• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白神爺のブログ一覧

2005年02月27日 イイね!

ぬか喜び(遠い春?)

ぬか喜び(遠い春?)暦の上の「立春」の頃から、雪の降るのが少なくなって、「春ももうそこまで」と言う気になっていた。

屋根の雪は変わらず多いのだが、もうこれ以上降らないならば、降ろす必要もないな、後は自然に融けるのを待つだけだ....。


と思っていたんですが


昨日から、また降ってきました、大雪です!
そして、明日からも「雪」「雪」「雪」の予報


肩にまた、どっさりと「のしかかった」




画像は昨日撮ったものです、夏頃は下のような風景なのですが(-_-;)
Posted at 2005/02/27 22:06:10 | コメント(4) | トラックバック(0) | 青い森 | 日記
2005年02月26日 イイね!

整形手術!?

整形手術!?NCは8のプラットフォームですから、変えられない部分も多くあって、苦労したと思いますが...?


NBに在った横のサーフィンラインと前後ろのバンパーの複雑なラインが無くなったし、8と違ってライトとボンエットとフロントフェンダーとの絡み合ったラインも無いから、フロントのバンパー部を替えるだけで、色々な顔が出来ますね!(笑)


そこまで考えて「開発」したのだとしたら、「凄いぞ!」?




後ろとかも、素材として「優秀」かも?
Posted at 2005/02/27 21:39:34 | コメント(6) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2005年02月24日 イイね!

ノスタルジー?

ノスタルジー?ロードスターに乗っていて不満な事は?のアンケートがあったらなんと答えますか?
「(欲しいモノは)何も無いこれで良い!」とは誰も言いませんねよ?(笑)


※4人乗れない ※週末に家族で行くときに、キャンプ道具、MTB、スキー他が載せられない(いや二人なら出来るんですが)

この要求は幾らなんでも開発者も無理ですね(笑)

でも、たとえば※トランクオープナーが無いといちいちキーで開けるのは不便※パッシングが出来ないと安全面で不安であり、ライトを挙げてから合図するのは不便※アンテナが取り外し式は不便である※パワーウインドーのスイッチが押し続けないといけないのは、高速などで不便※トランクの容量が、小さすぎて不便※リモコンミラーでないと不便※室内灯が足元しか照らさないと不便※カップホルダーが無いと不便  その他、※ヘッドレストスピーカーの音は、チープ

これらの事は、アンケートがあったら、そう答えたりしますよね
それで?NAから、NBになって「改善」されました。その後も、※集中ドアロックが無いと不便とか etc

たぶん、その後のアンケートでもこんなのがあったことでしょう?



☆サイドエアバッグやロールバーが無くても安全なの?(サイドエアバッグ装備、ロール・フープは飾りではなく横転時の安全確保に耐える)
☆幌が手動なのは面倒、せめて簡単にして(固定はセンターラッチ)
☆体型に合うようにティルト・ステアリングや、テレスコピックも装備して(ティルト・ステアリング装備、テレスコピックは無し)
☆センターにしかそれも、走っているときに使えないカップホルダーはイヤ!(ドアにカップホルダー装備)
☆収納部が無くて不便(5種類の荷物、小物収納部設置、シート後部の中央に小物入れ助手席側フロアトンネルに貨物用ネット)
☆ATは流行のステアリング上で出来るのがいいな!(オートマ車のシフトはステアリング上に)
☆腕が無くても、安全に曲がれるといいな!(2リッターは電子車体安定装置を標準装備)
☆それでいて安くね(^_-)-☆(1.8の価格は現行NB1.8と同価格)
☆もっと音が良いオーディオ(ボーズ製ユニット、シート背面車体側ににスピーカ)
☆△窓が開くといいな!(ウインドブロッカーはヒンジ付き?)
☆高級車はこれが無くっちゃ!(ステアリング上にクルーズコントロ-ルとオーディオコントロール)
☆使わないメーターは要らない!(油圧計はLとHのランプ表示)
☆シートヒーター(オプション)
☆屋根が幌なのは、セキュリティ面や信頼性で不利(RHT、後に追加)

他にも
☆カッコ良く、ダブルマフラーetc
☆風があたるのはイヤ!(風を整流、高いドア、Aピラー?)



これで、ついにロードスターは「安全」で「快適」で「完全無欠」なクルマになった!?










(上のほうの写真は、何も付いていなくても、欲しくなるような一例? 笑)
Posted at 2005/02/24 13:56:37 | コメント(8) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2005年02月23日 イイね!

スキーの世界考察?

