• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年05月14日

回顧 BS「スーパーフィラー」って知ってますか!??

回顧 BS「スーパーフィラー」って知ってますか!?? 今でも郊外を走ると、懐かしい「看板」にめぐり合う事が多い。

最近のヒットが左画像の、自動車整備工場の看板で、「BS」の懐かしいロゴに、さらに「スーパーフィラー」の文字まで見える!!

今の若人の皆さんは、「スーパーフィラー」なんて知らないだろうが、1980年頃に「BS」が提唱したタイアの構造を称して「スーパーフィラー」と言っていた。

単純にして解説すると、つまり、ホイールがはまる部分と、路面に接するトレッドは剛性を上げ、その代わりサイドウォールの部分は柔らかくして、しなやかにする事によって、路面からの振動を吸収させ、さらに柔らかさを生かしたサイドウォールの変位によってトレッドを常に路面に垂直に当てよう・・・という算段だ。

「剛・柔・剛」構造とか、「指で押えれば分かります」・・・な~んて当時盛んにCMをやっていたっけ。



モナコのF1のコースをアルファーロメオが、走り抜けるCMなんて当時話題になったモンだ。

まだまだ、ラヂアルタイアなんて珍しく高級品だった時代で、さらに「バイアスタイア」の柔らかい乗り心地に慣れていた僕たちは、ラヂアルタイアなんて履いたら、乗り心地が悪くる・・・なんて皆言ってたモンだ。



今から考えれば信じ難いが、バイアスタイアの柔らかいは、今思えば剛性の無いゴニョゴニョな酷いもんで、ラヂアルが乗り心地が悪いとは、クルマもバイアス・タイアに合わせて、つまり路面の凹凸の振動を、全てタイアで吸収させるセッティングしていたせいもあって、剛性が高いラヂアルを履くとゴツゴツと路面の凹凸を常に車体に伝える為に、そんなハナシがまかり通っていたのだった。

そこに登場した「スーパーフィラー」。

確かにトレッドの剛性は落とさず、側面を柔らかくしたことによって、路面の振動の吸収が良く、随分と乗り心地が良くなっていた。
かといって、サイドウォールが柔らかいからコーナーなどでのラヂアルらしいカチっとした感覚が失われたかと言えば、まったくそんな感じは無く、逆にタイアのトレッド面が路面に貼り付く様な感覚を伝え、こりゃラヂアルも捨てたモンじゃない・・と思ったモノだ。

そんな30年も昔の看板を見るにつけ、今のタイアの進歩の速さに驚くばかりであった。

BSの懐かしいロゴと、スーパーフィラーの懐かしいロゴ。

ここまで時間が経過すると、こりゃ立派な歴史の生き証人!?価値がある!と僕は感じたのだが・・・・これに気付く人はいったいどの位いるのだろうか?な~んて複雑な心境の徳小寺 無恒であった。
ブログ一覧 | タイア | クルマ
Posted at 2008/05/14 03:00:30

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2008/05/14 07:51:11
 バイアスタイヤを最後に履いたのは18年くらい前です。その頃はもうラジアル全盛で、それに比べてバイアスタイヤがグリップせず、すぐ磨耗するのに驚きました。転がり抵抗も大きくいいとこなしでしたね。比べてみるとラジアルタイヤというのはすごい発明だとわかりますね。
 バイアスタイヤ、4輪ドラムブレーキの頃の自動車の性能を基準に定められている道路の制限速度、今の車に合わせて引き上げることが可能なのではと思うんですが、なんで見直さないんでしょうね。
コメントへの返答
2008/05/15 01:31:50
確かに当初ラヂアルタイアは、それこそ高級品で、モノ好きな連中が履くタイアだなんて誤解されていましたが、今改めて振り返ると、ラヂアルタイアの特性を生かし切れなかった当時の国産車の問題が大半で、タイアというツゥールで見てみれば、バイアス構造からの極当たり前の進化した姿だった・・と思いますよね。
そんな、まだまだ過渡期の国産車のレヴェルで作られた今の色々な基準や法規が、未だにまかり通っている姿は、言われる通りおかしなモンですよね。
どうも国そのものやお役人は、クルマという工業製品の事を良く知らない・・・と思われてもしかたが無いモンですよね。
2008/05/14 19:39:43
釘を踏んでもパンクしない!とかってCMしてませんでしたっけ??

コレの次ですか?310ターボとかと言うタイヤも有ったような??
コメントへの返答
2008/05/15 01:36:57
釘のCMは、チューブレスの頃なんでもう少し前だった様な気がしますねぇ。。。
310ターボは懐かしいですねぇ。僕が510に履かせていたタイアで、1986年前後のBSのヒット商品でした。
他には無い斬新なトレッドパターンで、少々排水性が悪かったのですが、なかなかトータルバランスの取れた良いタイアでした。

ウチの愛車紹介の510のところのパーツレヴュで「310ターボ」を紹介していますので、ぜひご覧下さい。
2008/05/14 22:41:41
ラジアルタイヤのトレッド面といえば、やはりこのような面です。小学校の校庭や船の緩衝材でもおなじみです。扁平タイヤ全盛の昨今、最近の小学生はどのようにタイヤ遊びをするのでしょうか??
コメントへの返答
2008/05/15 01:45:18
そうそう・・・小学校や公園にあったタイア飛びのタイアは、全部こんなタイアでしたよね。
確かに超扁平になった現代の乗用車のタイアじゃあ、タイア飛びとしての余生を過ごすのは難しいでしょうなぁ。。
しかし・・・最近の子供は何して遊んでいるか?言われてみると分からないですねぇ。。。
2008/05/15 08:18:34
徳小寺さん、おはようございます。
コレ、たまーに古めのスタンドのタイヤラック(大概ピット内)にも書いてありますよね。一昨日も、秋芳洞近くのスタンドで発見しました。
後、ヨコハマの「ホイールが顔になってるタイヤ」の看板も(笑)。こっちの方が残ってる気がします。
コメントへの返答
2008/05/18 00:03:53
そうそう・・・地方のGSに行くと、なんでこんなモンが!?という看板が残っていたりしますね。
横浜タイヤの看板も、今から見れば斬新?いや奇抜な看板だったかもしれませんね。
日本のタイヤメーカーの看板の栄枯盛衰を見れば、ミシュランのビバンダムは半端でなく凄いキャラクターといえますよね。
2008/05/15 20:33:25
お久しぶりです。
SFというのはスーパーフィラーの略だったんですね。
今でもBSの商用タイヤにはRDシリーズが残っていて、サイドウォールにSFの表示があり(RD-605)、何の意味なんだろうと10年以上疑問だったので解決しました(^_^)

コメントへの返答
2008/05/18 00:06:58
SFはブリヂストンにしてみれば、ある意味で海外のメーカーとはまったく違ったアイディアで、かなり誇りに思っているフシがあります。
さすがに、乗用車のタイアには「SF」の表示が無くなりましたが、それでも結構長い間使われていました。。。

日産ディーゼルの「UD」と共に、技術を誇示するキーワドと言えるかもしれませんね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

170 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.