• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

らむちゃのパパのブログ一覧

2012年12月31日 イイね!

日々是々

昨日は、駅に入れる日であったが、年末も押し迫っており、軽く様子をみただけで、本年の仕事納めとした。駅にはたくさんのお客さんが列をなしていたが、空車もたくさん並んでおり、本来的には乗り場の改善が必要なところである。けれども、そうした気配はない。駅の新幹線口などは、むしろタクシー待機場を狭くに乗り場も縮小させる工事をするそうだから、今後もますます受難の時代だろう。
そもそもに自家用車が多すぎる。昨日など、休日ドライバーが一斉に車をだしたのだろう。駅は大渋滞だったし、タクシーが駅に入るレーンは、違法駐車の自家用車がずらりと並んでいた。中にはタクシー乗り場に入ってきて、お客さんが列をなしている前に、わざわざ車を止めて、長々と同乗者を下車させる車も複数いた。どうもタクシー乗り場でおろすと、すぐに屋根のしたに入れるからのようであったが、それならさっさと屋根の下に駆け込めばいいのに、傘をさしておりて、それからトランクをあけて荷物を傘をさしたまま持とうとするから、時間がかかる。そしてその間、タクシーは発進できないのであった。クラクションが鳴らされても抗議の声があがっても馬耳東風、文句を言うやつが悪いというのは、現代の風潮のようでもある。
それといつも思うことであるが、どうして荷物をもった人たちは、トランクに全ての荷物がおさまるのを全員で見届けた上でしか、車に乗り込もうとしないのだろうか。自分の荷物が積まれたのをみたら、さっさと車に乗り込めば発進が早くなるのにと思ってしまう。
結局、12月は、3,647㎞の走行であった。講師の仕事が佳境にあった先月より1,000㎞多くなった。来年はどんな年になるのだろうか。ゼネコン勤務の方を年末に乗せたが、自社の株価が自民政権復活で5割近く値上がりしたそうだ。景気がよくなってもらわないと、生計が立ち行かなくなる人たちは多いが、私は民主政権下でも概ねソロバンはあった1年だった。乗り場で車が大きいと嫌われても、次のお客が乗ってくれるまでにさほど時間がかからないこともあるし、街頭ではプリウスと間違えられることが幸いして、普通に手があがるからである。乗車後は、なぜか個人タクシーには思われない。M社の社員と思われることが多数あって、上賀茂営業所の話をされることがあり、適当に話をあわせている。どうも帽子をかぶっている、黒っぽい背広を着ているのが個人とは思われない所以のようだ。
講師の仕事を引き受けている立場としては、新しく個人になられる方に、M社の社員のように成れとは言うつもりはない。私自身もそんなつもりはない。むしろM社は反面教師としたい。ただ、企業経営者となるからには、いつも何かに挑戦している気持ちを持ち、それを大事にして行ってもらうよう。それは伝えて行きたいと思っている。なにより世の中には10年同じことをしていて食っていける商売は、そうそうないのだから。
Posted at 2012/12/31 10:39:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年12月30日 イイね!