スキーの世界考察?首都圏から、「叔父」が訪ねてくるとの連絡があった。
それも、昔の足跡をたどる旅らしい。
子供の頃滑った「大鰐スキー場」でスキーをし、悲しい事に叔父さんの親父さんが、遭難死亡した近くの「ランプの宿」に泊まるという旅

新幹線で来て、旅客機で帰るとの事で、私が大雪で大変な「足になるべくスキー場へお供をする事になった(っていた...)

あわててサイクルキャリアを外し、スキーキャリアに付け替え、スキーにワックスを塗る、久しぶりに履くスキー靴はインナーの外に露出する部分が融けてぬるぬるしていたが、何とか履ける。
平日だし、混んではいないだろうし、叔父さんと結構な年寄りだし、恥ずかしいが多めに見てくれるだろう....。




思えば、ロードスター仲間と最後のスキー(その頃に私はもう下火?)に行ってから パヤパヤ、いや早1○年も、行っていない。

当時でも、私だけがスキーで、他の皆はボードでした。それからは、スキーは恥ずかしいので全く行っていませんでした....。

すると、益々「この世界」は、「縁遠く」「恥ずかしく」なるんですよね(笑)
新しいモノだけが、「正義」の世界と言えるかも?

最近の皇族の方がするのが似あっているように、ハイソサエティ?な方がしているのが似合うんですよね(笑)

いや、私だって当時は「それに憧れて」通っていましたし、「そう思っていました」
仲間と揃いのチームウエアで決めた事や最新のアイテムにチェックに、ショップに通っていましたし...

でも、当時は時折ゲレンデで見かける「時代遅れのスキーヤー」には、私自身「(馬鹿な)さげすんだ見方をしておりました」

今その立場(いや、逆の立場か)に立ってみると、「まだ成熟していない世界なんだな(と皮肉のひとつも 笑)」
腕は衰えていないのだから、滑り出せば「その差は歴然なのに」、ゲレンデで一番長い時間を過ごすのは、リフト待ちですから、イキオイ「道具」を見るしか無い悲しい世界...。


実用の域を超えて、成熟した「趣味の世界」になると、「クラシック」「レトロ」とかの見方もあって「尊敬のまなざし」も受けるようになるんですね、「カメラ」とか「クルマ」とかもね、F、F1、F2~~F5、新しいのはイマイチとか(絶対進んでいるのに)クルマも、性能はどんどん良くなっているのに、「最良のポルシェは最新のポルシェ」とも言われていますが...(なぜか欲しい60~70年代モノ)


そういう意味で「スキーの世界」はそうなってませんね(-_-;)

ハンスヘンターゼアに憧れて「ブリザード」に始まり、二番目は定番「ロッシ」...性能からの脱皮?自由への憧れ「K2]、デモンストレーター目指し?「ニシザワ」行き着く先「小賀坂」(もう無いメーカーもたくさんあるんですね、、、遠くを見る目)

その頃の「名機」を乗っている人が現れたら、「羨望のまなざし」で見るとか、そんな世界になった時に「成熟」した!と思います
(いや、ただの貧乏の年寄りの遠吠え  涙)

(画像は、最近の専門誌は、「趣味の世界」に少しは近づいたかと思って買ったものですga..)

Posted at 2005/02/24 20:17:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 失くした趣味 | 日記
2005年02月20日 イイね!

ロードスタリストを目指して  その2

ロードスタリストを目指して  その2懲りもせずその1からの続きです(笑)

そう、いわば副タイトルが「うろ覚えのイギリスかぶれが、英国を語る」みたいな(^ ^;)ゞ




ロードスターと出会う前にも、愛読書(本流?)が 
(購入対象マニュアルとしての)「自家用車」→(スペックやメカニズム等の)「モーターファン」→「CG]→「NAVI」に変わって行くうちに、学校の授業では頭に入らない?米英仏伊etcの「歴史」「風俗」「気質」まで、おぼろげながら区別できるようになったのです?

それに従って(大きさと豊かさの)「米国車」→(信頼性、現実的な)「日本車」→(機械としての優秀さへの憧れ)「独車」に変わって行きました。

普通、現代的でダイナミズムに溢れた人なら、そんな選択が賢いいんでしょう?
「最良の○○は、最新の○○」ですし、「走り続ける人」なら当然です?

