車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!
[ステアリングラックその後] 続くタイヤ偏摩耗DIY編の夏休みの宿題は収束しましたが,ステアリングラックの不具合が続いています(これまでの経緯のまとめはこちら)。

現状の不具合はフロントのホイールアライメント。後期型GHIA用の中古ラックでDでできる限りのことをしていただいたものの,ハンドルは左に傾いています。その後,高速走行山坂道走行を経て様子を見てみたところ,タイヤの羽状摩耗は治まったようですが,外減りの傾向は続いています。おそらくトーインかポジティブキャンバが過多の状態にあるのでしょう。

4輪アライメント調整を行うか,前期型ラックへ再換装するか迷うところです。アライメント調整はタイヤ新品時ではなくても適時調整を繰り返す方が正しいはずですが,競技車両でもないのでそこまで手間をかけるのはいかがなものか・・・(と大概の整備士さんに言われそう ^^;)。タイロッドエンドだけでなくステアリングシャフト各部やメンバの微調整でまとめるとしても数回の試行が必要となるでしょう(その根気と腕のある整備士さんはいらっしゃるのか・・・)。

上記の試行はステアリングセンターがずれたままでは意味をなさないか,労力と費用に見合う結果が得られないかもしれません。とはいえ,前期型ラックに再換装するのにも高額な部品代と工賃がかかり,現在の状態から再換装するとサイドスリップに留まらないテスターでの調整も必須と思われますので,どちらが手っ取り早い&長期的に見てコストパフォーマンスが良いのか判断が難しいところです。


さて,明日は第25回フロムセブンミーティングが嵐山(高雄)で開催されます。例年はスケジュールと体調が厳しくギャラリー参加を見送っていたのですが,今回はマジメに前泊参戦を検討してみたものの,この時期の京都周辺の宿代の高さに閉口一人。いつものように隣県をドライブしてお茶を濁しました(?)。



それにしても愛車での気ままなドライブはやっぱり楽しい。今回は思いがけない出会いもありました


しかも香川では定例のおはせと,五色台MTのほか,アナログタイムが同日開催となっています。久々におはせとを覗いてみましょうかね ← 風邪で寝坊して撃沈(汗)。
2016年11月06日 イイね!
欧州フォード全国オフ@箱根(EFM2016)から無事に帰讃しました現地でご一緒くださった皆さん,すら@さんをはじめスタッフの皆さんのおかげで楽しい時間を過ごすことができました。先日の関西舞子サンデーもそうでしたが,フレンドリーなカーミーティングに参加するとクルマ熱を維持する良い刺激になります。今回は有志スタッフの方々の生真面目さに感動しました。皆さまの温かなご対応ときめ細かいご準備にこの場をお借りして御礼申し上げます。

スケジュール的に厳しい時期でしたが,なんとか会場を無事に往復することができました。ステアリングラック取付けの不具合のせいで,ホイールとフレームの干渉は避けながらもステアリングフィールが一定せず,フロントタイヤも異常摩耗する状態でしたが,我ながら歳とともに図太くなる?ものですね。

箱根はいかにもな車もジモティの車もハイペースな車(バイク)が多く,ペースを上げても良い状況の判断が甘いというか,一部のドライバーを調子に乗らせやすい環境だなと感じました。あそこを速く走れる車(人)が偉いという雰囲気もしばしば感じるのですが,大事故が起こる背景に納得してしまいました。


tamapさんにご撮影いただいた同行号

まさき94さんにご撮影いただいた同行号


きちんとご挨拶そしてお話できなかった方々にお詫び申し上げるとともに,トンボ帰りの遠征をご心配いただいた方々にも重ねて御礼申し上げます。次の機会でもどうぞよろしくお願いします。

フォトアルバムはこちら
Posted at 2016/11/08 00:13:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2016年10月30日 イイね!
[カーミーティング/オフ会] 関西舞子サンデー with STS さん仕事にキャンセルがあって時間ができたところに開催の報が某所にSTSさんから投稿されていたため,STSさんとの1年ぶりのプチオフを兼ねてギャラリー参加してきました。

一夏であっさり色あせしてしまったハイマウントストップランプの再レッド化の最中でしたが急いで終わらせ,さらにはオイル交換してからの出発。秋晴れのドライブ日和でした。


