• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

glasurit2のブログ一覧

2018年01月28日 イイね!

寒いがエンジンは絶好調!

寒いがエンジンは絶好調!40何年振りの寒さだそうですが、我がボロシェ寒いのが大好きの様子でエンジンは実に快調です。快調なことは良いのですが燃費が悪いのでガソリンをたっぷりと消費します。ところが最近のガソリン価格の高騰には参ります。毎日原油価格が上昇しており、また、来週にもガソリンは再値上げをしそうな気配です。1L.¥150を超えたら当分の間はガソリンを入れません。

先日満タンにしたのですが直ぐ減っていきます、タンクが小さめなので減りも早めですね。欧州の各メーカーがE.V.へシフトするのも理解出来ます。不安定な価格の原油に頼るのはリスクを伴っていきます、ポルシェも親会社の要請なのかEV化へ進んで行ってますね。車重の軽い電気自動車が良いな。

修正をしたシフトレバー実に快調ですスコスコ入ってくれます。ノブもグラついたり外れそうな気配もなく、今のところは良い動きです。以前2速へ入れる際、たまに硬く入ることがあったのですが、シフトレバーの角度を調整してからは、スムースに入るようになりました。なんせアナログ・マシンなので、ほんの少しのことで良くなったり、悪くなったりするもんです。

走行後に下側をチェック、オイル漏れは見て取れません。寒い時期はカラカラ状態の感じで気分もよろしいです。暑い時期はなんとなくジワリとした感じが見て取れますが、寒いと調子が良いようです。寒い国のクルマなんですね。

エンジンルームも乾いてます状態、湿度が低いと全てが良い様子が見て取れます。都内が寒いのも今日ぐらいで明日は10度程になるそうなので、2月が来ると都内は春が近づいてしまうのかな、良い季節なのにガソリンが高くて乗れなくなるとは、、、
Posted at 2018/01/28 17:21:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月01日 イイね!

Happy New Year!

Happy New Year!2018年の始まり、午前中いつものように近くを軽く流してみると国道は空いているものの、遅い車の流れに入ってしまい気持ち良く走ることは出来ず、あとは、いつもの狭い一般道路を走ってみると、そこは走っている車が少なく快適至極の元旦走行。

快適に走っていると、また、シフトノブが外れそうな気配、上から押し込みながらの走りとなりました。危ないのでいつもの場所でクルマを止めノブを上から押し込みます。これで、一応外れる気配はしないので暫し様子見となります。

国道以外はがら空きの道でしたのであっという間に帰りつてしまいました。何とは無しにリアのエンジンルームを開けてエンジン周りをチェックして見ます。気になったのが燃料フィルターの上に着いているパーツがありますがその近くに外れたコードが1本遊んでいました。ちょうどリア・フードの死角に入るのでコードを入れる場所が見つかり難く、手で触ってみると差し込み口のようなものがあります。

そこへ、コードを差し込んでいくとハマりました。それで良いのか不安ですがとりあえずこのまま様子を見ることに。不思議なもので何処かを探ると必ず何か問題箇所が見つかります。

昨年11月にリアのショックをオーバーホウルしましたが、やはりその効果は良い様子です。明らかにリアの動きが滑らかでスムースに気持ちよく走ることが出来ます。フロントもやったほうがいいのかな?また、昨年末に問題があったシフトノレバーも曲がりを修正出来たので、シフトが確実で気持ちよく操作出来ます、一部新品パーツに入れ替えたのも効果ありかも。問題はシフトノブが外れないこと、リプロですが新品なので触った感触が滑らかで気持ちが良いのです。ということで、新年早々気持ち良く走ることが出来Happyな1年を迎えることが出来ました。皆様も良い年をお過ごしください。
Posted at 2018/01/01 17:48:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月24日 イイね!

Merry Christmas,

Merry Christmas,先週末に走り終えてシフトが変なのに気がつきました、シフトをローに入れたつもりがサードに入ってしまうのです。ローに入れるのは、相当左側に持ってくる必要があり、これはおかしいと思いシフトレバーごと外してみました。

外したレバー本体を見てみると、やはり左側にレバーが傾いていました。解ったものの手で動かしてみてもびくともしません、裏側を見ると2本のバネで止められています。こいつを外してレバーを抜いて傾きを修正するのが良いのかと思い、とりあえず1本だけバネを外して見ると、バネはビョインと伸びてしまい元の場所へ戻すのには大変な作業になることが分かりました。

何をやってもダメなので、とりあえず曲がったレバーの修正を先にトライします。結局もう一度レバー本体をボディに取り付けて、シフトノブを押しながら時計逆回転で廻していくと、シフトレバーが動いてくれます。何回か作業を続けると真っ直ぐな位置まで修正ができました。大成功!

シフトレバーの修正は上手くいきましたが、お次は外してしまったバネの戻し作業が残っています。再びシフトレバー本体を外し部屋に持っていき、アレヤコレヤらの作業が続きました。まず、バネを縮める必要があります、そこで家にある使えそうな工具を吟味して見ますがいずれも駄目。結局諦め日曜大工センターへ行き、使えそうな工具を探します、プライヤー関連の工具はどれも大きなサイズはパッケージされていて試すことが出来ません。

そこで、目に留まったのがクランプ・タイプの物、最初に右側の物で試して見ると上手くバネが縮まり、これでOKと思い購入をして家でやって見るとバネの力が強くて、トライを重ねるうちに空回りをしてしまいダウン。再びお店へ行き別のクランプでトライをして見るとこれなら大丈夫でした。

このクランプならバネを縮めることが出来るので、本体に木の棒を差し込み、そこにバネを入れて、クランプで挟みながら締めて行きますがここでトラブル。クランプの片方がゴム製になっているのでバネが食い込みどうしても縮んだバネ外すことが出来ません。さらにクランプだと縮んだバネを上手く所定の位置に持っていくのが困難でした。

悩んだ末にもう一軒、クルマ専門の工具を扱っているお店があるのを思い出し行ってみました。お店の人にバネを見せながら工具の選定をしてもらいます、結局プライヤータイプの物にたどり着きました。試しに選んでもらったプライヤーで木の棒に入れたバネを挟んでレバーを引くと大成功。これなら出来ると思いましたが、本体と上手く挟むことが出来るか解らないので、家まで戻りレバー本体を店に持って行き再度トライをして見ました。自転車での往復走行2回片道20分。

お店に戻り、先ほどのプライヤーでレバー本体にバネを所定の位置で試して見ると、先ほどのプライヤーでは口の開きが足りず駄目でした。もう一つ別のプライヤーで試すと、こちらは口も大きく開きトライをして見ると一発OK大成功。これを買いましたが値段が高いドイツ製。

最強プライヤーを手に入れたので怖いものなし。こいつがあれば作業は楽なので、ついでにパーツも新品に入れ変えました。シフトレバーの下にあるスプリングに着くプラスチック製のパーツです下側のみ変えてみました。上のパーツが新品と古いのでサイズが若干違う様子でした。なので、上は変えずに古いまま。

要約完成致しました。このバネというかスプリング太くて丈夫で扱い憎い半世紀前のドイツ製のモノです。その扱い憎いモノを退治できたのがドイツ製の工具。ドイツのモノを退治するにはドイツ製で直すのが良いようです。今年のクリスマス・プレゼントはプライヤーになってしまいました。
Merry Christmas
Posted at 2017/12/24 10:45:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月11日 イイね!

12月中盤、今年も終わりが早そう。

12月中盤、今年も終わりが早そう。あと2週間と少しで今年も終わりとなりました。10、11、12月というのはどういうものか、他の月とは違い早く過ぎて行くような気がしてなりません。そんな師走の日曜日に、久しぶりに911を動かしてみました。考えてみると、修理をしてから満足に走らせていません、なかなか時間が合わずクルマには良い季節なのに動かすことが出来なかったのです。

走るといっても近くを軽く流しただけですが、幸いにもオイル漏れは収まった様子ですし、リアのショックを修理した甲斐もあって走りの方は気持ちよく走ることが出来、やっぱり911の走りは気持ちがイーの一言です。しかし、この季節の難点は15時以降の太陽光線、帰り道は生憎この光が目に飛び込んでくる時間帯走るのが辛いのです。

