• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2014年01月25日 イイね!

物欲との闘い

物欲との闘い 先日ヨ○バ○カメラをうろうろしていたら、最近の7~8インチのタブレットは2、3万も出せばいいものが買えることがわかった。思わず2万円程度のタブレットを購入しそうになったが、私が(関西人の矜持にかけて)値引きを求めても一切応じなかったので一気に正気に戻り、何も買わないで帰ってきた。
 しかし、スマホは画面が小さすぎるし、何より文字入力がやりにくい。内蔵スピーカーの音も小さいのでネットで動画を見ていても音声がよく聞こえない。無理して我慢するよりも、安いタブレットで快適にいったほうがいいのではないか、と私の中の物欲の悪魔が囁く。この物欲、無視しているとどんどん肥大していってより高価なものを買わせようとするから曲者である。車などを衝動買いする羽目になる前にうまく逸らさなければならない。
 そこで考えたのが、「じゃあ、余っているスマホも車載しちゃえば?画面が大きくなるし、文字入力は新しいほうのスマホでやって、その間ナビやハイドラは古いスマホにやらしておけばいいじゃん」という方法である。ネットで検索してみたが、スマホ2台を車載するホルダーは見つけられなかったので、自分で作ることにした。

 アクリル細工のホルダーに家具転倒防止シートを貼って簡単に作ってみた。keiに装着したところの写真である。このホルダー、スマホは粘着力で貼り付いているだけなので、スマホを縦や横に2台並べることもできるし、タブレットも装着できる(実はタブレットを断念しているわけではない)という高い汎用性がある。

 しかし、最初に作ったのはスマホの画面がドライバーの方を向いていないという不具合があった。「たぶん大丈夫だろう」ということで真っ正面を向くように作ったのだが、やはり液晶画面は斜めから見ると暗くて見えにくい。そこで、ドライバーの方を向いた改良版を作った。

 同様のものをプジョー308にも取り付けた。これでいつでもタブレットを導入できる・・・いやいや、スマホ2連で誤魔化すつもりである。
Posted at 2014/01/25 02:06:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2014年01月21日 イイね!

ほぼ目標達成・・・メタボ対策

ほぼ目標達成・・・メタボ対策 年に一度の定期健康診断の季節がやってきた。写真上は一昨年の、下は昨年の数値である。体重71.3キロ、腹囲88.0センチの結果に衝撃を受け、筋肉増量を中心としたシェイプアップに取り組んだ1年後、体重70.3キロ、腹囲81.3センチとなり、正常値の範囲内でその他の血糖値、コレステロールなどの数値も改善され、メタボ対策にある程度成功していた。そのため、筋トレのメニューなどはそのままに、さらに1年間継続してシェイプアップに取り組んできた。
 今年の結果はまだ出ていないが、測定係が記入していた数値を見ると、体重68.0キロ、腹囲78.0センチとなったようである。体重がやや重いが、これは筋肉量を重視しているためで、腹囲は私の年代の平均値を下回ってきた。これでほぼ目標達成といっていいだろう。今は大いに気をよくしているところである。
 もちろん、二十代の身体のように体重65キロ以下、腹囲75センチ以下にできれば理想的である。しかし、筋肉量を落とさずその数値を出すには体脂肪率を大幅に落とす必要があり、四十代後半の身体でそれをするにはかなり難しいカロリーコントロールが必須だし、フラストレーションも溜まる。現実的に考えれば、今の状態を維持できればよしとすべきだろう。
2014年01月19日 イイね!

