• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

らむちゃのパパのブログ一覧

2011年08月28日 イイね!

ほっと一息

012













九月が間じかにせまってきて、まだ8月とはいえ、夜中はだいぶ涼しくなってきたのであろう。今まで窓際で寝ていたあるえが私のペットの脇で寝るようになってきた。
新車を買ってから三週間。おおむね燃費や走行距離と売上との相関関係も見えてきて、緊張感から解放されて、ほっと一息落ちつくところです。
仕事的には、極端な嫌われ方をする場面もあれば、好かれる場面もあり、足して2で割れば、どちらかといえば、仕事はやりずらい方に歩は傾く。自分の趣味ということでマイナス分は納得するしかない。仲間的には、一部に霊柩車呼ばわりされており、自分で考えたほど、人は良くはみていないんだなということを肝に命ずる今日この頃である。実際、広い、天井も高い、ゆったりして乗れたという感想を聞く反面、中型料金とはいえ大型車ということが災いするのか、怖いもののようにして、目的地をだいぶ手前にして信号で止まった際に降りようとする人もいる。車名を尋ねられることは、10回に一回あるかないか程度だが、たいがい、トヨタのなんていう車かと聞かれ方をする。既に500人以上の人を輸送したが、知らない人が9割9分というところでした。つまり、御存知の方は5人程度。尋ねてきたた人は、50人程度で、良い宣伝になったかは定かでないが、全体として、おおむね好印象をもって下車して戴いた。
さて、涼しくなってくると、時間的余裕をみつけて、山歩きに出かける局面である。新車の強みを生かして、大峰あたりの縦走を計画してみようと考えている。
Posted at 2011/08/28 15:38:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2011年08月21日 イイね!

車種を決めたからといって。

ホレスターが後部座席が狭いからダメだとなって、後部座席の広い車をスバルはつくってないのかという段になって、どなたかがオーナーのアウトパックがたまたまディーラーの営業所にあって、私は初めてアウトパックの実物を知ることとなった。後部座席は申し分なく広く、後ろの荷室も十分に広かった。これなら、問題なく保安基準はクリアーする筈であった。検討すると担当の方に言って、カタログ等を頂戴し、その日は帰った。
正直、ネットのスバルのサイトでは、レガシーは何度もみていはいたが、私の心には何も響いてなかった。それは写真で見るフロントの姿が生理的に気にいらなかったからである。全くの検討の対象外の車であった。そして、その時になって、アイサイトという運転支援システムや低重心の水平対向エンジンの特性を知るに至った。それまでは、恥ずかしながら、燃費と姿形と自転車が積めるかどうかだけを問題にしていたのだった。





001 








 





アウトパックは、車体の大きさは、長さ×幅×高さで、4775㎜×1820㎜×1605㎜である。トヨタのクラウンが、4870㎜×1795㎜×1470㎜であるから、長さで10㎝弱短いが、幅と高さで凌駕している。室内寸法では、2190㎜×1545㎜×1230㎜で、クラウン(2060㎜×1520㎜×1205㎜)を長さ、幅、高さで凌駕しているので、実にゆったり乗れる。加えて、水平対向エンジンである。アイサイトを選択すれば、安全性と快適性で、乗っていただく方に良いアピールになると思った。
翌日、担当の方に、これにすると報告をして、これを採用したが、第一の乗り越えるべき壁が、自動ドアであった。メーカーに問合せても、どこもかんばしい返事はもらえなかった。地元の業者に打診しても、逆にやめた方が良いと諭される始末で、方々で同じ意見、同じ忠告を聞き、気持ちは萎える一方だった。かつて法人営業で、自動ドアなしの営業車で仕事をしていたことを思い出しながら、付かないのなら、なしで行くかと決めかけていた時、自動ドアの業者をネット検索していて、偶然、関東のアウトパックタクシーの写真を見た。担当の方にこのタクシーのことを調べてもらい、東京で自動ドアが付くことがわかった。普通のタクシー車両なら安くつく自動ドアではあるが、その数倍の取付費用と東京までの往復の輸送費がかかるが、かつて、自動ドアなしの車で営業していた時、ドア壊れているのか、ドア壊れていて営業していいのかと、お客さんに言われたことがあったのを思い出し、無理をしてでもつけることにした。
次の難関が運賃だった。2500ccのエンジンだと、自動的に大型車区分となる。大型車は、267mで80円あがるのだが、私の地域は、一般的になっている小型は、395mで80円あがるので、実に運賃が1.5倍となる。こんな価格差があって、通常営業ができるかという不安がもたげた。そこで、2500cc以下の車であれば中型の上限の運賃が認められる特例があることを知り、その申請を行った。この申請に手間取って、新車を目の前にしながら、リリースするのが半月遅れになってしまった。

