• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白神爺のブログ一覧

2015年10月26日 イイね!

Retrospective(回顧録?)

Retrospective(回顧録?)この記事は、MX-5 MIATA The Five Year Retrospective of a Classicについて書いています。

当時は、まだ所謂ネットが、まだ普及していなくて、ロードスター、ミアータetcの情報が
書物(出版社・メーカーの販促物・会報誌)から得るしかなかった...と思います。

そんな時のこのアルバムは、貴重だったし、色んな意味で活用させていただきました。
まずは、これはすごい作りですね、手間(=コスト)が、掛かってますよね
その当時の、ロードスターを取り巻く、熱気もうかがい知れますしね

10周年の時に、「盾」を作ったのですが、この方の情報とか


このアルバムがすべてだったんですよ(私には)
そう!↓


ほら(稚拙ですが (^^ゞ)



そして、ENGLANDのページの彼


のちに、彼と会うことになるなんて



そんな色んな情報が網羅されてますよね、貴重です
私のは、


そして、当時のM2副社長、この方の「詩」に感動して
自分で訳詩してみたり(僭越であり、稚拙でもありますが (^^;)



「風に 乗る」
  僕たちは命に限りがあるのを、知っている
  だから、きらめきの時代(とき)を生きる。 
  
   「風に乗り コイツと走る」

  喧噪の街を抜け まぶしい丘に出る
  ワインディングロードは 光と影のフラッシュ!!
  エキゾーストは唱い 心は高ぶる...
  それは樹々の間に こだましてハーモニーを奏でる
 
   「風に乗り コイツと疾る!」

  真っ赤に染まりゆく空  日は沈む 
  残されたのは  二人のシルエット
  見上げれば 夜空には満天の星が
  誰もが 「想い出を語り 夢をささやく...」
 
   「風に乗り コイツと走る」




いや~、想い出して、恥ずかしくなるくらい、皆が熱かった...












Posted at 2015/10/26 19:38:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | THE SWINGING TIME MACHINE | 日記
2015年09月08日 イイね!

価値は、時代と共に変わる?

価値は、時代と共に変わる?私も、ユーノス(EUNOS)とかの、
言葉には、極めて敏感?に反応する。

でも、何がなんでも、集めねばとか?

見境なく、対応したりはしない(ボンビーだからかも?)




彼が、手に入れた「グッズ」は、正価(死語?)はいくらだったのか?
いや、定価ではなく、当時(バブル時?)の頃に、立ち上げたEUNOSグッズだったのだが...。


まずは、本棚から、カタログ集(私はコレクターではないので、時代準とか、全く整理してません
(まして、欠品とかをどうしても手に入れるとかは、「してません」m(_ _)m)



カタログには載っているはずもなく(それなりに、色んなカタログもあったんだな~??(^^ゞ)




まずは、クラブド・ユーノス




段々、紙質(いや、内容も大きさも)が、低下します?





その15号に、トートバッグが掲載されていました。





価格は?



クラブドユーノス16号だと、創世記?の頃ではなく、ユーノスに陰り?が出た頃の、グッズかな?と
思って、他のカタログも捜してみました(笑)



これにも載ってますね



もちろん、同じ価格

別なカタログも観ながら、当時、欲しかったけど買えなかった製品をチェック!??





こんな内に、これですよ!!



革ジャン(スエード)、これは「オープンカー乗り」としては、絶対欲しかったんだけど



12万か~?、買えなかったのかな? (この後、むりして 7万の革ジャン買ったんだよな~)
(今頃、後悔して、これを、買っておけば良かった、M2-01とかと同じ、
ただ、その時代  買えなかっただけ...ですね)

そのほか、当時は、それほど「触手」は動かなかったけど
これ! 買って置けば良かった  (^^ゞ



その他

これとかも、無理して買って置けば、良かったかも??

Posted at 2015/09/08 20:34:10 | コメント(8) | トラックバック(0) | THE SWINGING TIME MACHINE | 日記
2015年09月02日 イイね!

その昔

その昔家のリフォームに伴い、倉庫を整理していたら

なにやら「シビエ」のライトの函が、見つかった!!














現在の私のユーノスロードスターのフォグは、シビエである!

(特徴的なカバーは、父が捨ててしまって、亡くなったけど...、
そういえば、プレリュードの時のJBLのスピーカーも捨てられた...)

そんな昭和な時代を過ごしてきた、私には、シビエや(マーシャルetc)は、ブランドなのだ
ユーノスの良いところは、それ以前に、「ブランド品」だったMOMOやナルディ
ビルシュタインとかを、満載していたことだ。
(それが、似合うかどうかは、大事なんだけど...)




倉庫から見つけた「シビエ」4灯!!
仕舞って置いた記憶もないし

ワクワクしながら、函を開けた。



普通の、KOITOだった...。


そうか!、コスモの後の ブルーバード910ターボは、角目だったし、ハロゲンだったし、取り替える事もしなかったのか。

コスモに付いていた、これは純正の4灯なんだな...。

Posted at 2015/09/02 21:00:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | THE SWINGING TIME MACHINE | 日記
2014年01月02日 イイね!

アナログ盤

アナログ盤この記事は、ボクハナクについて書いています。

アナログ盤って、アナログ録音の事かと思っていましたが、レコードの事を、指すんですね。

かしぶち鉄郎さんなんて、全く知りませんでしたが
何故か、「MOONRIDERS (1977)」のアナログ盤は、聞いていました (^_^;

エロチックで、軽やかなサウンド!??


