• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KYOれがのブログ一覧

2017年12月30日 イイね!

そうだ北海道に行こう♪ ~道東~(4)

(3)からの続きです。 これで最終です。



<4日目>
前夜の宿、星空を期待していたのですが、雨のためおあずけ。
今朝は、朝まで雨が残り、天気も晴れに向かうとの予報ですが、果たして何時頃から
晴れてくるのか、不安が残ります。
宿からは、朝食時に見た窓の外の風景が、額縁の様に見えてとても気に入りました。





宿を出発。
最初に向かった先へは・・・こんな道路を進みます。






向かったのは、神の子池というところで、青い池が見えるそうです。
道路は、未舗装&轍により、車高の低いクルマと扁平タイヤのクルマはおすすめできません。
駐車場に着くと、こんな説明書きがありました。






楽しみにしていた神の子池です。
本日の1番目の目的地です。










青く見える池です。十分青いのですが、実はもっと青いと期待していたので、少し残念な面も感じました。
天気が良くなってきたことで青い空が映り込み、青い水の色を逆に目立たなくさせてしまった様です。
また、別の機会に行きたいと思っています。

※綺麗な池の画像は、神の子池のHPをご覧ください。



神の子池の次に向かうのは、摩周湖。 摩周湖でも 通称、裏摩周展望台と呼ばれる所です。
霧で有名な摩周湖ですが、展望台が低位置にある裏摩周は、湖面の見える確率が高いそうです。






果たして、摩周湖は見えるのか???








じゃーん。
霧ひとつない摩周湖。加えて深い青色。 見ることが出来て本当に良かったです。
裏摩周の売店の方曰く、これだけ綺麗に見えるのは、1年で3日(3本)に入る綺麗な見え方
とのことです。






前日、雨で色々残念なところもありましたが、この湖面の青さが帳消しにしてくれました。
本当に良かったです。



次は、画像にある場所、田和平(たわだいら)という牧場?です。
2番目の目的地。
ここは宿の方に教えていただいた場所です。






地平線の見える大牧場と案内板に書いてありますが、ここの特徴は360度見渡すことの出来る
眺望の良さなのです。地平線も見え、東西南北時間があれば長く眺めていたい場所でした。










田和平の後、北海道らしい道路とシェルターを通ります。









お昼時は、摩周駅前のこちらへお邪魔しました。






駅弁でも摩周の豚丼というものが有名となっていますが、その有名な豚丼を出してくれる場所
です。美味しかったですよ!






食後は、本命の摩周湖です。
第一展望台に向かいます。朝から天気が不安でしたが、午後に好天に向かうらしいとのことで、
午後の天気に期待をして、摩周湖はなるべく遅めに見るように順番を考えました。



じゃーん。
見えて良かった。










霧ひとつない、摩周湖、そして摩周ブルーを堪能しました。

よろしければ、スマホでのパノラマ写真、クリック↓してみてください。





青い、摩周ブルー?のソフトクリームをいただきました。






その後、摩周第3駐車場へ移動して、別角度から摩周湖を眺めます。
これにて、裏摩周展望台・摩周湖第1展望台・第3展望台からと
3番目の目的地である摩周湖をコンプリートしました。(^^)v
次に見るときに、ここまでのブルーには見えないでしょうから、しっかりと見てきましたよ。






そして、割と近い場所にある硫黄山へ。






離れた場所からも、硫黄の黄色い箇所が目を引きます。
ちょっと刺激的な場所でした。
箱根の大涌谷にも通じる感じがします。








そして、今度は、川湯温泉駅に向けて走ります。
ここで、妻はクルマから降りて、再び釧網本線を乗り鉄で、網走へ向かいます。
私は、ソロでノートを走らせます。




このクルマは、普通のエンジンでCVTですが、結構頑張って走ってくれます。
燃料もあまり減らず、エコを感じさせてくれるのは嬉しいです。

途中のパーキングで休憩。
ここは標高のある山道の途中です。
時間の関係で、行かなかったのですが、ここから屈斜路湖を眺めることが出来ました。







暫く山道を走り、網走駅で妻と合流しました。
この日は、網走近辺に宿泊。 約半年ぶりの網走でした。(^^)




