• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

glasurit2のブログ一覧

2017年10月09日 イイね!

最高の天気の連休!

最高の天気の連休!10月になり良い気候となりましたが、この連休、気温が高いです。そんな、気温が高めの休みの日に、現在修理中の911を外に出し、ちょこっと整備をしてみました。しかし、気温が高いので蚊がまだいて何発も食われました。10月に蚊に襲われるとは、地球温暖化は温暖蚊と言っても良いくらい外に出ると食われる始末。

本日行った作業は、この箇所です。ナンバープレートを照らすリアのライト・ハウジング部分です。何気に眼に付いたので、初めてこの箇所を外してみることにしました。プラスのドライバーでネジを外すだけですが四角いパーツがフードのバッジと干渉をしてしまいRとCの箇所を外しました。バッジを外せば本体がイヤイヤ顔を出し後は配線を外すだけです。取り出してみると、なんとも酷い状態でした。金属の部分は錆と汚れで固まっていて、サンドペーパーとヤスリなどで錆と汚れを落としていきます。

こちらは、金属部分この中と外、両方ともかさぶたのような汚れと錆で覆われていました。中側を磨いていくとHellaの文字が見えてきます製造メーカーが判別しました、今から48年前(1969)のモノでしょう。

とりあえず磨きの終わった金属パーツ。ここまで戻すのに1個、約1時間ほどかかりました。2個なので2時間ほど要しました。プラスティック製のボディに付くゴムのパーツがカキンコキンで、今度パーツをアメリカから取り寄せたほうがいい様子です円高になるのを待ちます。

一応、錆と汚れを取り除き元の場所へ無事ご帰還となりました。しかし、球はまだ大丈夫そうですが、この酷い状態でよくもランプが点いていたことが不思議でした。それ位悲惨な状態です球はいつ誰が交換をしたのか解りません。パーツは本体ごと有りますので交換することは可能ですが、とりあえず今回は磨きで対処をして行こうと思っております。もう一度磨いて、後はゴム製のラバーシールを交換して、球も新品を入れてあげればなんとかなりそうです。しかし、10月なのに、太陽の光が強く日向にいると焼けそうな気がするので日陰へ移動しながらの作業となりました。
Posted at 2017/10/09 19:42:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月17日 イイね!

ボロボロと、、、

ボロボロと、、、先月駐車場からクルマを出すと、クルマを止めている左後ろ辺りにグリーンのオイルにような液体状のモノを発見しましたが、何だかわからず???この状態でいました。そして、今月クルマを走り終えてオイル漏れがないか下を覗いてチェックをしてみると、何と、左後ろのショックからオイルが漏れているのを発見しました、犯人はこいつでした。約12年程前に交換をしたビルシュタインです。

どうしたもんかと悩みましたが、お世話になっているメカ様に相談をして見ると。やはり、ショックをオーバーホウルするしかないのでその作業を依頼しました。待つこと2週間、昨日午前中に来て頂き作業をしてもらいました。

あっという間に、馬乗り状態になり、ついでの作業でブレーキ・ミッションオイルの交換も行ってもらいました。まずは、ミッションのオイル交換から気がついたら新しいオイルを入れ込んでいました。そのあと、ブレーキオイルの交換、これも手馴れたもんで一つずつオイルを抜いたあと新しいオイルを入れ込んで行きます。いずれの作業も早いので抜く作業は見れませんでした。

自分は何をやっていたかというと、ホイールの汚れ落とし作業です、特に後ろの少し凹んだ所にブレーキのダストがついてしまい、この汚れを落とすことに専念しました。気を付け無いといけないのがこの箇所は細かなアルマイト塗装になっているのでザラリとしたモノで擦るとアルマイトの塗装もハゲてしまうそうです。従って、柔らかなスポンジで一番いいのはキッチン用の洗剤だそうですが自分はシート用の洗剤で洗ってみました。

