• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白神爺のブログ一覧

2011年01月29日 イイね!

ミニカトラック

ミニカトラック家の仕事も、順調に伸びてきて、道路に車も増えてきていた、そう日本が高度成長期に入った頃、厳格な祖父も仕事で使うと言う理由には反対できず?、我が家でもミニカトラック(正式にはミニカピックアップ?) を、買った。私は中学生で、周りにはまだまだ車を持っていない頃だと思う、車種を選ぶと言う基準ではなく、近くには、三菱しか販売店がなったのだ。

それまで海を見た事がないというほどではないが、初めて両親と弟を4人で海を見に行った(ボンネット型の軽トラの荷台に幌をパイプで組んで、荷台に2掛けのシートを付ける事が許されていたのだ)荷台のシートは、それこそ粗末で後ろ向きで座るのだが、弟と二人で、ワクワクする体験だった、バスとかでは無く、自分の家のクルマで海をみたのが、忘れらない体験だ。

その車で、この友 の引越しを手伝った、彼の家の近くの、当時としては、田んぼの中のスゴイ直線道路で、40km/h巡航(10分?)していると、突然、エンジンがブスブスしだして、やがて停まった! 当時の免許は、『構造』と言う講座があったのだが、試験対策で問題は理解していたが、実践上では全く理解していなかった。
友人と二人で、さてどうしたものか?と、村はどちらへ歩いても、かなり遠い(もちろん携帯電話などあるはずもない)そのうちに、誰か通りかかるだろう..なんて、のんびりしたものだ(笑)
誰も通らず(たぶん)、しばらくしてもう一度エンジンのセルを回すと掛った!!(^O^)/
(たぶん、パーコレーションだったのだろう、40km/h巡航10分で..そんな性能の時代)


その当時、軽免許は16才で取得可能だった、私は高1の冬に、自動車学校へ通って、取得していた、クラスで 二人だけ軽免許を持っていた、もう一人の彼は、その後ダンプの運転手をしていた...、今ではどうしているか..(遠い目)

高2の私は、その車で最初の事故を体験したf(^_^;

バイクとぶつかった、幸い誰もケガは無かった、当時は、なんだか牧歌的な取調べがあって、私の不注意と言う結果だった。

その時、人生最初(で最後?)の体験も、裁判所から呼び出され高校から歩いていった(^^ゞ 裁判所で、警察官なのか、検察官なのか、裁判官なのか、当時はともかく、全く今でも解らないのだが、調書をみて質問を受けた。私が悪いのはあきらかだと自分は思ったが、調書に書いてある事が、事故当時の相手の証言と全く違っていたので、その事を素直に話した。

その後、全く音沙汰が無かった(今のこのような仕組みの詳細は知らないのだが、たぶん、私の対して反則金か何かの承諾を取りたかったのだろうと思う、それが警察官ではなく、検察官?であるがゆえに、私の(反対)意見を受けて、警察に差し戻して、相手の証言との食い違いの証言etc...、煩雑な事をしてまで、支払う金額に合わないと判断したのだろうと(^^ゞ) 

その後、交通事故は、警察や裁判所などが関わるような(いや関わらないような)システムになったような(重大事故でなければ?) f(^_^;
Posted at 2011/01/29 10:43:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | たいむましん | 日記
2011年01月28日 イイね!

何も無かった頃

何も無かった頃子供の頃の記憶は断片的で、それが幾つの時だったのか解らない..
そして、貴方に重なる記憶があったとしても、今でもそうなのだが、田舎と都会の時代の格差・進歩の具合は相当あったと思う、その頃は、全くよそで何が起こっているのかわからない時代だったと思う、そう、子どもの行動範囲なんて家の周り300mくらいだろう

我が家は、田舎で小さな商店を営んでいた、店の前は国道なんだが、記憶にあるのは舗装なんかしていなかったし、祖父が、時々、川から砂利を運んできて、※注1 道路の穴を塞いでいたのを記憶している。それもたぶん週に1回くらいと頻繁にだ、毎日する事だってある、それは道に落ちている馬の糞を掃除する事で、お店の前だけでも、毎日毎日あった。
毎日の私の祖父への手伝いは、「炭の俵」と箒を、お店の内から、店先に出す事だった。

