET (AT) DAMPER:MAXIV ...
日産 NISSAN GT-R HKS R35 GT1000R (日産 NISSAN GT-R)
2013年1月27日、富士スピードウェイレーシングコースにおいてHKS R35 GT10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.