• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年10月31日

実力 五味康隆氏、石川真禧照氏 とのモーターショウ スズキ編

実力 五味康隆氏、石川真禧照氏 とのモーターショウ スズキ編 自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショーで、五味康隆さんや石川真禧照さんが異口同音に言っていた言葉が、「スズキ」と「マツダ」の評価が低すぎるという言葉だ。

確かに、スズキは先代のスイフトで、造り込みの大事さに開眼し、それが「キザシ」に集約されたと言っても過言では無い。
エンヂンも正直、以前のスズキの軽は特に、メンテを怠ったり、走行距離が伸びると「白煙」を吐く個体が多かった。

白煙 未だに白煙を上げて走る軽自動車が多いのには参った!
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/8469731/

マツダも昔々は、防錆が悪く、アチコチがすぐに錆びて酷いモンだった。
それでも、斬新なデザインや、その他のメーカーに無い個性が受けて新車にモデルチェンジして、最初は爆発的に売れるけど、月を経る毎にどんどん販売台数が減って、それがまるで男子の小水が描く弧の様だったので「マツダのションベン・カーブ」などと業界では揶揄されたもんだ。。。。

そして決定的だったのが両社共、泣きたくなる位、下取りに出すと安くなってしまった事だ。

しかし、その両社共に日本のクルマの歴史に名を残す名車が沢山あることも事実で、スズキの場合、このクルマがあったからこそ今があるというクルマが30歳を迎えた。

「アルト」

僕の世代には、「アルト47万円」というCMがすぐに思い出されるくらい画期的な軽自動車だった。

当時は、軽自動車最大の危機的状況で、正直、軽自動車不要論まで出ていた。

日本のモータリゼーションの発達過程では、ファーストカーとして多くの軽自動車が輩出され、ファーストカーとしての地位を確立していた。しかし、高速道路網が発達し、普通車の値段も下がってくると、軽自動車の需要は激減し、税制等で優遇はあったが、如何せん中は狭いし動力性能も・・・という事で、敬遠される様になってきた。

そうすると、軽自動車達は一斉に、ファーストカーの夢を捨て切れず、豪華に華美に見えるデザインにはしり、それが限られた寸法の中で行われた結果、実に陳腐なモノになってしまっていた。そこへ、経済的にもゆとりが出て、女性の免許保有率も増えて来た時期に、セカンドカーとして割り切り、機能を充実させ価格を最大限抑えたアルトを発売したのだ。

果たせるかなアルトは、あっと言う間に日本の道路に溢れる結果となった。それから、軽自動車は息を吹き返し、また、新たなステージを歩む事になった。

最初は安いというキーワードで売れた「アルト」だが、代を重ねる毎に、ツゥインキャムや回転ドライヴァーズシート、スライドドアの採用など常に革新的なモデルだったのだが・・・
スズキのメインステージには、最新のクルマではなく、ピカピカの初代アルトが飾られていたのが印象的だったが、それが逆に今のアルトを表している様で感慨深かった。

そのステージの後ろには、最新のアルトが置いてあったが、まさに初代と比べると晴天の霹靂、豪華な造り込みに時代の遷り変わりを感じ、そして、今アルトがどうあるかが逆に問われていると感じた次第だ。


そんな逆風吹きすさむアルトだが、新しいアルトにも先代から受け継がれた、優しさがキャリーオーヴァーされていた。
フロント・サイドシルが先方に行くと一段低くなっており、乗り降りの際に足が運び易くなっているのだ。
ちょっとした事だが、こうしたさり気なさが大事だと僕は思っている。

「小さなクルマ大きな未来」のキャッチだったスズキも、今や普通車にもどんどん新しいクルマを送り出している。 「スズキが評価されていない」、一番のクルマが「スプラッシュ」かもしれない。

CMでは、女性向けの様なイメージで売り出されているが、いやいや実際に乗ると、意外以上にしっかりとした足回りに、シートなども硬質。
これは・・・と思ったが、石川さんが、その謎を解いてくれた。

つまり、スプラッシュは欧州でオペルにOEMされる。その為に開発にはかなりオペルからリクエストが出てきたそうだ。

そのうちのひとつが、アウトバーンを140km/hで走行して左コーナーに突入した時に前方が渋滞。それを安定して安全にクリアーできる操安性を備えていること・・・・

これは、かなりハードルの高い要求だが、スズキはほとんどこのリクエストに応える事が出来たと言う。それを聞くと、あの足回りのフィーリングに納得が行く訳だ。
それなのに、オシャレ感ばかりが強調された宣伝では、あまり実力が伝わらないのが残念で仕方ない。

そして、これまでのスズキでは考えられなかった「大型車」が「キザシ」だ。

エクステリアなどは、語り尽くされた感があるが、僕が一番気に入ったのがメーターのデザインだ。



どっかのオプティロンなんたらに影響されて、最近の各社のメーターは「赤や青」のまるで歓楽街のネオンサインみたいなデザインが流行っているが、「キザシ」のメーターはそれらに反して硬派だ。

