• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2006年07月11日

失恋 三菱 i はまだまだ発展途上だった。。。

失恋 三菱 i はまだまだ発展途上だった。。。




三菱 i の大試乗会。よいよ締めくくらねばなるまい。

残りはパッセンジャーシートとドライヴァーズシートに座った印象だ。

ここまでの試乗で、先進的なエクステリア、軽とは思えない闊達でフレキシブリティに富むエンヂン、何よりも下手な高級車より優れたATの素晴らしさは実感できたが、残念ながらリヤシートの居住性と快適性の低さは如何ともしがたい事は述べた。

凸凹のフロアー、常に路面の凹凸をひらいリヤシートの住人を揺さぶるサスセッティング・・・

正直、i のリヤシートには大事な人は乗せたくない・・というのが本音だ。

僕がリヤシートに乗っている時に、パッセンジャーシートに乗っていた へげぺんぎんさん がポツリと何かを言った。。。

前が良く見えないですねぇ・・・

正直、僕は「えっ!」と思った。

だってそうでしょう。フロントといえば遮る物が無い一番景色の良い場所なハズなのに、何を言っとんだか・・・しかし、改めてリヤシートからパッセンジャーシートの視線で前を見てみると・・・・

ちょうど高速に入り、雨も酷くなってワイパーが盛んに動いていたのだが。。。



ワンアームワイパーの稼働範囲の関係で、パッセンジャーシート眼前のフロントグラスは、ちょうど視野の半分しか払拭されていないではないか!!
ワイパーが動く外側は雨滴が払拭されないから、視界がモヤモヤして視界がクリアーじゃあない。

広大なスクリーンと、ワンアームワイパーとがコラボして起こった、まさに「i」ならではの現象だった。。。

よいよ苦痛のリヤシートから開放されて、「自由の地」パッセンジャーシートに移れる瞬間がやってきたのだが。
それまでパッセンジャヤーシートに乗っていた へげぺんぎんさんや、この「i」の借主である みやこしさんがニヤニヤしているのが気になる。。



それはパッセンジャーシートに乗り込むとスグに分かってしまった。
パッセンジャーシートだというのに、とんでもなく居心地が悪いのだ。。。

よりによって、シートの稜線の延長線上のフロアーに訳の分からない構造物があって、足を伸ばす事を邪魔しているのだ!!
ここでも、しとやかに車体外側に足を斜めの置かないと寛げないのだ。

さすがにパッセンジャーシートに乗ると、例のサスペンションのヒョコヒョコユラユラは感じなくなるが、上下に厚いインパネや、大きく張り出したセンターコンソール?部に、訳の分からないフロアーの出っ張りで、足の置き場に困るのだ。。。

いやぁ参った・・・

パッセンジャーシートも、どうも快適では無いのだ。

まぁ、サスの揺さぶりが無い分だけ快適に過ごす事ができたが、足が自由に動かせないというのも経験してみると意外に苦痛な事が分かった。。



そして、よいよドライヴァーズシートに座る番がやってきた。

これが今までが酷かったせいもあるが、いたく快適なのだ。
足元も左右前後に広々しており、ちょいと腰の部分を押しすぎるキライがあるがシートもなかなかすわり心地が良い。

スティアリングの馬鹿でかい「スリーダイアモンド」のマークにはビックリだが、目の前のオレンヂ色のメーターも視認性が良く質感も高く感じる。

走り出してみよう。

ステアリングは、その稼働部分にエンヂンなどの重量物が無い関係で軽いのは分かるが、かなり電動パワステのフィーリングにも助けられていると思う。

現行のマーチの初期に見られた、スティアリングを回すと、いつまでも回り続けようとする様な、あたかも慣性が残るような不自然さは皆無で、適度な手応えがあって軽快に鼻先を右に左に向けてくれる。

ただ、現代のクルマとはいえ、ある程度パワーのあるリヤエンヂン車・・・
かつての軽RR車、レックスとかセルボなどでは感じなかった懐かしいRRステアが微妙に出ている。

そうアルピーヌの様に、僕の様なシロウトだと、コーナーの途中でガスペダルを緩めも踏めもできない部分が、ある速度域以上や、高速コーナーでほんの少しだが顔を出す。

なるほど、これがみやこしさんが言っていた「曲がんねぇ~や」というセリフの真偽だった。

力強いエンヂン、何よりも秀逸なATのお陰で、結構楽しく乗り回す事ができる。。。

あぁ、「i」はドライヴァーズカーなんだなぁ。。 

と感じた瞬間だ。

美しいエクステリアや、まさに三菱らしいパワートレインの素晴らしさは堪能できたが、それ以外のクルマとしての大事な部分。。

リヤやパッセンジャーシートでの快適性が、疎かになっている事が残念でならない。
ドライヴァーズシートの快適性やインパネの質感の高さは良いのだが、それ以外があまりにも格差があり過ぎる。

実は、この試乗会の途中でダイハツによって「ソニカ」に乗ったのだが、その余りにも高い完成度に「i」の存在意義を大いに考えさせられる事態に陥ってしまったのだ。

その事は後述するが・・・

「i」の開発者は、本当にドライヴァーズシート以外に乗った事はあるのだろうか?
せっかくのスタイルもパワトレインも、居住性の劣悪さでキャンセルされてしまっているのだ。。。

「i」というクルマが目指したのは何だろうか?

