• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

らむちゃのパパのブログ一覧

2014年10月31日 イイね!

10月30日

この日は、昼飯を家で食べて午後から家を出た。まずは母の病院に立ち寄り、リハビリ治療の報告を受け、それから駅に向かった。道中、ひとつ手があがり、駅の大型乗り場に待機車両が少なかったので待機した。すぐに先頭になるも、私が先頭になったとたん、みなさん後ろの中型にばかり乗りこんでいかれる。そのほとんどは、私より運賃設定の高い車であった。
ようやくやってきた方が近く出も良いかと聞かれるので、そう聞かれて駄目ですとは言えず、良いですよというと、言われた先が、新都ホテル。他の運転手なら99%が断わるところである。なぜなら歩けば100mもないところで、歩くより車でいく方が時間がかかるところだからである。私は断わる時間より走った方が早いかと思い発進したが、無事到着してからがまた、なかなか小銭がでてこない。目的地に着くまでのて時間より目的地に着いてから降りてもらうまでの時間の方が長かった。
私を最後に大型乗り場に空車がなくなったことがわかっていたので、急いでまた駅に戻るも、ワンタッチで白い外車が先に待機した。大きな荷物をもった外人さんが何度も何度もやってくるが、この白い外車を避けているので、外車でありながら外人さんにとっても好ましからざる車なのかもしれない。とはいえ私の車に乗りんこんできて、この外車がいたら、絶対乗ったのに今日はいないと残念がっていた人も何人かいたので、一部に絶大なファンがおられることは間違いない。結局、1時間待機を強いられた。乗って行かれたのは日本人女性。
この車が出て行った瞬間、荷物をたくさんもった外人さんが大型乗り場に並んでくれて、私の車に乗ってくれた。トランクに荷物満載の状態になるも、また近くのホテルかと思われたが、差し出されたパンフレットには大原温泉の文字が。大原寂光院まで20㎞のドライブとなった。
荷物満載でお客さん4人乗車。この状態で八瀬から大原への山道をアウトパックは実にしっかり力強く走る。カーブのたびに感動しながら運転することができた。
この日は、地図ソフトをネットで注文したのが午後から来ていた。養成学校ではプロアトラスを使っていたのだが、もう製造されておらず地図の更新もなくなったので、新しいのを仕入れたのである。その操作具合も試してみたかったので、7時間営業で午後9時には帰宅した。
ネットで安易に地図が手に入ったり、カーナビの普及で、昔のように地図が売っていない上に、地図として利用するソフトも極めて少なくなって不便きわまりない。
Posted at 2014/10/31 06:30:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2014年10月30日 イイね!