メカ様は、あっという間にこのショックも抜き取ります。しかし、実に簡単な構造ですね、上のネジを外し、下のボルトを外すと下側からストンとショックが落ちて来ます。レースなどで鍛えられたクルマ、レース中にも簡単に取り外しができる仕組みが垣間見れました。メカ様からは、事前に後ろのショックを外してもユックリと走ることは出来ると聞いておりました。フロント側は抜いたら支えがなくなるので落ちてしまうそうです確かに見ればわかる。

抜き取られたショックはオイルで汚れていました、片側はオイル漏れの兆候は見て取れませんでした。メカ様が汚れているショックをウエスで拭き取ると塗料も一緒に落ちて来ます。オーバーホウルをしてもらう所は塗装まではしないということなので装着後自分で禿げた箇所を塗装するしかありません。ショックを外して足回りをメカ様が確認をするとプラスチック状のキャップのようなパーツが劣化し割れていてジョイントが外れている状態でした、このパーツも次回交換してもらいます。

壊れていたパーツの見本、完璧に壊れていました。片側も装着はしているものの劣化の具合は酷いもんです。馬に乗っているので自分でチェック出来るところはしてみると、右側のヒートチェンジャーの奥の箇所にオイルが漏れているのを発見しました。メカ様に見てもらうと、そこではなく、上のエンジンルームを覗きライトを当てるとここから漏れているかも、ということで、次回この箇所のOリングだそうですがこれも交換をしてもらうことにしました。これでもダメだと、お次はオイルクーラーのOリングになるかも、というわけで、また色々と悪くなってきている様子が見て取れます。

今日の作業は終了!次回はショックの修理が終わり次第ということですが2、3週間後となりそうです。駐車場に戻す際ショックがないので抑えが効かず上下によく揺れます、しかし車高は変わりませんね。秋が始まりだしたのに当分走ることが出来なくなってしまいました。
Posted at 2017/09/17 09:26:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月27日 イイね!

地獄の暑さが過ぎ去って

地獄の暑さが過ぎ去って一昨日のあの都内の地獄の暑さ、夜の10時を過ぎても何と31度、無風。毎年都内を襲う例のヤツですが昨日を過ぎ、今日になると風が出て空気もスッキリで快適な日曜日となりました。日差しが陰ればさらに快適なので近くを軽く流してみました。

太陽光線が直撃するとさすがに暑いのですが曇れば大丈夫、快適とは言えませんが何とか走ることは出来ます。今週が夏休み最後の日曜となるので、多少幹線道路も交通量は多い気がしましたが、我が911オイルの温度も安定したまま、しっかりと走ってくれます。facebookで海外の古い911のコーナーが有りそれを見ていると、何とエンジンから煙を吹いている写真が載っていました可哀想に。助言でファンベルトのチェックと消火器は必ず持っていることなど、コメントが載っていましたが古いポルシェ火事になるのですね。それだけは、何とも避けたいものです。

日陰に入れば快適です、無事に火災も起こさず戻って来たのでエンジンルームを開け燃料が漏れていないかベルトはきちんとしているかなどチェックをしてみました。一応大丈夫な様子ですが今後の保証はありません。

燃えないでくださいね!と言ったところでどうすることも出来ませんが、目視チェックだけは走行前後行うように心がけたいものです。

この嫌な季節、オイル漏れも気になります。ジワっとオイルが滲んで来たら即拭き取るようにしてます。夏だと1,2滴クルマの下にポトリと落ちて来るときがあります。

通勤・買い物と10年間使用して来たマイ・バイク、さすがにいかれて来た様子で、漕ぐときチェーンとリアのギアがうまく噛み合わなくなってしまい、shopに聞いたところ要修理が必要とのことで分解をしてshopまで運ぶことに相成りました。修理期間、約2週間ということです。47年間使用の911何はともあれ、実に丈夫というか頑丈というか壊れ難いというか、火さえ出なければこの先も延命のご様子で有り難いことです。
Posted at 2017/08/27 21:02:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月13日 イイね!

真夏の初体験!

