• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年08月25日

佳境 「そして艦はゆく」。ヤマト佳境に入る。

佳境 「そして艦はゆく」。ヤマト佳境に入る。  クルマネタでは無いので何卒ご容赦願いたい。

 よいよ、宇宙戦艦ヤマト2199も佳境に入った。正直、ファースト・ヤマトでは、駆け足で、行き当たりばったりの感があった、ガミラス星⇒イスカンダル星の攻防と帰還の姿が実に精細に、そして人間模様が複雑に奥深く描かれている。

 そこには、かつてのハリウッド映画に有りがちだった、単純な「敵」、「味方」の描写のみでなく、スクリーンに出てくる一人ひとりの人間には、星が有り、国が有り、親愛なる家族がいるという人間模様をベースに物語は展開して行く。

 それぞれの星を国を家族を守るという事は、それぞれにとっては大きな「大義名分」になるが、省みると、相手にとっては相反する事になる・・という事を、2199はいみじくも語っている。

 七色星団の戦いの後、停戦を呼びかける沖田にドメルはこう言った。

「あなたが軍人ならそれが分かるはずだ。ここでヤマトを見逃せば、共に戦った部下たちの死は無駄死だったことになる。」

ヤマトの筋を通せば、ガミラスの筋は通らない。お互いの筋を通すことは相反する事になるんだと。
 
 そして、19話での沖田と ユリーシァ・イスカンダル の会話から。

 「波動エネルギーは武器ではない、武器にしてはいけない。あれは星を渡るためのもの、一年前、あなたたちに渡した設計図はイスカンダルへ来るためのもの。」

とユリーシアは沖田に突き付けた。それに対して沖田は

「16万8千光年を旅する我々には、ガミラスから身を守る武器が必要だった」

と答えるが、ユリーシァは

「それではガミラスと同じ、波動砲は本当に身を守るためだけのもの?」

と問い返した。

 兵器を使うという事は、最終的には相手を傷つける事、最悪はそれ以上の事態になってしまう・・・という、単純な敵味方では図れない現実がある事を物語っていると思うのだ。

 実は第七章の冒頭に、それを象徴的に表す、デスラーとスターシァの会話がある。

よいよ来週からは、ヤマトという物語の芯の部分に触れる後半戦が始まる。いきなり三つの星の、わだかまりのない微笑ましいシーンがあったりして少し息抜きがあるが、ガミラス本星の戦い、ガミラスという星の運命、イスカンダルとガミラス、いや、デスラーとスターシァのかかわりは・・・・

 ファースト・ヤマトを見た年代でも、思いもよらない展開と人間模様は見応えのあるものだろう。

色々な意見があるが、僕は 2199 を、やっと巡り会えた本当のヤマトだと思って止まないのだ。
ブログ一覧 | ヤマト | 音楽/映画/テレビ
Posted at 2013/08/25 20:47:32

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

百里基地でファントムを見…NIGH ...
とぐろまきさん

白河ラーメン&神田飲みオフ
ゲロルシュナイダーさん

着弾!! しました( ̄ー ̄)ニヤ
相模のマコさん

光のすばらしい輝きは
1・2・3・○○!!さん

久しぶりのRSD☆ etc.
KEN(INFECT)さん

完全復活っっ(o´ω`o)ノ))
ちこリンさん

この記事へのコメント

2013/08/25 21:53:33
こんばんは
今日、第七章観てきました
一部理解しきれない部分もありましたが(汗)
テレビ放映まで我慢できそうにないのでまた来週観に行かなきゃかな(^_^;)
不覚にもヒス副総統をカッコいいと思ってしまいましたよ
みんな自分の正義を貫いてるだけなんですけどね

第七章観てきたのはよいのですが、今日のTV放映取り忘れてました・・・
コメントへの返答
2013/08/30 01:04:41
古代守とスターシァ、森雪と古代進、意外な展開は旧作では息絶えたヒスとゲール君の意外な活躍・・・・と見応えがありましたね。
さらに、コスモリバース獲得の為に、なぜイスカンダルまで行かねばならなかったか・・・
そして、地球を目前にしたあの名シーンが・・・

旧作とは違った展開や解釈が多々ありましたが、旧作のこれぞと言ったエキスも散りばめられており、最後には涙腺が・・・

ファーストの根幹は変えず、よくぞここまでと言うのが僕の感想です。

しかし、デスラーの狂気は半端では無いですね。
2013/08/25 21:58:42
最後を見届けたんですね!何か?テレビも急速にDVDを追っかけ
もう9月には、終わってしまうんですよね!
今回2199で気づいた点は、佐渡先生は酒のみ癖がそんなにひどくない。
沖田艦長は意外と元気でしたよね。デスラー総統もそんな悪の顔ではなかった。反射衛星砲破壊で地上戦がなかった。
旧作に比べストーリーは短く しかし中身は濃く感じました。
コメントへの返答
2013/08/30 01:09:54
ファーストの基本線はビシィッと押さえて、ラストに向けてますます内容が濃くなります。

デスラーの狂気と、それに対してヤマトはどう立ち向かうのか?

なぜ、イスカンダルまで行かねばコスモリバースが受け取れないか。

ファーストでは、息絶えたヒスとゲール君の2199での意外な展開。

そして地球を眼前にした、あのシーンは?

さらに内容が濃く駆け足気味ですが、本当に見応え、そしてファーストを知るつくしたモノであれば、逆に納得行く出来栄えだと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

167 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる