車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年05月04日
深溝 排水性を極めるとタイヤはこうなった!
深溝 排水性を極めるとタイヤはこうなった!  それまで、せいぜい型式でしか呼ばれなかったタイア達が、コンセプト毎にサブネームを持つようになり、各社の中で、大まかに言えば「スポート」、「コンフォート」、「ベーシック」みたいな順列別にブランドが確立してきたのも1990年代だったように思う。

BSだったら、「ポテンザ」、「GRID」、「レグノ」、「B-Road」。
ヨコハマは、「アドヴァン」、「GRAND PRIIX」、「AVS」、「SCIENCE」。

 面白いところでは、東洋ゴムがミニヴァン専用と銘打って「トランパス」を出したのもこの頃だ。

 クルマの需要が増え、タイアもそれに呼応するかの如く、サブネーム、ブランドがどんどん増えて行き、日本人が好む、「スポーティだけど五月蝿いのはねぇ」という需要には、ヨコハマだと「INTECH」、住友ゴムだと「ルマン」、オーツタイヤからは「ZIEX」で、「コンフォートだけどスポーティ」という向きには、ヨコハマ「ASPEC」みたいに、まさに 「痒い所まで手が届く」 の幅広いラインナップが出てきた。

 (TOP画像は、当時のINTECHの広告。実際に僕も履いていたが、なかなか良いタイアだった・・・閑話休題)

 そんな中、機能性を突き詰め「排水性」と見た目で「アローシェイプ」が各社各様に出てきた事は前回述べたが、さらに「排水性」を突き詰めで行った結果、ついには「深溝」のパターンを有するタイアが、 「雨中後の筍」 の様に、これまた同じ時期に各社から出てきたのだ!

 その先鞭となったのが、独逸の CONTINENTAL 「AQUA CONTACT CZ99」 だ。


一見しただけで、こりゃ排水性がよさそうだと直感できるパターンで衝撃的だった。

この 「AQUA CONTACT CZ99」 だが、記憶が正しければ当時広告で

「同サイズのタイアに比べて 1/2 の時間で路面の水を排水すると」

豪語していた。まぁ正直な事を言うが、雑誌などのインプレでは、排水性に関しては「アクアプレーニング」を起した、いや一歩譲って「起しそうだった」という記述を診た記憶が無いが、操縦性に関しては、あまり良い評判を聞く事も無かった事を告白せねばなるまい。

 そして不思議なもので、ほぼ同時に、当時絶好調だった 「GOOD YEAR」 から、その名も 「AQATRED」 というネーミングのタイアが出ていた。


偶然(?)とは恐ろしいもので、亜米利加からも同じ様なタイアが・・・・

 こちらの方が、パターンが繊細で、それまでのタイアという概念から一見すると逸脱していない様な気がするが、コンセプトは独逸のタイアとまったく一緒で。。。。やはり、ドライでの操縦性、グリップという点で問題が無かったとは言えなかった。

 そこまで過激になってしまった「排水性」への飽くなき挑戦も、ドライでの操縦性、グリップ力という点で大きな問題を呈していたのだが、それじゃあ、こんなんはどうでしょう?という事で、


左:ヨコハマの「AVS EXCELEAD V210」、右:DUNLOP 「SP SPORT 303TP」

操縦性やドライグリップに関わるセンターを残し、代わりに左右に深溝を切った、ヨコハマの「AVS EXCELEAD V210」、やDUNLOP 「SP SPORT 303TP」なんていう 後だしジャンケン 的なタイアまで出現した。

 しかし、そうした「深溝」タイアの命は残念ながら長く無く、つまり、ドライでの操縦性、グリップの問題や、新品とタイアが磨耗し始めた時との「排水性」の格差が大き過ぎるという問題と、コンパウンドの材質の研究が進み、シリカに代表されるような、元々ウエットに強いモノが出てきた事もあって、あっという間に衰退してしまった。。。