<5日目>
さて、この旅行最終日を迎えました。
いくつか、冬に行った場所を巡ってみました。

流氷観光船オーロラ号の発着する港、これは夏の様子です。






冬は、こんな感じでした。
流氷がギッシリ固まって見えました。








次は、北浜駅の夏の様子です。





この駅は、流氷を眺められる展望台があり、冬には展望台から流氷を見ることができます。
流氷に一番近い駅と思います。






冬はこんな感じでした。海岸は流氷で一杯です。
臨時運行の「流氷物語号」です。






そして能取岬です。この場所は少し離れています。景色が綺麗で好きな場所です。








冬の流氷の様子。








定点で見ると面白いです。

小清水町では、道の駅に立ち寄り、目当ての「スイートポテト」を買いました。






早い時間帯に行ったのですが、一部は既に売り切れていました。
画像は、何とかゲットした「スイートポテト」です。
自然な甘さが心地いいです。見つけたら買うことをお勧めします。






もう一つ、食べ物関係で寄り道。。。

ほがじゃという菓子(お土産)は、ご存知でしょうか?
そのほがじゃを作っている工場へお邪魔しました。 ここは、2度目の訪問です。
入口・建物の雰囲気は何かに似ていると思いませんか?





廃校跡に工場を建設して、このほがじゃを作っているのです。
そのストーリーは、HPに書いてあります。 読み返すたび感動します。
良かったら、工場とHPにお立ち寄り下さい。






また、先の2か所の近所には、小清水原生花園があります。






小清水原生花園駅、夏だけの季節営業の駅です
ちょうど列車がやってきましたので、原生する植物と絡めて撮影してみました。












レンタカーのノートは、女満別空港で返却。ノートお疲れさまでした。
空港からは飛行機です。
フライト前にビールをゲット。ここでは網走ビールですね。








お土産では、白い恋人と黒い恋人?を購入。
白い方も、黒い方も美味しかったですよ。(^^)v






ご覧いただいた方の、旅の参考になれば幸いです。
長編になってしまいましたが、おつきあいいただきありがとうございました。
Posted at 2017/12/30 14:49:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | Trip 「旅行」 | 旅行/地域
2017年12月12日 イイね!

そうだ北海道に行こう♪ ~道東~(3)

間隔があいてしまいましたが

(2)からの続きです。



<3日目>
2日目に続いて3日目も妻が計画してくれました。


ホテルの朝食後、チェックアウト前に、ここへ散歩がてら行ってみました。
本日の目的地その1です。 和商市場、勝手丼で有名なところです。
今回は、お昼用のお弁当になるものを探しに行ってみました。












画像のお寿司と、焼き魚をゲットしましたよ。




ホテルをチェックアウトして、釧路駅へ。
今回、乗る列車は、こちらの電光掲示板に。






しばらく時間があるので、撮り鉄など。。。








流氷模様の水色の車体の列車は、冬に流氷物語号で運行していた車両でした。
夏期間は、普通列車で運行なんですね。




暫く待って、「釧路湿原ノロッコ2号」が入線してきました。
もちろん、この日の第2の目的でもあります。








このトロッコ、展望車両の指定席に座ります。

こんな眺めです。








途中、釧路湿原の釧路川と並行していて、カヌーに乗る人やタンチョウツルなど見ることもできました。








釧路湿原ノロッコ号は、見どころのアナウンスや、ゆっくりと速度を落としてくれる場所もあったりと
雰囲気のいい観光列車です。

車両は、既に何年も使われており、だいぶ古くなっていましたが、魅力ある列車です。
出来るだけ長く使われることを祈っています。




釧路湿原ノロッコ号の終点塘路まで乗車しました。塘路駅で列車は折り返します。
この折り返し列車、釧路湿原ノロッコ1号に乗車します。
この後は、すぐに下車予定ですので、展望車ではなく、普通の客車車両に乗車します。
推進運転(機関車が後押しする)にて進みます。










またも車窓から





そして、こちらの 釧路湿原駅で下車します。





釧路、塘路、釧路湿原のそれぞれの駅の位置関係は、駅の運賃表がわかりやすいです。(笑)






今朝買ったお弁当を食べて・・・
ここからは、徒歩で進んでいきます。






暫く歩きます。もうすぐ着くと思います。





着きました! この細岡展望台からの釧路湿原が、今日の目的その3です。










うまく説明できませんが、広大スケールの湿原の空間と自然に感動しました。
暫くここに居たかったのですが、この少し前から雨が降ってきましたので20分ほど滞在して
展望台を後にしました。
下の画像もよろしければクリック↓してご覧ください。スマホでパノラマ撮影したので、広がり感を
こちらで感じられればと思います!