パーソナルカーなのか?それとも・・・

正直、現状の「i」では僕は購買意欲が湧かない。

マイナーでどう変わるか?ある意味で楽しみに待ってみたいと思うのだ。。


.

ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2006/07/11 09:56:53

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

L.T.Dスイーツ倶楽部イチゴ🍓 ...
しゃもっちさん

N-BOX コーティング
CAR-CLINICさん

お客様事件です・・・!!F36 4 ...
BWIさん

汐留シティセンター
★ 咲川めり ★さん

おはようございます(^o^)
歩龍さん

雪国では足回りも大変!ノンタマさん ...
シュアラスターさん

この記事へのコメント

2006/07/11 10:13:54
>現行のマーチの初期に見られた

この時は、デミオより足が悪くて、ひょこひょこしていました。
リアスタピを省略したのが理由だとわかり、候補から脱落。

いまの12SRは、締まっているみたいで、好感がもてます。

なんでも初期ロットは、きついですね^^
ス○ルもB型が一番よさげ、C型以降はコストカットの方向かも・・・
煮詰まるまで、待機かな?

では、これにてゴメンください (゚д゚)/~
コメントへの返答
2006/07/11 12:45:29
散々な事をたくさん書き連ねてしまいましたが、僕は基本的にこのクルマは大好きです。
今までの国産車のカラを破る斬新さで、とてもトヨタや日産が量産車種ではできない大冒険だと思っています。
だから・・・といって、時間が無かった訳ではないので、もっと三菱には煮詰めて欲しかった・・・
特にドアが四枚ある訳ですから、もうすこし居住性に気を配ってくれたら、すごく面白いエキサイティングなクルマになったと思います。
マーチの12SRは、日産の・・・というよりオーテックの気合を120%感じるクルマですね。
しかも、マイナー前と後では、さらにマイナー後の方が別物というくらい良くなっています。
マーチでも煮詰めるとこんなによくなるんだ!って改めて現行のマーチの良さを再認識しました。。。
マイナーによって・・特にスバルや最近の日産車は、イヤーモデル的に毎年変わって行くのですが、機能が使い勝手良くなる反面、コストダウンが激しく見られたりして少し考えてしまいますね。。。
そういったネガティブな部分は、もう少しスマートにしてくれたら・・・と僕も感じています。
2006/07/11 12:26:02
ワイパーの払拭面積はアルファードも似たような話を聞きますね。
 初代プレサージュの様にリンク式のワイパーだとかなり違うんでしょうけど、コスト面では不利でしょうね。

 また、私はタウンスピードでしかこのクルマに乗っていないので何とも言えませんが、トルクステアも無く、頭が軽いお陰でハンドリングはとても良いかと思いました。
 それがスピードが乗るにつれて変わってくるとなると、もう一度乗ってみたくなってきました。

 偶々今号のホリデーオートでiの開発者と日下部さんとのやり取りが載っていましたが、徳小寺さんやみやこしさんが書いていた指摘(フロアは無かったのですが)は開発者の方も真摯に受け止めていましたね。

 このシャーシを時期パジェロミニやミニキャブにまで流用しようという気配があるのですが、これらの声を受け止め、これからどんどん煮詰めていき、軽No.1のシャーシに仕上げていって欲しいと思っていますね。
コメントへの返答
2006/07/11 12:53:57
雨の日は絶対数では少ない・・・でも、きっと気になる人は少なからず失望してしまうと思います。。。
確かにリンク式のワイパーを採用すると良いのでしょうが、これにはかなりコストとのしのぎ合いが必要でしょうね。
操縦性ですが、タウンスピードでは、適度にクイックで凄く軽快なんですが、ちょっと飛ばし気味になると、クルマの挙動が落ち着かなくなってしまいます。。。まぁ、そこまで飛ばさなければ・・・というご指摘も有るかと思いますが、例えば高速の出口へオーヴァースピードで飛び込んだ。。。なんて凡ミスも考えられないですから、もう少し考えた方が良いかもしれません。

このクルマは本当に最近では珍しいくらいの意欲的なクルマです。

まだまだ、煮詰めが足りないのは致し方ない・・と言われる向きもあるでしょうが、逆にこれだけ注目されるクルマなので、もっと頑張って欲しかった、だけどマイナーの時にはキッチリ決めて欲しい・・とも僕も思っています。
2006/07/11 23:02:07
お付き合いいただき、ありがとうございました。

2月登録の初期型だったので、特に後席の乗り心地に関しては現行車はこっそり改善されているかもしれませんね。あれはいくら何でもひど過ぎでした。

確かに他の席と比べれば運転席は快適でしたが、だからといってこのクルマがドライバーズカーかと言われると…微妙なところですよね。

斬新なデザインだけが売りになってしまわないよう、三菱の今後の改良に期待するしかないですね。
コメントへの返答
2006/07/12 09:04:30
確かに出たばかりのまったくのNEWカーですから、ある程度はそういった面を差し引かないといけませんね。
初期型とはいえ、あのリヤの乗り心地は久々に、胃下垂になりそうなくらい強烈なモノでしたね。
たしかにデザインありきのクルマですが、まだまだリファインしたらかなり面白いクルマになる事は間違いないと思います。
三菱の今後に大いに期待ですね!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

171 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.