• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年10月28日

改革 かわるモーターショウ。子供も楽しめるへ。

改革 かわるモーターショウ。子供も楽しめるへ。 海外メーカーの不参加によって、例年に無く、会場に余裕があり、ゆっくりと見て来れた。

意外に開催初日の土曜日以外に行った方々のハナシを聞くと、例年通り混んでいたようだが、土曜日は閑散とまでは行かないが余裕を持ってブースを回ったり写真を撮影できた。

今回のモーターショウで、僕が注目したのは、地味ではあったが「自動車総連」のブースだ。

ここでは、親子で「ペーパークラフト」を作ったり、キューブ(実車!!)に参加者がペインティングできたりといった参加型のイヴェントを行っていた。
これが従来のギッシリのモーターショウだったら目にも留まらなかっただろうが、今回は、ブースとブースの余裕もある事から目に留まってじっくりと拝見できた。

ペーパークラフトのコーナーでは、専属の係員が参加者をフォローしながら、子供たちが真剣な目でクルマを作り上げている様が印象的だった。
クルマにペイントするコーナーも、子供たちが一生懸命、画を描いている姿が微笑ましかった。

そのブースの周りには「未来のクルマ」をテーマとした子供たちの絵がたくさん飾ってあったが、現代のクルマ事情を反映しているのだろう。。。。セダンを描いている画が殆ど無く、ワンボックス系ばかりば目立ったのが面白かった。
そして、何と言っても環境というキーワードで、「水で動く自動車」とか「排気ガスの出ないクルマ」とかいったクルマの画が多かったのも特徴的だろう。

しかし・・・・僕の世代なら、必ず何人かは描いていただろう「スポーツカー」の画が無いのには参った!!

スポーツカーはもはや絶命危惧種なのか!???

そう思った時、一台のリアルなスポーツカーの画が目に飛び込んできた。

ミドシップにハイブリット!!まぁ、参加した組合の関係で 「レクサス」 というのがシャクニ障るが、環境も絡めたスポーツカーの絵を発見して僕は正直嬉しくなった。

この「自動車総連」以外のブースでも、意外に子供たちの姿が多数見れて、さすがゲーム世代!ヴァーチャルのシュミレーターを盛んに、色々なブースでやっているのも時代を反映してるなぁ・・・と感心した次第だ。

こうした事を見ていると、これが例年のカメラ小僧が溢れて、人込みでごった返しているモーターショウなら、これほど子供の姿を見ただろうか?
もちろん今までも子供の姿を行く見た、でも、明らかに親主体で子供は付いて来ている・・・という風情だったが、今回は子供が主体という感じが多く、これも新しいモーターショウの姿なのか?とも感じた。

ギュウギュウ詰めで、ゆっくりとブースの係員と話せなかった以前のパターンではなく、自動車よりも、部品メーカーの技術などが目立ったモーターショウに、新しい息吹を僕は感じた。

ペーパークラフトを真剣に造り、クルマに画を描き、色々なシュミレーターに一喜一憂する子供たちが大人になってクルマにどう接してくれるだろうか?

GT-Rに座れたよ!とはしゃぐ子供たちも居れば、コペンやCT&Tを見て「コレ!カワイイヨォ」とめを輝かす子供も居たりと、まだクルマの未来は捨てたモンじゃないと思った。

ただ、それを持続させるには、儲かるクルマ、売れるクルマばかりを作ってきた、メーカーのこれまでの姿勢を改めなくてはならないだろう。
売れなくとも、オープンカーやスポーツカー、ライトウェイトスポーツカーを工業製品とでなく、感性に訴えるモノとしてクルマメーカーが頑張らなくては、そうした芽が摘まれてしまう事を認識せねばならないだろう。

「華やかなのがモーターショウ」という概念を捨て、これからを育てる、全世代に楽しめる、技術を発信するモーターショウとして「東京」が、新しい価値観をしめせたら・・・そう僕は感じた次第だ。



ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2009/10/28 18:04:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

魔王ゾーマ討伐!的【栃木洗車オフ】 ...
にん肉まんさん

ヤフオク20%還元クジで購入した商 ...
marveric740さん

今度の日曜日は「24丸昇レトロ自販 ...
中2の夏休みさん

9月23日は2017LEXUS全国 ...
しゃもっちさん

いずも&ひゅうが はじめてのツーシ ...
だぶるえっくすさん

タイニー・タイニー・ハッピー
ウルトラ観測員Rさん

この記事へのコメント

2009/10/29 22:27:21
親の影響なのか、ウチの息子たちは、オープンカー、ドリフトしそうなFRの車(羽根つき)、
ランエボやインプレッサ等にセンサーが働くようで、街で見かけたら、必ずはしゃぎます^^
このスポーツカーを描いた子のお父さんもクルマ好きなんでしょうかね

街ではあまり目にすることのないクルマを、実際に見たり触ったりできるのはイイですね
今回幕張に行った子どもたちの中から、
未来のカーエンジニアやデザイナーが現れることに期待しています^^
コメントへの返答
2009/10/30 20:28:07
確かに親の影響って計り知れないですよね。
今までは、クルマに関しては、それを後押しする何かが無かったように思います。
何も走り屋や、スポーツカー好きを養成すると言うのではなく、クルマが好きだという観点から、未来のデザイナーやエンジニアを養成すると言う観点からも、周りがフォローできれば、クルマ文化の裾野も広がるのに……と思います。
そう言った意味で、こんかいのモーターショウは試金石かもしれませんね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.