正午ごろに布施畑インター出口で待ち合わせ,初対面となる新STSさん号(ヴォグゾール・コルサVXR)とご対面&会場まで早速試乗させていただきました(→ フォトアルバム)。

この日はフレンチブルーミーティングその他のイベントと重なっていてイタフラ系やスーパーカー系は少なめ。それでもまったり&フレンドリーな雰囲気が心地よく,和製の旧車を中心に多くのお車をじっくり堪能させていただきました(会場の風景・参加車両やハロウィン仮装のご様子は他の参加者の方々のブログをご参照くださいm(__)m)。


ほどなく会場を後にし,再びコルサを試乗させていただきながらコメダ珈琲でSTSさんと遅いランチをご一緒しました。元ヴィータ&現フィエスタ乗りとしてはコルサはかなり自分好みの内容でした。先代のノーマルグレードが正規輸入されていて今ごろ中古で出回っていたら手を出していたと思います。

その後は淡路経由でゆるゆると帰讃。前日はいつもの所用で高知往復してきていましたが,ステアリングセンターがズレまくった同行号の手名付け方がおよそ分かってきた気がします。一方,フロントタイヤが引き摺り気味でサーキットで全開走行したかのように摩耗していくので,やはり早期の再整備をした方がよさげです。


関西舞子サンデーのスタッフと参加者の皆さん,お疲れさまでした。そして急な訪問にもかかわらずお相手してくださったSTSさん,今回もありがとうございました。次の機会でもまたよろしくお願いします。
Posted at 2016/10/31 22:32:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2016年10月27日 イイね!
[DIY点検整備] 終わらない夏休みの宿題 その4この記事は、 [DIY点検整備] 終わらない夏休みの宿題のその3のその後について書いています。


ようやく終わったかもしれないです・・・



1) Dレンジで停車中にエンジン回転がガクっと下がる

回転がゆらぐのではなくエアコンコンプレッサーのONにともなう電圧低下とともに発生する症状でしたが,Dでのアドバイスも受けて吸気系を疑ってみることにしました。

吸気系で頭に浮かんだのが,かつてアクセルペダルポジションエラーの原因を疑って中古品に交換してみたスロットルボディ

その際の本当の原因はアクセルペダルのセンサーのエラーでした(これには取り付け不完全なまま放置していた(汗)クルーズコントローラーの接続をキャンセルしきれていなかった影響もあったようです 汗×2)。

スロットルボディを清掃すると症状が緩和する&もともと着いていたスロットルボディのバタフライより動きが軽いのが気になっていたこともあり,試しに元のスロットルボディに戻してみました


そのまま戻すのもアレなので,分解清掃。ケースを閉じるためのボルトがもげていたので抜こうとするもDIYで対処できず近所の工場に持ち込み。ボルトを削るにはリスクが大きいということで作業を断られ,ボンドで閉じようかと考えていました。


その前に他によい方法はないかとフォードYBT高松さんに相談してみたところ,相談というか作業を依頼した格好になってしまいました^^;


無事にボルトは抜け,新しいボルトまでご提供いただき,しかもお土産までいただいてしまうという・・・


YBT290さん,今回もありがとうございましたm(__)m


もう夏を過ぎてしまった(猛暑日の日中に最も頻発する)ので,エアコンを使用しても症状が発生しにくくなってはいたのですが,スロットルボディ交換後はアイドリングが非常に安定しています。取り外した方のスロットルボディ(中古だったけど製造時期が2年ほど新しく,同行号での使用期間も短い)も分解して点検してみました。

どうやらモーターがブラシレスっぽいものに変更されているようで,軸の動きがえらく軽く遊びがあります。そのせいなのか,ギアの遊びも大きく摩耗と軸のガタつきが進行していました。なんとなく原因を突き止めることができたような気になれましたが,来年の夏まで様子見です。


ちなみにボルトの方は折れにくい素材のものへ変更されていました。



2)Dレンジで停車中のエンジン周りからの異音

直接の原因はDでの診断でも触媒/エキゾーストマニホールドの遮熱板の共振のようでした。軽い補修では対策しきれませんでしたので,「寿命ですよ」とかのたまうのであれば触媒交換時に換えていただきたかったですよ・・・(触媒交換前からクラックは入っており,脱着でひどくなった)