細岡展望台とは別な場所からも湿原を眺めました。
雨が降っていなければ、遠方まで良く見えたことでしょう。







ビジターセンターに立ち寄った後、釧路湿原駅へ向かいます。
駅近辺の林で野生の鹿を発見! この後道まで出てきてくれました。
また来てねと挨拶してくれたのかな?





そして、列車に乗車して釧路を目指します。
再び、釧路湿原ノロッコ3号、推進運転で入線してきました。乗客多いです。





釧路に到着しました。ノロッコ号お疲れさまでした。(^^)






釧路駅からは、妻と一旦分かれて・・・妻は釧網本線、私はこちらへ・・・
これからの足である日産ノートと対面。この先を急ぐので、スタート後は、ひた走ります。
画像は途中の摩周温泉道の駅。お花が綺麗でしたよ。







乗り鉄の妻の列車に何とか追いついて、川湯温泉駅で合流。
宿にチェックインします。

釧路湿原ノロッコ号と湿原を堪能し最後はノートでの駆け足の1日でした。




その(4)へ続きます。


Posted at 2017/12/12 22:43:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | Trip 「旅行」 | 旅行/地域
2017年12月10日 イイね!

ライトアップ 京都嵐山花灯路

本日、京都嵐山まで、「京都嵐山花灯路」に妻と出かけてきました。


今年は、綺麗な紅葉も見に行くことが出来ませんで・・・
京都は、既に紅葉シーズンからライトアップのシーズンへバトンタッチされています。



先ず、嵐電で嵐山駅まで。
嵐山駅では、きものフォレストと称して、京都友禅の着物柄のオブジェ群のライトアップが
迎えてくれています。








今日は、渡月橋のライトアップを観に行きました。
普段見る渡月橋が、綺麗にライトアップされています。







後方の青紫にアップされているのは嵐山です。






この風景を見ると今年も残り僅かと感じます。




「京都嵐山花灯路」は来週まで。
渡月橋・嵐山・竹林等のライトアップや法輪寺のプロジェクションマッピング等みどころ満載
です。行かれる方は、防寒万全にすることをおすすめします。


本日は、雨が降り始めたので、早々に退散しました。
これは、多分、昨日久々に洗車したから。(笑)


帰りに嵐山駅で、期せずして最後の紅葉のライトアップを眺めることが出来ました。






久し振りに綺麗なライトアップを眺め、気分転換になりました。(^^)



Posted at 2017/12/10 22:47:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | Local 「京都」 | 旅行/地域
2017年11月17日 イイね!

2017 Shinshiro Rally

今月初めの出来事ですが、新城市まで、ラリー観戦に行ってきました。


以前から、興味はあったのですが、なかなかタイミング等が合わず
「新城ラリー2017」行きを決めたのが前日の夜というドタバタでした。

どの駐車場や、どこを拠点に観戦するのがいいかも分からずにおりましたが、新城ラリーを
数多く観戦しているお友達に教えていただき、観戦に出発。 

現地では第3駐車場に駐車。ここからシャトルバスで、ラリー会場へピストン輸送されます。
比較的早く着いたので、混雑なしで会場に入ることが出来ました。



新城ラリーを象徴するセレモニアルゲート
これです。これ。







すぐにSS3の時間がきて見学。 カメラを持参していたので 慌てて撮影。














中休みには、食事をしたり、展示ブースや車両を見学。 





















すっかり秋模様です。







デモラン走行。
先程のSSとは、異なる場所でチェック。
良い写真は少ないですが、雰囲気は伝わりますか?











こちらは、ゼロカウンターで立ち上がっていく様子、カッコ良かったです。











新城初観戦堪能しました。
お世話になりました。m(_ _)m ランデブー走行もありがとうございました!







おまけ
静岡県まで少しだけ足を延ばして、さわやかハンバーグ。
もちろんグーです。







そして、三ケ日みかんをお土産に。 とても美味しかったです。(^^)








また、新城へラリー観戦に行きたいと思いました。

長文お付き合いいただきありがとうございます。



Posted at 2017/11/17 00:16:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | Car etc. 「etc.」 | クルマ
2017年10月09日 イイね!