かしぶちさんも、63歳で亡くなったのですが、
大滝詠一さんも、65歳...、なんとも、早すぎる...

昔は、Wikipediaなんてものも在るはずも無く
この天才が、岩手県出身なんて、全く知りませんでした。








ご冥福を、お祈りします
Posted at 2014/01/08 22:47:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | THE SWINGING TIME MACHINE | 日記
2013年07月31日 イイね!

そんな時代

そんな時代この記事は、こっちの31もイイな~ について書いています。

青森が生んだ?天才、寺山修治の天井桟敷に、ルーツを持つ、東京キッドブラザーズですよね

でも、当時田舎で生きていた頃、そんなアングラな情報なんて、何もなかった。
カルメンマキの「時には 母のない子のように」の歌は知っていても、寺山修治の作詞だなんて知らなかったし...(そう言えば、昨年、記念館で、カルメンマキさんのコンサートとか在りましたね)

私がつながったのは、この坪田直子の「ピーターソンの鳥」

当時、外国のpopsも、飽きて、日本の新しい音楽(ニューミュージックですね、まさに)を捜していた頃
石川セリの「ときどき私は」に、衝撃を受けて、それからというもの、地元のレコード屋さんに、通って石川セリに、匹敵する「アルバム」を探していたのです。(いや~、田舎のレコード屋の限られたジャンルの新譜なんて、週に2~3枚・、その何年か後には、飛躍的に増えたけど、友達と全部買いあさっていた時代)

その中の一枚が、これ!(笑)


失敗でしたね、「なんだこりゃ~」!と

でも、クレジットを見ると



A-1. 黄昏だけなら生きてもいい (作詞;麻久悠、作曲;大野克夫)
A-2. 命あるものは樹から落ちた (作詞;岡本おさみ、作曲;岩沢弓矢)
A-3. ジュン (作詞;岡本おさみ、作曲;井上堯之)
A-4. 草の部屋 (作詞作曲;坪田直子)
A-5. 黒ずんだ象 (作詞;岡本おさみ、作曲;大野真澄)
B-1. 冬の鳥 (作詞;坪田直子、作曲;下田逸郎)
B-2. ハイウェイの少年 (作詞;岡本おさみ、作曲;井上堯之)
B-3. ガラスのメビウス (作詞作曲;坪田直子)
B-4. 太陽の鉛筆 (作詞;岡本おさみ、作曲;井上堯之)
B-5. ほし (作詞;岡本おさみ、作曲;岩沢弓矢)


ですね、1976ですか~~(話題の「ひこうき雲は、1973ですね、レコード屋に無かったな~f(^_^;)

さて、
レパードの初代30型系は(1980年 - 1986年)ですね(つまり2代目は1986~)

あの頃、「いつかはクラウン」と、セドリック、クラウンが、頂点に位置していた時に
レパードがデビュー!!

凄かったですね、セドリックの上に、位置するようなスペシャルティカーですよ!
(今では、当たり前かもしれませんが、それはもう、「誰が買うんだ」みたいな)





でも、当時は、今よりもスペック至上主義だった?

3000ccはあったけど、ツインカムも、(ターボのその後だった)なかったレパードは、
あのクルマZ10型(1981年-1986年)に完全に負けます。

私は、このレパードのデザインが好きだったのに、メーカーは、その形さえ否定した2代目と..
なるのですね



























19分40秒からのイメージ...しかなかった(>_<)

柴田さんは、この方と同じ時代に、東京キッドブラザーズだったんですね
Posted at 2013/07/31 20:37:14 | コメント(6) | トラックバック(0) | THE SWINGING TIME MACHINE | 日記

プロフィール

「何もしないと、ボケるかも?と思い、お願いされて、仕方なく引き受けた「調査指令」!?二つ重なって、今頃になってパニックになっている爺が居る..。(もう能力が無いの自覚しないと)」
何シテル?   01/18 16:09
春夏秋冬、美しい「青い森」に住んでいます。 ロードスターは、もう乗ってから28年か~? ! 同じ年に、LEGACYも、デビュー! こちらは初代から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

Alfa@KAZさんのマツダ ユーノスロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 22:28:08
(秋休みの) 『絵日記』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/03 04:53:43
紅葉を求めて 秋分の日 北海道 いろいろ三のつく旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/27 10:34:22

お友達

いい加減な、ロードスター乗りです、お気軽に、どうぞ 
213 人のお友達がいます
MasaCars親子sunMasaCars親子sun * bmasa (まさ)bmasa (まさ) *
たっき。たっき。 * roadysseyroadyssey *
ごんぞーごんぞー * YOURSYOURS *みんカラ公認

ファン

106 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
コイツが、我が家に来てから、28年目に...、色々な想い出を、一緒に過ごしました。 も ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
レガシィを、処分したので、ステングレイの買い替えにターボを選択 車高の高さで、「田んぼ ...
スバル レガシィグランドワゴン スバル レガシィグランドワゴン
LEGACYが発売されてすぐ、「BF型の1800M」 「BFのGT」 「BGのグランドワ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
同じ年にデビューしたロードスターの支援戦闘機として、我が家に配属されたのが、レガシィツー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.