013   





そんなこんなで、大型車でありながら、中型料金。これをお得だと思うか、小型でないから選択の圏外だと思うかは、今のところは後者が勝っているように思う。中型料金で乗れて得したと言われたことは、まれだからである。
ただ、加算料金が339mというのは、例えば、大阪のタクシーだと、小型で305mで80円上がるので、私の車は、大阪の小型よりも安いということである。東京だと、小型は290mで80円上がる。小型でありながら、更に私の車より高いのだ。なんとも京都の運賃の悲哀を感ずるところである。これで採算があうのかは、今のところ努力で乗り切るとしか言いようがない。
たくさんの荷物を携えた人からは、私の車にあたって良かったとよく言われるし、ゆったりしていて静かで、とても乗り心地が良かったと言っていただけることもあり、そういうときは、本当にこの車にして良かったと思う。
ただ車体が大きいので、極端に敬遠される場面にも、たまに出くわす。時に大型車より大きく見えることもあるので、この車と運賃が全く同じの中型車が小型に見えたりするのだろう。タクシー乗り場の先頭にいる時に、この車に乗るのを避けて20mほど歩いた先で流れてきた中型をわざわざ止めて乗る人もいるし、順番に乗ることになっている京都駅ですら、乗るのをためらった人が後ろの中型に乗ろうとして乗車の流れが止まることがある。同じ運賃であっても、大きいがゆえにさけられるのだ。
また乗ってもらった方でも、スバルのレガシーとわかって乗ってくる人は、まれだ。まれだけど、わかって乗ってくる人もいるので、そういう時は本当にうれしい気持ちになる。たいがいが静かだからか、何かのハイブリットカー、あるいはプリウスだろうと言われる。ハリアーと言われることもよくある。それだけスバル車、なかでもレガシーが世間に知られていないということを実感する毎日である。私ですら、ディーラーでこの車を実際に見るまで知らなかったのだから、何もえらそうなことは言えないのであるが、まぁなにはともあれ、これから7年この車と無事に楽しく過ごせれば良いと思っている。そして、一人でも多くの方にスバルレガシーの良さを知っていただければと考えている。

Posted at 2011/08/22 17:03:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2011年08月14日 イイね!

今の新車にたどりつくまで

私が買った車の第一号は、ダイハツシャレードのジィーゼル。社会人となって2年目のことだった。当時、私は大学を卒業して父の会社を手伝うにあたって、営業にも使える手軽な車を探していた。993ccの3気筒SOHC、ディーゼルエンジン車だった。