その先は「何を考えているんじゃ~、みたいな間違いだらけの選択ですね、たぶん?? (笑)
でも、そこからが「趣味の世界」なんですよね(深くは、入った事はありませんが (^^ゞ)


我が家で、買い続けた24~5台の自家用車、商業者を含めて、すべて「新車」しか買ったことが無い私には、その「趣味のクルマ」は夢ですが、現実には(田舎である事も手伝って?)「知識なし」「(地獄いや天国か?)ハマるお金なし」「根性なし」だったのです(今もですが (^^ゞ)

豊かな米国、華麗なスクリーンスター、大衆的ながら文化を感じさせるヨーロッパの映画を見続けながら、そこに登場し、憧れ、いつかは所有してみたい!の、「オープンカー」も、「夢」でしか無かったのです。

そこに、(もしかしたらルーツは、英国?と思わせる)「ユーノスロードスター登場!!」です

ロードスターがデビューした頃の広報誌に、林望さん(当時はロードスターオーナーだった)の「イギリスはおいしい」他の著書が紹介されていた(LEGACYも同じにデビューして、ブライトンと言うグレードの為か同じように林さんのエッセイが載っていた)




その当時は、自動車専門誌も新刊ラッシュで、TipoやREVspeed等も、こぞってロードスターを英国車の再来として、そのファッションや成り立ちなどの特集を組んでいたし、その中の一つ 「ルボラン別冊 The SWINGING TIME MACHINE EUNOSROADSTER」  の巻頭特集「風と虹の王国」で、英国に持ち込んでの、英国特集があった。

ロンドンから、スコットランドへ~~セントアンドリュース、ネス湖、~リバプール、ストラスフォードエイボン、ケイターハムとモーガンの工場を訪れ、ロードスターで英国の魂に触れる?と言う内容だった。

そんな旅に憧れた....。






そして、その意を確認した
いのうえこういちさんの、「オースチンヒーリー 英国車の愉しみ」
と言う本との出会い?

1.英国車的生活に憧れて  ~
  b.道具以上のなにか
  c.趣味をたどれば英国に行きつく
  d.旧き佳き時代のクルマたち
  f.クルマが失ってきたもの

2.カニ目を買って英国が好きになった  
  a.趣味としてのクルマ選び
  b.カニ目に至るまで
  c.カニ目のご利益
  d.カニ目としゅみの衣食住
  e.GT-Rとカニ目
  f.ミニの人気の陰に
  d.ポルシェとカニ目

3.そして、ヒーリーさんのことを、知りたくなった  
  a.カニ目の作法あれこれ ~~
  d.カニ目の快楽、スポーツカーの極意

4.英国のバックヤードビルダーたち
 a.ドナルド・ジェフリー ~
 c.コーリンチャップマンの場合~~

8.カニ目とクルマ趣味の愉しみ
 
  a.オリジナルにこだわる~~
  e. 集まってくる趣味の逸品
  f. クルマから離れると趣味が深まる


9.その後のヒーリー物語
  a.棄てる神あれば拾う神~
  c.ヒーリーさんを訪ねる
  d.変わらぬものと変わるもの

10.~
終章 ~~


カニ目ではなく、ロードスターなのに(^^ゞ

ウン、ウンと頷きながら読みました(笑)



明日へつづくのか?

Posted at 2005/02/20 17:32:11 | コメント(2) | トラックバック(1) | ロードスタリスト | 日記

プロフィール

「忘年会用に、探した「ロードスターぐっず」(いやマジで愚っ図だ)、ゴミばっかりだ~!(写真のモノは出せる筈もないし)」
何シテル?   12/09 08:51
春夏秋冬、美しい「青い森」に住んでいます。 ロードスターは、もう乗ってから28年か~? ! 同じ年に、LEGACYも、デビュー! こちらは初代から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/2 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

リンク・クリップ

Alfa@KAZさんのマツダ ユーノスロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 22:28:08
(秋休みの) 『絵日記』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/03 04:53:43
紅葉を求めて 秋分の日 北海道 いろいろ三のつく旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/27 10:34:22

お友達

いい加減な、ロードスター乗りです、お気軽に、どうぞ 
212 人のお友達がいます
Koji GSⅡKoji GSⅡ * むろっちむろっち *
bmasa (まさ)bmasa (まさ) * .Tom.Tom *
M2-GSX-RM2-GSX-R * MasaCars親子sunMasaCars親子sun *

ファン

105 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
コイツが、我が家に来てから、28年目に...、色々な想い出を、一緒に過ごしました。 も ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
レガシィを、処分したので、ステングレイの買い替えにターボを選択 車高の高さで、「田んぼ ...
スバル レガシィグランドワゴン スバル レガシィグランドワゴン
LEGACYが発売されてすぐ、「BF型の1800M」 「BFのGT」 「BGのグランドワ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
同じ年にデビューしたロードスターの支援戦闘機として、我が家に配属されたのが、レガシィツー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる