• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くろネコのブログ一覧

2015年12月31日 イイね!

大晦日の蕎麦打ち

大晦日の蕎麦打ち今日はいつもの公民館で蕎麦打ちでした。
かれこれ17~18年くらい継続しています。

今年は蕎麦打ちの師匠が視察にやってきました。
ちゃんと教えられた通りに真面目に打っています。

ご近所さんに配布する蕎麦は50食分ほど。
一度に打つ量で5人前程度が出来るので、一人が二回打てば間に合う量です。

その場で食べる分も作らず、みんなせっせと注文分を先行して打ち、余裕が見えてきたところでようやく試食です。
打ちたて茹でたてはやっぱりウマイ!
時には極太麺も出来ちゃったりしますが、味は同じです。

そば粉が余った最後の一回分は、つなぎがほとんどなくなったので、ほぼ十割の9.5割蕎麦に。
いつの間にか、くろネコが一番弟子ということにされてしまったので、9.5割蕎麦を任されました。
微妙な水加減を読み抜き、気合を入れて捏ね、薄く伸ばして細~く切ります。
その渾身の一作は蕎麦打ち師匠のお宅へお届け。

そしたらさっき電話が掛かってきて、「すごく美味かったぞ!」とありがたいメッセージが。
続けて一言、「家の製麺機が壊れたら頼むぞ!」
そういうことか・・・・
2015年12月30日 イイね!

ジンバル雲台 実戦投入

ジンバル雲台 実戦投入今回試しに買ってみた中華ジンバル雲台を持って、空港に行ってきました。

飛行機はいつも手持ちで撮っていますが、ジンバル雲台があったらもっとスローなシャッタースピードでも耐えられるだろうか?

三脚の普通の3ウェイ雲台で、ロックを緩くしてもある程度できますが、縦と横の動きに柔軟に対応できず、ギクシャクしてしまいます。
その点はこのジンバル雲台のほうがやりやすいみたいです。
しかも、ロックを緩くしていてもカメラが急にコケたりしないので、撮影の合間も安心できます。

強い風に向かって降りてきたのはボーイング767です。
年末年始は乗客が多いからか、大きめの機体が飛んできました。

このごろはB737やA320ばかりだったので、やはりB767は迫力があります。
シャッタースピードは遅めの1/60秒にして背景をぶらし、写真にスピード感を。

あまり遅くし過ぎると撮影中に機体の見える角度が変化するので、尾翼のあたりがブレてしまいます。

途中ピントが甘いショットも出てきましたが、なるほどこれなら追いかけやすいかも。
今日のような風の強い日はフードに風を受けてレンズが持っていかれる感触とも戦いながら撮影するのですが、この雲台に載っているとそういった要因にも強くなりそうです。

着陸が終わり、50分後に今度は離陸です。
離陸の撮影はEF24-70mmF4LISにレンズを換え、手持ちで流し撮り。

焦点域が広角側になったので、今度はシャッタースピード1/50秒で。
ジンバル雲台無しでしたが、特に問題もなく流し撮りできました。

ということは、この程度のシャッタースピードではあまり雲台有り無しの差は感じられないのかな??

いつか夜間撮影のときにでも、ブレ下限以下の設定で試してみようと思います。
2015年12月29日 イイね!

ジンバル雲台を買ってみた

ジンバル雲台を買ってみたジンバル雲台を買ってみました。
普通の雲台と違って、ブランコに載せたようにレンズをマウントできるので、超望遠レンズでもバランスよくセッティングできます。

以前から興味があったけど、まともな物だと数万から十数万くらいするので、おいそれとは買えませんでした。
でも、低価格の商品も世の中にはあるようで、今回の物は10000円を切る価格帯です。
その分精度や品質はそれなりですが、「その程度の物」と割り切って、分解・改造を前提にした部品だと思えば悪くない買い物です。

ネットを見ていくと、そうやって手を加えて精度を上げたりベアリングを組み込んだりして遊んでいる人もいるようです。
むしろ完成された商品を買うよりも楽しみに溢れているとさえ言えそうです。

届いたジンバル雲台は、商品画像とはちょっと違っていて、マウント部が回転軸からズレています。
目に見える部分の質感や精度は悪くありません。

でもそのまま使うとヤバイらしく、だんだんゴリゴリしてくるそうな・・・・
なのでいきなりバラしました。

評判どおり、ネジ穴にタップ屑が入ってたり、加工粉がビッシリ付いていたり。
軸やブッシュ、回転穴の汚れを除去し、シリコングリスを塗布しました(写真の塗布は多すぎでした)