3021_o_2


そのあと、日産のサニーに乗ったが、サニーよりもこの車には愛着がある。当時、私はスキーが好きで毎週末には、夜通しで高速と国道を走り、信州のスキー場を往復した。そのお伴がこの車だったからだ。そんな小さな車で、よくそんな遠くまで行く、命が大事ならやめるようにと言われたものだったが、雪道には、車体が軽いのが大きな強みだった。当時はまだ禁止されていなかったスパイクタイヤを装着すれば、天下無敵の感じだった。一度脱輪して、クレーン車に救助にきてもらったりしたことはあったが、あれだけ信州のスキー場に通いつめて、トラブルといえば、それだけだった。とはいえ、ジーゼルエンジンのため、燃料費は安いが、気温が氷点下5度くらいだとエンジンが非常にかかりにくくなって、何度かか他の車のブースターの助けを借りた。また、振動が結構あって、それがハンドルに伝わってき、長時間運転していると、白蝋病になるのではないかと危惧された。白蝋病とは、チェンソーなど振動する道具をつかっていてなる血管障害の病気である。
父が病床の身となり、商売も斜陽産業の様相を顕著に露呈するにあたって、さまざまな重圧がかかるようになって、スキーにもいかなくなり、結局、30代半ばで商売をたたみ、私は整理業務をしばらく行ったあと、タクシー業界で生計を立てる身となった。商売をたたんだことで気分が沈むのを景気づけるためと、父の通院に使うのに車もサニーからベンツC200に乗り換えた。
タクシー業界に入って驚いたのが、車を50~60万キロ程度走るまで使うということだった。乗用車を6~10万キロ程度で乗り換えてきた身にとっては、これは衝撃の事実だった。車も過酷だが、これは運転手にとっても超過酷である。50万キロ走った車を運転していると、道路の凹凸がじかに腰にひびいてくるからだ。また運転を主たる仕事は、非常に足腰が弱る。特に車から降りずに走りっぱなしでいると、毎日のことだけに体の循環まで悪くなってくる。それで山歩きの趣味を復活させることにした。父が亡くなったのを機にベンツからバイクに乗り換えた。一人で移動するのに車はもったいないと思えたのと、バイクだと駐車場所を選ばないと考えたからだ。
ところが、5年前のある山歩きからの帰り、ちょうど一車線の道路が二車線に変ったところで、警官が止まれと書いた赤い三角旗をもってでてきた。いわゆるネズミ盗りにかかってしまったのだ。タクシー運転手のひとつの目標が個人営業であるが、これは10年の経験と3年間の無事故違反が条件になる。10年を目前に控え、そろそろ法人社員の運転手という仕事に飽きてきた頃で、私はそれを期に一時他の業界に転じたりしたので、個人開業は二種免許取得以来、15年を要することになった。
個人タクシー開業には、地方運輸局が開催する試験を受けねばならない。違反歴がある私は、法令以外に地理試験もあり、去年の秋からいわゆる勉強会に毎週通った。他の地区は、県道何号という呼び方が一般的なのかもしれないが、京都という地区は、一般に道路を府道何号という呼び方はしない。試験は、府道ででるというので、府道の番号を覚える作業、また官公庁の支所の場所を覚えるという初めての作業をした。10年の運転手経験で一度もお客から指示されたことがない場所がほとんどであっても、一度場所をおさえてしまえば、特になんということはないのであるが、しょっちゅう移転や統廃合をくりかえしているので、勉強会で過去問をやらされると、混乱をきたすので、正直、勉強しに行っているのか、頭を混乱させに通っているのかわからない勉強会であった。
試験は、試験という格好をしているというだけで、特になんというものでもなかった。なぜか結構恐れられている地理試験は勉強せずとも素で受かるような問題だった。私は、勉強会に通っている最中から、勉強よりも、個人開業となれば、営業車を何にするかということばかりを考えていた。
コンホートは、これまでから散々法人で運転させられてきたし、個人となって、自家用車として使用する場合、実に味気ないので、仕事としてはしやすいかもしれないが、物足らないものが感じられた。それになにより、私の趣味である山歩き。これはバイクで行くと、山に登っても、登った登山路をそのまま下ってこないとバイクの位置に戻れない。縦走や下る方向を別にしようと思うと、最低自転車を積んで行かねばならない。バイクに自転車は積めないから、自転車が積める車が標的となった。
そこであがったのが、ホンダフリードスパイク、スバルのホレスター、プリウスαだった。自転車が楽に積める車であれば、よく駅でみかける荷物が大きすぎて積めないと断ったり、トランクを半開きにして、おっかなびっくり走ることもないだろう。特にトランクの半開きは、雨の強い日などは、本当に気を遣う。
それで最初に見に行ったのが、フリードスパイクだった。実際に見た感想として、ホンダは、正直、必要以上にコンパクトにすることに執心しすぎて、スペアータイヤの搭載も省略している点、内装が安っぽく傷つきやすい。特に試乗車が既に傷だらけであった。これでは、私の山歩きとしての使用すら耐えれるか不安だった。それでスバルのホレスターを見に行ったのだが、残念ながら、ホレスターは前部座席後部と後部座席の間隙が保安基準を満たさず、タクシー化はできないことがわかった。残るのはプリウスαだが、これは原発事故の影響で発売時期が延期。発売がされた頃には予約がいっぱいで、一年先の納車という話が聞こえてきたりした。そんな日にお隣の家から新車がぬっとあらわれた。それが白のプリウスαであった。お隣と同じ車を一年待って買うのもしゃくなので、なんとかホレスターを改造して保安基準を通せないかと再度ディーラーに行って、無理とわかって、紹介された車がレガシーアウトパックでありました。
Posted at 2011/08/22 12:30:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2011年08月07日 イイね!