帰ってからトライしてみたのがこの作業、エンジンオイルのキャップを開けてみると蓋には水滴、パイプの内側には白いオイルの汚れのようなモノが付着してました。両方とも綺麗に拭き取りキャップは走行後しばらく外したままにしておくこと数時間。オイルが冷めてからキャップを閉めル事にしました。

先月修理をした際、オイルを入れるところの上に付いているホース、これを交換したらこのようなゲル状のものがダラリとたくさん出て来たわけですが原因は水蒸気がオイルと混ざって出来るモノ。なので、走行後オイルキャップを開けて蒸気を逃がしてやることを試してみました。しかし、走行後に毎回やるのは結構面倒な作業とも言えます。

先日、本屋さんでCarGraphicが目につき何気なくページをめくると、こんな記事が出ていたので何年かぶりに買ってみました。タルガの特集というのはあまり記憶にないので読んでみたかったのです。もう少し、記事が長いと良いのですがさらりと終わってしまうのが残念です。

最後のページにミツワの広告が出ていて、私と同じ型式のエンジン修理の広告。ミツワで修理をしていることは知っていましたがこれだけの作業、パーツ代・工賃が気になるところです。
Posted at 2017/12/11 09:27:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月27日 イイね!

小物特集。

小物特集。今月は、仕事絡みで毎週土曜、日曜が埋まってしまい、クルマに乗れない日々が続きます。せっかく修理が終わったというのに近くを流すことも出来ません。そんな日々の中、細かなパーツを手に入れました。まずは、シフトノブ、迷った末にリプロ品にしました。

左がリプロ、右が純正、比べると文字の大きさが違います。オリジナルの方が字も径も小さく細い、比べてみるとよく分かります。

エンド部分は、オリジナルはやはり長年の使用のため削られ多小薄くなっております。左側、新品は言うことなし。

試しに装着をしてみると、新品なので入れるのに力が入ります、それでも、以前のように下の方まで入って行きません。何度か回し込んで入れて行きます、一応いい感じのところまで来たので、シフトを動かしてみると、リプロとはいえ、新品なのでしっかりとした様子が手に伝わって来ます。最初は、純正にしようか迷いましたが、値段が200ドル以上もするので諦め、リプロにしましたがこれで様子を見てみます。古いオリジナルは一部が欠けてしまいましたが、JB WELD金属用接着剤で補修をして、さらに内側の削れた箇所もJBで補修をしました。リプロはデンマーク製のdanskで作っているモノです。値段は$39.97。

お次は工具です。今回は、レンチのセットをドイツよりe-bayで購入をしました。レンチもオリジナルタイプは無いので前から探していましたが、本当のオリジナル・セットはバカ高いので買えません。たまに、安いセットが出ていても、何回か買い逃してしまいチャンスを逃してましたが、今回ようやくゲットすることが出来ました。

届いたレンチは幸いにとても綺麗で安心しました、ドイツのケルンにあるshopです。ただし、このセットも私の911の年代だと5本セットで構成されてますが今回は6本セット。最後の17X19のセットが無く、16X17.18X19との組み合わせになってしまっています。なので、17X19を買えばセットが揃うことになります。

こちらが、本来の美しいオリジナルの状態です。この全オリジナル工具がケース・セットごと、たまに売りに出ていますが、20〜30〜.40万円代の馬鹿げた世界とても手にすることは出来ません。なので、何年もかけてコツコツと一つずつ、安いものを探しては揃えて行く面倒な作業。これも、ひとつの宝探し的な意味合いもあり、買って失敗か成功かは、手にして初めてわかる実に不安な体験が待ち構えています。まだ、足りない純正工具は何点もあるので、今後もe-bayでの宝探しは続きます。
Posted at 2017/11/27 09:49:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「寒いがエンジンは絶好調! http://cvw.jp/b/1237656/41034384/
何シテル?   01/28 17:21
Elfer70です、よろしくお願いします。 911を所有して15年、修理の連続でお金が持ちません。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

ドアストップ (ドアチェック)補強補修 ファイナルアンサー? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/25 09:05:07
動画編 「ソリチュードリバイバル」 。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/07 09:44:54

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) kaeru-go (ポルシェ 911 (クーペ))
911と同じで東京の夏がとても苦手です。6月の梅雨の時期から9月まで約4ヶ月間はお休み状 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.