お店の仕入れは、「駄賃付け」と今で言う運送屋さんに、朝に頼むと、街(弘前市)まで行って仕入れて来るのだ、車ではなく馬に荷車を引かせて、一日いっぱい掛って街から運んでくるのだ(現在ではバイパスを使えば20分だ)、田んぼを耕すのだって、牛か馬だったし、土建屋さんが、土手から砂利を運んでくるのも馬だったのだ(そう、馬場競馬みたいに)
でも、バスは通っていたし、最寄の駅まで歩いて20分だが、電車もあったのだ。

車は、時々しか来なかった(と思う)なぜなら、冬に道路が凍りつくと、ゴム長靴にスケートを付けて遊んだ、時々来る車や馬車?の後につかまって、滑った記憶がある(そう、車のスピードも出ていないし、転んでも、次に車が来る事がないからだろうと今になって思う)当然、怒鳴られたりしながら

夏になると、我が家では「氷水」を売るのだが、機械はもちろん手回しだったし、氷を入れて置く冷蔵庫は電気ではなく、木で出来た扉の付いた冷蔵庫だった。

もちろん、電気は通っていたが、我が家は裕福ではなかったし、他の家もそんなもんだったと思うのだが、電気を使うものは、電燈の他には、ラジオくらいしかなかっただろう、冷蔵庫はもちろん、洗濯機もテレビも..
ガスも無かったし、水道もなかった、カマドに木をくべて、ご飯を炊いていた。


母の実家には、茶タンスと一体のラジオがあった(昔の写真があるので覚えている)我が家のラジオは、30cmくらいのヤツだった、それでラジオを聴いていた(自分では記憶は無いが、私は理髪な子だったらしい  笑)『みっつの歌』と言うラジオ番組で曲を聴いて当てるのを、誰よりも早く正確に出来た子だった..と

その頃は、本もなかなか買えなかったのだと思う、小学校に入学する前に「ひらがな」を読めるのが、クラス50人で、私一人だったと記憶している、それは、積み木のようなカルタにひらがなが書いているおもちゃと、絵本を買ってもらえたのが私だけだったからだと、思う..


我が家が裕福でなかったという「私の想い」は、TVが我が家に来たのが相当遅かったからである。現天皇である「皇太子・美智子様の御成婚」は、子どもの行動範囲を超えている500mくらい離れている「他の家」で観た(たぶん初めてTVを観たのだろう)

それから、「シャボン玉ホリディ」や「怪傑ハリマオ」力道山の「プロレス」を、隣の家に観に行っていた。そこにばかり行くと迷惑になると、向かい三軒隣にも行った記憶がある。

我が家には店を始めた厳格な祖父がいて、贅沢は敵みたいな教えがあったのではと今になって思う、我が家にTVが来たのは、私が小学4年のときだった、それも、義兄の家から、旧くなったのを、貰ったのである。(それでも、当時普及率で言えば、部落ではそう遅くは無かったのではないかと思う)






そう、我が家が車を買うのは、まだまだずう~っと先のこと..(つづく)


このブログは、個人の思い込みや間違いが多いかもしれません、あしからず
Posted at 2011/01/28 15:46:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | たいむましん | 日記
2011年01月26日 イイね!

ずう~っと言いたかった事?

ずう~っと言いたかった事?ロードスターは、生い立ち の経緯から、極めて純粋な「ライトウエイトスポーツ」を生み出す事が出来たのですよね




「人馬一体」というキーワードで、2代目・3代目に受け継ぎ、次の4代目の主査が変わっても、
きっと「人馬一体」は、表現されていると思うのです!


でもね、私が感じていたのは、もしかしたら「人馬一体」に集約される「スポーツカーの体力・才能」ではなく、その昔に、憧れていた(いわば)「ブリティッシュライトウエイトスポーツカー」の姿だと思うのです。


「全てが希望に満ちて、未来は明るい」と言う時代に、デザインされたモノは、美しい!?


でも、その技術が生い立ち(バックヤードビルダーが多かった?)ゆえに、乏しかった!?

その時代のデザインを、技術が確かなメーカーが造ってくれたら、もうそれだけ「素晴らしい」と
車だけでなく、色んな事象で思っていたのです。





奇しくも、J58Gのデザイナーが、掲げたテーマ「THE SWINGING TIME MACHINE 」!!
彼も、きっと彼の時代のクルマがタイムマシンで、顕われたのを感じていたのでしょう!

いや、それを目指したのでしょう!



それで、その時代が、いかに素晴らしいか語って行くために(*^^)v
(いや、新しいコトを何も知らないので、年寄りは「昔を語る」しか無いのですが...f(^_^;)








「ロードスタリストを目ざして」ではなく、「THE SWINGING TIME MACHINE 」に変えたのは、そんな「旧い・新しい」ロードスターが欲しいからです





Posted at 2011/01/26 22:03:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | J58G | 日記
2011年01月25日 イイね!

冬の日の晴れ間

冬の日の晴れ間たまには、雪片付けの休みを (^^ゞ

考えてみれば、レガシィを、1ヶ月もガレージから出して無かったんです。

セルが..苦しかった...(>_<)




まずは、近くの温泉へ

途中の雪景色が、キレイでした!

 1

 2

温泉の横の池に、白鳥&鴨?がいました。

 3




さて、電気店巡りをしてから、時間をもてあましたので
前から行ってみたかった、白鳥の川へ(↑の池とは違う場所です)

 4

我が家の近くの川にも、同じくらいの白鳥がいますが、土手が高くて車を停める場所も無いので
「白鳥単体」を撮るしかないんですが、ここは、土手の下に降りられます。

 5

何年か前に、全国放送されていたある事件がありましたが、来てみて納得..

 6

えっ、白鳥ではなく黒鳥!?

 7

いや、カメラの露出のせい(笑) α100ですf(^_^;
 8

鴨がなついてます、どんどん人の方へ、歩いてきます

 9

鳥インフルエンザの騒ぎがあってから、どこも「餌を与えないでください」に、変わりましたね

 10
高台から、監視してますし、かわいいからと言って、餌はあげられません f(^_^;

 11

 12

最後に、桜の並木道で、雪景色を撮りたかったのですが、冬季閉鎖でした...(道が無かった...)

Posted at 2011/01/25 23:08:30 | コメント(8) | トラックバック(0) | 青い森 | 日記
2011年01月16日 イイね!

幸せの朝

幸せの朝「幸せの朝」と言う歌は、クリフリチャードでしたっけ?!












歌の題名とは違いますが、曲のイメージとしては こちらです(^^ゞ

(いずれにしても、古すぎて、誰もしらないよね~  f(^_^;)

雪国の「標語」いや「合言葉」に、

『雪は道路に出さないで』

と言うのがあるんですが、これって、極めて疑問!?

こちらとしては、『道路の雪を、家の入り口に置かないで!』なんですが...

年明けから、そういう訳で、(雪が降らない日も)毎日、毎日、「除雪」と言う錦御旗?で
家ノ前に(我が家は、間口が8間もあったりして)、雪を捨てられるのです...(>_<)

ご近所が、家の横に雪をそのままにすると、ますます、自然と
(空いている)我が家の前に置いてゆく事になるのです??



そんな雪との闘いのなか、

日曜の今朝は、「初めて雪が降らない」「除雪車も来ない」
平和で、「幸せな朝」でした。





Posted at 2011/01/17 14:41:36 | コメント(10) | トラックバック(0) | (恥ずかしい)日常 | 日記

プロフィール

「台風が通り過ぎてからの方が、りんごの落下は多かった..、でも、多くの被害でもなくて、一安心! そして、明日からは、いよいよ「稲刈り」が始まる。」
何シテル?   09/18 15:38
春夏秋冬、美しい「青い森」に住んでいます。 ロードスターは、もう乗ってから28年か~? ! 同じ年に、LEGACYも、デビュー! こちらは初代から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

Alfa@KAZさんのマツダ ユーノスロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 22:28:08
(秋休みの) 『絵日記』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/03 04:53:43
紅葉を求めて 秋分の日 北海道 いろいろ三のつく旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/27 10:34:22

お友達

いい加減な、ロードスター乗りです、お気軽に、どうぞ 
210 人のお友達がいます
コロ衛門コロ衛門 * TOKIOTOKIO *
萌えるゴミは火曜日と金曜日@プニプニ~♪萌えるゴミは火曜日と金曜日@プニプニ~♪ * roadysseyroadyssey *
GOAGOA * ロドスタRF マシグレVSロドスタRF マシグレVS *

ファン

104 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
コイツが、我が家に来てから、28年目に...、色々な想い出を、一緒に過ごしました。 も ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
レガシィを、処分したので、ステングレイの買い替えにターボを選択 車高の高さで、「田んぼ ...
スバル レガシィグランドワゴン スバル レガシィグランドワゴン
LEGACYが発売されてすぐ、「BF型の1800M」 「BFのGT」 「BGのグランドワ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
同じ年にデビューしたロードスターの支援戦闘機として、我が家に配属されたのが、レガシィツー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.