• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2018年02月03日 イイね!

粘度 Mobil 1 と NUTEC NC-81 注入

粘度 Mobil 1 と  NUTEC NC-81 注入 我が家に C26 がやって来て3度目のオイル交換を イエローハット でおこなった。

 X-Car の時や BX-Car の時はオイルの量が多く、排気量でオイルの金額が決まる ジェームス の方が安かったのだが、国産車の常で、フィルターを交換しても 4L に満たない場合は、缶で購入する イエローハット の方が安いのだ。

 しかも、もう20年来の会員でして、ポイントカード機能込のクレッジット・カードもある!という事でネットでオイル交換の時間を予約して朝一番で乗り込んだ次第だ。

 今回の交換でオイルは Mobil1 モービル1 5W-30 と 、


オイルフィルターは PIAA ピア ツインパワーマグネットオイルフィルター をこれでもか!と奢った。


まぁ、普通はここまで徳小寺と言えどもコストをかけないのだが、実は伏線 があって、あと数回は拘ってオイル交換に臨みたいと思っているのだ。


ちょっとした事なんだが、ウチのC26のオイル交換は拘ってみたいと思い。Mobil1の純正より硬いレンヂを入れている。

 去年の今頃、どうしても福祉車両が必要となって、フジカーズジャパンの岐阜店で、今の LCV E STAR を購入した。まぁ岐阜まで足を伸ばして色々とチェックしたが、大きな問題はなさそうだったので購入を決意したのだが、購入に際して、販売店を信じて、なにより、治療費で出費が嵩んでいたので、購入費用を安くするために 「現状渡し」、「保証なし」 で購入した訳だ。

 陸送で、今回の購入に協力してくれた整備工場に C26 がやって来たのだが、オイルの量が異常に少ないことに気付いた。


異変に気付いたのはオイルの量だった。

 さらに抜いたオイルはと言うと、


まるで交換をサボったオイルの様子と言うような教科書に載るような状態だった。

オイル交換をサボるとこうなりますよ!という、まさに教科書に載るような状態だった。

 そこで整備工場の方も、新油を使ってフラッシングをして、走らせると問題無さそうだったので、エンヂンのダメージはないな・・・と思っていたのだが、夏に帰省してオイルの量をチェックすると、ガッツリ1L ちょっと消耗していた。

 街乗りでは問題ないが、負荷のかかる運転をすると減るという事は、オイルの上りが疑われる訳で、しかし、あんな買い方をしてしまった自分への戒めと、取り敢えずはオイルの粘度を上げて、さらにろ過の性能を上げれば何とかなるだろうという願いにも似た、もはや宗教的な心情で、しばらくエンヂンをなだめすかしてやろうと思い、これまでも同じようなメニューでオイル交換をして来たというのが実情だ。

 ただし、もう少しレヴェルを上げて対処しようとも考えて、別ルートで NUTEC / ニューテック NC-81plus エンジンオイル添加剤 もオイル交換後に入れておいた。



実はコイツはピットワークに OEM されているのだが、なぜか市場では、本家の方が安く入手できるので本家を買っているのだが、オイル交換後、さらに NUTEC / ニューテック NC-81plus エンジンオイル添加剤 を入れて30分アイドリング。

 以前から色々なクルマなどなどで使ったことが有るのだが、結構な確率で、オイルの滲みとか、白煙が消えてしまうケミカルで、その効能を信じて、自分も添加している次第だ。


結構な粘度で、まさにタラリタラリと添加剤がエンヂンに入って行く・・・・

 確かに、コイツを入れると、高速を走っても消費量が激減するし、なによりエンヂンがスムーズに回るのが嬉しいものだ。

 取り敢えずは状況は落ち着いているのでこのままで様子を見てみたいとおもうのだ。








Posted at 2018/02/05 02:49:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2018年01月15日 イイね!

滑止 カーメイト激ピタッシートの実力如何に!?

滑止 カーメイト激ピタッシートの実力如何に!? まぁ最近のミニヴァンと言えばユーティリティという観点でも小物入れが豊富にあって便利なんだが、単純にモノを入れるという行為では優れているが、音振という観点ではもうちょい工夫が・・というのも事実だ。

 例えば、ウチのC26の場合、ドライヴァー側とパッセンジャー側に物入があるのだが、モノを入れると、走行中に滑ってガタガタいって実に不快だったりする!!