2017 F1 SUZUKA

2017 F1 SUZUKA



まだ、前ブログでは、帰着していないのですが、
気にしつつ、別日記を書いております。。。









今年も、金曜から日曜の3日間、鈴鹿サーキットへ行ってきました。
今年は、金曜日が雨、土日にかけて晴天に向かうという天候でした。
鈴鹿でのF1の天候としては珍しいです。







金曜日は、午後からフリー走行を見学。
雨の為、2度ほど開始が遅れ。諦めていましたら、走行可能状態へ。
当初陣取っていた1コーナーを離れてしまったため、場所を変更して見学。

この3日間唯一のウェット走行です。
マシンの水しぶきが凄いです。









ウエットコンディションでも早かったのが、ハミルトン(メルセデス)
圧倒的なパフォーマンスでした。





土曜日

雨が上がって、前日あまり走れなかったチームも午前のフリー走行で攻めてきます。
午後の予選、結果は、前日も速かったハミルトンのポール。
メルセデス・レッドブル・フェラーリの3強に加え、フォースインディアが速かったです。









その他の時間は、佐藤琢磨さんのトークショウ。
皆さんご存知の通り、日本人で初めてインディ500で優勝。その後
初めての、F1日本GP、このトークショウで良いお話を聞けました。
小さい時から夢を持ちそれを叶え、また次の夢を持つという話です。







デーモン・ヒルさんのトークショウ。
96年のチャンピオンです。私もそうですが懐かしいと思われた方も多いのではないでしょうか?







他のイベントとしては、、レジェンドF1走行ということで・・・
デーモン・ヒルさんがドライブする ウィリアムズのFW11の走行を見ることが出来ました。
これは、ウィリアムズホンダでマンセルがドライブしていたマシンと思います。

展示の時の撮影画像。
この Powered by HONDA のロゴに痺れて、同じロゴのステッカーを
愛車に貼っていました。もちろんHONDA車に乗っていましたよ。










また、佐藤琢磨さんは、ホンダの約50年前のF1、RA300をデモドライブ。













GOODなコンディションに保たれていました。関係者の方々に感謝です。





日曜日
快晴の決勝日です。暑い~。
指定席の関係で、レース中は良い写真が撮れていませんが、楽しめました。





おまけ。決勝日の入待ち時に、うまく撮影出来ました。
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、NSXでサーキット入りでした。







グロージャン(ハース)、気さくに手を振ってくれます。







結果は、ポールTOウインのハミルトン(メルセデス)が決勝優勝。
予選時には鈴鹿でのラップタイムを約10年ぶりに更新。文句ない速さでした。
1、2位と 3、4位争いは最後まで目が離せなかったです。







今年も現地で観戦させてくれた家族に感謝です。(^^)









Posted at 2017/10/09 23:03:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | Formura 1 「F1」 | クルマ

プロフィール

「今年も現地で!
最後までハラハラしました!」
何シテル?   10/08 17:48
関西在住ですが、関東生まれ関東育ちの関東人です。(^^)ゞ  クルマを通じて少しでも情報発信が出来ればと思いみんカラに参加しています。 愛車BP5Bオー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

接着式エンブレムの取り外し方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/07 23:44:06
Legacy Customize Festival 2008 
カテゴリ:レガシィイベントページ
2010/09/11 12:13:53
 
ばくばく工房 
カテゴリ:パーツ
2010/09/11 12:12:06
 

お友達

車種問わず声かけてくださいね。

みんカラ不定期アクセスなので訪問出来ないこともあります。よろしければお願いします。
230 人のお友達がいます
けんた0702けんた0702 * しろ。しろ。 *
capegoncapegon * あおい☆あおい☆ *
しげお@WR-LTDしげお@WR-LTD * abcde25abcde25 *

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
VW GOLF7に乗っています。初のVW車です。 DISCOVER PRO ホイル ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
ホンダ一筋からスバル乗りへ転向してから、はや16年(H25.10現在)です。 マイペース ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
97年10月から04年9月まで7年間お世話になった愛車です。 今でもBGを見かけるとつい ...
その他 その他 その他 その他
.
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.