分解ついでに軸や穴の寸法も測定しましたが、加工交差がユルイみたいで、クリアランスはタップリと取られているようです。

ベアリング化はちょっと置いといて、今回はクリアランスをタイトに調整して組み立ててみます。
といっても何か特殊なものを用いるでもなく、その辺にあった普通紙をハサミで切って軸に巻いただけ。
紙はおおよそ0.08mmから0.1mm程度の厚みがあるので、寸法値でφ0.3mmの差を埋めるのに、紙をひと巻きするといい感じです。
1.5巻きだとタイト過ぎて軽い動作が出来なくなるようなので、ひと巻きで止めました。

グリスも固過ぎたのか回転が重くなってしまうので、軽くふき取ってから軟らかめのオイルを塗布して粘度調整。

雲台単体の時ではなく、機材を載せたときの動作感に気を付けながら組み付けました。
バランスを取る上で、バッテリーグリップを付けているとスライドに制約が出てしまってセッティングが出ないので取り外しました。
70-200mmのレンズはジンバル雲台が必要なほどの超望遠ではないですが、普通の3ウェイ雲台や自由雲台に載せたときとはぜんぜん違う動きの自由度と、突然コケたりしない安心感を併せ持った印象です。
2015年12月28日 イイね!

雪カキスコップ新調

雪カキスコップ新調少し前まで雪が降る気配すらなかったのに、ここ数日で急に冬らしくなってきました。

いざ雪が積もり、雪カキ用のスコップを出してみたら、バケットがグラグラで使い物になりません。
そういえば昨シーズンの冬はグラついたまま騙し騙し使ってたんだっけ??

通常の雪に鉄スコップでは無駄に重いし効率が悪いので、樹脂のスコップを買ってきました。

今年売ってるやつは、バケットが破損しても交換できるタイプみたいですが、この手のスコップの交換用バケットを売っているのを見たことがありません。

ポリカのタイプは、たいていバケットではなくジョイント部分が壊れるので、バケットを交換式にしてみてもあんまり意味がないかもしれません。
かなりハードに使われる運命なので、消耗品と割り切ったほうが良さそうです。
2015年12月27日 イイね!

雪降るイルミ

雪降るイルミいつも飛行機を撮っている庄内空港では、冬になると公園でイルミネーションが灯ります。

今年も始まったらしいのは聞いていたのですが、なかなか撮りに行けずにいました。
そうこうしてるうちに雪が降り、一面真っ白な雪景色に。

フィルムカメラの試し撮りでよく登場するステンドグラスのドームもライトアップされていました。

プロフィール

「レガシィB4もスタッドレスへ http://cvw.jp/b/121373/40729978/
何シテル?   11/18 23:18
20年ほど前に飼っていたネコです。今はもういませんが、とても思い出深いネコです。 走り仲間と無線交信しているときから「くろネコ」のニックネームを名乗っていまし...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

フィルムを月に一本使うの会 
カテゴリ:カメラ
2013/07/28 00:40:41
 
キヤノン カメラミュージアム 
カテゴリ:カメラ
2011/01/14 23:22:11
 
GANREF 「くろネコ」 
カテゴリ:カメラ
2011/01/14 23:19:51
 

お友達

突然のお誘いはお断りしています
全くアクセスもなく更新が停止したままの方は削除させていただくことがありますが、逆にいつもアクセス&コメントしていただいている方には、こちらからお願いすることもあります。

ブックマーク代わりに「Myファン」登録をご利用ください
99 人のお友達がいます
あつりんあつりん * セリカTA45セリカTA45 *
ともっちだ!ともっちだ! * ALMERA(アルメーラ)ALMERA(アルメーラ) *
ぶ りぶ り * エスプリ tamエスプリ tam *

ファン

140 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
セリカ GT-FOUR(ST205)  71000キロ走行の車両を中古で購入。 1基目 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィB4(BE5) RSK  5MT 色は珍しいコーストグレーメタリック ●マニュ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
スターレット GT(EP82) '95年12月~'00年12月の間乗っていた。  436 ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
スターレットturbo-S(EP71) 1994年に走行78200kmの車両を中古で購入 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.