真夏の初体験!今年の夏は快適です(先日の36度の日以外)、こんなに涼しい都内は私の記憶には殆んどありません。2000年以降、地球温暖化というやつで毎年夏の都内は異常な暑さに見舞われておりました。しかし、今日の午前中も快適、そこで、近所のスーパーまで買い物に行くことが出来ました、なんと真夏の初体験です

お盆の真っ最中なので、いつもの道も空いておりました。風もいつもの夏とは違い、走っていると結構涼しげな風が車内に入ってくれます。道も空いていて、風もいい感じであっという間に到着をしてしまいました。

クルマを降りる際目に止まったのがスピーカーの網状のカバー、こいつが外れていました。これを直すのは結構面倒ですが今日は涼しいのでトライをすることに。

リアのポケットを途中まで外し、前側のポケットのネジを外します。ポケットを倒した途端カバーも落ちて来ました。ドアの開け閉めの振動で外れるのかもしれません。

カバーを所定の位置にセットして後は元に戻すだけ。簡単な作業ですが暑いとこんな作業もしたくありません。今日作業をした時間は午後13時頃、普段なら一番暑い時刻ですが今日はさらりと出来ました。

ポケットを前後共、元に戻して作業は終了。少し、太陽も出て来ましたがなんとか大汗もかかずに作業ができました。このクルマを購入したのが2001年冬、16年間毎年6月頃から10月の初旬まで暑くて乗れない年を過ごして来ましたが、今年初めて8月のお盆の時期に911で買い物に行くことが出来ました。約1週間ぐらいこのような涼しげな天気が続くようでとても助かりますが、その後、もの凄いあの暑さが襲って来たらたまりません。どうか今年の夏は、このまま快適な異常気象で居て欲しいものです。
Posted at 2017/08/13 16:28:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

神様ありがとう!

神様ありがとう!今日は信じられないほど気温が低めの日曜日。太陽の日差しも雲に阻まれ涼しく快適です。近所のスーパーへ買い物に行くので911を連れ出しました、30度以下なのでこれなら熱中症にもなりません。風があって気温がこれくらいなら都内でも走れますね。

久しぶりに走ってみるとシフトのノブが緩いのか若干動いて来ます。買い物を終えた後、シフト・ノブを調べ、ノブを出し入れしても緩むのでビニールのテープをシフトレバーに巻き、その上に付属の金属パーツを挟み、シフト・ノブを入れてみると緩みは収まった様子です。新車の時から、おそらく装着されている様子のこのシフト・ノブ、47年経っている訳ですが自分の手にとても良く馴染んで良い感触です。

こんな作業でも、暑いと汗をかきまくり上手くいかないこともありますが、今日は汗もかかず落ち着いて作業が進みます。蚊も今日は来ない、おかげであっという間に終わりました。

ついでに、今の季節湿気もこもるので黴止め剤をドアのポケット周辺と、ドア・アームに塗布しておきました。3ヶ月有効と書いてありますが果たしてその効果はどれ程か試してみますが。

ドアを少し開けると良い風が入って来ます、夏でもこれ位の気候だと助かります。昨日までの暑さが嘘のようです、少し雨も降ってくれると良いのですが。少しは降ってくれたのかな?

という訳で、我が911も涼しいのでご機嫌のようです。北からの涼しい風が入ってくれると都内でも楽になります。南太平洋の高気圧、もう少し南の方でおとなしくしておいて欲しいものです。しかし、明日は33度になってしまうのかアー残念。
Posted at 2017/07/23 15:26:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「最高の天気の連休! http://cvw.jp/b/1237656/40553287/
何シテル?   10/09 19:42
Elfer70です、よろしくお願いします。 911を所有して15年、修理の連続でお金が持ちません。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ドアストップ (ドアチェック)補強補修 ファイナルアンサー? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/25 09:05:07
動画編 「ソリチュードリバイバル」 。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/07 09:44:54

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) kaeru-go (ポルシェ 911 (クーペ))
911と同じで東京の夏がとても苦手です。6月の梅雨の時期から9月まで約4ヶ月間はお休み状 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.