車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月16日 イイね!
極寄 ボディーラインと柱のコラボ 最近は、郊外の畑だったところや、小さな工場だった所が、知らない間に、それもアッと言う間に家が並んで建っていたりする。

 そんな、宅地の一角に、この家は以前からあったが、こんな究極な駐車をしている事に初めて気付いた!!

 一見すると、 「ぶつかってる!?」 と思わせる構図なんだが、これが絶妙にボディーの凹凸を、柱の間隔に合わせて車庫入れしているのだ。

 だから、当然ながら、このまま前進すると、ボディーサイドはボコボコになってしまうのだ。

 ここに絶妙に出し入れする為に、G11を揺らしなが、今日は上手くいった、あと少しなんて動かす様は、この G11 のオーナーの秘かな楽しみじゃないかって、想像した次第なのだ。

Posted at 2017/02/17 08:57:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車庫 | クルマ
2016年10月29日 イイね!
同化 最近、裏道として使われることが多くて・・・






 久々に、裏道をショートカットした時、十字路の一角に駐車しているキューブに目が行った。

去年までは無かったのに・・・・


google mapで見てみると、去年の三月のストリートヴューがあった。まだ普通のキューブだった。

 どうも、この辺りは、最近、裏道として使われることが多くて、以前に比べてずいぶんとクルマの量が増えて、さらに、その連中が狭いにもかかわらず飛ばすこと飛ばす事・・・

 道の直ぐ側にあって、しかも角地となると、オーナーとしては心配なんだろう、ポールだけではなくキューブのフロントグリルにも反射テープが!!

 便利の様で、それ以上に不安も・・・しかも、裏道でクルマが増えてとなると、自己防衛でこんな風になっちゃうんだろうなぁと、でもグリルまではねぇ。

 この辺りの角地のウチの駐車場は、ここまでは行かないけど、パイロンやポールを置く家が増えてきたような気がする。

 ナビが進歩して、細かい道まで表示されて、さらに精度も高くなっては便利なんだが、裏道や抜け道で使うのは構わないのだろうけど、最低マナーは守ってほしいモノだと感じた次第なのだ。
Posted at 2016/10/30 17:41:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車庫 | クルマ
2016年07月01日 イイね!
毎毎 日本の軽自動車、ここにあり。 国際化とか安全性の為にと言って国産車は、ブクブクと幅広くなっていった。

 デザインの自由度が増して、さぁどんどんクルマが売れるぞ!?とメーカーは思ったのかもしれないが、蓋を開ければ、街中には、背高のっぽ、横ずらしドアのマッチ箱みたいなクルマがあふれて、さらに、怖い顔のクルマが、普段は文句も言えない気弱さを払拭すべく流行ってしまっている。

 じゃぁ普通車や、それ以上のクルマが売れているかといえば、かつてはセカンドカーとしての存在しかなかった軽自動車が、意外なほど売れている。

 なんで!?と考えてみると、確かに軽自動車のクオリティが信じられないくらい上がって、もはや動力性能も普通になって「我慢クルマ」なんていう姿は微塵もなくなってしまったこともあるだろう。

 しかし、よくよく考えてみると、クルマがどんどんでかくなっても、それに伴って、日本の家屋はでかくなったのか?道路は広くなったのか?街の駐車場は気兼ねなくドアを開けれれるくらいになったのか?なんて考えながら、昔からの街並みの中を歩いていると僕の「狭い駐車場センサー」(笑)が反応してしまった!!

 エブリィが、チョコンと鼻先を道路に出して止まっている。近づいてみると、やっぱり・・・・


エブリィが入るべく存在している駐車場・・・っている感じ。軽自動車とスライドドアがあっての駐車場だろう。

 地方では、広い駐車場も普通に手に入るけど、都市部では、まだまだ土地が高くて、狭い土地に必要な居住スペースを確保するために三階建てが当たり前のように、どんどん建てられ、三階建てでなくても一階部分が車庫なんていう家が、今でもたくさん存在している。

 
都市部では三階建て二階建てでも一階が車庫という住居がたくさん存在。

 そんな居住スペースの現実を鑑みれば、クルマがでかくなっても簡単に持てないというのも頷けるもので、この駐車場が物語っているのかもしれない。

 たくさん荷物が詰めて、狭いスペースでも気兼ねなく止められる。

やっぱり日本には「軽自動車」って思わせる車庫のような気がしてならない次第なのだ。
Posted at 2016/07/02 22:43:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車庫 | クルマ
2016年06月29日 イイね!
際止 意外に多い街中の駐車姿





 先日、都会の意外なというか、僕にとっては当たり前の景色、細長い土地での駐車をご紹介したが、

縦長 今日の幅寄せ車庫
 http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/38049054/

その他に多いのが、ちょっとはみ出し、出っ張り駐車だろう。

 都心部に住んでいれば、クルマなんてという声もあるが、意外や意外、ちょっと中心から離れた住宅地や、郊外の宅地に行くと、駅から距離はあるし、バスも意外に少ない・・・・

 買い物に行くにも、ちょっとお店まで距離があるのでと言う感じで、クルマが必須だったりする。

それとか、宅地の中にクルマを止めるスペースはあるが、最近のクルマは、どんどん幅が広くなって、そのスペースにというパターンも意外に多い。


昔の国産車だったらすんなり入ったのにというパターン

 きっとTOP画像のパターンも、5ナンバーサイズの国産車だったらというパターンで、本当なら、我慢して、このスペースにとなるのだろうが、やはりクルマは趣味のモン!妥協せず買ったのだがかもしれない。

 都心部の意外な駐車場の色々。

そこからは色々な想像と実態を感じさせてくれるモンだ。


法人の駐車スペースだってギリギリが多いのだ。















Posted at 2016/06/29 04:01:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車庫 | クルマ
2016年06月12日 イイね!
縦長 今日の幅寄せ車庫 以前にもブログしたが、最近は狭い土地も「有効活用」と言って、縦長に土地を取って、そこに住居を建てるパターンが急増中。

 さらに、制限が無い場合は三階建てと言う案件も多くて、一階が車庫で二階以上が住居と言うパターンも意外に多いですよね。

 まぁだいたいは、建築条件があって二階建てまでという事で、特に多いのが、長細い土地に縦に二列に並んで建てるパターンなんだが、そうなると玄関前のスペースも長細くなって、クルマは止められるけど、その横にはようやく人が一人歩けるスペースしか・・というパターンが多い。


ちょっと不動産サイトで検索すると・・・ゴロゴロ縦長の物件が

 昨日、見かけた車庫もそうで、めいいっぱい、その土地の境界に寄せて・・というパターンなんだが、よくぞここまでという寄せっぷりだった。

 関東近辺は土地が高くてねぇと言う事で、漸く立てたマイホームも使い勝手と言う点で、特に出入り口の狭さには閉口してしまうパターンが多く見かけます。

 僕も家を建てる時に、凄い数の土地や建売も視野に入れて観て回ったのですか、細長土地三階建てとか、こんな感じの玄関前狭小の物件が多くて驚いたモンです。
それでも粘ってクルマくらいは、ゆったりと止めたいと思って、ようやく今の土地にたどり着いたのですが・・・。

 駅までの距離もそうなんだけど、土地の割り振りもどこで妥協するかも大事なんだよなぁと実感した次第なのです。
Posted at 2016/06/12 22:14:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車庫 | クルマ
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.