我が家の家族たち

Sany0018 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我が家には3人の猫がいます。これが、らむちゃ、7歳のメス猫です。私を少し苦手にしているようで、いつも家内についてまわって、家内の陰に隠れています。 私のハンドルネーム、らむちゃのパパは、この猫からきています。




010  



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひっくりかえって寝ているのが、あるえ。6歳のキジトラのメス猫です。一番人馴れしているので、逃げません。6月まで毎晩私の隣で寝ていました。ここ二か月は、あまりに暑いので、窓際で寝ています。猫はどうもクーラーは苦手なようで、自然の風が一番好きなようです。


005  


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寝ている写真ではと思い、起きている最近の写真を探したのですが、これが唯一の起きている写真でした。いつもへたっている感じですね。

029  



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、三番目の猫がこれ。名前をけいと言います。5歳のメス。幻の猫で、同じ屋根の下に住みながら、私は、ここ二週間ほど、一度もけいの姿をみたことがありません。これは今年の春、珍しく姿を見せた時の写真です。写真が撮れるのも、年に数度のことです。
車を買ったことで、猫たちが病気やけがをした時、今まではバックにいれて自転車で獣医さんのところへ走っていましたが、これからは、猫たちにも楽に運ぶことができると思います。
Posted at 2011/08/18 10:01:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2011年08月05日 イイね!

新車を買いました。

003  





 





 

私が車を買うといっても、家内を含めて家族は、誰も期待してくれるわけでもなんでもないのだが、一応、日記として書いておく。
私は、黒のバイクホンダフュージョン黒猫号に都合6年乗ったので、自分の車に乗るのは、7年ぶりである。7年前は、紺のベンツに約10年乗っていたので、新車を買うのは17年ぶりということだ。色は黒を選んだので、これも黒猫号ではある。



001  





 





 



前は、こんな感じ。ヘッドライトがかなり釣り目になっているが、夜間走行は、明るくてとても重宝する。ただデザイン的には、ここまで釣り目にせず、おとなしめの方が全体としてまとまるように思うのだが、なんだか鬼が目をむいて怒ったような顔である。



005  





 





 



後ろ姿は、こんな姿。ハッチバックで、私的には、自転車を積んで、山歩きに行こうと考えているが、たくさん荷物が積めることが、この車を選んだ大きな理由の一つである。ハッチバックは、雨の日の荷物の積み下ろしに濡れずにすむという点も大きな利点だと思う。



010  





 





 



車体が大きく、室内長が219センチもあるので、後部座席が結構広い。ちなみに、クラウンロイヤルサルーンで206センチである。これも、私がこの車を選んだ大きな理由の一つである。汚れ防止に防水のシーツをしいてある。ハッチバック車なだけに後部座席の背もたれは前に倒れて荷室が広がるが、後ろにも三段階にリクライニングするのがいい。長時間、後部座席に座っていても疲れないと思う。



015 





 





 



これはエンジン始動のボタン。最近は、キーを差して回すのは流行らないようだ。手前のレバーは、自動ドア。後部座席に人を乗せたり、降りていただくのに便利かなと思います。ただこれは、あとから改造して別途つけたものです。またこのとなりにサイドブレーキのボタンがあり、これを押すと自動でブレーキがかかるのですが、アクセルを踏むと自動で解除になり、これは大変重宝しています。



007  





 





 



これは、ハンドル横のカーナビ群。一番上の小さなカーナビは、ワンセグテレビと、速度違反取締検知器を兼ねている。中段のカーナビは、12セグのテレビやオーディオを兼ねている。この二つがあるので、ナビとテレビを同時に楽しむことができる。また片方で広域地図を表示しながら、片方で詳細図を表示させたり、片方で現在位置や案内を表示させつつ、片方で目的地の情報を探ったり、2台あると、それはそれでいろいろ使えるものです。12セグのデジタルテレビは、さすがに映像が美しい。その下は料金メーター。人を乗せた時に実車ボタンを押すと料金が表示されたりします。その下は、オートエアコン。



014  





 





 



せっかく良い車なんですが、このままでは、誰も乗ってくれないので、表示灯を天井につけてみました。





Posted at 2011/08/17 14:22:51 | コメント(7) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「28年7月その9 http://cvw.jp/b/1221510/38203958/
何シテル?   07/11 22:10
らむちゃのパパです。らむちゃは、うちの長女猫の名前です。 若い頃、山歩きが好きで、北は利尻岳から南は屋久島宮之浦岳まで、方々にでかけておりました。中高年になっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

9月7日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/08 10:38:30
今思うこと・・・・・岩手&宮城 東北の旅  Vol.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/02/15 08:56:14
餃子好きクラブオフ会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/03/12 16:32:36

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ノア トヨタ ノア
ノアのウェルキャブにしました。自動補助ステップをつけ、乗降しやすく、天井が高いので、長身 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
スバル レガシィ アウトバックに乗っていました。
トヨタ カローラフィールダーハイブリッド トヨタ カローラフィールダーハイブリッド
心機一転、カジュアルな車にしてみました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.