物入が多くて便利なんだが、中にモノを入れて走行すると、右に左に入れたものが動いてカタカタ音が響いて不快だ。

 フロントシートの背面には、立派なテーブルがあって一見便利そうなんだが、ホルダーは便利だけど、テーブルの上面は単純なプラスチック成型のままなので、モノが置けない。

 まぁ走行中にモノを置くなという事なんだろうが、停止中だって、ちょっと触ればテーブル面のモノは移動して安定感が無い。


立派なテーブルなんだが、飲み物のホルダーは便利なんだが、テーブル上面はツルツルで本当に簡便にモノを「チョイ置き」するくらいしか使えない・・・

 そこでモノを置いても音がしない、簡単に動かないという事で探してみると、カーメイトの CARMATE カーメイト 激ピタッシート を見つけ買ってみた。



 まずはインパネにある収納スペースの中に敷きつけてみた。
これまではカヴァーのふたを閉めても、走行中に中身が右に左に動いてカタカタと気になったのだが、まったく中身が動かなくなったので、不快な低級音が無くなり実に快適になった。

 壊れることは無いだろうが、CDなどが右に左に動いてカツンッカツンと当たっている様子を想像すると精神的にも不快だったのだが、それも解消した。


これまではCDのケースが、中でカタンカタンと動き回って、その音が意外に気になっていた。それがピッタと無くなり精神的にも実に快適だ。

 そして、シート背面のテーブルにも貼ってみた。


見た目はツルツルなんだが、これがモノを置くと動かない!!

一見するとツルツルの様に見えるが、これが意外にモノを載せても滑らないのだ。

 そして、ノリなどの粘着物が無いにも関わらず、実際にモノを見て、本当に引っ付くのかしら!?と思っていたが、これが意外や意外、かなり強力に貼り付くのだ。


ベタベタの糊みたいなものが無いにも関わらずピタッと貼り付く!!

 糊などと違って、剥がしても何も残らないのが凄いものだ。

 滑らなさや、吸着力などメーカーの謳い文句には大きく違いは無く、なかなか使い勝手の良い商品と感じた次第なのだ。


メーカーのカタログより。宣伝に偽りなしと言う感じだ。

 そして、単純な滑り止めだけでなく、見た目にも色々なパターンがあるので、自分の好みや使用する場所に合わせて選べるのもポイントが高いと思う。久々に実用的なカーアクセサリーに巡り合ったと言う感じだ。



Posted at 2018/01/18 22:27:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2017年12月31日 イイね!

洗納 2017年洗車納め

洗納 2017年洗車納め 大晦日イヴの スタッドレス 履き替えに続いて、完封吹きすさむ中、日の出とともに 2017年の洗車納めと相成った。

 今年は、まず乗ることは無いだろうと思っていたミニヴァンに乗り換え、あれやこれやとあっという間に一年が過ぎ去った。

LCV E STAR を探して岐阜まで遠征したのがつい昨日の様だ。

晴々 福祉車両のイメージを覆いたい 出会い編
minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/39282577/


白、銀が嫌いな僕としては「ナチュラルハーブ」は願ってもいないカラーだ。外観は、どこにでもいる20Sなんだが・・・(画像は フジカーズジャパン岐阜 様より)


遠征 フジカーズ岐阜へ遠征す。
minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/39276781/


日本中のハイエースやセレナの福祉車両があるのでは!?と錯覚させるほどの車両数だ

 二日前の予報では、大晦日は「雨」だったのだが、日ごろの行いが良いのだろう(笑)昨日から予報は「曇」になっていたのだが、朝の八時半くらいから「初雪」が降り始めた!!
洗車開始前から「気象レーダー」は注意していたのだが、


雪雲どころか雨雲も見えなかったのに・・・雪が!!

突然、ボツボツと丸い小さな雪の塊が結構な勢いで降ってきた!!この段階でルーフのコーティングを始めていたのだが、そこは濡れたまま施工できる スマートミスト  、このまま作業を続行した。




 初雪も三十分くらいで止んで、洗車も三時間ちょっとで終了した。

 午後からは、最後の買い物に西に東に LCV E STAR を走らせ、


立ち寄ったホームセンターで一枚。洗車後の輝きはいつ見てもいいモノだ。

2017年の走り納めも完了した。

 あと少しで二年目を迎えるのだが、果たして LCV E STAR とのカーライフはどうなるのか、そして、実は1月3日には意外なイヴェントがあるので今からワクワクしているのだ。

 皆さんの2017年は如何だっただろうか?