モノトーンの色調に、カチリとした書体。

さらに僕のハートを鷲づかみして離さないのが、放射方向性文字だ。

こうした文字盤のデザインはクルマには少ない。

これを見ていて僕の脳裏に浮かんだのが、ロレックスの「デイデイトⅡ」で



シンプルでありながら、存在感あるデザインのメーターに、色仕掛けのメーターの多い昨今、清々しい清涼感を覚えた。

「キザシ」をトップモデルに据えた、新しいスズキのラインナップ。

果してアルト以来のスズキの評価を変えるか?大いに注視してみたいと思うのだ。

ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2009/11/01 01:20:19

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

トヨタ マークX用ドライカーボン製 ...
axispartsさん

ナンバーオフセットステー😍😍 ...
ぐんちゃさん

991.2Carrera T , ...
DORYさん

がす資料館(GAS Museum) ...
nanamaiさん

仕様のお話!?
シュピーゲルさん

マストじゃ無ければ行かない銀座w
minnjiさん

この記事へのコメント

2009/11/01 08:45:17
私もスズキを見て、かなりしっかりとした車作りだなと感心しました。キザシも、完成度が高くて売れそうだな思ったのですが。。。知名度や販売店の少なさが足を引っ張るのかなと思うと、歯痒いです
コメントへの返答
2009/11/02 00:09:55
本当にここ数年のスズキのクルマの完成度は上がりました。
正直、安かろうが・・・・からの脱却です。

しかし、ネックは販売網ですね。

どうしても大手のメーカーと違って、ディーラーの根本が違いますからね。

それでも、スイフトが月間の販売台数でベスト20に入るのですから、まさに良いクルマは、何をしても売れるの典型ですね。
2009/11/01 14:02:21
嫁さんの車の本命がスプラッシュでした(^O^)
ちょっとラゲッジがせまいのと(でも後部座席を倒せば広いです)、ESPがないのだけが…
今でも気になってますよ
しかも新古車が凄く安いし…(^O^)
コメントへの返答
2009/11/02 00:13:12
ベースがスイフトで、向こう(欧州)の要求で、多人数ではなく、あくまでパーソナルカーで作られていますから、ホイールベースが切り詰められてますからねぇ。。。
そういった意味でのユーティリティは厳しいかもしれません。
2~3人乗りでタウンユースで使うなら間違いなく買いのクルマだと思いますね。
2009/11/01 23:03:18
以前は「安いだけのことはある」メーカーだと思っていましたが、2代目スイフト以降のクルマはそれに加えてあらゆる質感が向上しており、乗ると驚かされることばかりですね。特にスプラッシュにはもう…すっかりやられました。この値段でこの走行性能を持ったクルマ、使い回しをしている割には安くない某日産に見習って欲しいものです。

ただ、クルマは良くても販売店(営業)が三流で…いくらクルマが良くても、ちょっとここで買う気にはならないなという思いをしてしまうディーラーが多いのが残念です。
コメントへの返答
2009/11/02 00:25:11
スプラッシュの完成度は、いやぁ販売店から出た瞬間に感じましたね、
あの小さなボディなのに、カッチリした感じがヒシヒシと伝わって来るんですね。しかも、どっかのビュンビュン系より軽快で楽しい!!
確かにコストダウンばかり目に付く、仏蘭西かぶれの、どっかのメーカーに大いに見習って欲しいモンです。

masa'sへのレスにも書き込みましたが、やはり販売店の原点がねぇ。。。。どうしても、修理工場や町工場からですから規模も小さいし、横の繋がりが希薄なんで雰囲気が大手には敵わないのが残念ですね。

2009/11/02 04:29:01
キザシのメーター、BMWにそっくりなんですけど。文字の向きが円周方向か水平かの違いだけで。中央上の警告表示も瓜二つ。

スピードメーターとタコメーター、燃料計と温度計がBMWとは左右逆なのは、独自性の表れ?
コメントへの返答
2009/11/02 05:19:46
お互いに二輪車もやっているカーメーカという面白い共通点があって面白いですね。BMWはずいぶん昔からこのタイプで、もはや伝統と言って良いでしょう。
速度計と回転計を左右どちらかに持って行くかは永遠のテーマで、日本でもずいぶん論議されていましたね。
有名な所では、マツダと日産がレースで鎬を削っていた頃、GT-Rとサヴァンナとではレイアウトが逆で大いにどちらが人間の感性に合っているかなんてファン同士でもめたモンです。

ちんどん屋みたいな、とにかく多色使いのメーターが高いクルマに溢れている現代。
こうしたモノトーンのメーターを、あえて自社のフラッグシップに採用したスズキの判断はすごいですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

BMW バックフォグライトの利用例 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/16 13:25:27
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.