日々是々

一昨日は、シビックのハイブリットに乗っている方から、スバルの車について聞かれた。ハイブリットも走行20万キロを越すと、いろいろあって普通のガソリン車の方がいいかなと思うそうである。とはいえ、普通のガソリン車は、日々の燃料費がハイブリットの倍以上かかるから、電池の寿命やメンテナンスでときどきかかる諸費用などは、我慢せねばならないところだろう。アウトパックは、10万キロのメンテナンスでタイミングベルトの交換費用に普通のタクシー車の3倍の費用がかかった。ハイブリットのメンテナンス費用くらいで頭を悩めていては、前に進めない車であると思う。
このところ、軒並みアコードのタクシーが増えている。きっとアコードはタクシー運転手の期待に応えているのだろう。アコードはどうですの?とその方に聞いたら、アコードはトランクが狭いと言われた。なかなか全ての要望に応える車は少ないようである。クルーやコンホートのように50万㎞を超えるところまで乗るには、メンテナンス費用が安くなければならない。もしも部品交換にウン十万かかりますと言われたら、それなら新車にしようかと考えてしまうのは人情だからである。
昨日は、駅に入れる日で、午前中に家を出た。道中、都合よく駅まであって駅に待機。空車待機も半分程度しかなく順番も早く回ってくるが、何しろ駅は近くが多い。しかも帰りに手があがることはないとあって、遅々として売上はあがらず。でも、この日は、大型だと言って嫌われることはなく気分よく過ごせた。
1人松葉つえをついて乗ってこられた女性に、この車はなんという車ですかと尋ねられた。それで、車名を答えて、実は排気量が2500ccあるので大型車に区分されていますというと、いえいえ私はJRの駅でひと駅ぶんしか乗らないので、小型であろうが大型であろうが乗せてもらえたら、なんでも良いのですということだった。確かにJR西大路駅までは京都駅からヒト駅であるが、運賃は私の車で1,170円。私の車を大型だと嫌った人たちは、実は、この距離にも到らないというか1000円でお釣りを渡さねばならない人たちがほとんどなのである。しかも、人数も3人とか4人とかという多人数であることが多い。多人数故にあとから乗ろうとする人が大型だと騒ぎだすのだった。1000円以下で多人数、1人当たりにしたら、たとえ100円ちがったとしても、25円である。ところが、全く小型と同じ運賃、こちらの方がゆったり乗れるのに、それにブレーキをかけて、小型や中型のより高い運賃の車に乗り換えられるのだから、何か普通の感覚ではない。
世間の景気は、正直悪いとしか言いようがない。午後9時をまわると、めっきり動きがにぶくなった。お客も忘れたころにパラパラと数えるほどしかでてこない。それで午後11時過ぎに帰宅した。帰りにガソリンスタンドで燃料をいれると、リッター143円になっていたが、スタンドの機械の設定が間違っていた感じだった。景気はよろしくはないが、昨日でなんとか今月の売上目標も達成。今年もあと二ケ月となった。
Posted at 2014/10/30 09:26:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2014年10月28日 イイね!

10月27日

昨日は、朝から本部に出かけて行って、次の授業の資料作りをやっていた。11月からは、土曜日の補講はない。それで資料作りも楽になった。
本部では、いつも午後から出勤してくる役員さんたちが朝から顔をそろえていた。何事だろうかと思っていたら、京都市から四条通りの改修についての説明会があるという。いよいよ四条通りを烏丸から川端まで1車線にする工事を始めるのだった。現在片道2車線ある道路を1車線にして、車道の幅より歩道の幅の方を大幅に広くする。しかもバス停のある場所の歩道を車道がわに突き出して、バスを待つ人が立つことによって歩行する人の流れを妨げないようにするらしい。タクシー乗り場も極めて僅かになる。
結果として、もう四条通りは車で通過できる通りではなくなるだろう。バスも複数会社が四条通りを通る上に増便されて、ひとつのバス停に3台も4台も停車するという事態になっている上にバス停が車道に突き出しているとなれば、バスがお客を降ろしきる、あるは乗せきるまで車は動けないだろう。おそらく大渋滞が発生するのは歴然としているが、事は四条通りだけに終わらないだろう。接続する南北の通り、烏丸通り、河原町、川端が右左折の車が溜まって動かなくなるだろうと思う。
歩道も広げればよいというものではない。歩道がひろがると左折する車が歩道を横断する距離が長くなって、ある意味困難になる。歩行者用信号を守ってきっちりと止まってくれる歩行者ばかりではない。車が左折して歩道を横断する時に、止まってくれている歩行者の陰から信号無視して渡ってくる歩行者が必ずやいるにちがいないのだ。車と歩行者との事故が増えるだろうし、そうした事故が起きたら、警察がきて現場検証が済むまで寄せておく路肩部分なんていうのはないのだ。交通は麻痺するだろう。
四条河原町や烏丸に行くには、電車やバスを利用すればよいだけのことかもしれない。しかし、その電車に乗るために四条河原町に行くためにタクシーを利用する人もおれば、自家用車で送ってもらう人もいる。百貨店に自家用車で行く人もいる。
おおよそ、ありえない改修で、市民からの苦情が殺到するのが目に見えているように思うが、これまで散々タクシーを邪魔もの扱いにするアンケートや取締りをやってこられたので、もう好きなようにやってくださいという気分である。現状、客待ちタクシーがたくさん並んだり、お客を降ろすタクシーが停車していて1車線しか動いていないように見えて、ちゃんと2車線動いている。そうした実態を無視した改修である。
地理の勉強資料を作ろうとして、もう古くなったので新しい地図ソフトを仕入れようとしたら、今まで使っていたものは既に絶版になっていた。ほかのものも、もう売っていない。便利な世の中になったようだが、利用形態が画一化され、それ以外の利用は棄てられた感じだ。本屋に行っても地図も極めてすくなくなって、こちらの欲しい形態の地図はなくなってしまった。不便な世の中になってしまった。
Posted at 2014/10/28 04:32:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2014年10月27日 イイね!