巧妙な罠(トラップ)

巧妙な罠(トラップ) 昨日はなかなか寝付かれなかった。またいつもの「休日がない」生活に入ってしまい、ストレスが増大しているせいなのだろう。職場の血圧計で測ったら最高血圧が120もあった(いつもは90くらいなのだ)から、その影響にちがいない。

 布団の中でモゾモゾしていてもなかなか寝られないので、起きてPCの前に行ったら目を疑った。目覚まし時計(電波時計)が午前8時40分を示しているのだ。今日は普通に仕事なので遅刻決定である。だがしかし、午前0時すぎに布団に入ってから一睡もしなくて午前3時近くになったことを私自身はっきりと自覚している。それに、窓の外も真っ暗である。いくつかの時計を見比べてみて、正確無比なはずのこの電波時計だけがとんでもない時間を示していることがわかった。写真で正しい時刻を示しているのは腕時計のほうである。

 「電波時計なのだから、そのうち自動で補正して正常に戻るだろう」と思い、そのまま布団に戻って眠った。そして、次に目覚めたのは午前7時だった。写真でわかるように、プライマリ目覚ましの電波時計は午前六時半にアラームをセットしてあった。しかし、それは作動しなかった。午前六時半になっても「午前8時45分」を示し続けたため、当然アラームは鳴らなかったのである。午前7時にセカンダリ目覚ましとエマージェンシー目覚ましが同時に作動して初めて目を覚ましたわけである。「こんなこともあろうかと」常に準備を怠らない私だから問題なかったが、普通なら大惨事になりかねないところだ。

 なんとか仕事に間に合い、帰宅して件の電波時計を見たら正確な時刻を示している。どうもこの電波時計、人が寝静まった深夜に突然六時間程度進み、アラームを鳴らなくして大惨事を招くという実に巧妙な罠(トラップ)仕様になっているらしい。いったい誰が、何のためにこのような危険なトラップを仕掛けたのだろうか。電波時計の裏蓋には「Made in China」の文字があったが、果たして・・・。
Posted at 2014/01/19 21:43:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2014年01月13日 イイね!

元気がよすぎる・・・のか?

 最近Keiのホイールスピンが目立つ。上り坂で2速でフル加速しようとすると派手に空転している。急にエンジン出力が上がったわけはないので、ショックのへたりかタイヤの劣化のせいで駆動輪のグリップが低下しているのだろう。上り坂のカーブで前輪がホイールスピンしたのでアクセルを戻してもそのままダーッとアンダーステアが出てまっすぐ行ってしまうことからそう思われる。労わってそーっと走ってやらねば・・・。

 今日部屋の片付け(主に確定申告の準備)をしていたら頭の中でグルグルしてしまった曲↓

 なぜこの曲なのか・・・イマイチよくわからないが1993年頃の気分と何らかの関係があるのだろう。
Posted at 2014/01/13 02:00:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | Kei | クルマ
2014年01月05日 イイね!

カメ磨き

カメ磨き 今日はカメ磨きをした。カメの甲羅にはコケが生えるので、亀の子タワシや歯ブラシで磨いてやるのである。カメ飼育家の中には毎週のようにピカピカに磨き上げている人もいるようだが、私は気が向いたときだけ、年に2、3回程度である。
 甲羅を磨くのに左手にカメを持って右手のブラシで擦るのだが、慣れている萬次郎とカメ太はじっとしている。どうも甲羅を擦られると気持ちいいらしいのだ。ところが磨きが初めての響子さんは暴れまくる。身体が一番大きく力も強い響子さんに引っかかれるとかなり痛い。おまけに野性の頃に生えた綿のような苔はブラシで擦っても落ちない。甲羅の表面ごと引き剥がすようにしないとダメなのだ。
 悪戦苦闘の末磨いた甲羅はこんな色。萬次郎は灰色っぽく、響子さんは茶色い。
Posted at 2014/01/05 23:22:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 動物ネタ | クルマ

プロフィール

「覚悟はしていたけど燃費悪い http://cvw.jp/b/122990/40476948/
何シテル?   09/26 00:44
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 
交通安全環境研究所 
カテゴリ:自動車
2008/11/12 23:05:56
 

お友達

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
ホンダ ウィナー150 スポーティなカブ (ホンダ ウィナー150)
水冷4バルブDOHC単気筒のスポーティなカブ。カブなのにクラッチ付き6速リターン。もはや ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.