また2018年も引き続きご愛顧願いたいと思う次第なのだ。




Posted at 2017/12/31 20:10:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2017年12月30日 イイね!

冬眠 スタッドレス交換。サマータイヤは来春までお休み。

冬眠 スタッドレス交換。サマータイヤは来春までお休み。 日没サスペンデッドになってしまった、スタッドレスの交換。

LCV E STAR への取り付けは終わったが、サマータイアの保管が残ってしまった。

 それにしても、六月に買った ホイールとスタッドレスは、中古品とは思えないクオリティで見ているだけでも楽しいものだ。



かなり程度が良く、当たりだったホイール付きスタッドレス

特にホイールの ウェッズ の SHAKEDOWN VS は以前からデザインや色合いがお気に入りで、まさか手に入れられるとは思っていなかった一品だった。

 取り外した サマータイアとホイールは、丁寧に汚れを落とし、ホイールには プロスタッフ CCグロスゴールドホイールコーティング S128 をたんまりと塗っておいた。


空気圧を 120~150 kPa 程度まで落とし、裏庭の保管場所へ。

 保管場所は、二年前に平置き化した場所へ。


裏庭の平置きタイア置き場へと・・・・

 平置 タイヤ平置き化
minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/35205764/

念のためにタイア一本づつビニール袋に入れて、さらに 大自工業 TC-03 タイヤカバー  を被せて、サマータイアとホイールは冬眠に付いた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大自工業 TC-03 タイヤカバー Lサイズ 外径770x高さ1000mm
価格:844円(税込、送料別) (2017/12/30時点)



 さてさて、新しい(と言っても中古品なんだが:笑)タイアとホイールの具合は如何に、余り雪が降った凍ったりは勘弁なんだが、厳しい冬でも安全に移動できる事を願って止まないのだ。

 またインプレも、随時行いたいと思うのでこうご期待を。







Posted at 2017/12/30 21:51:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2017年12月29日 イイね!

冬脚 スタッドレスへ

冬脚 スタッドレスへ LCV E STAR を買って初めての冬がやって来た。

 いつもはスタッドレスに交換している時期なんだが、今年は色々と忙しかった事もあって、年も押し迫ってようやく交換と相成った。

 スタッドレスは、今年の六月に 武蔵村山にある パーツオフ 武蔵村山店 で、

ホイールはウェッズ の SHAKEDOWN VS 。サイズは 17×7.0J、インセット53、PCD114.3、5H、ハブ径73mmを、タイアはTOYO GARIT GIZ 215/50R17 で、なんと 2015年製9部山 という一品をGET していた。

再生 ホイール付きスタッドレスを買いに行く。
minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/39952059/


裏庭からスタッドレスを引っ張り出して来て作業を開始する。

 裏庭からスタッドレスを引っ張り出して来て、ここで想定外だったのが、もう使う事が無いだろう・・・・と思っていた ジャッキサポート が大活躍した事だ。



テイン フレックスZ (TEIN FLEX Z) とエアロパーツで、油圧ジャッキが、そのままでは入らなかった事は内緒だ。(笑)


ジャッキサポートで車高を確保して、後はいつも通り作業開始。ただ一点、いつもと違うのが、C26セレナの場合、インセットが 48 を超えると、リヤのドライヴァーサイドのインナーカヴァーにタイアが干渉してしまう事だ。

干渉 C26セレナはホイール選びが・・・
minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/39952279/

 そこで、僕の嫌いなスペーサーを、デザイン重視で買った為、渋々なんだがスペーサーをリヤのみ噛ませてスタッドレスを履かせることにした。


スペーサーを噛ませるのには抵抗があるが、干渉してしまっては元も子もないので致し方なく・・・

 すべての装着が終わると、保管の為に空気圧を 120 kPa まで落としていたので、これまた僕のお気に入りの エマーソン ボルケーノハイパワーエアーコンプレッサー を使ってエアーをチャージした。


小さなボディなのに、結構なパワーで、さらに「静か」!!

 ほんとにコイツの凄いところは、小さなボディなのに、とにかく静かで、パワーもそこそこある!!


まさに、あっという間に空気圧をチャージ完了して、サマータイアとホイールを洗ってとりあえず作業を終了した。

 冬の日はつるべ落とし、開始時は明るかったのだが、気が付くと辺りは暗くなってしまった。


ホイールがブラックからダークグレーになっただけでエラク雰囲気が変わるモンだ。

タイアの保管などは明日に。




Posted at 2017/12/30 19:15:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

171 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.