10月26日

昨日は、朝から家を出て、午後5時まで授業をした。食事が少ない上に血糖値を下げる薬を飲んでいるせいか、読み合わせで時々行を読み間違いしたりするが、まぁなんとか無事終え、帰りの駄賃に駅の新幹線口に待機しに行った。待機車両は極めて少なく、小型乗り場には、お客さんの長蛇の列ができていた。また例によって、乗りこもうとして、連れの方にそれは大型やでと言われて躊躇して、結局後ろのより高い中型タクシーに乗り込む人が多発。小型の運賃にしていても誰も気がついてはくれないのだった。
初っ端は、東山のロープライスホテル。帰りの道中、駅までのお客さんを拾って再び大型乗り場に待機すると、待機車両無くいきなり先頭待機。すると5分も待機せずに子供連れの女性が乗りこんでくれた。車内で子供さんが、どうして京都は小型タクシーが多いのかと聞く。女性がさぁなんでてしょうねという。これは何?と子供さんがいうと、これは大型よと女性が言われたので、私は思わず、大型タクシーだと知った上で乗られたのですか?と会話に割り込んでしまった。
ええと、女性が戸惑いながら答えられた。それで、尚もどうして大型を選ばれたのですか?と尋ねてしまった。
返答は、大型車だとゆったり乗れて楽だから、それに小型乗り場にはものすごく乗る人の列ができていましたからということだった。それで、これは大型車ではあるのですが、小型と同じ運賃なんですよと言った。すると、へーそんな車があるんだ、ラッキーですと言われた。幸運に思ってもらえて、少し報われた気持ちになった。行き先は桂坂と行って京都市の西の果て近く。私の車で3730円だったが、これが大型上限に乗っておれれば、計算上5160円となる。たたが1430円だが、それだけ余分に出してもゆったり乗れる方を選択される人がいるんだとちょっと感動してしまった。だが、大型に待機する半分は今の基準では中型になってしまう車である。正直、ゆったり乗れるかと問われれば、そうでもない。荷物も大して乗らない車なのだった。
西の果てまで行ったので、もう帰ろうかとも思ったが、この日は家内が押尾コータローのコンサートに行って留守だった。それで駅に再び戻ることにした。駅は行けばいきなり先頭待機できる状態。でも、大型乗り場にやってくるのは5人乗れますかとか6人乗れますかと尋ねてくる人たちばかり。乗れないというと、じゃぁ小型二台に分乗していくかということになって、小型乗り場の長蛇の列にならんで、私と同じ運賃の車に乗っていかれるのだった。本当に埒もない。そんなこんなで仕事はまだまだできたが、3時間半営業で一本を軽く超えたので帰宅した。
家には、スバルからアンケート用紙が手紙できている。販売店や営業マンのサービスや接客を尋ねる質問を延々と並べてあって、正直くどいくらいだ。どうもスバルでは車は完ぺきなものを作って提供しており、売れる売れないは営業マンの接客にかかっていると思いこんでいるようだ。ユーザーに質問するなら、まずは車に満足しているかどうかであろう。そのうえで不足の部分はないか、次の車制作に生かせる部分はないかと尋ねて本当にいい車作りを目指すことだと思う。
デーラーで不愉快に思ったことはないわけではない。それは誰に対してかというと、同じお客に対してであった。ガレージで車のそばに立って用事をしていて、いきなりやってきて、こら!何してんのや、はよ、どかんかいと怒鳴りこんできたのだった。普通は見ず知らずの人には、奥の車を出したいので、ちょっと車動かしてもらえませんかとやんわり言うものであろう。それがいきなりだった。私はスバルに乗っているのがはずかしくなった。営業マンの落ち度として、お客さんの流れをうまく仕切れてなかったということになるが、第一には客のマナーが悪いの一語に尽きると思った。
また駅の大型乗り場に待機していて、私の前に覆いかぶさるように斜めに駐車して待機した自家用車がいた。降りて何か済みません、ここしか置くところがなくてと断わりにくるのかと思ったが、何もなく駅の中へと消えていかれた。そのうち私の車にお客さんが乗りこんできて、後ろの中型にぎりぎり際までバックして何度も切り返して発進せねばならなかった。その車がスバルレガシーであり、いままでそんな不法なことをした車はこの車以外一台もいない。
Posted at 2014/10/27 07:15:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2014年10月26日 イイね!