しかし,11年・32万km未交換だったエンジンのアッパーサイドマウントを交換していただいたら(こちらはDに入庫しての作業。夏を過ぎてクラックからのフルード漏れが生じたラジエーターサブタンクとの同時交換です),見事に解消しました。



取り外したマウントのブッシュはパックリ裂けてました・・・。もう少しで破断するところでした。



長い間お疲れさまでした。



3)エアコン調整ダイヤルユニットバックランプ接触不良

こちらはバルブソケットを新調したらあっさり収まりました。経年による緩みや接触不良が生じやすくなっていたみたいです。また,LEDだと純正ソケットとの相性が厳しめのようでした(小さめのバルブだとしっかり固定されない)。


ついで?のLEDバルブの交換も実施。その他の室内のランプ類のLED化もこの機会に進行させました(→ トランクルームルームランプシフトゲージ)。

混流/逆流の不具合が出てきたり,ムラの発生などに悩ませられたりしましたが,LED化にハマる方々のお気持ちがよく分かりました・・・



これで一段落といきたいところでしたが,懸念のステアリングラックの異音(上で触れたD作業の整備と同時に依頼)が未だに収束していません。程度の良い中古品への換装で異音やガタつきは収まったのですが,センターが合っておらずハンドルを切るとタイロッドがタイヤ/ホイールと干渉してしまう危険な状況です。フロントのトーがはちゃめちゃで,ステアリングフィールと走りがとてもフィエスタらしくはない状態になってます・・・(涙)



こちらのDは看板もそのまま,店頭在庫もそこそこあり,以前と変わらぬ風情で営業中です。
2016年10月15日 イイね!
[車会] 夜に煌めくパンサーブラック代車のMOVEでフィエスタmk7.5に遭遇。

ドライバーは小さなお子さん連れの若い女性で,郊外の流れの早い道路でも法定速度遵守での走行でした。

欧州車には夜間のライティングが明るくても眩しく感じない車が少なくないですが,フィエスタもまさにそれでした。バックミラーを介してフロントランプを見ると,小ぶりのレンズと繊細な反射がとても上品。

ブラックの引き締まったコンパクトボディと相まって,さりげないカッコよさと優しさが静かに煌めいているようでした。
Posted at 2016/11/09 23:19:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車会 | クルマ
プロフィール
「この秋,3度目の上咽頭炎(涙」
何シテル?   12/04 23:13
クルマも好きですが運転が好きです。渋滞と加速してからの黄信号は苦手ですが… 生活や仕事のために毎日走りまわっていて,ロングドライブすることも多いです。そん...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ヒューズから電源を取る分岐配線の自作 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/30 00:57:15
フィエスタ向けのSacks社のサスペンション周りのパーツ番号が出てきました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/18 18:45:05
走行性能曲線 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 01:53:31
 
お友達
同行二人(どうぎょうににん)は遍路用語ですが,HNは「どうこうふたり」です(笑)

Facebook: 同行二人

mixi: 同行二人
Twitter: DoCo_Go

Fiesta Owners Club: DoCoGo
116 人のお友達がいます
Kin-sunKin-sun * ロボ部長ロボ部長 *
eigoeigo * 竹@Road☆Comets竹@Road☆Comets *
ちゅん&#215;2ちゅん×2 * RC46RC46 *
ファン
70 人のファンがいます
愛車一覧
フォード フィエスタ 同行号 (フォード フィエスタ)
■ このクルマのここが○ ・ガイシャっぽくない。でしゃばった雰囲気がなく,保守的な場面 ...
オペル ヴィータ オペル ヴィータ
小回りのいいクルマを探しているうちに,デザインと何よりも走りが気に入って選びました。そし ...
トヨタ ビスタ トヨタ ビスタ
仕事用にとにかく荷物が沢山載るクルマ,でも予算はほとんどない…という希望で探してもらった ...
トヨタ カローラII トヨタ カローラII
学生時代に先輩から譲ってもらった初めてのクルマです。3ドアの1.3Lでした。山道などでM ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.