• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年05月03日

□新緑の伊豆旅行ー1 霞がかる稜線から伊豆高原へ編

 昨年からフルタイムで働き始めた妻は、平日に休みを取るのが難しくなった、とのこと。例年ですとシーズンを避け、平日休みも使って出かけていた旅行ですが、今年はシーズン真っ盛りのGW5/3~5に出かけてきました。

 ということで、事前に渋滞予測を調べ、結果初日の出発は破格の4:30!
ルートは圏央道から厚木小田原道路→ 箱根 MAZDAターンパイク→伊豆スカイライン→伊豆高原という、伊豆半島の稜線をたどるルートです。

MAZDAターンパイクに入ったのは6:30頃。高速コーナーの続く上り勾配は、なるほど試乗コースのメッカにふさわしい気持ちの良さ。S♯でグイグイ走ること30分、大観山頂上に到着。残念ながらヘイズが濃くて富士山は不鮮明ですが、雄大ですね。


 朝日は強いのですが、ヘイズが厚くてなかなか富士山が捉えられません。

が、妻がこういう画を撮っていました・・・なるほど。


 このまま伊豆スカイラインを全線走るのですが、このままのペースでは伊豆高原に9時前に到着となりどこも開いていない、という事になるので、道草を撮りながら進行します。
←電波塔が見えたので寄ってみた、滝知山園地という駐車場。位置的には東海道新幹線の丹那トンネルの真上になります。


 はい、30分ほどぶらぶらと道草撮ってみました。小さめのタンポポ。日本タンポポだといいな。


 伊豆高原に入ったのは10時前。最初に目についたので取りあえず入った伊豆オルゴール館です。


 オルゴールと蓄音機や自動演奏機械が所狭しと並んでいます。機械細工の極致いいですね。


実演もありました。20分ほどの間、次々に演奏されるアナログサウンドの心地よさ・・・睡魔に襲われましたw
※動画↓にまとめましたのでお時間のある時にどうぞ。



 ゆっくりと見た回ってミュージアムを出たのは11時過ぎ。お腹が空いたのですが、すでに国道は大渋滞・・・走り回る(ココロの)余裕がないので、ミュージアムでパンフレットを見つけたイタ飯屋さんを目指しました。お願いするとテラス席を用意していただけ、キャリーの中のかりんも気持ちの良い風に吹かれてゆっくり出来ました。
ラ・ポルタ」という店です。

※食べたものは後ほど、番外編でまとめます。


 東伊豆を縦貫する国道135号線は、午前中からすでに大渋滞でした。グーグルマップ(とハイドラ!)でチェックしながら、迷路のような急こう配の細道を海まで下り、城ケ崎海岸方面に進みました。そこでチェックしていたガラス工房を発見・・・オシャレな雰囲気に寄ってみることにしました。


 こじんまりとした店内にはガラスのアクセサリーが透け透けキラキラしています。トンボ玉制作体験も出来るとのことで、妻が挑戦してみました。1個は定番シンプルなタイプ、もう一個は好きなものが作れるというコースです。


 左がクリアグリーンのベースに不透明白+黄緑のマーブル模様・・・お茶のキャンディーって感じですねw
右はオリジナル。不透明な白ベースに、グリーンの葉っぱとピンクの花です・・・これは、懐かしいミルキーのような感じ(笑)
インストラクター(というか作家さん?)がつきっきりで指導して(というか実質ほとんど作って)もらって2300円でした。有り難いくらい楽しめました。


 グラスマレライミュージアム。予約するとステンドグラスなどを集めたミュージアム部分も見学できるそうです。伊豆高原では他にもトンボ玉を作ることが出来る施設はあるようですが、小さくて(たぶんいつも)落ち着いた雰囲気のここは良さそうです。


トンボ玉の徐冷に30分ほどかかるとのことで、近所を散歩しました。数分歩くと
陶八画という窯元がありました。複雑な建物の中にいっぱいいっぱいの陶器が置かれ、ちょっとした宝探し気分になれるお店でした。


 伊豆高原はすべて坂の中。
桜の並木も今は新緑。少し空気は湿度が高かったせいか、雰囲気のある画が撮れました。(ただし、深いメッセージはありません)
レンズは先日手に入れたYASHINONがいい仕事をしてくれました。


この日のお宿は「あさりのお宿」というところ。伊豆は3回目ですが、今回は突発的に計画した旅行でしたので、予約がとれたのがここだけだったのです・・・でもレビュー評価も高いので楽しみにしていました。
お部屋は一般的なペンション仕様ですが、海鮮満載の食事と、3か所ある貸し切り温泉風呂は良かったです。

ということで、トップシーズンの観光地の怖さも感じつつ(笑)、一日目は充実の満足感で終了いたしました。

次は二日目、「触って触れる初体験」編です(タイトルは変更される可能性はあります)
ブログ一覧 | □近場で発見の旅 | 旅行/地域
Posted at 2016/05/07 23:59:20

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2016/05/08 07:54:38
素敵なプランです。
連休って道中はともかく、時間を楽しむ所でも人にあてられてしまう怖さがありますが上手くかわされて・・・いるように書かれていていいですね。
コメントへの返答
2016/05/08 09:39:54
この日は何も仕込みしていませんでしたが、それでも何とかなるのが一級観光地のすごさデス(笑)
書き忘れましたが、15時過ぎにもう一か所カフェに寄ったのですが、そこの方に「いい時間にいらっしゃいました。さっきまで(混んで)戦争だったんですよ~」と言われました・・・私も人酔いするたちなので運が良かったですw
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「□雷コワイし、鯰カワイイー板倉雷電神社とそのあたり http://cvw.jp/b/122372/40252840/
何シテル?   08/16 14:42
アウトドアマンを自負するが、 この数年キャンプをしていないし、 この数年リフトに乗っていない。 釣り師を自負するが この数年ラインを交換していないし、 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

よろしければお友達の登録をお願いします。
62 人のお友達がいます
SAZAEYSAZAEY * やせふくろうやせふくろう *
くろネコくろネコ * ELTENELTEN *
覆面える覆面える * あんちゃおあんちゃお

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック 小豆色OB (スバル レガシィ アウトバック)
2013年8月21日に発注。 9月23日にラインアウト。 10月5日納車されました。 歴 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
迷った末に・・・結局スバル車orz 2004年11月~2013年10月05日 エンジン ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
2000年9月~2004年10月 良く出来た道具としてとても頼りになった車。 スバル車と ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
1992年~2000年9月 3代目にして生まれて初めての新車。 スバル車としては2台目。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.