10月26日

昨日は、朝から自動車会館で一日地理の講習をやっていた。午後5時過ぎに終わり、駅の新幹線乗り場に行くと、中型小型とも空車はかなり少なめ。大型は2台待機していた。ようやく先頭になるも、前からやってきた人たちは、みなさん素通りして、後ろの中型に乗って行かれる。私の車に乗ろうとした女性連れが、あとの1人がそれは大型よ、中型で良いやないのと言って、わざわざ後ろまで歩いて行って、私より運賃の高い年季の入った中型クラウン6人乗りに乗っていかれた。実際の運賃表示など見ずに、ただただ車の大きさだけで乗車を決められるのだった。
初っ端乗っていただたのは、やはり外人さん。祇園までだった。それから駅に戻ったが、よく考えてみれば、この日は駅正面に入れる日。新幹線口ではなく、在来線の方に向かった。こちらも空車はかなり少なかった。それでも、先頭になった私の車を避けて、わざわざ後ろにいる中型に一直線で乗りに行かれる人がいた。何度か乗車しているうちに、駅の手前のホテルでベルボーイさんが呼び込みをしていた。なぜか私の前を走る空車をそれを無視して駅の方へ走っていく。私は素直に指示に従った。ホテルの乗り場に行くと、祇園行きと思われる団体さんが次々とタクシーに乗りこんでいたが、団体さんのうしろにぽつんと立っておらたれ方が私の車に乗り込んでくれた。第二京阪高速道路にのって、京田辺までと言われた。
今月は高速道路に乗ることなく終わるかと思っていたら、なんとか終盤でひとつ乗れた。今日も朝から一日講習である。帰りを急いだが、国道1号大手筋で手があり、ついで西大路で手が上がりと、なんとか10時半には家に帰り着いた。帰りにスタンドで燃料を入れたが148円になっていた。ここしばらくの円高が影響しているのだろう。
明日というか今日で地理講習は一通り終わり。来月からは日曜だけの講習になる。試験一カ月以内に突入し、あとは仕上げと再確認のだけだ。全員合格してもらいたいところだが、今回もまた困ったお方がおられる。毎回楽にはいかない。
Posted at 2014/10/26 06:21:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「28年7月その9 http://cvw.jp/b/1221510/38203958/
何シテル?   07/11 22:10
らむちゃのパパです。らむちゃは、うちの長女猫の名前です。 若い頃、山歩きが好きで、北は利尻岳から南は屋久島宮之浦岳まで、方々にでかけておりました。中高年になっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

9月7日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/08 10:38:30
今思うこと・・・・・岩手&宮城 東北の旅  Vol.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/02/15 08:56:14
餃子好きクラブオフ会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/03/12 16:32:36

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ノア トヨタ ノア
ノアのウェルキャブにしました。自動補助ステップをつけ、乗降しやすく、天井が高いので、長身 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
スバル レガシィ アウトバックに乗っていました。
トヨタ カローラフィールダーハイブリッド トヨタ カローラフィールダーハイブリッド
心機一転、カジュアルな車にしてみました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる