• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2017年12月14日 イイね!

LSD装着二回目のサーキット走行テスト

前回のサーキットテストでは消耗した一般スポーツラジアルRE71R 195/50-16サイズでした。

今回はセミレーシングタイヤのR888R 205/45-16サイズに交換して、LSDとのマッチングテストも兼ねて走行しました。




道路が混雑するのを避けて早朝に出発。
出発時は-1℃で、時間調整のために道の駅に入った時は-2℃。

>


コースに到着した時、気温は0℃でしたが路面温度を測ると-1.4℃・・・
セミレーシングタイヤは性能を発揮できる温度領域が狭く、当然ながらこの温度では通常のスポーツラジアルタイヤよりグリップしません。



日が少しでも高くなるまで待ちましょう~

AM9:00を回る頃にはコースに日が照り始めました。
しかし、3コーナーは惟然影・・・

多少でも、日が昇るまでの時間を待つあいだに、車両だけは走行できるように準備をおこない受付を・・・









最初の2周は滑りまくりでしたが、LSDが搭載されているおかげでスロットルコントロールで切り抜けられます。

まともに走れていないと思っていたけれど、後でラップタイムを見るとLSDが装着されていない時の速いタイムと変わらないタイムが記録されています。

セミレーシングタイヤとLSDの組み合わせの本領発揮といったところですね。

動画については、車載のカメラの調子が悪く撮れていなくてFBのLIVEで流した私の動画をDLしました。





タイムはアップしたのですが、楽しさという面では、通常のスポーツラジアルタイヤのほうが意のままにiQを動かせる感じがして、人によっては楽しいと感じるかもしれません。

今の仕様で今の走らせ方だとほぼ限界のタイムだと思います。
これ以上速い記録を出そうとしたならば、天候等の条件と僕自身のiQに対するドライビングのやり方を変えるほか無いように思います。

Frパットもそろそろ交換する必要な感じでもあるんだな・・・
タイヤ代も含めて辛いぞ( ̄▽ ̄;)

Posted at 2017/12/14 16:04:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | LSD | 日記
2017年11月13日 イイね!

実戦的なLSDの凄さ!2017WRCモンテカルロから・・・

ラリーは、公道という場所で様々な条件の中で、誰がどの車がどのチームが速いか決める競技です。
ですから我々の走る行為の極限の姿と言っていいでしょうね。

世界ラリー選手権の第一戦は冬のモンテカルロ。
昔から「雪と氷のラリー」と言われ、名作映画の「男と女」にも登場してきます。
冬のモンテカルロは舗装路に雪+圧雪+氷の世界。

どんなに高性能なマシンでも、LSDがなければ路面に駆動力を伝えることは困難ですし、ドライバーがマシンに
動きを与えてやることが困難になります。



それぞれの時代で、市販車へフィードバックさせる最高の技術を投入するラリーにおいて、空力や車体剛性、エンジン特性などハード面に加え、最高の技術を持つ、ドライバー、コ・ドライバー(ナビゲーター)、メカニック、エンジニアなどのまとまりが勝つためには必要になります。
それがラリーがモータースポーツの王道と言われる所以ですね。

さて、LSDは機械式がメインなのはご承知かと思いますが、一時期(Gr-A中盤期)の日本車優位に時代は電子制御のアクティブLSDがありました。
これは後半レギュレーション上禁止されて、機械式とされてしまいました。

しかし、ここで復活したのがモータースポーツの歴史が深いヨーロッパメーカー勢。LSDがなければ、まともに走ることが困難なラリーカー。

機械式LSDの中身は、角度のついたカムと、左右車輪の差動を制限するためのプレートと、そのプレートに初期の作動力をかけておくスプリングの三要素です。

この組み合わせで、作動タイミング、作動時のレスポンス、差動の力を変えられるのですが、その組み合わせは膨大な量になります。一朝一夕ではモノにできません。

そこが歴史の深いヨーロッパ勢の凄さで、昔からのデータが豊富なんでしょう。

機械式LSDになってもタイムアップしてきています。
そこに歴史の凄さがあるんですよね。

実は今回、私がLSDを製作依頼したのは日本のLSD製作の老舗「C」さんです。
「C」さんのファクトリードライバーY選手と私とで意見交換しながら造りあげた試作品なんですよ。

そんな名品を是非、世に出したい・・・
iQという潜在能力を持つ車を忘れさせたくない・・・

Posted at 2017/11/13 11:34:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | LSD | 日記
2017年11月08日 イイね!

試作iQ専用LSD(リミテッドスリップデフ)の走行テスト前準備

試作iQ専用LSD(リミテッドスリップデフ)の走行テスト前準備試作品が完成するまで5ヶ月、組み込み完了まで2ヶ月を要した「iQマニュアル車専用LSD(リミテッドスリップデフ)」。
明日、ようやくサーキットテストの予定です。

今日は撮影機材や測定機器の準備を行っているのですが、ちょっとトラブル。
今のご時世、ウェアブルカメラが主なんですが、メインのウェアブルカメラが充電中に壊れてしまいました( ;∀;)

やはり、老舗(元祖)のメーカーのものの方が良いという訳かな・・・

ということで、明日は一昔前に戻って重い吸盤式雲台にデジカメを載せて動画モードで撮影します。
でも、同時に今風にスマホでフェイスブックでの走行シーンLIVEをやろうかと思っています。
お楽しみに(うまくできなかったら後日YouTubeで・・・)(´∀`)

おっと!赤外線式温度計やGPSデータロガーも忘れないようにしなくては・・・

今日は雨なので静かかな、と思いきやまた外で水道管?ガス管?の布設工事が始まった・・・
空いた日に、本の原稿を書いたりするんですが、条件が整う日がない・・・

この本も、クラウドファンディングのリターンの一つだから、早々に書き上げないとダメなんですがね~

Posted at 2017/11/08 14:08:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | LSD | 日記
2017年11月06日 イイね!

慣らし運転終了後4日目点検

午前中は試作LSD組み込み後、数日たったので点検しました。



両輪を持ち上げ1速でアイドリング回転中です。
両輪が同時に回っていますよね・・・

LSDが入っている証です。
ちなみに通常デフでも回るのですが、片輪を押さえて止めることができます。
しかし、LSDが入っている車両は止められません。
(危ないのでマネしないでくださいね~)

僕の私財が殆ど投入されている試作品・・・
iQという車を忘れさせないためのプロジェクトでもあるんです。
https://readyfor.jp/projects/13688
Posted at 2017/11/06 11:26:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | LSD | 日記
2017年09月05日 イイね!

よくわかるデフとLSD(リミテッドスリップデフ)の動画(´∀`)



なぜLSDが必要なのか?と不思議に思う方は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか?

機会がある方に僕が口頭で説明しても、すごく時間が掛かってしまって、なかなか理解していただくまでお時間を割いてくれる方も少なくて・・・

そんな中、Youtubeをみていたらわかりやすい動画がいくつかあったので紹介しますね。

まずは、通常の車には100%使われているデフ(オープンデフとも言います)の原理です。
内輪差を吸収するのが目的ですね。

FFとFRはそれぞれの内輪差で1個、フルタイム4WD(AWDとも言います)は前輪側内輪差、後輪側内輪差、前後側との回転半径の距離差(この部分のデフの名前はセンターデフと言います)が生まれるので3個、軍用車や実用系4WDはセンターデフが無い(必要な時のみ4WDにして普段はFFかFR)ので2個です。

オープンデフの写真




リミテッドスリップデフ(LSD)の写真
中のクラッチプレートが見えます。





原理の動画です




それを単純にした解説動画です



そしてリミテッドスリップデフ




戦場や建築現場とかの悪路とかモータースポーツのように、内輪が浮いて滑りやすくなる、滑りやすい路面では滑る側の車輪にエンジンパワーを盗られて、接地している車輪に力が伝わらなくなります。
悪路や脱輪したら空転して車が動けなくなりますよね?
だから、軍隊用車両、ダンプカー等には当たり前のように装着されています。

モータースポーツ用としては、これがないことには、どんなにパワーアップしても空転するタイヤ側に力が逃げて、加速させる役割を担う接地しているタイヤに力が伝わらないんです。

ラリーカー他のモータースポーツ用4WDは、3つ装着されるLSDの効き方のタイミングや強さで運動特性をもコントロールします。

iQでLSDが必要なのは、キビキビとスポーツ走行までをもカバーしようとしたら、当然の流れですよね。また、スキーとかに行こうと思えば、スタックするかしないとかの不安感が消えるので安心度が違うんですね~
Posted at 2017/09/05 11:05:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | LSD | 日記

プロフィール

「今からりらく○だけど雲行は怪しい業務終了の2:30はどうなんだろ?最悪ステラは置いて徒歩で帰るか... 約2時間の行程f^_^;」
何シテル?   01/23 13:58
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

よろしくお願いいたします(#^.^#)
272 人のお友達がいます
G-styleclubガレージ付賃貸住宅G-styleclubガレージ付賃貸住宅 *みんカラ公認 SCEANASCEANA *
s206s206 * 2lew2lew *
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 midnightbluelynxmidnightbluelynx *

ファン

264 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。街中から高速移動、たまにのスポーツ走行 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.