日々是々

帯に短したすきに長しというのは、中途半端で使えないという意味のことわざである。年も押し迫ってきたてきた今日は、何事にも万能の力を発揮する実力をもった逢うとバックで、この言葉の意味をしみじみ味わった。
ひとつは、駅、新幹線の中型乗り場に待機していた時のこと、やってきたカップルが、私の車を避けて私の後ろの中型に乗せてくれと頼みこんだ。ハッチバックの車が嫌だと言って頼みこんでいたが、どうも中型を避けて小型に乗ったつもりのようであった。あるいは、プリウスαと間違えたのかもしれないが、乗った車は中型とはいえ、ボロのヘタリ切った車であった。
深夜になって、駅北側に待機したが、私の後ろは、センチュリー5000ccの大型車。新車で買えば、1000万円は優に超すが、中古で仕入れたものであった。私が先頭になって、やってきたお客が、私の車を見るなり、ヒト思案して、私の後ろのセンチリュリーに乗せてくれと頼みこみにいった。これは、大型ファンか仕方ないと思ったが、なにやら前のに乗れと諭されて、私の車の横に来た。何を言うかと思ったら、この車、運賃が普通よりだいぶ高いんやろと言う。そして、まぁええわ。仕方ないとぶつぶつ不平を言いながら乗ってきた。私にとっては?であった。
客観的に考えると、逢うとバックは、5000ccのセンチュリーより運賃が高そうな高級車に見えたということのようだった。無事、目的地に着き、支払いの際には、非礼を詫びて降りていかれたが、私には、喜んで良いのか悪いのか、よくわからないった。ただ、1200回転くらいで時速60~70㎞で走る逢うとバックは、たとえ4気筒でも、V型12気筒のセンチュリーにひけはとらないとは思う。
今年もあとわずかとなったが、なんだか、しょっちゅう、こんなわけのわからないことを言っている1年であった。来年も、こんなことばかりを言っている1年になりそうだが、今日で走行58,771㎞。6万㎞は年明け早々に、このペースで行けば、6ぞろ目は3月に、7万㎞は4月、8万㎞は7月に、10月には9万㎞に達するだろう。ただ来年2月からまた講師の仕事が始まるので、予定は未定で遅れるかもしれないが、来年の今頃には、次の車をそろそろ物色しているかもしれない。燃料代も17ヶ月の走行で100万円を越えている。ハイブリット車なら50万円は優に浮いている。50万円余計に燃料を消費することに甘んじて、その上で、私のを避けてボロのLPガス車に泣きつくように乗せくれと言われるのであるから悲しいかぎりである。
Posted at 2012/12/30 02:41:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年12月26日 イイね!

日々是々

今年もあと一週間を切った。昨夜もサンタの格好をして自転車をこいでいた人を見たが、クリスマスが過ぎ、もうこれでその姿をみることはないだろう。全くキリスト教徒でもなく、イエスキリストのことにも興味もないのに、よくもまぁと思える次第であった。私の家に関していえば、特に何もしなかった。ケーキすら食べなかった。正月は、形ばかりのお節をネットで注文しただけで、1月1日から仕事である。
今年は不景気もじんわりきいてきているのだろう。この3連休の人出も急激に尻すぼみであった。私にとってクリスマスは、ホテルから乗せた中国人観光客が、ワンメーターの距離を乗ってくれ、メリークリスマスと言って、100円おいて行ってくれくらいのものであった。中国人にクリスマスと言われるのも妙なものである。
年末が近づくといろいろと忙しい。昨日は、銀行へ行くと、駐車場に入るのにも行列が、ATMにも長蛇の人の列ができていた。私は、ささやかな我が家の固定資産税の支払いと、月報に一年の水道代やら電気代の支出を記載するために通帳記入に行ったのだが、通常ならわずかですむその作業に大層時間がかかった。水道代は洗車費用、電気代は事務所経費である。自宅が本社事務所をかねているので、電話代なども経費に繰り込むが、なにより車の点検費用や備品の購入が経費に繰り込めるのが一番、嬉しい。車好きの方は老後を個人タクシーをして過ごすのも一興かもしれない。歳が明ければ確定申告の時期である。
Posted at 2012/12/26 10:52:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年12月25日 イイね!