 こうした機能性を追及したパターンの他に、この時期ならでは第参のデザイン性をトコトン求めたタイアも出てきた。


見た目指向の代表格BSの「POTENZA DAGG」

 BSの一応、「POTENZA」のネーミングは冠しているが「DAGG」や、DUNLOP「SP9000」なんてその代表格だろう。。。
 ちなみに、「DAGG」は 「Drivng A Go Go」 の略なんだそうだ・・・このタイアは僕も履いていたが、意外に排水性が良かったし、ノイズも少なめ。もちろん、POTENZAの名前を冠しているのでグリップもソコソコで、実に良いタイアだった。

 パターンで賑わったクルマのタイアだったが、材質の革新とエコロジーの要求から、2000年代に入るとパタリと派手さが鳴りを潜め、パターンは大人しくなってしまった。

 あれは「タイアのバブル」だったのか・・・・

 二輪車の派手なパターンを眺めていると、そんな事が頭を過ぎったという次第なのだ。
ブログ一覧 | タイア | クルマ
Posted at 2011/05/04 21:18:47

イイね!0件



タグ
この記事へのトラックバック
耐ハイドロプレーニングタイヤ、」 From [ 廃車再生 クラシックカー・オーナーっす! ] 2014/06/07 09:11
とうとう関東も梅雨に突入、 プゥーのスープラボディーカバー が届くのが明日・・・・・・時すでに遅し あぁ~~~(√Д\)。‥゜*‥゜~~~ん!!!!  雨が続くと思い出すが、幻のタイヤ?POTE ...
この記事へのコメント
2011/05/05 01:25:44
このテのタイヤは、メディアでは結構厳しい評価をされていましたね。

僕はこの当時でもドライグリップ命!雨天時は気合と根性!(笑)で、凌ぐ派だったので、あまり食指は動かなかったのですが、自動車文化の中では雨天時の安全性の確保というのは切実な命題だったように思います。現在では一過性のモノとして済ませられるのですが。

実は、ランフラットタイヤというのも、このテのものと同じく一過性のものと斜めに見ています(w。

しかし、BMWが積極的に取り組んでいるので、過去のプロジェクターランプの件もあるから・・・ひょっとして、これがスタンダートになってしまうカモ?っという心配もしていますが・・・(爆)。

コメントへの返答
2011/05/05 09:41:11
それまでのタイアの機能と言えば、ドライでのグリップや操縦性の向上が主眼だったのですが、この頃になって、いや、待てよ、実際に雨の日にヒヤッとした事が多いのでは・・・という考えが多数出てきたと思うのです。
極端なハナシ、排水性が良ければグリップだって大丈夫みたいな、ある意味で機能の切捨てと集中で、こうしたタイアが出てきたと思うのですが。。。
しかし、いくらウエットの性能が良くても、ドライの性能が落ちてしまっては、やはり評価されないという現実に突き当たってしまい、衰退してしまいました。
ランフラットタイアは微妙ですね。従来の重量が重くなる、タイアとしての減衰特性が劣ると言う致命的な問題も、BMWのあの執念でずいぶん良くなってきましたからねぇ。。そうなると確かに言われる現実が訪れるのか?
我々は歴史の証人になるのかもしれませんね。
2011/05/05 08:39:30
ジョグにTT91、軽トラにディレッツァ901が
付けていますが、最近はコンフォート系の
タイヤばかりで面白くないですね。
軽のメジャーなサイズの155/65R13も
選択肢が減って今に至っております。
(安い)ポテンザ愛用者なんですが・・・(苦笑)
コメントへの返答
2011/05/05 09:47:06
TT91ってエラク、スポーティなタイアですよね。一見するとセミスリックみたいでねぇ。。
四輪の世界は、まさにエコの波にもまれて一気にコンフォート、エコがキーワードのタイアばかりが目立つようになってしまいましたねぇ。
マツダの企業CMじゃあないですが、「エコ」は必要最低条件で、そこからスポーティ・・・みたいな発展系のタイアって出てこないものかって思ってますよ。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.