日々是々

昨日は雪が降るというので、午後から母の病院に行ったあと、市内巡回をしてみたが、4時頃時雨というか小雨がぱらついただけで、街行く人は傘をさすでもなし、フロントガラスが霧吹きを多少かけてもらった程度であった。休みもこう長くなると、ピンボケもいいところ。クリスマスイブではあったが、もう活気のからけらも残っていなかった。雪が降る降ると言われたから、人の出足がいまいちだったのかもしれなかったが、休みが長いのも考えものであると思う。
最近、BMWX1を買われた方に、この車の方が広くてイイ、こっちにしとけば良かったと言われた。値段は、BMWの方が高いのはいうまでもない。ただかつてベンツのCに乗っていた時に感じたことであるが、外車の値段というのは、半分にすると国産車の同等クラスの車になるという感じで(実際、交換する部品代は、同じものが倍の値段だった)、400万円は越えても、排気量は2000ccで、車長は4.5mと短く、タクシーにすると小型になってしまうその車は、国産車の200万円クラスの性能で、燃費もカタログベースで12㎞/ℓしかないのであった。
少し前、関東からきた車のデーラーの方を乗せたが、東京のタクシー会社が複数、クライスラーのCを購入したらしい。私の車に乗って、変わった車の需要ってあるんですかと聞かれたが、京都でもクライスラーのCは1台走ってますし、それなりにファンはいますよと答えておいたが、私の車に関しては、ファンはいない。他社の車に乗っている方には、よく車を褒められるが、みんからで、私のお友達になっていただいている方を除いて、スバル車に乗っておられる方に、これはレガシーではないとか、車内が狭いとくさされる程度である。よくぞスバル車を選んでくれた、頑張ってなんてエールのひとつも貰えないところが、私が1人孤独に頑張っている所以であったりする。
それでも、一応、次もスバル車にする予定である。ベンツのCに懲りていて、実質的価値を考えてしまう私は将来もスバルの車は選んでも外車を買おうという気はない。
Posted at 2012/12/25 08:47:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年12月24日 イイね!

日々是々

昨夜は、雪が降るというので、深夜2時まで走ったが、全く雪のゆの字もみなかった。今朝も快晴に晴れ渡って、全く雪が降る気配もない。天気予報は大外れだった。去年の冬も、スタッドレスが生きた日は1日もなかったが、今年もまた、そうなりそうなるのかもしれない。ただ渋滞の昼間を走るより、車のすいた深夜を走る方が楽である。深夜の京都駅では、嫌われて、後ろからやってくる車にどんどんお客が乗って行って、1人1台だけ残るという情けないはめにもなったが、それでも最後は乗ってくださった有り難い方もいた。
どうしても、私の車を避けて、後ろにいるボロイ同じ中型運賃の車に乗っていく方はいる。ボロい車だと人は安心するのである。中型だけど、これは車内が随分広いから、普通の中型より運賃が少し高いのかと聞いた人もあった。どうしても、人はそう思うのだろう。また、クラウンアスリートは大型になって、レガシーは中型なのかと、ワンランク落ちるかのように言われたこともあった。本来は、大型運賃の車なのである。それを中型運賃にして小型とさして変わらない運賃にしているお得感を感じて下さる方は皆無に近い。
再来年の春には消費税があがり、確かに税金もあげなければいけないのだろうが、消費税をあげるというのは、巷に流通するお金を吸い上げるということであるから、ますます不景気に、庶民の懐はシビアになるだろう。増税をするなら、たくさんお金を抱え込んで使わない企業や個人にお金を使うように課税すればいいのである。使えないように課税するというのは、本当におかしいと思う。
アウトパックは実に軽やかに走る。実に良い車である。きっとまだまだ軽やかに走ってくれると思うが、消費税があがるタイミングが減価償却が済む時期と重なるので、車を替えるタイミングとなりそうである。
Posted at 2012/12/24 09:39:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「28年7月その9 http://cvw.jp/b/1221510/38203958/
何シテル?   07/11 22:10
らむちゃのパパです。らむちゃは、うちの長女猫の名前です。 若い頃、山歩きが好きで、北は利尻岳から南は屋久島宮之浦岳まで、方々にでかけておりました。中高年になっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

9月7日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/08 10:38:30
今思うこと・・・・・岩手&宮城 東北の旅  Vol.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/02/15 08:56:14
餃子好きクラブオフ会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/03/12 16:32:36

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ノア トヨタ ノア
ノアのウェルキャブにしました。自動補助ステップをつけ、乗降しやすく、天井が高いので、長身 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
スバル レガシィ アウトバックに乗っていました。
トヨタ カローラフィールダーハイブリッド トヨタ カローラフィールダーハイブリッド
心機一転、カジュアルな車にしてみました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる